秋田・角館の武家屋敷を巡る旅!おすすめランチに駐車場情報も紹介!

武家屋敷の町並みで有名な、秋田県の角館。四季折々の風景に溶け込む歴史ある武家屋敷は、「みちのくの小京都」として多くの観光客に人気のスポットとなっています。今回はそんな角館について、見学できる武家屋敷や駐車場情報、さらにはおすすめランチについてもご紹介します。

秋田・角館の武家屋敷を巡る旅!おすすめランチに駐車場情報も紹介!のイメージ

目次

  1. 1武家屋敷の残る町並みで有名な秋田県・角館
  2. 2角館と武家屋敷の歴史
  3. 3武家屋敷が立ち並ぶ角館のメイン観光スポット「内町」
  4. 4知る人ぞ知る「田町武家屋敷通り」
  5. 5商人たちが生活していた地区「外町」
  6. 6武家屋敷の残る小京都・角館のイベント情報
  7. 7武家屋敷・角館についてもっと知るには「角館歴史案内人」に聞こう
  8. 8人力車に乗って角館の武家屋敷をもっと味わおう
  9. 9着物で武家屋敷の街並みを歩こう
  10. 10みちのくの小京都・角館おすすめランチ
  11. 11観光情報センター「角館駅前蔵」を活用しよう
  12. 12角館には武家屋敷以外にも見どころがたくさん
  13. 13武家屋敷の残る小京都・角館へのアクセス
  14. 14武家屋敷の残る小京都・角館の駐車場情報
  15. 15秋田県・角館へ武家屋敷を巡る旅に行こう

武家屋敷の残る町並みで有名な秋田県・角館

28428123 451870998565408 3118447952578740224 n
asti.anggorowati

武家屋敷が残る街並みで有名な、角館。四季折々の風景に溶け込む昔ながらの武家屋敷の姿は、日本ならではの奥ゆかしさが感じられどこか懐かしくもあります。まるでタイムスリップしたような気になること間違いなしです。今回はそんな角館や武家屋敷、駐車場の情報、おすすめのランチもご紹介します。ぜひ角館へ行く前に参考にしてみてください。

角館と武家屋敷の歴史

角館の原形ができあがったのは、江戸時代の初期にまでさかのぼります。「火除け」と呼ばれる広場を中心として、北側には武士たちの武家屋敷、南側には町人や商人が住んでいました。北側は「内町」、南側は「外町」と呼ばれ、城下町として栄えました。「火除け」はその名の通り、火事の際に火が燃え広がらないように設けられた広場だそうです。

芦名義勝によって町並みが形成された江戸時代以降、戦火を逃れて今日まで残った角館は、重要伝統的建造物群保存地区に指定されています。作られた当時の面影をここまで色濃く残す武家屋敷の町並みはとても珍しく、日本の文化に興味を持つ外国人観光客だけではなく、国内からも熱い人気を集めています。

武家屋敷が立ち並ぶ角館のメイン観光スポット「内町」

14730744 891204184314505 3581614601554362368 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
soooochan0812

角館の見どころは、何といっても江戸時代の面影残る武家屋敷とその町並みです。角館はいくつかの地区に分かれていますが、その中でも一番人気は武士たちが生活していた「内町」です。見学可能な武家屋敷についてその魅力と見どころをご紹介しますので、城下町として栄えた角館の歴史を学びながらかつての人々の生活に思いを馳せてみましょう。

青柳家

有力武将であった「青柳家」は、角館の武家屋敷を代表するつくりとなっており、敷地内には6つの資料館があります。見学料金は大人500円、中高生が300円、小人が200円となっています。20名以上は団体扱いになり、それぞれの料金から50円引きとなります。武家屋敷のつくりに加えて、代々伝わる武具や美術品など見どころがたくさんあります。

石黒家

茅葺屋根に黒板塀を持つ「石黒家」は、現存する角館の武家屋敷の中でも最も格式高い家柄の屋敷であると謳っています。敷地内では展示等がされているほか、座敷に上がって建物のつくりやかつての生活様式などの解説をしてもらうことができます。料金は大人400円、小人200円となっており、20名以上の団体だと大人300円、小人150円となります。

岩橋家

典型的な武家屋敷の面影を残す「岩橋家」は、なんと見学料金が無料となっています。趣きある門をくぐった先の敷地内には、井戸や柏の木を見ることができます。樹齢300年以上となるこの柏の木は、岩橋家のシンボルとなっています。中級武士が生活していた武家屋敷の様子を、ぜひ見学してみましょう。

小田野家

20968967 2058331351056991 4792245026212020224 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
sakupi_r33

「小田野家」も中級武士の武家屋敷であり、門をくぐると立派な武家屋敷に加えて伝統的な庭園を見ることができます。もとは武術によって主君に仕えていたため敷地内には道場もあったそうですが、今はなくなっています。こちらの小田野家の屋敷も、なんと見学料金は無料です。四季折々の姿を見せる庭園とマッチする武家屋敷を見に行きましょう。

小野崎家

「小野崎家」は、子孫が所有していた間取り図から復元された武家屋敷です。角館の武家屋敷通りの最も北に位置し、現在は公民館や道場として利用されています。立派な門構えと屋敷の様子からは、かつての上級武士の生活が想像できます。こちらも見学料金が無料となっていますので、ぜひ見学してみてください。

河原田家

「河原田家」は、江戸時代からの歴史ある武家屋敷の建築様式を忠実に受け継いでおり、立派な屋敷と庭園を見ることができます。石畳の門をくぐると、まるで大河ドラマの世界に入り込んだ感覚になること間違いなしです。書院づくりの座敷も見ることができ、格式高い家柄だったことがうかがえます。見学料金は無料となっています。

松本家

「松本家」の屋敷は柴垣で囲われており、茅葺屋根をもつ武家屋敷の様子からは深い歴史を感じることができます。春から秋にかけては、角館町の伝統工芸でもあるイタヤ細工の実演も見学することができます。松本家も見学料金は無料です。どこか懐かしく趣きある武家屋敷となっており、門をくぐるとまるで時間の流れが違うような錯覚に陥ります。

旧石黒家

「旧石黒家」が建てられたのは昭和の初期であり、先に紹介した「石黒家」の分家になります。昭和に建てられているため、西洋風のつくりも加わった屋敷になっています。歴史ある武家屋敷のつくりと近代的な洋風なつくりとが交わり、時代の流れにともなった建物の変遷を見ることができます。

知る人ぞ知る「田町武家屋敷通り」

内町のほかに、「田町武家屋敷通り」という角館の南側地区にも武家屋敷が並びます。田町武家屋敷通りは保存地区に指定されていませんが、知る人ぞ知る観光スポットでもあります。歴史ある武家屋敷だけではなく、新潮社記念文学館や洋館を見ることもできます。せっかく角館へ行ったら、田町武家屋敷通りにもぜひ足を運んでみてください。

あきた角館西宮家

14474349 317206715337773 6186345231005253632 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
mizuki.081

武家屋敷通りを象徴する黒塀沿いを歩いて「西宮家」の門をくぐると、母屋と5つの蔵を見学することができます。蔵は明治から大正時代にかけてつくられたもので、それぞれ陶磁器・和紙などの販売スペースや、レストラン、展示スペースなどとして使われています。母屋ではお茶を飲んで一休みすることもでき、1か所で様々な楽しみ方ができます。

新潮社記念文学館

18161953 1923029321275516 8479219191331684352 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
htm_310

新潮社を創設した佐藤義亮は角館町出身であるため、それを記念してこの新潮社記念文学館が建てられました。館内では新潮社や佐藤義亮、そして明治以降の近代文学の歴史について知ることができます。入館料金は高校生以上300円、小中学生150円ですが、「樺細工伝承館」や「平福記念美術館」とあわせて見学することのできる共通券がお得です。

太田家の洋館

28766813 2102648049970799 6246866680325079040 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
miwa.kato.1004

「太田家」はかつての仙北地方の大地主であり、立派な洋館のいでたちは当時の太田氏の権力を物語っているかのようです。日本ならではの歴史ある武家屋敷を見学した後には、現代とはまた違ったレトロな洋館から当時の人々の生活を想像したり、住居の変遷の歴史を考えたりするのもおすすめです。

商人たちが生活していた地区「外町」

「外町」は、かつては商人たちが暮らしていた地区になります。武家屋敷の建ち並ぶ内町とは打って変わって、古い建物や土蔵が多く見られます。それぞれの歴史ある建造物がレストランやカフェなどとして活かされています。また、「たてつ」という資料館では、昔使われていた生活用品などを無料で見学することができます。

武家屋敷の残る小京都・角館のイベント情報

28763864 220455901840487 6384052655928377344 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
hapture6

角館を代表する一大イベントは、春の「桜まつり」です。町中が桜色に染まり、歴史ある武家屋敷の街並みをより一層引き立ててくれます。例年4月下旬から5月上旬にかけてが見頃で、期間中は様々なイベントも開催されます。枝垂桜やソメイヨシノなどが咲き誇り、普段の厳かな雰囲気とは異なり期間限定で華やかな武家屋敷を見ることができます。

20838523 860992014067471 941230357657681920 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
hozuhozui

8月15日には、「ささら舞」という伝統行事が行われます。ささら舞とは獅子舞のことで、400年以上の歴史を持っています。独特な獅子の風貌で太鼓を打ち鳴らす姿は、お盆の風物詩となっています。かつては悪霊退散のために舞われていましたが、現在では豊作や無病息災を願う行事となっています。

21434153 336065373518391 1590737521434689536 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
sa41to

9月7日から9日の3日間で開催される「やま行事」は、2016年にユネスコ無形文化遺産にも登録されました。華やかな曳山が町内を練り歩き、一番の見どころは曳山同士のぶつかり合いです。熱気あふれる曳山のぶつかり合いは、どちらの曳山が先行するかの交渉が決裂したことを意味します。角館祭りのやま行事は、350年の歴史があります。

27879023 400925536999277 4768218622675910656 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
miyaha_ra

冬には、雪の中で「火振りかまくら」という行事が行われます。長い縄につなげた俵に火をつけ、円を描くように振り回すことで厄を払ったり身を清める意味を持つ伝統行事です。白銀の世界で炎が美しく燃え上がり、幻想的な風景になります。例年2月13日、14日に行われています。炎で冷えた体を温め、身も清めましょう。

Thumb「角館桜まつり」の見頃や駐車場情報を紹介!屋敷通りのしだれ桜も人気!
秋田を代表する桜の名所、角館。毎年ゴールデンウィーク前後に「角館桜まつり」が開催され、多くの...

武家屋敷・角館についてもっと知るには「角館歴史案内人」に聞こう

歩くだけ、見るだけではもったいない角館観光。そんな時には、「角館歴史案内人」にガイドをお願いしてみてはいかがでしょうか?ツアーコースに合わせて、ガイドブックには載ってない知る人ぞ知る話が聞けます。嬉しいことに1人からでも申し込めるので、より角館を知りたい人におすすめです。予約は3日前までなので、ご注意ください。

人力車に乗って角館の武家屋敷をもっと味わおう

歴史ある角館の雰囲気をもっと味わいたい人におすすめなのが、人力車です。料金は15分3000円、30分5000円、60分9000円となっており、2人で乗ればリーズナブルに利用できます。スピーディーに角館を回ることができますし、ポイントでは丁寧な解説を聞くこともできます。乗車場所は、樺細工伝承館向かいです。

着物で武家屋敷の街並みを歩こう

28753584 567502480268245 7882523164469624832 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
o_m0410

せっかく武家屋敷の並ぶ角館を歩くなら、自分も和服を着てその風景に溶け込んでみたいと思いませんか?外町に位置する「たてつ」では、アンティーク着物のレンタルと着付けを行っています。帯も小物も全部そろっているので、何の準備もなくて大丈夫です。男性用も準備されているので、友達同士だけではなくデートにもおすすめです。

みちのくの小京都・角館おすすめランチ

12959927 499649010237178 670719733 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
shooting_gallery

午前中に角館の街を歩き回ったら、お昼頃にはお腹もペコペコです。角館には秋田ならではの料理から、定番のラーメン、ちょっと変わったドライブインなど食事処もたくさんあります。今回はその中でも、人気を集めるランチにおすすめなお店を紹介します。お昼時には行列ができてしまうお店ばかりなので、余裕を持って向かうことをおすすめします。

桜の里

27880450 579357509082453 7466458025964863488 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
yuiko666

「桜の里」で使われている食材は、厳選されたものばかり。秋田ならではの稲庭うどんやいぶりがっこなど、何を頼むか悩んでしまいます。中でも一番のおすすめは、比内地鶏親子丼です。絶品親子丼を求めて、ランチの時間帯には長蛇の列ができてしまうほどの人気です。早く行かなければ待つことは必至ですが、並んででも食べる価値のある一品です。

むら咲

28751238 215983245649273 2062889564116090880 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
funfun_100

秋田といえば、きりたんぽを思い浮かべる人も多いのでないでしょうか?寒い日はもちろんランチでも、せっかく秋田へ行ったら食べてみたい一品です。「むら咲」のきりたんぽは、もちもちのきりたんぽと出汁との相性が抜群。きりたんぽ好きも絶賛するきりたんぽ鍋です。他にも丼ものや稲庭うどん、比内地鶏を使った料理などメニューも豊富です。

自家製麺「伊藤」

ラーメン好きにおすすめなランチが、「自家製麺伊藤」です。まるで普通の民家のような店構えは、隠れ家ラーメンと呼ばれるのも納得です。鶏の出汁がきいた醤油ベースのスープと硬めの麺が想像以上にマッチし、癖になる人が続出。シンプルな見た目を良い意味で裏切って新鮮なラーメンを味わえる、おすすめのランチです。

雲沢観光ドライブイン

「雲沢観光ドライブイン」は、定食や麺類、丼もの、カレーとメニューも豊富。地元の食材を使った、どこか懐かしさを感じるランチを食べることができます。さらに話題になっているのが、自動販売機です。レトロ感の残る自動販売機コーナーでは、珍しいうどんやラーメンを購入できます。一度は試してみたい、一風変わったおすすめランチです。

Thumb角館ランチおすすめ11選!人気カフェや郷土料理を味わうグルメ旅!
角館は、秋田県の国の重要伝統的建造物群保存地区で、昔ながらの武家屋敷がたくさん残されていて、...

観光情報センター「角館駅前蔵」を活用しよう

JR角館駅を出てすぐ目に入る蔵づくりの建物が、「観光情報センター角館駅前蔵」です。パンフレットや地図をもらったり観光のアドバイスを聞くことももちろんできますが、ほかにも手荷物預かりや長靴の貸し出しなど便利なサービスがあります。休憩所としても利用できるので、ぜひ活用して快適な角館観光にしましょう。

角館には武家屋敷以外にも見どころがたくさん

26868820 2151099225117929 5052144788762001408 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
flywind410

角館には、武家屋敷以外にも見どころがたくさんあります。「平福記念美術館」では、平福親子が描いた日本画を中心とした展示が行われています。館内の展示はもちろんですが、洋風な建物も素敵で人気を集めています。料金は高校生以上300円、小中学生200円とリーズナブル。他の見学施設にも使える共通券が、おすすめです。

25037054 328269800912950 6692750569880158208 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
andojyozo

「安藤醸造元」では、味噌、醤油、漬物などを購入することができます。建物内の休憩所では一服したり試食したりすることができ、そのほか古い座敷や蔵を見学したりすることもできます。本格的な調味料や秋田ならではの漬物など、気が付けばいろいろと手に取ってしまうこと間違いなし。レンガづくりの外観も、角館の景観にマッチして素敵です。

27879627 415988242186003 529963947458035712 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
aoyama_weekly_antique_market

「樺細工伝承館」では、角館の伝統工芸である樺細工の歴史資料の展示、樺細工製作の実演や展示などが行われています。樹皮から作られる樺細工は江戸時代からの歴史を持ち、独特の色合いと光沢感が上品な日本の良さを演出してくれます。茶筒や木箱など実用的なものからブローチなどおしゃれなものまで作られているので、お土産にもおすすめです。

武家屋敷の残る小京都・角館へのアクセス

25022719 1981749882146109 4909107199390777344 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
kuma_aya0304

車で角館へ向かう場合には、最寄りの高速道路ICは「大曲IC」になります。大曲ICからは、国道105号線で40分程です。盛岡方面からは、国道46号線で1時間40分程かかります。鉄道でアクセスする場合には、JR角館駅で下車することになります。「こまち」が停車するので、鉄道でのアクセスもおすすめです。

28427661 2060607827506174 4468813012202946560 n
tfeb_happy19ly

空の便で秋田空港を利用する場合には、秋田空港からレンタカーもしくはバスと電車を乗り継いでアクセスすることになります。公共交通機関を利用する場合には、秋田空港から秋田駅までリムジンバスを利用し、秋田駅から角館駅へ向かいます。事前予約することで、角館へ直接アクセスできる乗り合いタクシーを利用することも可能です。

武家屋敷の残る小京都・角館の駐車場情報

角館にある駐車場の中でも最も利用しやすいのが、桧木内川沿いにある「桜並木駐車場」です。イベント期間には露店なども多く出され、車を降りた瞬間から賑わいを感じられます。駐車できる台数はおよそ150台ですが、繁忙期にはバスが優先となることがあるのでご注意ください。利用料金は普通車500円、マイクロバス1000円となっています。

28433278 738424803027465 5360435965015883776 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
itoshimanogitahouse

武家屋敷通りからは少し離れますが、角館交流センター付近には「田町山駐車場」があります。歩くのが億劫な方には、レンタサイクルを駐車場の近くで利用することができるのでおすすめです。駐車場周辺は町中なため道が入り組んでいるので、運転にはくれぐれもご注意ください。田町山駐車場の利用料金は、1台500円となっています。

武家屋敷通りに近い駐車場が、「旧角館高校グラウンド駐車場」です。国道46号沿いにあるため利用しやすく、収容台数も420台と広々。料金は普通車1台500円です。いずれの駐車場もお祭り期間やGWには、すぐ満車となります。町中は一方通行が多かったり、臨時駐車場は場所が分かりづらかったりするので、余裕をもって出発しましょう。

秋田県・角館へ武家屋敷を巡る旅に行こう

23507631 845034665679291 4703734181262262272 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
onsennaruko

いかがでしたか?今回は角館の見学できる武家屋敷やおすすめランチ、駐車場情報などをご紹介しました。歴史ある角館では、江戸時代から残る武家屋敷の街並みを舞台として四季折々の風景やイベントなど様々な楽しみ方ができます。食事処や駐車場などは事前にチェックしてプランを練り、みちのくの小京都・角館を存分に楽しみましょう。

Thumb小京都・角館のおすすめ観光モデルコース!マップ・所要時間も紹介!
秋田県仙北市にある角館町は、別名「小京都」と呼ばれ人気の観光地でもあります。ここでは角館観光...

関連記事

Original
この記事のライター
司馬睦

新着一覧

最近公開されたまとめ