ルイジアナ州の観光ガイド!おすすめ料理・治安・気候・空港をチェック!

アメリカ南部にあるルイジアナ州。ユニークな文化を持ち、ケイジャン料理やクレオール料理など独特な料理も楽しみです。ジャズ発祥の地として観光名所も多く一年を通じて観光が楽しめます。ここではそんなルイジアナ州の名物料理や治安、気候、空港などについて紹介しましょう。

ルイジアナ州の観光ガイド!おすすめ料理・治安・気候・空港をチェック!のイメージ

目次

  1. 1ルイジアナ州についてご紹介!
  2. 2ルイジアナ州のおすすめ料理1.ケイジャン料理
  3. 3ルイジアナ州のおすすめ料理2.クレオール料理
  4. 4ルイジアナ州のおすすめ料理3.クローフィッシュ
  5. 5ルイジアナ州のおすすめ料理4.シーフード
  6. 6ルイジアナ州のおすすめスイーツ
  7. 7ルイジアナ州のおすすめ観光地名所
  8. 8ルイジアナ州の治安情報
  9. 9ルイジアナ州の気候情報
  10. 10ルイジアナ州の空港情報
  11. 11ジャズの故郷・ルイジアナ州へ観光に行こう!

ルイジアナ州についてご紹介!

アメリカ南部に位置するルイジアナ州。ジャズ発祥の地として知られ、ニューオリンズをはじめ観光名所がいくつもあります。各地でジャズやゴスペルなどの音楽があふれ、名物のジャンバラヤやガンボなどのお料理も楽しみ。ここではそんなルイジアナ州の気候や治安、料理、空港などについて紹介しましょう。

ルイジアナ州のおすすめ料理1.ケイジャン料理

ジャンバラヤ

ルイジアナ州に観光で訪れたら、是非とも味わってほしいのがケイジャン料理。ケイジャン料理は地元の食材を使ったシンプルな料理で、独特なスパイスが特徴。代表的な料理に、お米料理のジャンバラヤがあります。スペイン人によってもたらされたとも言われ、お米とスパイシーなソーセージや野菜炊き込んだパエリアのような料理です。

ガンボ

ガンボもジャンバラヤと並ぶ、ルイジアナ州の名物料理。ガンボはスープ料理のひとつで、魚介や鶏肉をベースにしたスープに野菜をたっぷりと煮込んでいます。ルイジアナ州ではオクラを使ってとろみを付けるのが特徴です。ケイジャン料理ではトマトを使わず、酸味が少なくさっぱりとした味わいです。ご飯やパンと一緒に食べるのもおすすめです。

Thumbアメリカ料理21選!代表的なハンバーガーや美味しい人気グルメも!
アメリカの代表的な料理といえばハンバーガーですが、もちろんそれだけではありません。アメリカ料...

ルイジアナ州のおすすめ料理2.クレオール料理

ルイジアナ州の名物料理、ケイジャン料理とクレオール料理は一緒にされることが多いのですが、厳密には異なります。ケイジャン料理が庶民の味であるのに比べ、クレオール料理はより洗練された都会的な料理です。伝統的なケイジャン料理は高価な食材を使うことはありませんが、クレオール料理はフランス料理やイタリア料理の技法も使います。

クレオール料理はケイジャン料理とよく似ていて、ガンボやジャンパラヤなどの代表的な料理があります。クレオール料理はイタリア料理の影響も受けていて、トマトを使うのが特徴。ニューオリンズのフレンチクォーターにはクレオール料理の名店が多く、観光客にも人気を呼んでいます。洗練した味が評判を呼んでいます。

ルイジアナ州のおすすめ料理3.クローフィッシュ

29093010 165411354271588 2245986029989265408 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
travelwithme.av

クローフィッシュとはアメリカザリガニのこと。世界で捕れるクローフィッシュの95%がこのルイジアナ州で消費されているほど、ポピュラーな料理です。臭みもなく、ロブスターのような味わいです。茹でたクローフィッシュをレモンを絞ってかぶりつくという食べ方が最も人気があります。また、ガンボにも入っていることがあります。

28754151 242327879673820 3913344376415191040 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
crystaaal0313

クローフィッシュの旬は春から夏。ニューオリンズでは、この時期になると家庭に友達を招いて、クローフィッシュパーティーを開きます。専門店で生きたクローフィッシュを買い、家で湯がいて大勢でワイワイと言いながら食べるそうです。観光客が調理することは難しいですが、この時期には旬のおいしいクローフィッシュをたっぷりと味わえます。

ルイジアナ州のおすすめ料理4.シーフード

オイスター

ルイジアナ州・ニューオリンズの観光名所フレンチクォーターには、オイスターレストランがたくさん並んでいます。アメリカ人にとってニューオリンズの名物は「牡蠣」というほど、オイスターは人気の料理です。何と言っても生ガキが有名で、粋のいいオイスターにレモンを絞ってかけて食べると最高です。グリルしたオイスターもおすすめです。

ポボイ

ルイジアナ州でシーフードを食べたい時はポボイもおすすめです。ポボイもニューオリンズの名物で、ふわふわのフランスパンにシーフードのフライやローストビーフ、野菜がサンドされたもの。中に挟むのは、牡蠣、エビ、クローフィッシュ、ソフトシェルクラブなどでボリュームたっぷり。ニューオリンズのスタンドなどで販売されています。

Thumbグリッツはジョージア州名物!朝食として人気!アメリカ南部料理そのお味は?
アメリカ南部の観光の拠点となるジョージア州アトランタでは、南部の名物料理の一つ「グリッツ」が...

ルイジアナ州のおすすめスイーツ

ベニエ

ニューオリンズの名物ベニエは、四角いドーナツ。フランス語で「揚げた生地」という意味で、ふくっらと上げた生地に甘い粉砂糖がたっぷりとかけられています。どこか懐かしい、素朴な味わいのスイーツで、何個でも食べられそうです。ベニエはどこのカフェでも食べることができますが、フレンチクォーターの「カフェ・デュ・モンド」が有名です。

バナナフォスター

バナナフォスターは、バナナ、ラム酒、砂糖、バターというシンプルな材料で作るデザート。今ではアメリカ各地で食べることができる人気のスイーツですが、ニューオリンズの「ブレナンズ 」が発祥です。レストランでは目の前で調理をしてくれ、ラム酒を入れた瞬間に上がる炎が見事。1946年創業の老舗レストランで、優雅な朝食もおすすめです。

ルイジアナ州のおすすめ観光地名所

ニューオリンズ

ニューオリンズは、ルイジアナ州最大の都市で人気の観光地です。ミシシッピ川の河口に位置し、ユニークな南部の文化が見られます。フランスやスペイン植民地時代の名残を残す建築物が立ち並び、ジャズ発祥の地として街中にジャズがあふれています。クレオール料理の名店やフレンチクォーターなどの観光名所もあり、陽気で開放的な街です。

バトンルージュ

バトンルージュはルイジアナ州の州都。ニューオリンズに続くルイジアナ州第2の都市で、歴史ある街並みのほか、美術館や博物館、プランテーションなどの観光名所があります。ニューオリンズと同じように街中音楽であふれ、ゴスペル、カントリー、ケイジャンなどアメリカ南部の音楽を楽しむことができます。音楽フェスも多く開催されています。

ラファイエット

ラファイエットはルイジアナ州南部にあります。18世紀にフランス系カナダ人によって開拓され、フランス語名の通りやおしゃれなカフェが多く、他のアメリカの町とはひと味違った装いを見せます。また、アートギャラリーやかわいい教会もあり観光も楽しめます。またケイジャン・カントリーの中心地として音楽にあふれています。

ナッキトッシュ

ナッキトッシュはルイジアナ州のほぼ真ん中にあります。ルイジアナ州で最も古い開拓地で、フランス風の建物が並びフォトジェニックな町として知られています。アメリカらしいオールドタウンのレンガ造りの建物も多く、街歩きがとても楽しい観光地です。メインストリートにはかわいいお土産店も多く並んでいます。

ルイジアナ州の治安情報

ルイジアナ州はアメリカの州の中で犯罪率も多く、残念ながらあまり治安はよくありません。特に銃を使った凶悪な犯罪が多く、強盗の発生率も多くなっています。ニューオリンズではフレンチクォーター周辺を除くとあまり治安がよくないので、夜間の外出はできるだけ避けたほうがいいでしょう。

日中、常識の範囲で行動すれば、それほど危険に感じることはなく、治安は悪くないと言われています。人気のない場所には立ち入らない、繁華街ではスリや置き引きに十分注意するなど、旅の基本的ルールを守れば、安全に旅を楽しむことができるでしょう。観光名所では警察官の見回りがあり、治安が保たれています。

ルイジアナ州の気候情報

ルイジアナ州はアメリカの州の中で「気候がいい州ベスト10」にも選ばれたことがあり、とても過ごしやすい気候です。メキシコ湾の影響で冬は短く温暖な気候。北部では降雪もありますが、ニューオリンズでは氷点下になることはありません。夏は雨が多く湿度が高くなりますが、日本の梅雨のように1日中、雨が降ることはありません。

6月から9月はハリケーンシーズンで、大きな被害を受けることもあります。ルイジアナ州のベストシーズンは、2月~4月の春と10月~12月の秋です。ルイジアナ州の気候は、冬でも比較的温暖なため12月~1月も観光シーズンといえるでしょう。この時期は1日の寒暖差が大きいので、上着などで温度調節をするといいでしょう。

ルイジアナ州の空港情報

ルイ・アームストロング・ニューオーリンズ国際空港

ルイジアナ州の人気観光地ニューオリンズにはルイ・アームストロング・ニューオーリンズ国際空港があります。日本からは直行便がないため、ロサンジェルス・ダラス・シカゴ・アトランタなどなどアメリカ国内の主要都市を経由して行くことになります。ダラスからニューオリンズまで約1時間20分、サンフランシスコからは約4時間です。

国際空港といっても国内線が中心の中規模の空港なので、空港の中は移動も分かりやすく移動もしやすくなっています。カフェやレストラン、売店などがあり便利です。空港から市内までは、渋滞がなければタクシーで20分ほど。また、空港からニューオリンズの観光名所・フレンチクォーター行きのバスが出ていて、所用時間は40分~50分です。

Thumbアメリカの入国審査の注意事項まとめ!ESTAなど必要な手順を紹介!
同時多発テロ以降、アメリカの入国審査はますます厳しくなりました。そこで、アメリカの入国審査に...

ジャズの故郷・ルイジアナ州へ観光に行こう!

ジャズの故郷と言われるルイジアナ州。音楽にあふれ、明るい陽気なニューオリンズなど観光名所も多くあります。治安の悪い場所を避ければ、観光やグルメを楽しめます。クレオール料理やケイジャン料理、クローフィッシュなど、ここでしか味わうことができない料理にも舌鼓を打って下さい!

Thumbアメリカ南部を観光!おすすめの州を紹介!現地の料理や治安情報を調査!
一口にアメリカ南部と言ってもその定義は様々ですが、フロリダ州を除く11の州が主にアメリカ南部...

関連記事

Original
この記事のライター
Momoko

人気の記事

人気のあるまとめランキング