千葉の『濃溝の滝』はSNSで人気のパワースポット!アクセスや見どころは?

最近はパワースポット巡りが人気です。千葉県にも濃溝の滝という人気のパワースポットがあります。まるでジブリの映画の世界にやってきたような雰囲気は、目の当たりにすると圧巻です。今回は千葉濃溝の滝の見どころやアクセスなどをまとめます。

千葉の『濃溝の滝』はSNSで人気のパワースポット!アクセスや見どころは?のイメージ

目次

  1. 1千葉濃溝の滝へ行ってみよう
  2. 2そもそも千葉濃溝の滝とは?
  3. 3千葉濃溝の滝は話題のパワースポット
  4. 4千葉濃溝の滝は神秘的な雰囲気
  5. 5千葉濃溝の滝の見どころ
  6. 6千葉濃溝の滝にある亀岩の洞窟とは?
  7. 7千葉濃溝の滝は亀岩の洞窟とセットで見るべし
  8. 8千葉濃溝の滝の見どころは他にも!
  9. 9千葉濃溝の滝で会う天然記念物
  10. 10千葉濃溝の滝が見せる紅葉も注目
  11. 11ハート型の光が見える千葉濃溝の滝
  12. 12千葉濃溝の滝以外のおすすめポイント
  13. 13千葉濃溝の滝近くの幸福の鐘とは
  14. 14千葉濃溝の滝の近くには温泉も
  15. 15千葉濃溝の滝はペットとも散策可能?
  16. 16千葉濃溝の滝で利用できる駐車場
  17. 17千葉濃溝の滝へのアクセス
  18. 18千葉濃溝の滝近くでお土産も買える
  19. 19千葉濃溝の滝の基本情報
  20. 20魅力的な濃溝の滝

千葉濃溝の滝へ行ってみよう

千葉県にある濃溝の滝をご存知ですか?ここは最近SNS上で、パワースポットとして話題になっています。神秘的な雰囲気を持つ千葉濃溝の滝はまるでジブリの世界みたいです。濃溝の滝以外にも見どころ満載で、ハート型の立て札の案内や秋の紅葉などもあります。今回は千葉濃溝の滝の見どころや駐車場、アクセスについても詳しくご紹介いたします。

Thumb君津観光のおすすめスポット&グルメまとめ!子供に人気の名所も!
千葉県の君津は都内からの日帰り旅行の行き先にもおすすめのエリアです。最近ではSNSで話題にな...

そもそも千葉濃溝の滝とは?

そもそも濃溝の滝とは、房総半島のほぼ中央に位置する君津市にあります。山と森林に囲まれた渓流の中にある小さな滝で最近では大人気のスポットパワースポットになっているようです。ジブリのような神秘的で美しい光景は、1度見たら忘れられないインパクトを植え付けることでしょう。また洞窟のような穴からはハート型の光が漏れ出しています。

最近ではツアーでいらっしゃる方も多く、観光バスがひっきりなしに止まります。この濃溝の滝は、かつて地元民にも知られていなかった知る人ぞ知るスポットとのことです。渓谷の岩肌に掘られた人工のトンネルや、その円の中を流れていく水と木々の緑は、まさにジブリアニメで見るような映画のワンシーンみたいです。神秘的な風景に圧倒されます。

千葉濃溝の滝は話題のパワースポット

千葉濃溝の滝は君津市にある滝で、パワースポットとして知名度があります。特にインスタグラムやテレビなど、ジブリの世界を彷彿とさせるような神秘的な写真スポットでもあるようです。この美しい千葉濃溝の滝を目の当たりにすると、まさに圧巻の風景を誇ります。ぜひ生で見てほしい濃溝の滝は、マイナスイオンたっぷりで癒しパワーも抜群です。

さらにハートをモチーフにした見どころも濃溝の滝にあるなど、いかにもご利益がありそうな雰囲気も伝わります。さらにカップルでも楽しめるようなポイントもあります。千葉県であることから、東京都内から日帰りでも気軽に向かえます。ちなみに濃溝の滝は、千葉県君津市に位置している清水渓流公園の中にあり、ゆっくり散策を楽しめるでしょう。

千葉濃溝の滝は神秘的な雰囲気

神秘的な雰囲気に包まれている濃溝の滝への道中は、木々が生い茂り、川や滝、洞窟などの自然のパワーを体中で感じられます。駐車場から遊歩道をしばらく歩いていくと濃溝の滝に到着します。到着すると気持ちが自然と落ち着くそうです。とっても幻想的な空間で千葉ではないように思えます。洞窟の穴が水面に映っている様子は芸術作品のようです。

以前、亀岩の洞窟から亀に似た岩を地元民が見つけました。珍しいと写真に撮りつづけていたそうです。するとお寺の住職さんが、うちのお寺は亀につながりがあるとのことでした。それから詳しいことが知りたいと思った地元民が近くの神社に出向いたところ、そこの神社では妙見様という亀が守護神でパワースポットのカテゴリーとして広まりました。

また昔は濃溝の滝の近くに農作業に使われた小屋があり、水車を回すために溝を掘ったという実話があります。その水車を回すために流れている滝だから「農溝の滝」と元々は呼ばれていたそうです。それが時が経ち今になって、いつの間にか「さんずい」がついて濃溝になりました。なお亀岩の洞窟にある滝が濃溝の滝と混同されたという話もあります。

千葉濃溝の滝の見どころ

千葉濃溝の滝の見どころといえば、何といっても亀岩の洞窟です。この亀岩の洞窟は、濃溝の滝とセットで覚えておきたい見どころです。亀岩の洞窟から差し込む太陽光は幻想的な景色を作りだし、国内だけでなく海外からの人々の注目をも集めています。このように世界規模で美しいと思われる千葉濃溝の滝は、ぜひ見ておきたい絶景といえるでしょう。

光の反射具合によって、濃溝の滝には虹がかかることもあります。亀岩の洞窟とのコラボレーションはもちろんですが、虹が出るとたちまち特別感が増します。ぜひこの光景も写真に収めておきたい濃溝の滝の1枚になるのではないでしょうか。めったにお目にかかれない光景なので、この美しい虹と濃溝の滝を見られた人々は幸せな気分になるはずです。

このような千葉濃溝の滝の美しい写真を見て感動し、生で見てみたいと足を運ぶ観光客が後を絶ちません。まさにこれぞ知る人ぞ知る秘境ではないでしょうか。写真を撮るにも最高のロケーションで、SNS映えも間違いありません。神秘的な雰囲気がパワースポットと呼ばれ、違和感なくぴったりと納まります。特に晴れた日には美しい見どころ満載です。

千葉濃溝の滝にある亀岩の洞窟とは?

千葉濃溝の滝の周りにある亀岩の洞窟は、自然にできた天然の洞窟ではなく人工的に掘られたものです。濃溝の滝と亀岩の洞窟の2つのパワースポットは、清水渓流広場の中に懸かっている洞窟であり、かつて昔は大きく迂回していたそうでアクセスが不便でした。それを解消するために、川を洞窟の中に通すことで短く通りやすくさせたものだそうです。

滝つぼにあたる亀岩の洞窟から流れていて、川の水が広がっているエリアが濃溝の滝です。主に濃溝の滝周辺にはロープが張られていて注意を促しています。とにかく足元はとても滑りやすくなっているので、滑らないように気をつけないといけません。もっと洞窟に近づいて撮影できそうと思うかもしれませんが、入っていい場所が制限されています。

遊歩道は整備されていますが、千葉濃溝の滝に近付くにつれて滑りやすくなっています。歩きにくい靴よりもスニーカーなどの足に負担がかからないものを選びましょう。濃溝の滝つぼに入れないこともありませんが、怪我などに注意して写真の撮影を行ってみてください。きっと千葉の自然と濃溝の滝と共に馴染んで、いい写真が撮れるかもしれません。

千葉濃溝の滝は亀岩の洞窟とセットで見るべし

千葉濃溝の滝と亀岩の洞窟はいずれも近くにあります。初めて訪れる観光客でも、清水渓流公園を散策していると簡単にアクセスできるでしょう。濃溝の滝と亀岩の洞窟のパワースポットの最大の魅力は、時間や天気などで全く違う表情を見せてくれることです。同じ場所でも全然違う場所に来たようなイメージを与えてくれるので、来るたびに新鮮です。

全く同じ構図でも色が異なってくる千葉濃溝の滝と亀岩の洞窟は、時間や時期を変えて何度でも足を運びたくなるような清々しい場所です。千葉濃溝の滝と亀岩の洞窟は時間や季節によって、光の差し込み方が変わってきます。そんな濃溝の滝から出るマイナスイオンをたっぷりと浴びることで、パワースポットの力を最大限に発揮できるかもしれません。

千葉濃溝の滝の見どころは他にも!

他にも千葉濃溝の滝の見どころはたくさんあります。滝の水しぶきによって虹色に輝いてみえることも見どころです。そんな濃溝の滝と亀岩の洞窟には、淀みのない清らかな空気や美しい恵まれた自然も一緒にあります。散策だけではもったいないほどの美しいパワースポットです。ずっと一生かけて通い続けたとしても飽きることはなさそうに思えます。

千葉濃溝の滝を流れる清らかで冷たい水は、蛍の生息にもぴったりなんだそうです。梅雨時から夏にかけて活動が盛んになる蛍の姿を、ここ濃溝の滝で見ることもできます。昼間は熱くても、夕方から夜にかけてはやや肌寒いように思えることもあります。もしも蛍を見に濃溝の滝へ向かうときには、1枚羽織れる上着を持っていくことをおすすめします。

千葉濃溝の滝では、冬になると水が凍る場合もあるんだそうです。また珍しい光景が千葉で見られるとは驚きでしょう。凍った滝の水は冬の柔らかい太陽の光に照らされて、キラキラと輝いて見えます。冬以外では見られない濃溝の滝の様子を見ることもできます。ただ濃溝の滝の冬は極寒です。しっかりと防寒対策を忘れずに訪れてみてもいいでしょう。

千葉濃溝の滝で会う天然記念物

千葉濃溝の滝では昔から変わりなく自然豊かです。ここではごくまれに天然記念物に出会えることもあるんだそうです。千葉濃溝の滝に出没する天然記念物のもりあおがえるがその生物でしょう。変わらない環境の中で生息していて、出会えたらハッピーなことが訪れる前触れかもしれません。野生動物や植物と千葉にいながら出会えることも嬉しいです。

こんな貴重な動植物に出会えることは、千葉濃溝の滝ならではです。水辺が美しく整っていると、たくさんの動物たちが生活できるようになって、植物もいい状態のまま育っていきます。四季の移ろいを肌で感じることができる千葉濃溝の滝周辺は散策だけでも十分楽しめるでしょうし、タイミングがよければ貴重な動植物に出会うこともできるでしょう。

千葉濃溝の滝が見せる紅葉も注目

さらに秋になると、千葉濃溝の滝では紅葉も楽しめます。濃溝の滝の近くは寒暖差が激しく、美しく紅葉が色づきます。散策途中や濃溝の滝に向かうまでに通る遊歩道などでも、各場所で美しい紅葉を見ることができます。この濃溝の滝の紅葉の見頃は11月中旬ごろに迎えます。遠方へ行く時間やお金の余裕がない観光客におすすめな紅葉スポットです。

濃溝の滝は紅葉スポットの穴場でもあります。秋には紅葉の写真を撮りにやってくる人も多いです。秘境のような美しい濃溝の滝周辺は、紅葉をさらに魅力的に魅せてくれます。美しい紅葉を楽しむなら濃溝の滝も紅葉スポットに入れておきましょう。ただし濃溝の滝に近付くと寒く感じられることもあるので、上着などの防寒対策を忘れないでください。

清水渓流公園でも同じく紅葉の美しい景色が見られるでしょう。紅葉狩りにもおすすめなので、家族や友だち同士で言ってみる価値もありそうです。また亀岩の洞窟から見える紅葉も絶景で、濃溝の滝と一緒に見ておきたい見どころの1つでしょう。晴れた日の紅葉と濃溝の滝と亀岩の洞窟が織りなす景色も圧巻で、観光客のハートをがっちりつかみます。

ハート型の光が見える千葉濃溝の滝

濃溝の滝がパワースポットといわれる理由は、ハート型の光にありそうです。季節によって亀岩の洞窟に差し込んでくる光が、川の水面に反射してハート型にみえることがあります。ロマンティックで可愛らしいハート型の光は、カップルでぜひ見ておきたい光景ではないでしょうか。中々見られないハート型の光は貴重で、恋愛のご利益もありそうです。

実用的な理由で作られた亀岩の洞窟からハート型の光を見られるとは、地元民も気づいていなかったようです。今ではハート型の光を見たいと、遠方から来る観光客も多いようです。ただまるでジブリのように神秘的に見える様子やハートに写る場合は、タイミングが大事です。濃溝の滝のベストな写り方は、光が差し込んでくる時間や角度にもよります。

千葉濃溝の滝以外のおすすめポイント

そんな濃溝の滝以外にもおすすめポイントはあります。ハート型の光と共に注目してほしいのが、濃溝の滝に着く前に見える真愛の滝です。この真愛の滝は、上から望むと可愛らしいハート型をしています。まさに恋愛のパワースポットのようです。その先には幸福の鐘があります。ここにはゴールと書かれていてそこを下っていくと濃溝の滝へ着きます。

また濃溝の滝へアクセスする途中には、小さいハート型の標識が足元に立てられています。散策路脇にあるハート型の立て札には滝までの距離が書いてあり可愛いです。遊歩道もきちんと整備されていますが、その中にも自然が残されているので、気持ちいい道のりを満喫できるでしょう。散策のほかにも、サイクリングなどにぴったりです。

千葉濃溝の滝近くの幸福の鐘とは

そんなハートのモチーフを多く見ることができる濃溝の滝近くには、願いを叶えてくれそうな幸福の鐘があります。清水渓流公園の駐車場から緑豊かな遊歩道を歩いて行くと幸福の鐘の方へ向かえます。四阿を左側に曲がったところに幸運の鐘が設けられています。鐘を鳴らすと恋愛の願いごとも叶うらしいです。片思いの人にもぴったりなスポットです。

幸福の鐘の近くには絵馬も置いてあり、願いごとを記せるようになっています。さらになんと記念撮影するためのカメラ台もあって、観光客が楽しく撮影するスポットとしても人気です。また千葉濃溝の滝が幻想的に写る写真は、朝の時間帯や季節、天候などのポイントがそろったときのみしか撮影できないということを含めた説明なども書いてあります。

千葉濃溝の滝の近くには温泉も

千葉濃溝の滝の近くには温泉もあります。その温泉は濃溝温泉「千寿の湯」です。厳密にいえば亀岩の洞窟から近い場所にあるそうですが、千葉を訪れた観光客や濃溝の滝に寄った人々の憩いの場です。源泉かけ流しがポイントで、疲れがたまった体を癒してくれます。濃溝の滝に行ったあともアクセスしやすく、ゆっくりくつろげるスポットでしょう。

千葉濃溝の滝近くにある秘湯「千寿の湯」では、源泉かけながしの日帰り入浴と宿泊を楽しめます。清水渓流公園には一周で徒歩15分程かかる遊歩道が整備されています。楢の木が生える路を歩いて行くと濃溝の滝が辿りつきますが、そこからすぐ近くに千寿の湯があります。重炭酸温泉は美肌の湯として人気です。入浴料は一般1000円とのことです。

千葉濃溝の滝はペットとも散策可能?

ペットを飼っている人にとっては、一緒に行ってみたいと思うこともあるのではないでしょうか?濃溝の滝では犬などのペットとも一緒に行けることができます。ただし行ってみると排泄注意の看板があります。元々は君津市の「フンは持ち帰ろう」という看板だけだったようです。しかし新しく「衛生上、犬の糞尿禁止」の文字が看板に書かれています。

つまり濃溝の滝では、ペット連れはOKだけど排泄をさせてはいけないということになっています。確かに神秘的な景色を崩さないためにも、そのルールは守らななければいけません。もし草木にマーキングする犬を連れて行くのであればマナーベルトをおすすめします。もちろん行く前にはトイレを済ませておくなどの準備を整えてから向かいましょう。

千葉濃溝の滝で利用できる駐車場

濃溝の滝の近くには観光客向けの駐車場が整備されています。休みの日、駐車場の入口には数台が並んでいることもあるようです。Uターンして戻るなどの渋滞に巻き込まれないように工夫が必要でしょう。運よくすぐに入れる場合や、タイミングによって結構待たされる場合もあるようです。人気ゆえの駐車場の渋滞ですから、覚悟して向かいましょう。

さらに観光バスも駐車場に泊まります。何台も観光バスが入って出る様子が駐車場で繰り返されます。また駐車場は無料で利用できます。駐車場がタダで使えるというのは、お財布にもありがたいでしょう。また東京都心から1時間ほどで行くことができるので、駐車場に早めに辿り着くこともできるでしょう。なお清水渓流公園の駐車場は兼用できます。

なお駐車場には130台程度が停車できるようです。駐車場を見つけるコツは、千寿の湯を目指していくといいでしょう。目印と呼べるものがほとんどない駐車場への繋がる道は、迷ってしまうかもしれません。早く濃溝の滝に到着しないと、満車になってしまう可能性もあります。そんなことにならないためにも、乗り合わせて向かうこともおすすめです。

千葉濃溝の滝へのアクセス

もし自家用車でナビを使って行く方は清水渓流公園に隣あっている千寿の湯を目印にしておくと迷わずにアクセスすることができるでしょう。ここへ辿り着くまででも、少しずつジブリ感が楽しめるとのことです。千葉なので東京都内から1時間ちょっとでアクセスできます。大都会からじわじわ雰囲気が変わっていくので、ビックリするかもしれません。

またアクアラインから君津インターチェンジを降りて、房総スカイラインを通り県道24号線を鴨川方面へ向かうと混みにくいアクセス方法としておすすめです。なお鴨川方面からだと、鴨川有料道路になっている県道24号を2キロメートルを進むアクセスになります。交通機関を使ったアクセスは、東京駅からJR内房線に乗り千葉駅へ向かいましょう。

その後JR久留里線を使って久留里駅まで行き、上総亀山駅に着けば最寄りとしてアクセスできます。なお、久留里駅から上総亀山駅までのダイヤは非常に少ないので気を付けておきましょう。不便に感じる場合はバスのアクセスもおすすめです。バスに乗車するなら、君津ふるさと物産館前のバス停で降りたあと、17分ほど徒歩で向かうといいでしょう。

千葉濃溝の滝近くでお土産も買える

濃溝の滝近くには君津ふるさと物産館があります。ここでは地元君津で収穫された野菜や果物、加工品を購入することができます。お土産にぴったりな商品も充実していて、見ているだけでも楽しめる充足感があるでしょう。また工芸品や衣類、染め物の販売のほかにも、喫茶店やお食事処までも利用できる観光客に嬉しいポイントが盛りだくさんです。

もともと笹川湖に向かった時によく利用されていたスポットですが、今では濃溝の滝を堪能した帰りに寄っていく観光客が多いとのことです。買い物や休憩に使えて、気軽に立ち寄れることも大きなポイントでしょう。なお営業時間は4月から9月までが9時から18時まで、10月から3月までは9時から17時までとなっています。定休日は年末年始のみです。

千葉濃溝の滝の基本情報

今話題の濃溝の滝は、年中無休で観光できるスポットになっています。ハートに見える洞窟からの光は運次第になりますが、きっとその場の空気に癒されることでしょう。アクセスする際の目印には千寿の湯がおすすめですが、ここ濃溝の滝にも住所および電話番号があります。以下は濃溝の滝の基本情報です。アクセスするときなどにご確認ください。

住所:千葉県君津市笹
電話番号:0439-56-1581(君津市役所)

Thumb千葉のツーリングまとめ!人気コース&おすすめグルメ・ランチスポットも!
千葉県でツーリングにおすすめのスポットの情報を詳しくご紹介していきます。千葉県内にはバイクで...

魅力的な濃溝の滝

今回はSNSで話題の魅力あふれる千葉濃溝の滝についての情報を紹介しました。タイミング次第で幸せになれそうなハート型の光を洞窟と一緒に見ることができます。もしそこへ向かいたい場合は、早めにアクセスしていくことがポイントになるでしょう。また写真を撮りたい場合は、水辺になっているので滑りにくい靴でチャレンジしてみてください。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
marina.n

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ