伊豆スカイラインの料金を調査!バイクやドライブできれいな夜景を見に行こう!

伊豆スカイラインは素晴らしい景色を眺めながらドライブができる快走路です。景色が良いというだけでなく、東伊豆の海岸線はよく渋滞するので、その渋滞を避けるために伊豆スカイラインが使われます。ここでは、伊豆スカイラインの魅力などについて紹介します。

伊豆スカイラインの料金を調査!バイクやドライブできれいな夜景を見に行こう!のイメージ

目次

  1. 1伊豆スカイラインの魅力を紹介
  2. 2伊豆スカイラインへのアクセス
  3. 3伊豆スカイラインの経路
  4. 4伊豆スカイラインの料金
  5. 5伊豆スカイラインの見どころ1:玄岳
  6. 6伊豆スカイラインの見どころ2:韮山峠
  7. 7伊豆スカイラインの見どころ3:亀石峠
  8. 8伊豆スカイラインの見どころ4:冷川
  9. 9伊豆スカイラインの見どころ5:天城高原
  10. 10伊豆スカイラインでのお食事処
  11. 11伊豆スカイラインを走行する上での注意点
  12. 12伊豆スカイラインに行こう

伊豆スカイラインの魅力を紹介

伊豆スカイラインをドライブする人は、とても素晴らしい道と言う感想が多くあります。伊豆スカイラインは素晴らしい道という感想の中には、景色が素晴らしいのと、渋滞がなくて素晴らしいというものがあります。伊豆スカイラインは、快適な伊豆旅行にはなくてはならない道と言えます。伊豆スカイラインの素晴らしさを知ってもらえれば幸いです。

Thumb伊豆でドライブするなら?おすすめコースまとめ!デートや日帰り旅行に!
静岡県・伊豆でドライブにおすすめのモデルコースをご紹介します。観光地として大変有名な伊豆には...
Thumb伊豆旅行に行こう!観光地おすすめ31選!名所や冬に楽しめるスポットも!
富士山、箱根と並ぶ一大観光地として有名な伊豆。伊豆は正確に言うと、本州の南部伊豆半島を指して...

伊豆スカイラインへのアクセス

伊豆スカイラインへのアクセスを紹介します。高速道路の最寄インターは伊豆縦貫道函南インターになります。東名高速道路沼津インターで下りると、そのまま伊豆縦貫道に入ります。伊豆縦貫道は函南インターまでは無料で走行することができます。函南インターを下りたら、県道141号線を函南駅方面に走ります。

函南駅方面に行くと、県道11号線になります。県道11号線を道なりにどんどん進んで行きます。熱海峠にさしかかるあたりから道はカーブの連続になります。カーブの連続を進んだ先に伊豆スカイライン熱海峠料金所に到着します。沼津インターから伊豆スカイライン熱海峠料金所までは、約34.2キロあり、所要時間は約47分です。

伊豆スカイラインの経路

伊豆スカイラインの経路を北から紹介していきます。まず熱海峠料金所からスタートします。熱海峠から約5キロ走ると、玄岳(くろたけ)料金所があります。玄岳料金所から約3.6キロ走ると、韮山峠インターに着きます。韮山峠インターから約4キロのところに亀石峠インターに着きます。亀石峠で伊豆スカイラインの半分くらいです。

亀石峠インターから約15キロのところにあるのが冷川インターです。冷川インターから約9キロ走ると終点天城高原料金所になります。熱海峠料金所から天城高原料金所までは約40.6キロあり、ノンストップで約1時間で到着します。途中紹介したインターが伊豆スカイラインの見どころでもあります。伊豆スカイラインの見どころは後に紹介します。

伊豆スカイラインの料金

伊豆スカイラインの普通車とバイクの料金を紹介します。熱海峠からの料金は、普通車だと玄岳までは150円、韮山峠までは210円、亀石峠までは420円、冷川までは780円、終点天城高原までは980円となります。最初から最後まで走って980円という料金なので、東伊豆の渋滞のことを考えると安いと考えられるかもしれません。

西伊豆スカイラインのバイクの料金は、熱海峠から玄岳までが110円、韮山峠までが150円、亀石峠までが260円、冷川までが470円、終点天城高原までが570円です。バイクだと普通車に比べて料金がお得になります。バイクは、西伊豆スカイラインの自然を満喫することができる点が良いです。西伊豆スカイラインの料金を知っておいて下さい。

伊豆スカイラインの見どころ1:玄岳

玄岳は伊豆スカイラインの中で最も標高が高いところに位置しています。伊豆スカイラインでの最大標高720メートルで、玄岳は標高798.4メートルなので、ほとんど同じ高さです。玄岳付近を夜にドライブする時に注目してもらいたいのが夜景の美しさです。最も標高が高いので、伊豆スカイラインで最も夜景がきれいと言っても良いかもしれません。

1208350 522133471216535 1745711149 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
taka_tea

天気が良ければ富士山が見られます。伊豆スカイラインは富士山に近いところにあるので、富士山の素晴らしい風景が見られる道です。ドライブ中にも美しい富士山の風景が見られることがしばしばあります。富士山の他には、海の風景も見られるので、天気次第で海と富士山の最高のコラボレーションを楽しめるかもしれません。

伊豆スカイラインの見どころ2:韮山峠

23279702 452770401785830 8048087423516672000 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
justdaiki

韮山峠からは駿河湾の素晴らしい風景を眺めることができます。バイクでツーリングをしてきた人たちの休憩場所にもなっており、バイクを停めて一息つくには最高の景色と言うことができます。伊豆スカイラインの中でも、最も美しい景色が楽しめる場所の1つとして知られています。韮山峠からも富士山を眺めることができます。

22580464 876964672481788 3137264255842123776 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
ior.moto

韮山峠インターを下りて約20分走ると、世界遺産に登録された韮山反射炉に行くことができます。韮山反射炉と聞いてもよくわからない人は、まだまだ少なくないかもしれませんが、韮山反射炉に行ってもらえれば、反射炉について知ることができます。世界遺産に登録されたということで、登録前よりもはるかに多くの人が訪れています。

伊豆スカイラインの見どころ3:亀石峠

28751412 434416720311187 3096873468562505728 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
matsura08

亀石峠からは海の風景と山の風景のコラボレーションを楽しんでもらいたいです。多賀駐車場に車やバイクを停めてもらい、是非美しい景色を眺めてもらいたいです。伊豆スカイラインにはたくさんの見どころがありますが、亀石峠からの眺めも間違いなく素晴らしいです。一度停まったらすぐには、動きたくならなくなってしまうかもしれません。

26867032 320993981744988 8087132902485131264 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
ikuyo.shukumine

亀石峠料金所の約2キロ手前には鹿ヶ谷公園があります。自然満載の中の公園で、野鳥の姿を見ることができます。あとは、季節ごとに美しい木々の風景を見ることができるので、ちょっとしたハイキング気分を楽しんでもらえます。亀石峠では、是非自然を身近に感じてもらい、伊豆スカイラインの素晴らしさを実感してもらいたいです。

伊豆スカイラインの見どころ4:冷川

11419214 1605059483072589 2023756415 n
yoshinobow

冷川からは巣雲山へのちょっとした登山を楽しんでもらうことができます。山頂までは往復約20分なので、登山慣れしていない人でも登ることができます。山頂には展望台があり、展望台からの素晴らしい風景を堪能してもらい、登山の素晴らしさを知ってもらえれば最高です。良い運動にもなるでしょう。

21224792 1865182820401425 5688171544845484032 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
surflife.m.20

冷川付近は伊豆スカイラインで最も標高が低いところにあります。標高176メートルで、玄岳とは約600メートルの高低差があることになります。熱海峠からスタートしてどんどん下ってきて、もうすぐ伊豆スカイラインの終点ということを感じさせてくれるでしょう。冷川料金所からは、西伊豆・南伊豆・東伊豆のいずれへも行きやすいです。

伊豆スカイラインの見どころ5:天城高原

天城高原は伊豆スカイラインの終点で、天城高原料金所を抜けてすぐのところに天城山登山の拠点となる場所があります。天城山を登山する前に伊豆スカイラインで、気分を盛り上げるというのも良いでしょう。天城という地名は、石川さゆりさんの「天城越え」で一躍有名になりました。天城と聞けば、伊豆とすぐに思い浮かぶ人は多いはずです。

天城高原で見てもらいたいのが素敵な星空です。街のように余計な灯りがほとんどないので、プラネタリウムにいるような星空を見ることができます。伊豆スカイラインでの途中の夜景と、天城高原の星空を是非楽しんでもらいたいです。星空を観察する場合は、気温が冷え込むことが予想されるので、防寒対策をしっかりしましょう。

伊豆スカイラインでのお食事処

伊豆スカイラインのような素晴らしい道をドライブするとお腹が減ってきます。伊豆スカイラインをドライブ中におすすめしたい食事処を紹介します。峠の茶屋は冷川インターを熱海方面に約2キロ走ったところにあります。昔ながらの茅葺き屋根の建物の中で食事をすることができます。とろろ飯など、田舎のおふるまい料理が堪能できます。

ぷくぷくは冷川インターと亀石峠インターの間にあります。そばやうどんといったメニューが中心で、定食物もあり、お値打ちにお腹一杯食べたいという人におすすめです。スカイポート亀石は、亀石峠インターにある売店で、軽食をテイクアウトすることができます。伊豆スカイラインをドライブ中のお腹の減り具合によって、お店選びをして下さい。

伊豆スカイラインを走行する上での注意点

27575528 1983145812003207 494079156397539328 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
m.takayama4287

伊豆スカイラインを走行する上で注意してもらいたいのが、道路規制情報です。特に冬の規制情報は気にしてもらいたいです。伊豆スカイラインでは、冬にはチェーン規制が出ることがあります。伊豆スカイライン上でも雪が降るところがあったり、道路が凍結してしまう箇所があります。そういった時に、チェーン規制が出ます。

28436218 584557145213281 902898556224929792 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
n.mscc100

伊豆スカイラインの規制情報は、公式ホームページを参照してもらうと良いでしょう。現在の規制情報と過去の規制情報が掲載されるので、過去にどのような規制があったかを知っておくと、良い対策になります。あと、台風の時には通行止めの規制が出ることがあります。台風でなくても、強い風が予想される時は、規制情報を見て下さい。

伊豆スカイラインに行こう

伊豆スカイラインは快適にドライブやバイクでのツーリングができる道です。おすすめしたいのは伊豆スカイラインで見られる夜景です。いろんなポイントで素晴らしい夜景を見ることができます。夜に伊豆スカイラインをドライブするメリットは夜景なので、伊豆スカイラインで夜景を楽しむデートをしてもらいたいです。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
ベロニカ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ