「甲州」は日本代表のぶどう品種!産地や特徴・おすすめの食べ方まで徹底解説!

日本代表として人気を集めているぶどう品種の甲州。歴史が古いぶどう品種として、贈答用としても人気があります。多くの方に愛されている甲州の魅力を産地やおすすめの食べ方と合わせて紹介!購入方法なども紹介するので、人気のぶどう品種の甲州を味わってみましょう。

「甲州」は日本代表のぶどう品種!産地や特徴・おすすめの食べ方まで徹底解説!のイメージ

目次

  1. 1日本代表のぶどう品種?「甲州」とは?
  2. 2人気ぶどう「甲州」の産地
  3. 3ぶどう「甲州」の味の特徴
  4. 4ぶどう「甲州」はワインにも使われる
  5. 5ぶどう「甲州」のぶどう狩りも人気
  6. 6ぶどう「甲州」のおすすめの食べ方
  7. 7ぶどう「甲州」の保存方法
  8. 8ぶどう「甲州」の購入方法
  9. 9ぶどう「甲州」を購入した人の口コミ
  10. 10山梨県の代表ぶどうの一つ「甲州」を食べてみよう!

日本代表のぶどう品種?「甲州」とは?

日本には色々なぶどうの品種がありますが、その中でも古い歴史を持ち親しまれているぶどう品種が「甲州」。人気のぶどう「甲州」は多くの方に愛されている品種で、 贈答用としても利用されることが多いです。今回は、そんな「甲州」がどんなぶどうかをご紹介。

多くの方に親しまれていて人気を集めているぶどう品種の「甲州」の産地や食べ方などを紹介していきます。もちろん、人気のぶどう「甲州」の購入方法についても触れていきます。

ぶどうの品種はたくさんあるのですが、人気の品種のぶどう「甲州」は一度は味わってみるのがおすすめ。どんな味で楽しめるぶどうなのかについても紹介していくので、「甲州」を食べたことがないと言う方はチェックして「甲州」を味わってみてください。

人気ぶどう「甲州」の産地

ぶどうの人気品種の「甲州」について紹介するのですが、まずは「甲州」が作られている産地について見ていきましょう。

ぶどう「甲州」は主に山梨で栽培されているぶどうです。山形や大阪などでもぶどう「甲州」は栽培されているのですが、畑面積や収穫量ともに山梨は日本国内で1位となっています。山梨で栽培されたぶどう「甲州」は、全体の9割を占めているのがポイントです。

主に山梨で栽培されているぶどう「甲州」ですが、発祥の地も山梨とされています。ぶどう「甲州」の発祥のルーツには2つの説があるのですが、その一つがぶどう「甲州」の産地となる山梨の勝沼で1186年に発見されたという説になります。

ぶどう「甲州」の主な産地となる山梨ですが、その発祥のルーツには奈良時代に僧が発見したという説があります。2種類の説のどちらが真実かは明らかにされていませんが、主な産地である山梨との深い関わりがあるのが産地からもわかります。

主に山梨で栽培されているぶどう「甲州」は、9月中旬頃から10月中旬頃に出回ります。旬の時期を覚えておくと、美味しいぶどう「甲州」を購入するのに便利です。また産地は山梨以外にもあるので、購入時には産地をチェックしておくのもおすすめです。

ぶどう「甲州」の味の特徴

続いてぶどう「甲州」の味についても紹介していきます。人気のあるぶどう「甲州」ですが、果皮は赤紫色をしているので定番のぶどうのデラウエアなどと同じような色合いです。

そんなぶどう「甲州」は、果肉が柔らかいのが特徴です。甘味もしっかりと感じられるのですが、ぶどう「甲州」は種の周りは少し酸味が強いのが特徴です。そのため、種を取り出そうとする時や齧った時に酸味を強く感じてしまう場合があります。

酸っぱいと感じた場合には、種ごと飲み込んでしまうのがおすすめ。と言うのも、ぶどう「甲州」は小ぶりの粒なのでそのまま飲み込むのも難しくないでしょう。もちろん子供や年配の方がそのまま飲み込んで食べる場合には注意が必要になります。

人気のぶどう「甲州」は、比較的シンプルな味を楽しむことができます。癖がないので食べやすいとも言われていて、さっぱりとした味を楽しめるとも言われています。種の周りは酸味が強いのですが、酸味を強く感じるかは個人差にもよってしまうでしょう。

甘味と酸味のバランスが優れているとも言われる味になっているので、ぶどう「甲州」のファンは多く人気を集めています。まだぶどう「甲州」を食べたことがないと言う方は、日本で古くから愛されているぶどう「甲州」を味わってみるのがおすすめです。

ぶどう「甲州」はワインにも使われる

人気のぶどう「甲州」は、生食用としてだけでなくワイン利用もされています。ぶどう「甲州」を使ったワインが作られたのは明治時代となっていて、山梨の特産でもあります。

ぶどう「甲州」を使ったワインは白ワインで、癖のないぶどう「甲州」を使用しているので和食などと相性が良いワインとして人気があります。ぶどう「甲州」を使ったワインは、程よい甘味の中に酸味や渋みをバランスよく感じられるのが特徴になります。

もちろんぶどう「甲州」を使用したワインは1種類ではないので、それぞれのワインの製造方法などによっても多少の味の違いはあります。そのため、ワイン好きの方は色々なぶどう「甲州」を使用したワインを飲み比べして好みの味を見つけるのもおすすめです。

ぶどう「甲州」は先述したように主な産地が山梨になるのですが、その大半がワイン用に出荷されています。もちろん、生食用とワイン用の両方がありますがほとんどはワイン用と言っても過言ではありません。そのため、ワインの方が好みという方も多いです。

ぶどう「甲州」を使用したワインは主流となっているのが辛口になるのですが、甘口ワインやスパークリングワインなども販売されています。ワインの種類によっても料理の相性は異なるので、相性の良し悪しを見つけながら味わうのもおすすめの楽しみ方です。

ぶどう「甲州」のぶどう狩りも人気

ぶどう「甲州」は生食用やワイン用があるので、そのまま食べたりワインになった味を楽しめます。ですが購入してみようか迷ってしまう方もいるでしょう。

そんな方におすすめなのが、ぶどう狩りでぶどう「甲州」を味わう方法です。ぶどう「甲州」をぶどう狩りで楽しむ場合には主な産地となる山梨に足を運ぶのがおすすめ。山梨県内ではぶどう「甲州」を食べ放題で楽しめる場所などもたくさんあります。

また、贈答用でぶどう「甲州」の購入を検討している場合にも実際に食べてみると選択しやすくなるでしょう。農園によっては贈答用の購入ができる場合が多いので、その場で味わって購入を決めることもできるのでぶどう狩りで楽しむのはおすすめになります。

山梨での生産が国内の9割を占めているのですが、山梨県内のどこの農園でもぶどう「甲州」のぶどう狩りができるわけではありません。食べ放題の時間や料金なども農園によって異なってくるので、事前に確認しておくのがおすすめになります。

実際に山梨のぶどう狩りでぶどう「甲州」を味わってから、ぶどう「甲州」を好きになったと言う方も多いようです。山梨近郊に在住の方の場合には、まずは一度足を運んでみてはいかがでしょう。味などもしっかりと楽しめるのでおすすめになります。

Thumb山梨のフルーツ狩りスポット21選!さくらんぼや桃・ぶどう狩りを満喫!
山梨はさくらんぼや桃など色々なフルーツ狩りを楽しめます。フルーツによって時期が異なるので、フ...
Thumb山梨のぶどう狩りおすすめ11選!シャインマスカット狩りができる農園も!
幅広い世代に人気のあるぶどう狩り、もぎたての新鮮なぶどうを山梨で食べられるのは魅力です。時期...

ぶどう「甲州」のおすすめの食べ方

人気のぶどう「甲州」は、どのような食べ方をされているのでしょうか。主な産地でもある山梨ではどんなふうに食べられているのかなどを調査しました。そこで、人気のぶどう「甲州」の食べ方について紹介していきます。

ぶどう「甲州」のおすすめの食べ方は2種類あります。どちらもぶどう「甲州」の味を満喫できる食べ方になっているので好みで選択して味わってみるのがおすすめ。ここでは、おすすめの2種類の食べ方を個別に紹介していくので参考にしてください。

そのまま

最初に紹介するぶどう「甲州」の食べ方は、そのままの状態で味わうことです。特に初めてぶどう「甲州」を食べる方は、まずはそのまま味わうのがおすすめ。

甘味や酸味などを含めて、ぶどう「甲州」の持つ本来の旨味をそのまま味わうことができます。ぶどう「甲州」を味わう方でもそのまま食べると言う方が大半を占めています。そのため、そのまま味わうのが一番の食べ方と言えるでしょう。

ぶどう「甲州」は、皮ごと食べられるわけではないので皮から取り出して食べる形になります。ですが、ぶどう「甲州」は皮離れがしやすい品種になるので指で摘んで簡単に食べることができます。先述したようにタネは取り出してもそのままでも問題ありません。

ぶどう「甲州」をそのまま食べる場合には、事前に冷蔵庫で冷やしておくとより美味しい味を楽しめます。その場で冷えたのを味わいたい場合には氷水につけるのもおすすめ。冷えた方がより美味しい味を楽しめるので、冷やしてから味わうようにしましょう。

冷やす前と冷やした後の味の違いを楽しんでみるのも、ぶどう「甲州」のおすすめの楽しみ方になります。好みは個人差によって違ってきますので、自分に合った食べ方にしてそのままのぶどう「甲州」の味を存分に味わってみてください。

ゼリー

続いて紹介するぶどう「甲州」の食べ方は、ゼリーにして味わう方法になります。ぶどう「甲州」は風味が優れているのでゼリーとの相性が優れています。そのため、そのままの味が苦手に感じた場合や余ってしまった場合にはゼリーにしてみるのがおすすめ。

一般的なゼリーの作り方で簡単に作れるので、料理やお菓子作りが苦手な方でも簡単に挑戦できるのもぶどう「甲州」のセリーの魅力です。

果肉をしっかりと味わいたい方の場合には、ぶどう「甲州」の果肉をゼリーの中に入れる形で作ってみるとぶどう「甲州」の味もそのまま楽しむことができます。小ぶりの果肉を2個から3個入れると、食べ応えやボリューム感もあるのでおすすめになります。

ぶどう「甲州」を使ったゼリーでは、一度ぶどう「甲州」をジュース状にしてゼリーにするのもおすすめ。果汁100パーセントで美味しい味を楽しめるのがポイント。ジュース状にした場合には余ったぶどう「甲州」を、炭酸などで割って飲むことも可能です。

シンプルな食べ方だからこそ、ぶどう「甲州」の素朴な味を純粋に楽しむことができます。ゼリーは低カロリーで楽しめるのでカロリーを気にしている方でも味わいやすい方法です。そのままぶどう「甲州」を食べた後には、ぜひ作ってみてください。

ぶどう「甲州」の保存方法

続いて紹介するのは、ぶどう「甲州」の保存方法です。ぶどう「甲州」が余ってしまった場合などには、しっかりと保存することで長く楽しむことができます。

ぶどう「甲州」の保存方法で一番のポイントは、常温で置いておかないことです。常温で置いておくと傷んでしまうので注意しましょう。ぶどう「甲州」はぶどうの品種の中でも長く保存が効くのが特徴なので、しっかりと保存方法を覚えておくと便利です。

ぶどう「甲州」の保存方法では、乾燥しないようにするのがポイントです。濡れた新聞紙やペーパータオルを利用して房ごと包み込むようにしましょう。その後はビニール袋や容器などに入れて、周りに接触しないように工夫するのもポイントになります。

濡れた新聞紙やペーパータオルなどで包み込んだぶどう「甲州」は、冷蔵庫の野菜室を利用して保存します。この方法を利用するとぶどう「甲州」は数週間は楽しめるとされています。たくさんある場合は、重ねないで並べて保存するようにしましょう。

ぶどう「甲州」の保存方法で大事なポイントは乾燥させないことになるのですが、ここで水洗いをして直接濡らしておくのは避けるようにしましょう。また傷んでいる粒がある場合には、保存する前に取り除いておくのも大事なポイントになります。

ぶどう「甲州」の購入方法

ぶどう「甲州」の購入方法になりますが、主な産地となる山梨在住の方の場合には農園で直接購入することも可能です。

先述したようにぶどう狩りを行っている農園では購入も可能な場合があるので、直接足を運んで購入することが可能です。ですが、山梨近郊の方ではない場合には、なかなか直接足を運んで購入するのが難しいでしょう。

そんな時におすすめなのが、インターネットを利用して購入する方法です。農園から直接インターネットを利用してぶどう「甲州」を購入することが可能です。また、大手通販サイトなどでもぶどう「甲州」は提供されている場合があります。

産地などにこだわりを持ってぶどう「甲州」をインターネットで購入する場合には、農家のホームページをチェックして購入するのがおすすめ。ぶどう「甲州」であれば山梨産に拘らないと言う場合には、通販サイトを利用して購入するのもおすすめになります。

また、ぶどう「甲州」だけでなくワインもインターネットを利用して購入することも可能です。どちらも取り寄せで楽しむことができるのでチェックしてみましょう。

ぶどう「甲州」を購入した人の口コミ

最後になりますが、ぶどう「甲州」の口コミについても簡単に紹介していきます。ぶどう「甲州」を実際に購入した方からは、美味しいという口コミが多数寄せられています。酸味や甘味がちょうど良いと言う方も多いのが口コミの特徴と言えるでしょう。

また、色々な食べ方をしている方の口コミなども見受けられました。全体を通してみても口コミでは高い評価を集めているので、ぶどう「甲州」の購入を検討している方は口コミをチェックしてみるのがおすすめになります。

山梨県の代表ぶどうの一つ「甲州」を食べてみよう!

ぶどう「甲州」は山梨で作られている人気の品種。生食用とワイン用が栽培されていて、どちらもぶどう「甲州」の旨味を楽しむことができます。また、ぶどうの中では長持ちする品種なのでまとめ買いして長く楽しむことができるのも魅力になります。

ぶどう「甲州」はワインのイメージが強いぶどうですが、そのままでも美味しい味を満喫できます。ゼリーなどでも美味しく楽しめるのですが、まだぶどう「甲州」を食べたことがないと言う方はまずは一度そのままで味わってみましょう。

関連記事

Original
この記事のライター
沖野愛

新着一覧

最近公開されたまとめ