ぶどうの種類ランキングTOP25!本当に甘くて美味しい高級品種も!

みなさんはぶどうの種類をどれだけ知っていますか?実はいろいろな種類があるぶどうをランキング形式でご紹介します。ランキングには人気のシャインマスカットはもちろんのこと、高級品種として人気の種類も登場します。ぜひランキングを参考に美味しいぶどうを味わいましょう。

ぶどうの種類ランキングTOP25!本当に甘くて美味しい高級品種も!のイメージ

目次

  1. 1ぶどうの種類ってどのくらいあるの?
  2. 2ぶどうの種類ランキングをご紹介!
  3. 3ぶどうの種類ランキング第25位から第11位
  4. 4ぶどうの種類ランキング第10位から第4位
  5. 5ぶどうの種類ランキング第3位: ナイアガラ
  6. 6ぶどうの種類ランキング第2位: 巨峰
  7. 7ぶどうの種類ランキング第1位: シャインマスカット
  8. 8ぶどうの美味しい食べ方
  9. 9ランキングのぶどうを食べてみよう!

ぶどうの種類ってどのくらいあるの?

意外と知られていないのですが、ぶどうはたくさんの種類があって、世界には10000を超える種類のぶどうがあると言われています。ですが日本であるのはマイナーなぶどうの種類を入れても100種類超える程度と言われていて、種類の多さがわかるはずです。

そこで今回はその中でも日本で人気のぶどうの種類をランキング形式でご紹介していきます。ランキングもトップ25ということで、全ての種類のぶどうをご紹介できるわけではないですが、今まで知らなかったぶどうの種類などを知ることができるはずです。もちろん人気のシャインマスカットなど、高級品種もありますので参考にしてみましょう。

ぶどうの種類ランキングをご紹介!

今回はぶどうの種類で人気のあるものをランキング形式でトップ25をご紹介します。ぶどうは知られていない種類なども多く、当ランキングを見て初めて知った!というぶどうも登場するはずです。

もちろんどのぶどうも美味しいですし、中には高級品種と言われるぶどうも登場しますので、贈呈用などで用意する際にはランキングを利用して上位のぶどうを購入するのもおすすめです。もちろん人気のぶどうということもあり値段は高くなることも多いですが、その分美味しいぶどうを味わうことができます。

ぶどうの種類ランキング第25位から第11位

ではさっそくおすすめのぶどうの種類ランキング第25位から第11位までをご紹介します。ここでは当ランキングの中では下位から中盤程度の順位になりますが、それでもぶどうの種類の多さから考えればおすすめのぶどうであることに間違いありません。

聞いたことのない名前なども登場するかと思いますが、ぶどうとの特徴などもご紹介していきますので、まずは食べてみるというのがおすすめです。日本国内で生産されているぶどうも多いですので、見かけた際には食べてみてはいかがでしょうか。

第25位: カッタクルガン

ウズベキスタン原産の欧州種ぶどうの一つ「カッタクルガン」は、欧州種のぶどうの中でも最高品質と言われている高級品種の一つでもあります。皮ごと食べることができますし、種もありませんので食べやすいぶどうとしてもおすすめです。

果肉の断面は500円玉よりも大きくなることが多く、一粒だけでも食べ応えのあるぶどうです。色は黄緑色で甘みが強いですので、皮ごと食べても甘みを充分に感じることができます。ただし香りがあまり強くない品種としても知られています。

第24位: マスカット ジパング

ロザリオビアンコとアリサを交配し作られた「マスカット ジパング」は、元々岡山県で生産されたぶどうです。こちらの開発には10年もの月日を要したと言われていて、農家の方々にとって自慢のぶどうとして生まれたのです。

皮が薄く、種もありませんので、そのままかじりついて食べることができ、お年寄りやお子様にも食べやすいぶどうの一つです。強めの甘みを感じることができ、ほのかにマスカットの香りを感じることができるので、さっぱり何個でも食べられるぶどうです。

第23位: 黄華

カッタクルガンにヒロハンブルグを交配して誕生した「黄華」は、主に原産である長野県で作られているぶどうで、しゃりっとした歯触りが特徴のぶどうになっています。購入したい場合は長野県のJAなどへ行くと直売店などを見つけることができます。

こちらも皮が薄いぶどうで、種もありませんのでそのまま食べるのがおすすめになっています。強い甘みを感じることもできますし、ヒロハンブルグのマスカットの強い香りも楽しむことができます。そのためカッタクルガンでは物足りない方におすすめです。

第22位: 紫玉

数々のぶどうを生み出したとされる植原葡萄研究所が開発した「紫玉」は、その名の通り紫黒の皮に、不着色の果肉が合わさったぶどうになっていて、もともとは高級品種でもある巨峰から生まれた早熟品種です。そのため巨峰よりも収穫時期が早いのが特徴です。

味わいについては巨峰とあまりかわらないのですが、一般的には巨峰よりも実の大きさが小さいと言われています。お子様でも食べやすい巨峰というイメージでとらえることもでき、ご家族みなさんで食べたいときにもおすすめのぶどうになっています。

第21位: トンプソン・シードレス

アメリカ生まれのぶどうとして知られる「トンプソン・シードレス」は、カルフォルニアレーズンの原産ぶどうとして知られていて、アメリカではごく一般的に食べられているぶどうの種類の一つでもあります。そのためアメリカへ行ったことがあるという方は、スーパーなどで見かけたことがあることも多いのではないでしょうか。

種もほとんどありませんが、果肉がやや固めです。そのため小さなお子様などが食べる際には、あらかじめ切っておくのがおすすめです。酸味も感じることができるぶどうですので、スッキリ味わいたいときにもおすすめです。

第20位: ゴールドフィンガー

ピアレスとピッテロ・ビアンコを交配させた「ゴールドフィンガー」は、見た目に特徴がありまん丸ではなく、果肉が長円錐になっています。元々山梨県で開発されたぶどうの一つになっていて、皮がむきにくいのが特徴でもあります。

ですが皮ごと食べることもできますので、おやつ感覚でパクパク食べることもできます。糖度が18度前後と高いですが、酸味は少なめです。そのため酸味が苦手な方やお子様にもおすすめです。またとてもジューシーなぶどうとしても知られています。

第19位: 甲斐美嶺

レッド・クィーンと甲州三尺を交配して開発した「甲斐美嶺」は、2000年に品種登録された比較的新しい品種のぶどうでもあります。つやのある甲斐美嶺は一口で食べることができる大きさで、お子様やお年寄りの方にもおすすめになっています。

皮は厚めですが手でむくことができますので、食べる前にむいておくと食べやすいです。しっかりした香りを楽しむこともでき、甘みや酸味も感じることができるので、フレッシュなぶどうを味わいたい!という方にも人気のぶどうになっています。

第18位:大峰

井川682号とピオーネを交配させて開発した「大峰」は、とにかく粒の大きいぶどうとして知られています。果汁が多く糖度も17度前後あるぶどうになっています。そのため一粒でも食べ応えがあり、噛んだ瞬間にぶどうの旨味が口いっぱいに広がります。

大峰の収穫期間は2週間から3週間程度と言われているので、なかなか希少価値の高いぶどうでもあります。そのため一般的なスーパーなどで見かけることは少なく、JAなどの直売所へ行かないと購入することができないことも多い人気のぶどうです。

第17位:甲斐のくろまる

名前の通り真っ黒の「甲斐のくろまる」は、ピオーネと巨峰を交配して開発した品種です。高級品種としても知られる巨峰を交配していますので、芳醇な香りや甘みを感じることができ、皮もある程度厚みがありますので、むきやすいことでも知られています。

糖度は18度前後ありますが、酸味は少ないのでとにかく甘みを感じたい!という方におすすめのぶどうでもあります。山形県内で開発されて、現在も山形県内でのみ作られているぶどうですので、山形観光などにお越しの際には買ってみるのがおすすめです。

第16位:マスカット・ベリーA

アメリカブドウのベーリーと、ヨーロッパブドウのマスカット・ハンブルグを交配して開発された「マスカット・ベリーA」は、日本ワインブドウの父とも呼ばれている、川上善兵衛氏が最初に開発したぶどうとしても知られています。

現在でもぶどう狩りの人気品種としても知られていて、以前はスーパーなどでも一般的なぶどうとして販売されていました。現在はぶどうの種類が増えたことや、高級品種なども増えていることで、以前のようにスーパーで見かけることは減ってしまいました。

第15位:山ぶどう

野生に存在するヤマブドウとは違う「山ぶどう」は、食べやすいように甘みなども増え、ぶどうジュースやワインにするためのぶどうとしても人気になっています。果肉は比較的果汁が多いですので、食べた瞬間にジュワッと果汁が広がる感覚を楽しむことができるぶどうとしても有名です。

酸味と渋みなどもありますので、そのまま食べるのは苦手という方も多いですが、ジャムやジュースやワインとさまざまな加工品にすることができます。よく育っている場合は、渋みと酸味がうまく合わさって、芳醇なぶどうの味を楽しむことができます。

第14位:サニードルチェ

明るい赤色系の色をした「サニードルチェ」は、見た目もかわいいぶどうとして人気になっています。もちろん味が美味しいのはもちろんですが、皮ごとそのまま食べることもでき、おやつ感覚で味わうことができるぶどうです。

甘みが強い品種になっているので、そのまま食べても美味しいですが、ミキサーなどでジュースにするのもおすすめです。砂糖などを加えることなく、甘みの強い100%ぶどうジュースを味わうことができるので、お子様などにも人気になっています。

第13位:安芸クイーン

高級品種でもある巨峰と巨峰を交配して開発された「安芸クイーン」は、赤色のぶどうになっていて、巨峰よりも皮が少し薄めになっていることが多いです。また種もほとんど入っていないので、食べやすいぶどうとしても人気になっています。

酸味などもほどよく感じることができますが、しっかり甘みを感じることができるので、幅広い年代の方々に人気のぶどうです。高級品種である巨峰と巨峰をかけ合わせたぶどうですので、贈呈用などとしてもおすすめのぶどうになっています。

第12位:多摩ゆたか

マスカットなどよりも少し黄色が強いのが特徴の「多摩ゆたか」は、巨峰の孫のような存在のぶどうとして有名です。ランキングでも中盤戦に入り込んできているものの、まだまだ知名度が低いぶどうの品種になっています。

今後さらに人気が出てくることも予想されますので、見かけた際には一度食べてみてはいかがでしょうか。巨峰の孫にあたるような存在でありながら、黄緑色の実がついている珍しいぶどうとしても人気になっています。

第11位:キングデラ

種がないぶどうとしても知られる「キングデラ」は、実が大きすぎるわけではないですので、パクパクと食べることができるぶどうになっています。身離れのいい皮は口の中で、スッとむくことができるので食べやすいぶどうとしても知られています。

デラウエアという品種のぶどうと似ていますが、デラウエアよりは粒の大きさも大きいですので、口の中に広がる風味なども変わってきます。大きさは小さめのぶどうがいい!という方は、まずは一度食べてみてはいかがでしょうか。

ぶどうの種類ランキング第10位から第4位

続いてぶどうの種類ランキング第10位から第4位までをご紹介します。いよいよランキングも上位に向かっていきますので、みなさんが聞いたことがある!という品種も登場するのではないでしょうか。

高級品種として人気の品種なども登場しますし、デラウエアや、これまで何度か名前は登場したピオーネなども登場します。美味しいぶどうを食べてみんなで笑顔になってみましょう。

第10位: ルビーロマン

石川県オリジナルの品種として人気の「ルビーロマン」は、藤稔が自然交配して誕生したぶどうと言われています。実が大きくて色は赤紫系になっていて、皮もはぎやすいですし、食べてしまったとしても苦みや渋みが少ない皮も特徴です。

果肉は繊維質などを感じることがなく、食べやすいぶどうとして人気になっています。歯触りもいいですので、パフェなどの飾り付けに使うにもおすすめです。とにかく甘いぶどうですので、食後のデザートやおやつにもおすすめです。

第9位: サニールージュ

ピオーネとレッドパールを交配させて開発した「サニールージュ」は、果房が少し変わっていて、中央にギュッと果肉がつまったような見た目です。そのため普段見かけるぶどうとは、果房が違って見えるというのが特徴でもあります。

粒の大きさには育つ環境が大きく影響していて、大きいものから小さいものまであります。デラウエアのように口の中で簡単に皮をむくことができるので、食べやすいぶどうとしても話題になっています。

第8位: 天山

栽培が難しいので、あまり流通していない「天山」は、ロザリオビアンコにベイジャーガンの花粉を交配して、育てていった品種になっています。まだまだ日本でも栽培している農家が少ないですので、希少価値も高く高級品種の一つでもあります。

そのためなかなか見かけることも少ないですが、見かけた際には買ってみてほしい品種です。粒の大きさは世界最大級と言われていて、一粒40g前後の果肉を味わうことができます。そのため少し食べただけでも満足できるぶどうでもあります。

第7位: ピオーネ

巨峰とマスカットの交配種として知られる「ピオーネ」は、名前を聞いたことがあるという方や、実際に食べたことがあるという方も多いのではないでしょうか。巨峰のように色が濃く、果肉も大きいですので食べ応えがあるぶどうでもあります。

皮は硬いですので基本的にはむいて食べるようになります。お店などでも使われていることが多く、スーパーなどでも見かけることができるので、手に入れやすいぶどうとしてもおすすめになっています。

第6位: 我が道

皮ごと食べられる赤い皮が特徴の「我が道」は、生産者も少ないですし、収穫量も少ないので希少価値の高いぶどうの一つになっています。そのため高級品種の一つとしても知られています。

皮ごと食べることができるのにもかかわらず、強い甘みを感じることができ、食べやすいぶどうでもあります。皮ごとミキサーにかけてジュースにしてみるのもおすすめです。

第5位: ナガノパープル

巨峰とリザマートを交配してつくられている「ナガノパープル」は、2004年に品種登録されたばかりで、比較的新しいぶどうではありますが、すでにランキング上位に食い込んでくる人気を誇っています。

ポリフェノールが多く含まれているぶどうとしても知られているので、ポリフェノールを摂取したい!という方にもおすすめです。出荷時期は9月から10月にかけてですので、旬の時期にスーパーなどで探してみてはいかがでしょうか。

第4位: デラウエア

アメリカ原産の自然交配種として知られる「デラウエア」は、昔から多くの方々に愛されていますし、日本でも明治時代には入ってきていたぶどうと言われています。粒は小さく口の中でつるんと皮がむけるので、幅広い年代の方々に愛されています。

スーパーなどで小さいサイズのぶどうを見かけた際は、このデラウエアという品種であることが多いです。日本でもよく知られているぶどうですし、生産数なども多いですので、手に入れやすいぶどうとしてもおすすめです。

Thumbデラウェアはアメリカ原産の人気ぶどう品種!旬の時期や栄養素など徹底解説!
美味しいぶどう品種ということで大人気となっている、「デラウェア」のおすすめ情報について、詳し...
Thumb兵庫のぶどう狩りスポット5選!人気のピオーネやシャインマスカットも!
ぶどう狩りとインターネットで検索すると九州圏なら福岡県、関東圏なら群馬県、山梨県が人気です!...

ぶどうの種類ランキング第3位: ナイアガラ

ワインなどの加工食品にも使われている「ナイアガラ」は、もちろん生で食べることもできますし、ワインやジュース、ジャムなどにしても美味しいと人気になっています。

皮が薄いぶどうですので、あまり運ばれるのが得意ではありません。そのため基本的にスーパーなどで見かけることも少なく、希少価値の高いぶどうでもあります。

アメリカ生まれの人気白ぶどう

アメリカ育ちナイアガラですが、皮は薄くてつるんとむくことができます。デラウエアに似ていて果肉も小さめではありますが、しっかりとした果汁を感じることができるので、満足できること間違いなしです。

種ありと種なし両方あると言われていますが、種ありの方が多いですので、そのまま食べる際は注意が必要です。またジュースにするときなども、種は取り除いでミキサーなどにかけるようにしましょう。

ぶどうの種類ランキング第2位: 巨峰

シャインマスカットに並んで知名度の高い「巨峰」は、ぶどうの中でも高級品種として知られていますが、スーパーなどでも気軽に手に入れることができます。そのため名前を知っている方がほとんどなのではないでしょうか。

高級品種ということでシャインマスカット同様に値段は高いですが、その分芳醇な香りなどを楽しむこともできます。また種ありと種なしが栽培されているのですが、種ありの方が甘みが増して美味しいという口コミ情報もあります。

日本人に馴染み深い高級品種の一つ

巨峰は日本人にも馴染み深いぶどうですので、そのまま食べるのはもちろんのこと、ジュースやジャム、ゼリーにするのもおすすめです。お子様がいらっしゃる場合は、お子様と一緒に巨峰を使ったスイーツを作ってみてはいかがでしょうか。

巨峰とシャインマスカットは日本でも大人気のぶどうの一つですが、どちらも味わいが全然違います。そのため巨峰とシャインマスカットを贅沢に使ったパフェなどを、自宅で作ってみるのもおすすめです。材料は自分の好きな材料を入れて作ることができます。

ぶどうの種類ランキング第1位: シャインマスカット

ふるさと納税の返礼品でも大人気の「シャインマスカット」は、やはりぶどうの種類ランキングでも1位に輝きました。シャインマスカットと言えばシーズンになると、さまざまなお店でシャインマスカットを使ったスイーツなどが登場します。またもちろん贈呈用にシャインマスカットを購入しているという方も多いです。

現在はみなさんが当たり前のように「シャインマスカット」という名前を知っていると思いますが、実はシャインマスカットは2006年に品種登録されたばかりの品種です。そのため短い時間で一気に人気に火がついた品種だということがわかります。

日本だけでなく、海外からも人気

シャインマスカットは日本だけではなく、海外でも人気になっています。そのため外国人観光客の方々が、シャインマスカットを購入する姿などもよく見かけます。先ほど少しお伝えしましたが、シャインマスカットはふるさと納税の返礼品でも大人気です。そのためふるさと納税の返礼品でシャインマスカットを選ぶというのもおすすめです。

もちろん当ランキングでも第1位ということで、スーパーなどでも手に入れやすいですが、値段は少々高いですので特別な日のフルーツとして購入するのもおすすめです。

Thumb関東でシャインマスカットの食べ放題ができる農園まとめ!料金やおすすめ時期は?
甘くて美味しい大粒の高級ぶどう、シャインマスカット。関東でも食べ放題でシャインマスカットのぶ...

ぶどうの美味しい食べ方

最後にぶどうの美味しい食べ方についてご紹介します。ランキング内でご紹介したぶどうは、基本的にはそのまま生で食べられるぶどうになっています。そのためランキングを参考に、気になるぶどうをまずは買ってみるのがおすすめです。

ランキング内でもご紹介しましたが、食べ方としてはまずはそのまま生で食べるのがおすすめです。またほかにも凍らして食べるのもいいですし、皮ごとミキサーに入れてジュースにするのもおすすめです。またアイスクリームと一緒に食べるのも美味しいと話題になっています。

ランキングのぶどうを食べてみよう!

ぶどうランキング25をご紹介しましたが、気になるぶどうは見つかりましたか?当ランキングでは日本原産のぶどうだけではなく、アメリカ原産のぶどうなども登場しています。

なかなかスーパーなどで見つけることのできないぶどうもありますが、どれもランキングにランクインするだけあって美味しいのは当たり前です。気になるぶどうを見つけて、ぜひみなさんも一度は食べてみてください。

関連記事

Original
この記事のライター
kiki

新着一覧

最近公開されたまとめ