バージニア州の観光情報!時差や気候・治安も調査!おすすめスポットも紹介!

イギリスから海を渡って来た開拓者達によりアメリカ合衆国の歴史がスタートした土地である「バージニア州」には見どころタップリのおすすめ観光スポットが沢山あります。そんな「バージニア州」の観光情報を「バージニア州」の時差や気候、治安情報等と合わせて紹介していきます。

バージニア州の観光情報!時差や気候・治安も調査!おすすめスポットも紹介!のイメージ

目次

  1. 1アメリカ合衆国バージニア州へ観光に行こう!
  2. 2アメリカ合衆国バージニア州の気候・治安・時差
  3. 3バージニア州観光1:バージニアビーチ
  4. 4バージニア州観光2:戦艦ウィスコンシン見学
  5. 5バージニア州観光3:アーリントン墓地
  6. 6バージニア州観光4:アメリカ海兵隊戦争記念碑
  7. 7バージニア州観光5:ペンタゴン・メモリアル
  8. 8バージニア州観光6:ジョージワシントンのマウントバーノン
  9. 9バージニア州観光7:トーマスジェファーソン・モンティチェロ
  10. 10バージニア州観光8:コロニアル・ウィリアムスバーグ
  11. 11バージニア州観光9:ジェームスタウン居留地
  12. 12バージニア州観光10:ヒストリック・ジェイムスタウン
  13. 13バージニア州観光11:スミソニアン国立航空宇宙博物館
  14. 14バージニア州観光12:ブッシュガーデン
  15. 15アメリカ合衆国バージニア州の歴史について学びに行こう!

アメリカ合衆国バージニア州へ観光に行こう!

アメリカ合衆国の「バージニア州」は初めてイギリス人が船で海を渡り降り立った土地で、アメリカで一番最初に植民地を造った場所でもあります。映画のポカホンタスの舞台にもなった土地でもあるバージニア州は、見どころタップリの歴史的観光スポットが沢山存在します。そんなバージニア州へアメリカの歴史に触れに行ってみませんか?

アメリカ合衆国バージニア州の気候・治安・時差

バージニア州はアメリカ合衆国の大西洋に面した東海岸の南部に位置する州です。50州あるアメリカ合衆国の中で土地面積では35番目に大きく、人口は12番目に多い州です。バージニア州の首都はリッチモンド市で、人口が一番多いのはバージニアビーチ市です。そんなバージニア州へ旅行の際には必要となる気候と治安、そして時差を紹介します。

バージニア州の気候

バージニア州の1月の冬期の気候は平均気温が約-3 ℃と氷点下になり、7月の夏期の気候は約30 ℃と蒸し暑くなります。同じバージニア州の気候でも南部や東部に行くと気温が上がり湿度が高くなります。山岳部の冬期の気候は冷気団の関係で大量の雪を降らせる事もあります。西部の気候の特徴は年間平均で雷雨が35日から45日発生する事です。

バージニア州は温暖湿潤気候で夏の間は蒸し暑い気候ですが、バージニア州の北部や山岳部など大西洋に面した東部では気候もそれぞれ変わってきます。そしてバージニア州の冬の気候は雪が降りとても寒くなります。バージニア州は春には美しい花を愛でる事ができ、秋は鮮やかな紅葉を眺める事ができて四季を楽しむ事ができる気候となっています。

バージニア州の治安

バージニア州の治安は全米では良い方ですがバージニア州の首都リッチモンドはモーガンクイットノー社によると2004年には全米で一番治安が悪い場所に選ばれ、2006年には全米で6番目に治安が悪い場所に選ばれています。2008年はバージニア州リッチモンドは凶悪犯罪率が下がり治安の改善が見られましたが全米で15番目に治安が悪い場所でした。

2010年の調査ではバージニア州は全米で78番目に治安が悪い場所となりました。これからあげるバージニア州の観光地やバージニアビーチ辺りの治安は良い方ですが、バージニア州で貧困層が住む地域は治安が悪く凶悪犯罪が起きたりします。1人で出歩かない、夜は出歩かないようにするなど銃社会のアメリカにいる事を忘れないで行動しましょう。

バージニア州の時差

ここではバージニア旅行をする際に知っておくと便利な時差について説明します。時差とは北極からイギリスのグリニッジ展望台、そして南極を結ぶ南北の線を経度0°として15°経度ずつ移動する度に1時間ずつ現地の時間がずれていくシステムの事です。バージニアに海外旅行に行く時は時差が発生し東から西へ日付変更線を通るので日にちが戻ります。

広い国土を持つアメリカは左から順にニューヨーク州等の「東部時間・Eastern Standard Time」、ルイジアナ州等の「中部時間・Central Standard Time」、コロラド州等の「山岳部時間・Mountain Standard Time」、カリフォルニア州等の「太平洋時間・Pacific Standard Time」の4つのタイムゾーンに分かれていて時差があります。

バージニア州はニューヨーク州と同じ「東部時間」です。また、アメリカでは「デイライト・セービング・タイム(Daylight Saving Time)」という夏時間と冬時間があり夏時間は時間を一時間早め、冬時間は一時間戻します。2018年の「デイライト・セービング・タイム」は3月11日の日曜日から始まり、11月4日の日曜日に冬時間に戻ります。

日本の方がバージニア州より一日早く進んでいて、夏時間の現在の日本とバージニア州の時差はマイナス13時間です。冬時間に戻ると日本とバージニア州の時差もマイナス14時間になるので注意が必要です。アメリカ国内でも時差があるので州により日本との時差が変わってきます。このおかげで夏期間は夜の9時頃まで明るい外を楽しむ事が出来ます。

バージニア州観光1:バージニアビーチ

バージニアビーチは、どこまでも続く長いビーチと長い遊歩道で有名です。バージニアビーチの遊歩道には沢山のホテルやレストラン、バーや土産屋が並び沢山の人がランニングしています。毎年バージニアビーチは大勢の人で賑わいます。バージニアビーチには釣りができる場所も沢山あり、子供から大人まで楽しめる見どころ一杯の観光スポットです。

バージニアビーチの「ファーストランディングステイトパーク・First Landing State Park」は1607年にイギリス人が上陸した場所でバージニア州に管理されています。近くにはアメリカ軍の訓練場所があり、パーク内にはキャンプ場もあったりしてキャビンに泊まる事も出来ておすすめです。パーク内にはトレイルもありハイキングも楽しめます。

バージニア州観光2:戦艦ウィスコンシン見学

1944年4月16日にアール・E・ストーン大佐を初代艦長として迎え就役した「戦艦ウィスコンシン・USS Wisconsin BB-64」は、現在はバージニア州ノーフォークのナショナル・マリタイム・センターに記念館として展示されています。バージニア州にある「戦艦ウィスコンシン」は就役後に第二次世界大戦に加わり日本と戦った事でも有名です。

現在は退役した「戦艦ウィスコンシン」は、第二次世界大戦で5つの従軍星章を受章、朝鮮戦争で1つの従軍星章を受章、湾岸戦争で海軍部隊殊勲章を受章しています。退役した「戦艦ウィスコンシン」の船内の、普段は滅多に見る機会の無いキッチンや食堂、居住区間のベッドや船のデッキ等を見る事ができ、見どころ一杯となっていておすすめです。

住所:1 Waterside Dr, Norfolk, VA 23510
電話番号:1-757-664-1000

バージニア州観光3:アーリントン墓地

バージニア州にある「アーリントン墓地・Arlington National Cemetery」には沢山のアメリカ軍戦没者が眠っています。丘を登って行くと第35代アメリカ大統領ジョン・F・ケネディと妻のジャクリーン、そしてその家族が眠っている墓があり墓の前には「永遠の炎・The Eternal Flame」があり、晴れの日も雨の日も変わらず燃え続けています。

「アーリントン墓地」には第27代アメリカ大統領ウィリアム・タフトも眠っています。また見どころの「無名戦士の墓・The Tomb Of The Unknowns」と呼ばれる第一次、第二次世界大戦やベトナム戦争で亡くなった無名戦士の大きな白い墓もあり、銃を持った陸軍の衛兵により雨の日も暑い日も雪が降っている日も24時間交代で守られています。

「アーリントン墓地」にある「無名戦士の墓」では、陸軍の立派な制服に身を包んだ陸軍衛兵による「交代の儀式」が、暑い夏の間は30分毎に冬の間は一時間毎に行われおすすめの見どころとなっています。厳粛な雰囲気の「無名戦士の墓」の前で行われる「交代の儀式」では、亡くなった戦士の方に敬意をはらい静かに見学するようにして下さい。

住所:Entrance at Arlington Memorial Bridge, Arlington, VA 22211
電話番号:1-877-907-8585

バージニア州観光4:アメリカ海兵隊戦争記念碑

「アメリカ海兵隊戦争記念碑・U.S. Marine Corps War Memorial」はバージニア州にある地下鉄の「ロスリン駅」から徒歩で約5分、「アーリントン墓地」から徒歩約15分の場所にある見どころの一つです。第二次世界大戦の硫黄島決戦でアメリカ軍が硫黄島を占領した時に、6人の兵隊によりアメリカ国旗が揚げられたシーンを表現した銅像です。

住所:Arlington Blvd. And Meade St, Arlington, VA 22211
電話番号:1-703-289-2500

バージニア州観光5:ペンタゴン・メモリアル

2001年9月11日の朝、ワシントンD.C.のダレス国際空港を出発してロサンゼルスのロサンゼルス国際空港へ向かっていた乗客58人・乗員6人を乗せたアメリカン航空77便は、テロリストグループにハイジャックされアメリカ時間の午前9時38分に、バージニア州にあるアメリカ国防総省本庁舎のペンタゴンに突入し184人の尊い命が奪われました。

バージニア州の「ペンタゴン・メモリアル(Pentagon Memorial)」の記念碑には9/11でアメリカン航空77便が「ペンタゴン」に突入した事により亡くなった184人の名前が刻まれています。「ペンタゴン」の中をガイド付きで見学できる無料ツアーもあり、ツアー予定日の90日から14日の間にホームページにて予約を入れます。写真撮影は禁止です。

住所:1 Rotary Road, Arlington, VA 22202
電話番号:1-703-697-7351

バージニア州観光6:ジョージワシントンのマウントバーノン

「ジョージ・ワシントンのマウント・バーノン(George Washington's Mount Vernon)」では初代大統領のジョージ・ワシントンと妻のマーサが住んでいたバージニア州にある豪邸と農園を見学できます。英語の解説付きの数多くのツアーもあります。農場には鶏や豚、羊もいて時期が合えば子羊も見られ奴隷達が住んでいた小屋もあります。

雪が降り零下になるバージニア州の冬期には必要だった巨大なグリーンハウスもあり当時の生活の様子が垣間見れます。敷地にはジョージ・ワシントンについての博物館もあり、ヒストリーチャンネルからの映像や展示物等から色々学ぶ事ができます。敷地内にはレストランやフードコート、土産屋などもあり見どころタップリの観光スポットです。

住所:3200 Mount Vernon Memorial Highway, Mount Vernon, VA 22121
電話番号:1-703-780-2000

バージニア州観光7:トーマスジェファーソン・モンティチェロ

アメリカ合衆国第3代大統領「トーマス・ジェファーソン(Thomas Jefferson)」のバージニア州にある豪華な邸宅と広大な農園の「トーマスジェファーソン・モンティチェロ(Thomas Jefferson's Monticello)」はバージニア旅行で外せない場所で、アメリカ独立宣言に深く関わったジェファーソンはアメリカ合衆国建国の父の1人とされています。

アメリカの5セント硬貨の裏側の建物である「トーマスジェファーソン・モンティチェロ」はツアーで中を見学できますが写真撮影は不可です。トーマス・ジェファーソンがデザインした短針のみの壁時計「グレートクロック」や広大な農園は見どころとなっており、敷地内には奴隷の小屋や見張り小屋、トーマス・ジェファーソンの墓もあります。

住所:931 Thomas Jefferson Pkwy, Charlottesville, VA 22902
電話番号:1-434-984-9822

バージニア州観光8:コロニアル・ウィリアムスバーグ

18世紀の頃のバージニア州での暮らしを再現している「コロニアル・ウィリアムスバーグ(Colonial Williamsburg)」ではスタッフ達が当時の服装をして観光客を18世紀にタイムスリップさせてくれます。一つの街となっている「コロニアル・ウィリアムスバーグ」には洋服屋や靴屋、金物屋に家具屋等色々な当時の風貌の様な店が並んでいます。

街に並ぶそれぞれの店には当時の服装をして働いている店員さんがいて作業の仕方を詳しく英語で説明してくれます。他にもパン屋や薬屋、教会や監獄まであり当時の様子を説明してくれます。レストランでは当時食べられていた美味しい料理を楽しむ事ができます。お土産屋も充実しており街中は車の代わりに馬や馬車が使用され見どころ一杯です。

住所:101 Visitor Center Drive, Williamsburg, VA 23185
電話番号:1-855-392-8473

バージニア州観光9:ジェームスタウン居留地

「ジェームスタウン居留地・Jamestown Settlement」は1607年にイギリスからの開拓者達がバージニア州に渡ってきて住み始めた最初の土地でその時、開拓者達を乗せて海を渡ってきた3隻の船の複製が展示してあります。当時の乗組員の様な服装のガイドさんによる英語の解説付きで船内が見学でき、当時の様子を知る事ができるのでおすすめです。

ディズニー映画の「ポカホンタス」に出てくるネイティブ・アメリカンの「パウハタン族・The Powhatan」が昔、住んでいたバージニア州の村では、見どころの一杯のインディアンの家の中に入って当時の彼らの生活について学ぶ事が出来るのでおすすめです。ここでもネイティブ・アメリカンの服装をしたスタッフが色々説明してくれます。

開拓者達が最初に作った集落での生活の様子も再現されていて、当時の衣装に身を包んだ人々が料理をしていたり縫物をしていたり、自分の土地を守る為の鉄砲やその他の防衛の方法等、ガイドさんの英語の解説付きで見学する事ができておすすめです。また同じ敷地内に数多くの展示物がある博物館もありジェームスタウンの歴史を知る事ができます。

住所:2110 Jamestown Rd, Route 31 S, Williamsburg, VA 23185
電話番号:1-757-253-4838

バージニア州観光10:ヒストリック・ジェイムスタウン

イギリス人が降り立った一番最初の土地「ヒストリック・ジェイムスタウン(Historic Jamestown)」はアメリカの始まりである歴史的な街です。このジェームスタウンを設立したイギリス軍人ジョン・スミス(John Smith)や、ジョン・スミスと短期間の交流があったネイティブアメリカン・ポウハタン族の酋長の娘ポカホンタスでも有名です。

イギリス人はネイティブアメリカンにイギリス人捕虜の開放を要求する為に、ポカホンタスを人質として捕まえました。そして交渉をしやすくする為にポカホンタスに英語とキリスト教を教えました。その後、彼女はたばこ会社を設立したジョン・ロルフと結婚する事になります。「ヒストリック・ジェイムスタウン」には彼らの銅像もあります。

「ヒストリック・ジェイムスタウン」ではバージニア州の歴史、イギリス人とネイティブアメリカンとの関係、そして考古学者達により発掘された数多くの物など色々な興味深い物が展示してあり歴史好きな人にもそうでない人にもおすすめのスポットです。発掘現場では考古学者による解説を英語で聞く事が出来る等、数多くの見どころがあります。

住所:1368 Colonial Pkwy, Williamsburg, VA 23081
電話番号:1-757-856-1250

バージニア州観光11:スミソニアン国立航空宇宙博物館

ワシントンD.C.の「スミソニアン国立航空宇宙博物館・Smithsonian National Air And Space Museum」はとても有名な観光スポットとなっていますが、実はバージニア州にも見どころタップリの「スミソニアン国立航空宇宙博物館」の「スティーブンF.ウドバーハジーセンター・Steven F. Udvar-Hazy Center」がありおすすめとなっています。

スペースシャトルのディスカバリーやB29、太平洋戦争時の日本軍の月光や晴嵐等の戦闘機も展示してあります。日本に原爆を落としたエノラゲイやミサイル、コンコルドなど物凄い種類の展示物を見る事ができます。「スティーブンF.ウドバーハジーセンター」の館内にはマクドナルドや土産屋もあり、これだけ揃って入場料は無料となっています。

住所:14390 Air and Space Museum Pkwy, Chantilly, VA 20151
電話番号:1-703-572-4118

バージニア州観光12:ブッシュガーデン

バージニア州にある「ブッシュガーデン・Busch Gardens Williamsburg」は、遊園地とウォーターパークに分かれており子供から大人まで一日楽しめます。遊園地はイギリスやフランス、ドイツ等のヨーロッパの国ごとに分かれており、各国の美味しい料理を出すレストランが揃っていて色々な国の色々なビールを楽しむ事も出来ておすすめです。

広い園内はジェットコースターや子供も楽しめる小さい子用の乗り物の数が豊富でおすすめです。また、見どころであるダンスや動物達のショーを楽しむ事もできるのでショーの時間をチェックしてみましょう。広い敷地のウォーターカントリーの方も数多くのスライドや乗り物があり、バージニア州の遊園地の中でも一日中楽しめて特におすすめです。

住所:1 Busch Gardens Blvd, Williamsburg, VA 23185
電話番号:1-757-229-4386

アメリカ合衆国バージニア州の歴史について学びに行こう!

アメリカ合衆国の歴史が始まった「バージニア州」について紹介してきましたがいかがでしたか?アメリカ合衆国の歴史を大切に守り伝えていきたいという「バージニア州」の人々の気持ちが伝わってきます。他にも数多くのおすすめ観光スポットが存在する「バージニア州」へ、アメリカ合衆国が始まったこの土地の歴史を学びに行ってみませんか?

Thumbアメリカ東海岸おすすめ都市11選!観光に役立つ人気の理由や特徴も紹介!
たくさんの魅力的な都市があるアメリカ東海岸。その広大なエリアを一気に観光するのはなかなか難し...

関連記事

Noimage
この記事のライター
ビジネスキー紀子

人気の記事

人気のあるまとめランキング