生食パンの美味しい食べ方は?おすすめのトーストアレンジや保存法も紹介!

近年、あちらこちらにいろいろな生食パンの専門店ができており、実際に食べ比べて楽しんでいる方も多いでしょう。どのような食べ方で食べるのがおすすめなのでしょうか。そこで生食パンのおすすめの食べ方やアレンジ方法などについて紹介します。

生食パンの美味しい食べ方は?おすすめのトーストアレンジや保存法も紹介!のイメージ

目次

  1. 1フワフワ食感の生食パンがいまブームに!
  2. 2生食パンとは
  3. 3東京などの大都市だけではなく地方にも生食パン専門店が展開
  4. 4生食パンの美味しい食べ方を知っておこう!
  5. 5生食パンはトーストでの食べ方も食感が変わって美味しい!
  6. 6購入からしばらく経った生食パンはトーストアレンジがおすすめ
  7. 7生食パンの気になる保存方法とは?
  8. 8生食パンのおすすめの食べ方を知って美味しくいただこう

フワフワ食感の生食パンがいまブームに!

近年「生食パン」が人気となっており、さまざまな専門店が登場しています。しかし生食パンは「生」とつく分、特別な食べ方をするのか、また食べきれなければどうするかなど、気になるポイントがあります。生食パンとはどのようなものか、またおすすめの食べ方やアレンジ方法があるのかなどについて紹介します。

生食パンとは

言うまでもありませんが、食パンは生地を作り、それを焼いて作るものであり、「生食パン」だからと言って加熱を全くしていないわけではありません。では、食パンと生食パンとはどのような違いがあるのでしょうか。

また、一般的に生食パンというのはトーストしなくても美味しい食パンで、一般的に値段も高く、高級食パンと言われることが多いですが、なぜ生食パンはトーストしなくても美味しいのでしょうか。そこでまずは生食パンの「生」とはどういう意味なのか、またどのような特徴があるのかについて紹介します。

「生」とは

まずは「生食パン」の「生」とはどういうことなのかという点から紹介します。一般的に生食パンの生というのは、トーストせず「生」でも美味しいから、という意味で理解されていることが多いです。

しかし実は生食パンの「生」というのは、「生キャラメル」や「生チョコ」の「生」に近い意味だと言われます。つまりそのままで食べても口どけがよく、とろけるようだという意味なのです。

生食パンの魅力

なぜ生食パンはこれほどまでに人気なのでしょうか。生食パンにはいくつかの特徴があるのですが、やはりトーストしなくても甘く美味しいこと、さらに耳まで柔らかく美味しいことが挙げられます。

一般的に生食パンは、生地がしっとりとしていて柔らかく、もちもちした食感です。トーストしなくても柔らかく食感がいいので、まさに「生」キャラメルなどのようなリッチでとろける食感が楽しめるのです。

また、耳の部分も柔らかく甘みがあるうえ、焼かれていることで香ばしさもあり、美味しい点も人気のポイントです。こだわりの素材を使い、素材のうまみが感じられるように作っていることが、生食パンがこれほどに大人気となっている理由と言っていいでしょう。

Thumb生食パンが美味しい名店まとめ!高級専門店から話題の人気店まで一挙紹介!
皆さんの中でも朝食に食パンを食べる方も多いのではないでしょうか。そんな食パンですが、今、乃が...

東京などの大都市だけではなく地方にも生食パン専門店が展開

後で述べますが、さまざまなこだわりを持って作られる生食パンは、どうしても食べごろの時期が短いです。当日とせいぜい翌日までとなると、都会に住んでいて、いつでも気軽に行くことができる人以外は手が出しにくいところがありました。

しかし近年、生食パンが人気となるにつれ、生食パンの専門店が各地に支店を出したり、新たな生食パン専門店が地方にオープンしたりという流れが出てきました。そのため、一時期よりも生食パンが食べられる場所が増えてきています。

このことによって、生食パン人気は一気に地方へと広がりをみせています。さまざまな生食パンの専門店ができたことで、それぞれの味わいの違いなどを食べ比べて楽しむ方なども増えているようです。

いつでも美味しい生食パンが食べられるとして人気

デパートの催事などと違い、店舗そのものが地方にできるようになると、いつでも好きな時に生食パンを購入することができるようになります。それにより、生食パン入手のハードルが下がり、だれでも気軽に楽しめるようになったことが、現在の生食パンブームを支えています。

先ほども述べたように、生食パンは特に美味しい時期が短く、買ったらすぐに食べたいパンの一つです。そうなると、食べたい時近くに店があるかどうかは生食パンの人気に大きく影響します。

美味しい生食パンの店舗が増えることは、いつでも美味しい生食パンを食べられるということにつながります。ふだんはもちろんですが、特別な日の食パンとしてぜひ購入してみてはいかがでしょうか。

高級だけどつい買ってしまいたくなるような美味しさ

実際に生食パンを購入した方はご存知でしょうが、生食パンはかなり値段が張ります。そのため最初はよほどのパン好きでなければ一瞬躊躇してしまうかもしれません。

しかし、実際に生食パンを食べてみると、その美味しさにやみつきになるという方は少なくありません。先ほども述べたように、生食パンは特別なこだわりの素材を使うことで、とろけるようなもちもちで柔らかな食感のパンに仕上げています。

各地に生食パンの専門店ができることで、一度食べてその美味しさに目覚めた消費者が近くの生食パンの専門店で何度も購入するというパターンも出てきており、これもまた生食パンブームの要因の一つと推測されています。

Thumb麻布十番に生食パン専門店・乃が美(のがみ)がオープン!アクセスや予約は?
人気の生食パン専門店乃が美(のがみ)。麻布十番にオープンした人気の乃が美(のがみ)へ、たくさ...
Thumb「ラ・パン」は話題の生食パン専門店!高級クリーミーな味わいが口コミで大人気!
みなさんは生食パン専門店として人気を集めている「ラ・パン」をご存じですか?東京はもちろんのこ...

生食パンの美味しい食べ方を知っておこう!

さて、生食パンの魅力について紹介したわけですが、次にその生食パンのおすすめの食べ方について紹介していきましょう。ここまで述べてきたように、生食パンは食パンそのものが美味しいので、とりあえずの食べ方としては「そのまま」がおすすめと言えるでしょう。

そこでまず、生食パンのおすすめの食べ方として、そのまま食べるとするなら、どのタイミングで、どのようにして食べるのがいいのかということについて紹介します。近くで生食パンを購入したら、まずはこの食べ方から試してみてください。

まずは購入した日に生のままの食べ方がベスト

生食パンの食べ方としてまずおすすめしたいのは、「買ったその日」に「そのまま」食べるということです。生食パンは焼きたてのものを販売していますから、基本的に作ったその日にそのまま食べるということになります。

そのまま食べるということは、生食パンそのものの美味しさを感じることができるということです。こだわりの素材を使っていますので、その素材が作り出す美味しさが一番わかる食べ方こそ、そのまま食べるということなのです。

なお、口コミなどによると、生食パンは購入翌日になると、パン酵母の持つ発酵臭が落ち着いて、味や風味が引き立ち、より美味しいという説もあります。可能ならば、当日と翌日と食べ比べて、好みの方で食べるというのもおすすめです。

パンの耳からや真ん中からなど食べ方は自由

そのまま食べるなら、食べ方も贅沢にいきましょう。ふつう食パンというと、6枚切りなどにカットし、トーストして食べるというパターンが多いです。しかし生食パンは一本そのままの状態で売られており、自由な食べ方が可能です。

そこで、購入してすぐにそのまま食べるという場合、ナイフなどでカットせず、そのまま食べてみてはいかがでしょうか。手で半分に大きくちぎり、内側の柔らかなところや耳のところなどを食べてみると、素材のよさ、くちどけや食感などがそのまま感じられ、より美味しい食べ方ができそうです。

このような食べ方は、ふつうの食パン、ましてやカットされて売られている食パンではできないことであり、生食パンならではの食べ方です。この食べ方で生食パンの美味しさに目覚めたという方も多いそうです。

生食パンはトーストでの食べ方も食感が変わって美味しい!

生食パンはカットせず1本で売られているわけですが、特に一人で生食パン一本を当日ないし翌日で食べきるのはなかなかできることではありません。生食パンはどうしても購入してすぐ食べるものと言われるので、気になって購入できない方もいるでしょう。

では当日、翌日を過ぎた後の生食パンは美味しく食べられないのでしょうか。けっしてそのようなことはありません。翌日以降になった生食パンは、トーストしたり、いろいろなアレンジを加えたりすることで、ふつうの食パンと違う美味しさを楽しむことができます。

そこで次に、それ以降に食べる分が残っている場合の美味しい食べ方として、トーストで焼くときのおすすめの方法を紹介します。パンが残っても心配せず、違うアレンジでぜひ食べてみてください。

購入から2日目など焼き加減を調整したトーストの食べ方を実践

生食パンはトーストすることにより、外側がカリッと、中はもちもちという2つの食感が楽しめるようになります。特にカリッと食感はトーストすることで出てくる味わいであり、ぜひ楽しみたいおすすめのポイントです。

生食パンをトーストする食べ方のポイントは、厚切りにすることにあります。生食パン独特のもちもちした食感は、やはり厚みがあるパンでよく感じられます。ぜひしっかりと厚切りにして食べてみましょう。

ジャムやマーガリンなどお好みの味わいで

厚切りにカットしてトーストしたら、まずはそのまま焼きたての美味しさを味わいましょう。特にトーストすると小麦の香りがよくたち、さらにふくよかな味わいを感じることができます。

焼きたての生食パンの食感を楽しんだら、あとは好きなジャムなどをつけてアレンジしていただくのが人気です。もちろんふつうのジャムでもよいですが、せっかくならフルーツ感があるジャムなどを選んでアレンジすることで両方の美味しさが引き立てられます。

生食パンの専門店の中には、ジャムなどを一緒に販売しているところもあります。このジャムは店の生食パンに合うようにアレンジされているため、生食パンの美味しさはもちろん、ジャムの素材のよさもお互いに引き立てられます。より美味しく食べられると人気です。

購入からしばらく経った生食パンはトーストアレンジがおすすめ

生食パンをトーストして食べる場合、ジャムなどを付けるだけでなく、さまざまなアレンジトーストにするのも人気です。もともとのパンが美味しいので、アレンジトーストにしてももちろん美味しいので、いろいろな楽しみ方で食べるのも人気です。

アレンジトーストにする場合のポイントですが、やはりパンそのものが美味しいので、あまり手を加えず、シンプルなアレンジにするのがおすすめです。その分、ちょっと質がいい材料を使えばさらに美味しく食べられるでしょう。

チーズ好きに人気「チーズオリーブオイルトースト」

生食パンの人気アレンジトーストとしてまず挙げるのが「チーズオリーブオイルトースト」です。まず好みの篤さにカットしたパンに十字の切込みを入れ、表面にオリーブオイルをしみ込ませます。その上にスライスチーズをのせ、トーストします。最後に好みで塩をひとつまみふればできあがりです。

生食パンの甘みとチーズの塩気がよく合います。さまざまなメディアなどでも紹介されている食べ方で、朝の忙しい時でも簡単に作ることができる点も人気ポイントです。

見ての通り、材料としてはごくシンプルであり、ふつうに自宅にあるものばかりです。しかしそれが合わせられることで、それぞれの味わいを高め合い、とても美味しいトーストになることでしょう。

ランチ感覚でも食べられる「海苔の佃煮とじゃこの和トースト」

ちょっと手をかけたアレンジがしたいという方に意外な人気となっているのが、「海苔の佃煮とじゃこの和トースト」です。海苔の佃煮、じゃこともにご飯のお供としてにんきが高いですが、パンに合うのでしょうか。

こちらも作り方は簡単です。まず、好みの厚さにカットしたパンの上に海苔の佃煮を塗り、その上にじゃこをまんべんなく敷き詰めます。あとは焼くだけです。好みで焼き上がりにごま油をふるとさらに風味が豊かになります。

先ほども述べたように、生食パンは甘みがあるため、佃煮やじゃこなどの塩気がある食材とよく合います。こちらもおうちにあることが多い食材ですし、パンの上にトッピングするだけなので調理も簡単です。

生食パンの気になる保存方法とは?

このように、生食パンは買ったその日や翌日に食べきれなくても、トーストしたり、アレンジしたりすることで問題なく美味しく食べることができます。しかしいろいろな事情でどうしても食べきれないかもしれないという時にはどうしたらいいのでしょうか。

次に生食パンがどうしても食べきれないという時の食べ方や保存方法について紹介します。ぜひ生食パンを買ったら最後まで美味しい食べ方で楽しんでください。

期限内に食べられないときは冷凍保存がおすすめ

某有名生食パン専門店の消費期限は20度から25度で直射日光や高温多湿を避けて4日間と言われます。しかし、四季のある日本でこの状態を保つというのはとても難しいことであり、特に気温の高い時期にはほぼ不可能ということがわかるでしょう。

ですから、食べきれないかもしれないと感じたならば、食べる分だけ残し、残りはすぐに冷凍保存をすることをおすすめします。普通のパンと同様に、冷凍保存することで、生食パンの美味しさを長く保つことができるようになります。

なお、冷凍保存する場合、美味しさを保つためにはいくつかのポイントがあります。冷凍する場合にはぜひそのポイントを押さえることをおすすめします。

1枚ずつスライスしてから冷凍保存をしておくと後々便利

生食パンを冷凍保存する場合、まず食べるサイズに1枚ずつスライスし、それをラップで包みます、それからジッパー付きの袋に入れて冷凍します。なお、ラップの上からアルミホイルで包んで袋に入れると、熱伝導率がよく早く冷凍できるため、ぱさつきが少なく冷凍できます。

解凍する際はレンジの解凍機能を使います。2分から3分ほど解凍すると、生食パンのもちもちの食感がよみがえります。あとはそのまま食べても、普通のトーストのようにしてトーストしても美味しいです。

生食パンのおすすめの食べ方を知って美味しくいただこう

生食パンはその特別な食感が魅力であり、普通の食パンにはない美味しさです。ですから食べるなら、その食感をたっぷり堪能できるような方法を選ぶことをおすすめします。生のほかにもトーストなど、美味しい食べ方を知ることで、生食パンを丸ごと美味しく味わってみてはいかがでしょうか。

関連記事

Original
この記事のライター
茉莉花

新着一覧

最近公開されたまとめ