尾瀬の水芭蕉の見頃や開花時期は?おすすめスポットやアクセスもチェック!

尾瀬では新緑や紅葉も楽しめますが、1番有名なのは水芭蕉ではないでしょうか。有名な尾瀬沼の水芭蕉の写真は1度は見たことがある方がほとんどでしょう。この記事では尾瀬の水芭蕉の見頃や開花時期、おすすめの観賞スポットなどをご紹介します。

尾瀬の水芭蕉の見頃や開花時期は?おすすめスポットやアクセスもチェック!のイメージ

目次

  1. 1尾瀬を代表する花:水芭蕉
  2. 2尾瀬の水芭蕉1:尾瀬とは
  3. 3尾瀬の水芭蕉2:水芭蕉について
  4. 4尾瀬の水芭蕉3:たんばら十二沢
  5. 5尾瀬の水芭蕉4:たんばら湿原
  6. 6尾瀬の水芭蕉5:水芭蕉の森
  7. 7尾瀬の水芭蕉6:植物研究見本園
  8. 8尾瀬の水芭蕉7:開花時期
  9. 9尾瀬の水芭蕉8:尾瀬沼
  10. 10尾瀬の水芭蕉はとっても貴重!

尾瀬を代表する花:水芭蕉

尾瀬沼に咲く水芭蕉の群生は、花に詳しくない方でも写真を見たことがあるほど有名です。尾瀬の水芭蕉が一斉に咲いているところを見られるのは1年のうち2週間ほどです。この記事では尾瀬の水芭蕉の開花や見頃の時期、おすすめのスポット、アクセス方法をご紹介します。

Thumb尾瀬のハイキング完全ガイド!おすすめの時期・服装など初心者の注意点を確認!
「夏がくれば思い出す はるかな尾瀬 遠い空」。名歌「夏の思い出」で知られる尾瀬は尾瀬沼や尾瀬...

尾瀬の水芭蕉1:尾瀬とは

尾瀬は盆地状になっており、福島県、新潟県、群馬県にまたがっています。噴火活動によってできた湿原で、尾瀬では水芭蕉や水苔などの貴重な湿原ならではの植物が観察できます。尾瀬のほぼ全域が国立公園特別保護地域と特別天然記念物に指定されています。尾瀬国立公園は日本百景にも選ばれています。

そのため、尾瀬では歩道以外への立ち入りが禁止されています。また標高1400mの場所に位置しており、夏は涼しく、冬は非常に寒くなります。冬にはマイナス30度まで下がることもあります。尾瀬の湿原に続く2本の木道も尾瀬の特徴です。この木道が設置されたのは1950年代で、木道の上以外は歩いてはいけないことになっています。

木道が設置された当初は木道は1本だけで、当初の目的は登山者を湿原のぬかるみから守るためでした。しかし、多くの登山者が行き違いの際に湿原に下り、湿原が踏み荒らされたことから木道がもう1本作られ、木道以外は立ち入りが禁止されました。尾瀬のほとんどの場所で木道が整備されており、歩きやすくなっています。

尾瀬の水芭蕉2:水芭蕉について

水芭蕉は、北方領土を含む北海道から本州の中部地方にかけて分布しており、山地の湿原に生えます。高さは60cmから100cmです。白いところは花ではなく仏炎苞と呼ばれ、本当の花は中心部の黄色いところです。水芭蕉という名前の由来は、葉の形が芭蕉に似ていて、水辺に生えることから水芭蕉と呼ばれるようになりました。

尾瀬の水芭蕉3:たんばら十二沢

次に、見頃を迎える順におすすめの水芭蕉の観賞スポットを紹介していきます。1つ目は「たんばら十二沢」です。水芭蕉の群生地としては穴場で、水芭蕉の見頃の時期は4月下旬から5月上旬です。アクセスは「たんばらラベンダーパーク」のバス停を降りて、徒歩15分ほどです。

尾瀬で毎年1番早くに水芭蕉が咲くのがこのたんばら十二沢です。たんばらラベンダーパーク行きのバスは土日しか走っていないため、平日は車で行くことをおすすめします。ここは林の中になるので、景色はいまいちですが水芭蕉そのものはきれいに咲いており、いい写真が撮れます。

あまり知られていない場所なので、平日はほとんど人がいません。5月上旬でも木道の雪がまだ残っていることがあり、木道が一部破損していることもあるので注意が必要です。また、たんばら十二沢に行く途中に「迦葉山(かしょうざん)」という天狗を祀っているお寺があります。大きな天狗のお面が祀られているので、ぜひこちらも見に行ってみては。

尾瀬の水芭蕉4:たんばら湿原

2つ目のおすすめの場所は「たんばら湿原」です。アクセスは「センターハウス」のバス停から徒歩10分のところにあります。車でのアクセスもセンターハウスに無料の駐車場があります。水芭蕉の見頃は5月上旬から中旬です。たんばらラベンダーパークとはバス停1つ分離れています。

この場所の標高は1200mほどあり、平地より7度から12度気温が低くなります。5月上旬の晴れている日なら長袖に上着1枚でちょうどいいぐらいです。センターハウスのバス停と駐車場から歩いて10分の場所に水芭蕉の群生地があるので、気軽に観賞できます。センターハウスに食事もできる売店もあるようです。

尾瀬の水芭蕉5:水芭蕉の森

尾瀬の中心地からは少し離れますが、「水芭蕉の森」も尾瀬中心部より先に水芭蕉が開花するスポットです。バス停「うわで」から徒歩40分のアクセスです。車でのアクセスは白石ICから25分です。入場は無料で、66台分の駐車場も完備しています。ここの水芭蕉の見頃は5月上旬から中旬です。

水芭蕉の群生地は駐車場から歩いてすぐのところにあり、こちらも気軽に水芭蕉が観賞できます。ゴールデンウイークには森がライトアップされ、幻想的な水芭蕉も楽しめるそうです。自然に近い形で水芭蕉の群生が保たれており、自然豊かな中で清々しく散策も楽しめます。

尾瀬の水芭蕉6:植物研究見本園

植物研究見本園へのアクセスは、バス停「鳩待峠」から徒歩1時間です。車でのアクセスは鳩待峠に120台の駐車場があり、1日2500円です。ただし、交通規制が実施されている期間は駐車できません。その駐車場からも歩いて1時間です。植物研究見本園の水芭蕉の見頃は5月下旬から6月中旬です。

湿原の中に30分程度で1周できる木道があります。見本園と聞くと人の手で作られた印象がありますが、この見本園は尾瀬の自然の一部を利用しており、木道などの人工物以外は自然そのままの姿です。湿原は、高層・中層・低層とあり、尾瀬の湿原の植物を短い時間で見て回ることができます。

湿原を1周するように作られた木道はほとんど平坦で、歩行に自信のない方でも楽しんでいただけます。尾瀬での滞在が短時間の方でも、バス停か駐車場から往復3時間ほどで水芭蕉を楽しめるお手軽コースです。水芭蕉の時期でも混雑は少なく、ゆっくり水芭蕉を観賞できます。

尾瀬の水芭蕉7:開花時期

尾瀬の水芭蕉の開花情報はたくさんの観光ウェブサイトやブログに掲載されていますが、毎年開花時期は変わります。尾瀬の水芭蕉の開花のピークは1週間ほどととても短いので、正しいタイムリーな情報を手に入れることが大切です。そこで尾瀬の水芭蕉群生それぞれの開花時期を教えてくれる、信頼度の高いウェブサイトをご紹介します。

たんばら十二沢とたんばら湿原の開花情報は「沼田市役所観光交流課」のウェブサイトの情報がおすすめです。水芭蕉のページにはそれぞれの場所の見頃の時期が、日ごとのグラフで記されています。開花時期の前後には、「沼田市」のワゴン車が頻繁に現地に観察に行き、情報を更新してくれます。

水芭蕉の森、尾瀬中心地の開花情報は、「片品村観光協会」のウェブサイトが信頼度が高いです。少しウェブサイトは見づらいですが、頻繁に現地確認をしており信頼度は抜群だそうです。片品村観光協会はフェイスブックのページもあり、こちらでも開花情報や交通情報が配信されています。

尾瀬の水芭蕉8:尾瀬沼

26865127 1862865780672728 6012362591244910592 n
hiroyuki.yabe_outdoor

尾瀬で最も代表的な景色が、尾瀬沼と至仏山の景色です。尾瀬沼へのアクセスは、バス停「大清水」から徒歩3時間30分です。5月下旬から6月中旬の平日に行くのがおすすめです。尾瀬沼の気温は平地より9度から15度低くなります。大清水は群馬県側から尾瀬沼に入っていくルートです。

大清水から一ノ瀬までは緩やかな上り坂の砂利道が続きます。鳩待峠より登山客は少ないので、静かな中で自然を楽しめます。登山シーズンになると、大清水から一ノ瀬間で低公害車両が運行されるようです。料金は1人700円かかりますが、約3kmの道のりを15分で進むことができます。

大清水から1時間ほど歩くと「一ノ瀬休憩所」に到着します。この先からは本格的な登山道に変わるので、この休憩所で体調を整えてください。この休憩所では食事も提供しており、うどんやまいたけごはんなどの軽食があります。営業時間は8時40分から16時50分です。その年によって営業しないこともあるようですので、出発前にご確認を。

一ノ瀬休憩所から三平峠まではかなり急な上り坂が続きます。ところどころに木道が設置されていますが、ほとんどは自然のままの登山道です。地面が濡れていると特に滑りやすいので、登山の際は滑りにくい登山靴をご用意ください。三平峠を超えて20分ほど下り坂を歩くと、「尾瀬沼休憩所」に到着します。

27893991 2082121388701262 1173742372186488832 n
futh_tsubo

この休憩所ではこの登山道で初めて尾瀬沼の大パノラマが見渡せ、絶景の尾瀬沼の撮影スポットでもあります。尾瀬沼の周辺は木道が整備されていて、これまでの登山道が嘘のように歩きやすいです。水芭蕉だけでなく、7月中旬にはニッコウキスゲなど、時期によりいろいろなお花を楽しめます。

尾瀬の水芭蕉はとっても貴重!

28764394 166093747276801 4378132212336295936 n
ozebaka

いかがでしたでしょうか。尾瀬の水芭蕉の開花時期やおすすめの観賞スポット、アクセスの情報をご紹介しました。その年によって見頃の時期が変わるので、ぜひその時期を逃さないよう各ウェブサイトをこまめにチェックしてみてください。開花期間が短い水芭蕉が咲き乱れる景色はぜひ見てみたいものです。

Thumb尾瀬の山小屋といえば!おすすめの施設を厳選!料金や予約方法もチェック!
尾瀬は人気の山小屋がたくさんあります。歴史深い山小屋から多くの登山家から親しまれてきた山小屋...

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
chi3mi

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ