山形・蔵王連峰にお釜の絶景を見よう!紅葉や樹氷もおすすめ!アクセスも!

山形県と宮城県にまたがる蔵王連峰には、紅葉や樹氷、お釜などの絶景が楽しめるおすすめの観光スポットがそろっています。夏はトレッキング、冬はスキーなど四季折々の楽しみ方もできる蔵王連峰についてご紹介していきますので、参考にしてください。

山形・蔵王連峰にお釜の絶景を見よう!紅葉や樹氷もおすすめ!アクセスも!のイメージ

目次

  1. 1蔵王連峰にお釜の絶景を見よう!紅葉や樹氷もおすすめ
  2. 2山形・蔵王連峰の絶景「アクセス」1:グリーンシーズン
  3. 3山形・蔵王連峰の絶景「アクセス」2:紅葉シーズン
  4. 4山形・蔵王連峰の絶景「アクセス」3:冬期(樹氷・スキー)
  5. 5山形・蔵王連峰の絶景を楽しむ1:蔵王スカイケーブル
  6. 6山形・蔵王連峰の絶景を楽しむ2:蔵王スーパースライダー
  7. 7山形・蔵王連峰の絶景を楽しむ3:蔵王中央ロープウェイ
  8. 8山形・蔵王連峰の絶景を楽しむ4:蔵王ロープウェイ「山麓線」
  9. 9山形・蔵王連峰の絶景を楽しむ5:蔵王ロープウェイ「山頂線」
  10. 10山形・蔵王連峰の絶景を楽しむ6:紅葉と樹氷
  11. 11山形・蔵王連峰の絶景「お釜」1:アクセス
  12. 12山形・蔵王連峰の絶景「お釜」2:山形蔵王から登山もおすすめ
  13. 13山形・蔵王連峰のおすすめ温泉1:温泉宿
  14. 14山形・蔵王連峰のおすすめ温泉2:立ち寄り温泉
  15. 15絶景をながめに蔵王連峰に出かけよう!

蔵王連峰にお釜の絶景を見よう!紅葉や樹氷もおすすめ

『蔵王連峰』は、山形県と宮城県の県境に位置する連峰です。最高峰は山形県側にある熊野岳で、標高は1841mとなっています。山形蔵王では紅葉や樹氷などの絶景が楽しめ、宮城蔵王ではお釜をながめる事もできます。山形県と宮城県にまたがる蔵王連峰で、おすすめの絶景が楽しめるスポットやアクセスなどをご紹介していきます。

Thumb山形の日帰り温泉おすすめ13選!人気の貸切プランや混浴に秘湯を紹介!
良質な湯の湧き出る人気の温泉地「山形県」。山形県には多くの日帰り温泉地が点在しており、観光客...

山形・蔵王連峰の絶景「アクセス」1:グリーンシーズン

蔵王連峰の絶景「グリーンシーズン」の車でのアクセス

23347809 1873274616336707 5947140549327716352 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
ringo_pie91

車の場合は、山形自動車道・山形蔵王インターチェンジをおりて、西蔵王高原ライン(無料で利用できます)で30分ほどとなります。東北自動車道・白石インターチェンジからは国道457号線から蔵王エコーラインを通って1時間50分ほどです。東北自動車道・福島飯坂インターチェンジからは米沢を経由して国道13号で2時間ほどとなります。

蔵王連峰の絶景「グリーンシーズン」の電車・バスでのアクセス

東京からはJR山形新幹線で、仙台からはJR仙山線で山形駅へ行き、そこからバスで40分ほどとなります。仙台駅から『仙台-蔵王温泉間高速バス』で1時間40分ほど、仙台空港から『仙台空港-蔵王温泉間高速バス』で1時間50分ほどです。バスを利用する場合は事前に時刻表などを確認しておきましょう。

山形・蔵王連峰の絶景「アクセス」2:紅葉シーズン

紅葉シーズンも「グリーンシーズン」と同様ですが、車でのアクセスで蔵王エコーラインを通る場合は、11月初旬から翌年の4月下旬ころまで冬季閉鎖となり、閉鎖前と閉鎖後の数日間は午後5時から翌朝の午前8時までの間が夜間通行止めとなるので、お気を付けください。また、規定雨量を超えたり、路面凍結などで通行止めとなる場合もあります。

山形・蔵王連峰の絶景「アクセス」3:冬期(樹氷・スキー)

冬期のアクセスは「グリーンシーズン」と同様ですが、車でアクセスする場合は、冬期は蔵王エコーラインが通行止めとなっていて利用できないのでお気を付けください。道路に積雪があったり、凍結している場合もあるので、スタッドレスタイヤやタイヤチェーンなどの雪道対策を忘れずに、気を付けて運転をしましょう。

山形・蔵王連峰の絶景を楽しむ1:蔵王スカイケーブル

13116571 216610242058512 1954929466 n
maki.f08

蔵王スカイケーブルは、上の台駅から中央高原駅までの約8分間の空中散歩が楽しめる、4人乗りのゴンドラです。延長距離は1636mで、高低差は342mとなっています。営業時間は午前8時30分から午後5時までで、随時出発しています。料金は大人片道800円・往復1300円、小人片道400円・往復650円となっています。

14730580 408716386184699 4289165843155124224 n
maki.f08

蔵王スカイケーブルは、蔵王温泉から徒歩10分ほどの場所にあります。上の台駅(山麓駅)には駐車場もあり、夏期は無料で停められます。冬期は平日のみ無料となりますが、積雪があるので運転にはお気を付けください。スキーシーズンはもちろん、夏期にも運行している日があるので、蔵王連峰の絶景が楽しめます。

住所:山形県山形市蔵王温泉794
電話番号:023-694-9420

山形・蔵王連峰の絶景を楽しむ2:蔵王スーパースライダー

13628214 879745708836605 1124751389 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
kokinchan58

蔵王スーパースライダーは、行きはシングルリフトで、帰りはソリで爽快に滑りおりてくる、子どもから大人まで楽しめるおすすめのアクティビティです。料金は大人520円、子供370円で、お得な回数券もあります。夏休み期間中をメインに営業しているので、訪問前に営業日を確認しましょう。

山形・蔵王連峰の絶景を楽しむ3:蔵王中央ロープウェイ

41322972 2420142594693364 4014894411363123200 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
kuuto1469

蔵王中央ロープウェイは、温泉駅から鳥兜駅までの約7分30秒の空中散歩が楽しめます。延長距離は1787mで、高低差は524mとなっています。101人乗りの大型のゴンドラからは、山形盆地などをながめる事ができます。山頂駅からは徒歩1分で鳥兜山展望台へ行く事ができます。

40797386 2074792169501978 3760069294407286784 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
kuuto1469

年間を通して営業していますが、季節により運行開始時間と終了時間が異なるのでお気を付けください。スキーシーズンは随時発車していますが、それ以外のシーズンは1時間に3本ほどの運行となっています。料金は大人片道800円・往復1300円、小人片道400円・往復650円となっています。

住所:山形県山形市蔵王温泉940-1
電話番号:023-694-9168

山形・蔵王連峰の絶景を楽しむ4:蔵王ロープウェイ「山麓線」

26152283 954073914742986 1057060183907237888 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
tatsuya_hatakeyama

蔵王ロープウェイ「山麓線」は、蔵王山麓駅から標高1331mにある樹氷高原駅まで約7分間の空中散歩が楽しめます。紅葉や樹氷を観光する際にはこの「山麓線」に乗った後、「山頂線」に乗り換えて山頂へ向かいます。グリーンシーズンにも運行しているので、夏の観光や登山などでの利用もでき、蔵王連峰の絶景が楽しめるのでおすすめです。

28152974 195096804573583 90151303413497856 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
liu.menglin

「山麓線」の料金は大人片道800円・往復1500円、小人片道400円・往復800円です。「山麓線」と「山頂線」の両方とも乗る場合の料金は大人片道1500円・往復2600円、小人片道800円・往復1300円となっています。50人ほど乗れる大型の搬器で窓が大きいのでながめが良いですが、強風などで運休する場合もあるのでお気を付けください。

住所:山形県山形市蔵王温泉229-3
電話番号:023-694-9518

あわせておすすめ!蔵王連峰の絶景を楽しむ「夏山リフト」

28752321 201973273729273 5585715370582343680 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
wago0807

グリーンシーズンのみですが、樹氷高原駅をおりた所には夏山リフト(ユートピア)も運行しています。ここでも景色や散策が楽しめるので、時間に余裕がある時には乗ってみてください。料金は大人片道260円・往復420円、小人片道160円・往復260円となっています。利用する際には運行日を確認してから訪問してください。

山形・蔵王連峰の絶景を楽しむ5:蔵王ロープウェイ「山頂線」

26868002 1896847820645763 2029018605911277568 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
hitomi3ko

蔵王ロープウェイ「山頂線」は、樹氷高原駅から標高1661mの地蔵山頂駅までの約10分間の空中散歩が楽しめます。眼下には紅葉や樹氷といった蔵王連峰の絶景が広がり、蔵王ならではの四季折々の景色が楽しめます。ロープウェイを乗り継いで気軽に山頂まで行けるので、小さいお子様連れにもおすすめです。料金は山麓駅と同様です。

26871759 2026813584259732 2377975915503157248 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
marsrei

山頂線は18人乗りで、ロープが2本の『フニテル』というロープウェイとなっています。風が強い時でも揺れにくいのが特徴ですが、強風などで運休になる事もあります。随時出発しているので待たずに乗車できますが、紅葉や樹氷のベストシーズンには混雑する場合もあるので、時間に余裕を持って訪問しましょう。

あわせておすすめ!蔵王連峰の絶景を楽しむ「蔵王地蔵尊」

蔵王ロープウェイの地蔵山頂駅の周辺では、高さ2.34mの蔵王地蔵尊の周辺での散策や、登山・トレッキングなどが楽しめます。グリーンシーズンでも気温が低い場合があるので、服装などにお気を付けください。冬期で風が強い日には視界も悪くなるので、安全に楽しく観光しましょう。

山形・蔵王連峰の絶景を楽しむ6:紅葉と樹氷

蔵王連峰の紅葉

41379513 282390475933239 6503414195130728448 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
kuuto1469

蔵王連峰の紅葉は、例年9月中旬ころから色づきはじめ、見ごろは10月上旬から10月下旬ころとなっています。蔵王ロープウェイに乗れば、紅葉の絶景を上からながめる事ができます。また、周辺ではトレッキングなども楽しめるので、ロープウェイを上手に利用して紅葉を間近にながめるのもおすすめです。

蔵王連峰の樹氷

冬の蔵王の見どころといえば、なんといっても樹氷です。樹氷は12月下旬ころからできはじめ、見ごろは1月下旬から3月上旬ころまでとなっています。樹氷の上を通るロープウェイの中からながめたり、山頂駅をおりれば樹氷の間近まで行く事ができ、さまざまな角度から樹氷が楽しめます。

28150839 1782172655418217 4704590095229911040 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
joy_kuroneko

見ごろの時期には樹氷のライトアップもおこなわれ、昼とはまた違った絶景をながめる事もできます。予約が必要ですが、雪上車で樹氷を見に行く事もできます。観光で行く際には防寒対策をしっかりとして、樹氷を楽しみましょう。スキーやスノーボードでは樹氷のすぐ横を滑る事もできます。

26224656 211400646074452 4399120489151201280 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
akakou

樹氷を観光する際に乗車する蔵王ロープウェイは、強風などで運休する場合もあります。また、運行していても降雪で景色が良く見えなかったり、山頂駅での散策がゆっくり楽しめない事もあります。蔵王連峰の樹氷を絶対に見たいという場合は連泊して、天気の良い日を選んで樹氷を観光しに行くのがおすすめです。

山形・蔵王連峰の絶景「お釜」1:アクセス

蔵王連峰の絶景「お釜」車でのアクセス

22860567 126282354725254 6117222272156565504 n
miki.discover.jp

蔵王連峰で人気の観光「お釜」は、蔵王連峰の宮城県側にあります。お釜に向かう『蔵王エコーライン』が11月上旬ころから4月下旬ころまで冬期通行止めとなるため、この時期には観光する事ができません。通行止めが解除され、開通した後には雪の回廊・新緑・紅葉など、蔵王連峰の四季折々の景色が楽しめます。

蔵王エコーラインが開通している時期のお釜へのアクセスは、蔵王エコーラインから有料道路の『蔵王ハイライン』を2.5kmほど走って駐車場に到着となります。駐車場からは3分ほどでお釜の展望台に行く事ができ、絶景を堪能できます。散策する前には事前に噴火の警戒レベルを確認しておきましょう。

蔵王連峰の絶景「お釜」リフトでのアクセス

蔵王連峰のお釜には、『蔵王刈田リフト』で行く事もできます。リフトに7分ほど乗車した後、徒歩4分ほどでお釜を見る事ができます。リフトの営業期間は4月下旬から11月上旬ころまでで、料金は片道450円・往復750円となっています。6歳以上から料金が必要となりますが、子ども料金の設定はありません。

住所:宮城県刈田郡蔵王町遠刈田温泉倉石岳国有林内

山形・蔵王連峰の絶景「お釜」2:山形蔵王から登山もおすすめ

11335166 376272692562883 1850296833 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
sorasora.yama

山形蔵王から蔵王連峰の宮城県側にあるお釜まで、トレッキングで向かう事もできます。蔵王ロープウェイ「山頂駅」から、蔵王連峰の最高峰・標高1841mの『熊野岳』を通って、刈田岳山頂へ向かいます。所要時間は片道1時間30分から2時間ほどとなっています。初級レベルですが、服装などしっかりと準備してから向かいましょう。

16906289 350660925334372 4805181837074759680 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
miipekoo

予約が必要で有料となりますが、蔵王山岳インストラクターが案内してくれるトレッキングもあります。『冬の御釜観光ツアー』なども催行しているので、トレッキング初心者や初めての訪問で心配な場合でも、安心して蔵王連峰でのトレッキングが楽しめます。詳しい日程や料金などは『蔵王ロープウェイ』のホームページなどで確認してください。

電話番号:023-694-9518(蔵王ロープウェイ株式会社 蔵王山麓駅)

山形・蔵王連峰のおすすめ温泉1:温泉宿

28753625 469259200157767 3231647089884659712 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
voreas_yamamoto

1900年前に開湯した歴史のある蔵王温泉は、山形県の白布温泉・福島県の高湯温泉とともに『奥羽三高湯』と呼ばれています。泉質は強酸性の硫黄泉で、きりきず・やけど・血行促進などの効果があります。また、殺菌作用もあるので美肌効果もあります。独特な香りと白濁した湯は、宿泊施設や立ち寄り温泉で利用する事ができます。

23347992 147052689250971 4696854567072038912 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
guncha341

蔵王連峰の山麓にある蔵王温泉街には、老舗の宿からホテル・ペンションなど、さまざまなタイプの温泉宿がそろっています。蔵王連峰の絶景がながめられる温泉がある宿や、湯めぐりができる宿などもあるので、メンバーや目的にあわせて宿を選んで、蔵王の温泉を堪能しましょう。

住所:山形県山形市蔵王温泉708-1
電話番号:023-694-9328(蔵王温泉観光協会)

Thumb山形温泉おすすめランキングTOP11!有名地や人気旅館を完全網羅!
日本海に面している豪雪地帯の山形県。雪が多い冬の季節の楽しみのひとつに温泉があります。山形県...

山形・蔵王連峰のおすすめ温泉2:立ち寄り温泉

蔵王連峰の立ち寄り温泉!「共同浴場」

28751238 175746173206329 3253843437920714752 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
yanken_photos

蔵王温泉街で楽しめる共同浴場は3ヶ所あり、『上湯共同浴場、下湯共同浴場、川原湯共同浴場』となっています。3ヶ所とも営業時間は午前6時から午後10時までで、料金は大人200円、小人100円で料金箱にお金を入れてから入浴するシステムとなっています。3ヶ所とも駐車場がないのでお気を付けください。

電話番号:023-694-9328(蔵王温泉観光協会)

蔵王連峰の立ち寄り温泉!「足湯」

15259138 367827393551271 7944784264522891264 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
uteen114

蔵王温泉街で楽しめる足湯は3ヶ所あります。『下湯の足湯、ろばた前足湯』の営業時間は午前6時から午後10時までで、無料で利用できます。専用駐車場はありません。また、タオルを持参するのがおすすめですが、『ろばた前足湯』ではタオルの販売もおこなっているので安心です。

20347586 1771382103151760 6543836412981018624 n
m.e.clss7777

もうひとつの足湯、『湯の花茶屋 新左衛門の湯足湯』の営業時間は、平日は午前10時から午後6時までで、土曜・日曜・祝日は午前10時から午後9時までとなっています。無料で利用でき、専用の駐車場もあります。ただし、冬期は利用できないのでお気を付けください。

電話番号:023-694-9328(下湯の足湯・蔵王温泉観光協会)

蔵王連峰の立ち寄り温泉!「日帰り温泉施設」

17596572 622595141264281 966196710491553792 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
zao4126

蔵王温泉街の日帰り温泉施設は、『湯の花茶屋 新左衛門の湯、蔵王センタープラザ ゆ~湯、源七露天の湯、蔵王温泉大露天風呂、すのこ湯物語かわらや』5ヶ所あります。それぞれ料金や営業時間などが異なるので、利用前に施設のホームページで確認してください。

Thumb山形のおすすめ日帰り温泉11選!絶景露天や人気秘湯など!アクセスも!
山形県は自然豊かなところで、たくさんの温泉施設があり、多くの温泉施設が日帰り入浴をやっていま...

絶景をながめに蔵王連峰に出かけよう!

山形・蔵王連峰で楽しめる絶景や温泉などをご紹介してきましたが、魅力は伝わりましたか?蔵王連峰では四季折々のさまざまな景色が楽しめ、観光やトレッキングの後には名湯といわれる温泉で疲れをいやす事もできます。ロープウェイなどを使えば気軽に蔵王連峰の絶景を楽しめるので、ぜひ蔵王連峰にお出かけください。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
mayuge

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ