「特急スペーシア」は東武鉄道の人気100系電車!予約方法や停車駅・料金は?

東京と日光鬼怒川方面をつなぐ東武鉄道の「特急スペーシア」をご存じですか?ゆったり座ることができる特急用100系列車として知られています。そこで今回は東武鉄道の特急スペーシアの予約方法や停車駅、気になる料金など詳しくご紹介していきます。

「特急スペーシア」は東武鉄道の人気100系電車!予約方法や停車駅・料金は?のイメージ

目次

  1. 1東武鉄道の特急スペーシアについてご紹介!
  2. 2東武鉄道の特急スペーシアとは?
  3. 3東武鉄道の特急スペーシアの車内設備
  4. 4東武鉄道の特急スペーシアの停車駅
  5. 5東武鉄道の特急スペーシアの予約方法
  6. 6東武鉄道の特急スペーシアの料金
  7. 72023年7月より新型車両がデビュー予定
  8. 8東武鉄道の特急スペーシアの口コミ情報
  9. 9東武鉄道の特急スペーシアで贅沢なひとときを!

東武鉄道の特急スペーシアについてご紹介!

東武鉄道が誇る「特急スペーシア」をみなさんはご存じですか?東京から日光鬼怒川方面に観光したい!という方におすすめの特急で観光客などにもおすすめになっています。また実は2023年7月には新しいモデルの特急スペーシアも登場するということで、ますます人気が集まっています。そこで今回は東武鉄道の特急スペーシアについてご紹介します。

特急スペーシアの気になる料金はもちろんのこと、停車駅や予約方法などもご紹介しますし、イメージを膨らませやすいように車内の設備などについてもご紹介します。ぜひ東武鉄道の特急スペーシアに乗って、快適な旅を楽しんでみましょう。

東武鉄道の特急スペーシアとは?

ではまず東武鉄道の特急スペーシアがどんな特急列車なのかについてご紹介していきます。特急スペーシアというのは、1100mのシートピッチでゆったり座ることができる特急列車で、移動中の車内でも贅沢な気分を味わうことができるようになっています。

日光線の「けごん」と鬼怒川線の「きぬ」が運行していて、JR新宿駅から東武日光駅・鬼怒川温泉駅間は「ススペーシアきぬがわ」と「スペーシア日光」としても運行しています。後程ご紹介しますが、車内設備なども充実しているので、充実した車内時間を楽しむこともできます。都内から日光や鬼怒川方面に出かけてみましょう。

東京都内と日光・鬼怒川を結ぶ特急列車

特急スペーシアは東京都内から日光や鬼怒川方面へお出かけしたい人におすすめの特急列車です。東京都内から日光線や鬼怒川線へアクセスすることができるので、日光で観光したい方や、鬼怒川方面へ観光したい方におすすめの特急列車になっています。

所要時間は車であれば東京駅から東武日光駅まで2時間以上かかりますし、東京駅から鬼怒川温泉駅までは2時間30分程度かかるのですが、特急スペーシアを利用することで、新宿駅から日光や鬼怒川方面へ2時間でアクセスすることができます。もちろん運転などする必要もありませんし、くつろぎならが2時間程度車内で楽しむことができます。

東武鉄道の特急スペーシアの車内設備

東武鉄道の特急スペーシアの車内設備についてご紹介していきます。2時間程度車内で過ごすということで、特急スペーシアの車内設備がどうなっているのか気になる!という方も多いのではないでしょうか。そこで特急スペーシアの車内設備をご紹介します。

座席は大型の回転式リクライニングシートを採用しているので、ゆったりくつろぎながらご家族や友人たちと一緒に楽しく乗車することもできます。またそれだけではなく、足元にはフットレストもついていますし、窓側には折りたたみのテーブルもついているので、お弁当などを食べたいときにも便利で、好きなように活用することができます。

座席の上部にはエアコンの吹き出し口がありますので、快適な旅をサポートしてくれます。またスポットライトなどもありますので、読書や手元に灯りが必要なときはご自由にお使いください。なお天候が悪いときなども手元を照らすライトとして活用できます。

全車両禁煙となっていますので、タバコが苦手な方でも安心して旅を楽しむことができます。また1号車、4号車、6号車には洗面所と化粧室があります。化粧室は和式と洋式が1対ずつ設置されていますし、とてもきれいに清掃されているので、いつでも快適にトイレなどを利用することができ、身支度などを整えたい方にもに人気の設備になっています。

6号車の「コンパートメントルーム」も人気

特急スペーシアの6号車は「コンパートメントルーム」という個室完備の車両になっています。向かい合った座席は大人4人でもゆったり座ることができるので、ご家族や友人同士でゆっくり快適な移動を楽しみたいときにも人気の座席になっています。

コンパートメントルームの中央には大理石の大きなテーブルがあり、空調や照明なども調節することができます。まるでホテルでくつろいでいるかのような気分になることができ、特別な旅を楽しむことができます。所要時間の2時間があっという間に感じるほど、快適な空間になっているので、余裕があるときには予約してみてはいかがでしょうか。

東武鉄道の特急スペーシアの停車駅

次に東武鉄道の特急スペーシアの停車駅についてご紹介していきます。浅草駅からは特急スペーシアのけごんもきぬも運行していますし、新宿駅からは特急スペーシアきぬがわが運行しています。それぞれ停車駅なども違いますので、ご自身の利用しやすい駅に停車する特急スペーシアを探しておくと便利になっています。

もちろん浅草駅や新宿駅から乗車することは可能ですが、そこから目的地までの間にある停車駅から乗車することもできますし、もちろん停車駅で下車することもできます。さまざまな停車駅がありますので、都合のいい停車駅を把握しておきましょう。

浅草発着の特急スペーシア

まずは浅草発着の特急スペーシアの停車駅についてご紹介します。浅草を出発して最初の停車駅はとうきょうスカイツリーです。その後曳舟、北千住、春日部、東武動物公園へと続きます。その後杉戸高野台、板倉東洋大前、栃木、新栃木、新鹿沼、下今市で東武日光駅に着きます。なお鬼怒川方面の特急スペーシアは東武日光駅には停車しません。

鬼怒川方面の特急スペーシアの場合下今市を通過後、東武ワールドスクエア、鬼怒川温泉、鬼怒川公園へと続いていくのです。停車駅もたくさんありますので、好きな場所で乗車したり、下車したりすることができるようになっています。

JR新宿発着の特急スペーシア

JR新宿駅発着の特急スペーシアきぬがわの停車駅は、新宿を出発してまずは池袋に停車します。その後は浦和、大宮に停車して栃木に停車します。そこからさらに新鹿沼、下今市で停車して、東武ワールドスクエア、鬼怒川温泉へと続くようになっています。

ご覧の通り浅草駅から出ている特急スペーシアよりも、新宿から出ている特急スペーシアの方が停車駅は少なめです。停車駅が少ないということで、その分車両が止まることもなく、快適な旅を楽しむことができます。東京都内だけではなく大宮などでも停車しますので、鬼怒川方面にアクセスしたい方はぜひ乗ってみてください。

Thumb新宿駅の駅弁ランキング!売店の場所やおすすめの弁当を詳しく紹介!
みなさんは、駅弁はお好きですか?旅の道中に欠かせない駅弁は、新宿駅で買うことができます。新宿...

東武鉄道の特急スペーシアの予約方法

東武鉄道の特急スペーシアの予約方法についてご紹介していきます。いざ特急スペーシアに乗車したい!と思っても、まずは予約をしておかないと乗れないことも多いです。そのため安心して乗車することができるように事前予約をしておくようにしましょう。

予約はインターネットからでも可能ですし、あまりよくわからない!という方は、東武鉄道の駅の中や旅行会社など、説明を聞きながら予約を取ることもできます。また「コンパートメントルーム」の予約方法などもご紹介していきますので、予約方法をマスターして特急スペーシアに乗車し、快適な旅を楽しんでみましょう。

インターネット予約がおすすめ

最初にご紹介するのは「インターネット予約」です。えきねっとなどインターネットから予約ができるサービスを活用することで、隙間時間で特急スペーシアの予約を取ることができます。えきねっとの場合、空席状況などを確認しつつ予約を取ることができるので、空いている座席を確実に把握しながら予約を取ることができます。

それだけではなくえきねっとを利用することで、えきねっと限定の割引きっぷの予約もできるようになっているので、お得に特急スペーシアを利用することができるかもしれません。ツアーの検索などもできるようになっているのでとても便利です。

そのほかにも東武鉄道公式ホームページから、出発駅や到着駅を指定して特急スペーシアの予約を取ることもできるようになっています。こちらも空席情報を確認しつつ予約を取ることができますので、初めての方でも安心して予約を取ることができます。

公式ホームページの場合利用時間が4時50分から翌0時20分までとなっています。時間内に手続きを開始したとしても、予約を取っている最中に時間外になってしまうと予約できなくなってしまいます。そのため余裕を持って日付が変わる前には予約を取るようにしましょう。なお予約を取ったあとに乗車券を別途購入する必要があります。

東武鉄道の駅や旅行会社でも予約可能

次に「東武鉄道の駅中や旅行会社」での予約の取り方についてご紹介します。初めて特急スペーシアの予約を取るという方は、インターネットでの予約に不安という方も多いものです。また普段からスマートフォンやパソコンを使いこなしていない場合などは、直接説明を聞きながら予約を取ることができる駅中や旅行会社が人気になっています。

まず東武鉄道の駅中で予約を取る方法ですが、東武線各駅(押上・みなみ寄居・寄居、無人駅を除く)の、駅窓口で予約・購入することができます。実際に予約を取ってもらう方法になりますので、初めての方や年配層の方々に人気の予約方法です。

ただし駅の窓口を利用する予約方法は、混雑していて時間がかかることも多いです。そのため時間に余裕を持って出かけるようにしましょう。販売開始されるのは乗車日の1か月前からとなりますので、予約できる日にちを過ぎたら早めに足を運びましょう。

もう一つ旅行会社で予約をするという方法ですが、東武トップツアーズ特急券取扱支店では特急スペーシアなどの予約ができるようになっています。そのため東武トップツアーズ特急券取扱支店を訪れて、説明を聞きつつ希望した日にちの予約を取るのもおすすめです。こちらも混雑することも多いですので、余裕を持ってお出かけしてください。

6号車「コンパートメントルーム」の予約方法

最後に6号車「コンパートメントルーム」の予約方法をご紹介します。特急スペーシアの人気車両コンパートメントルームですが、こちら予約方法が少し異なります。駅中や旅行会社で予約するときは、実際に駅員の方や旅行会社の方が行ってくれるので安心ですが、インターネット予約の場合は自分で操作していかなくてはなりません。

ですが安心してください。コンパートメントルームの予約方法も簡単で、最初は特急スペーシアと同じ方法で予約を取っていきます。そして座席指定の画面で「個室」を選ぶようにしましょう。そうすることでコンパートメントルームの予約ができます。

東武鉄道の特急スペーシアの料金

特急スペーシアの気になる料金についてご紹介します。浅草から鬼怒川温泉までは平日特急料金が1360円、土休日特急料金が1470円、運賃が1580円となります。なお個室を利用する場合は、平日3150円土休日3770円の別途料金が必要になります。

新宿から鬼怒川温泉までの料金は、特急料金が2100円、運賃が1980円となります。こちらも個室は別途料金となっていて、JR線内は3150円でJR線内と東武線の場合は6300円となります。やはり個室を利用することで料金は上がってしまいますが、その分プライベート空間でゆっくり旅行を楽しむことができるので人気になっています。

お得なきっぷはある?

少しでも料金を抑えたい!という方のために、お得なきっぷの情報をご紹介します。びゅうトラベルでは、往復のきっぷと宿泊までがセットになったプランなどもありますので、普通にきっぷや宿泊先を探すよりもお得に楽しむこともできます。

そのほかにもえきねっと限定の割引きっぷなどもありますので、お得なきっぷを探してできるだけ料金を抑えるというのもおすすめです。また確実にゲットできるわけではないですが、お近くの金券ショップなどに立ち寄ってみるのもおすすめです。もしかすると出かけたい日にちのきっぷが販売されているかもしれません。

2023年7月より新型車両がデビュー予定

「日光と出会う新しい旅へ」というキャッチフレーズの元、2023年7月15日に新型モデルが登場する予定です。今までの青やオレンジのラインが入った車体とは違って、より見た目がおしゃれに洗礼されています。新型特急「スペーシア X」の運航開始にあたって、さまざまなキャンペーンが企画されているので、情報を待っておきましょう。

1日に2から4往復する予定で、4往復するのは主に週末や連休などになる予定です。また運行区間は東武スカイツリーライン・日光線・鬼怒川線と浅草から東武日光・鬼怒川温泉駅間です。停車駅はほとんど現在の特急スペーシアと変わりませんので安心です。

東武鉄道の特急スペーシアの口コミ情報

東武鉄道の特急スペーシアの口コミ情報をご紹介します。やはり口コミでもコンパートメントルームは人気になっています。個室ということで、ご家族や友人同士水入らずの時間を楽しむことができます。またそのほかの一般車両も居心地がいいと人気です。

日光や鬼怒川にはおすすめの観光スポットも多く、東京から一本で行けるというのは魅力でもあります。いままで特急スペーシアを利用したことがない!という方にも、おすすめできると口コミでも評判です。また基本料金が安いので、JRよりもお得感があるというのも特急スペーシアが、口コミでおすすめされている理由になっています。

東武鉄道の特急スペーシアで贅沢なひとときを!

東武鉄道の特急スペーシアを利用することで、東京から日光・鬼怒川間が楽に快適に移動することができるようになっています。日光や鬼怒川方面にはいろいろな観光スポットもありますので、多くの方々におすすめです。

機会があれば人気のコンパートメントルームも利用して、特別な旅を楽しんでみましょう。料金も比較的安いですので、気軽に贅沢な旅が楽しめるおすすめの特急列車になっています。

関連記事

Original
この記事のライター
kiki

新着一覧

最近公開されたまとめ