山形県酒田市のおすすめ観光スポットまとめ!名所や穴場・物産館と勢ぞろい!

山形県酒田市は、江戸時代には北前船の寄港する港町として発展していました。そんな、酒田市には当時の繁栄を現す遺構が、今は観光名所として残っています。また、その歴史的価値のある建物を観光物産館として利用し、酒田市の紹介施設も兼ねています。商都酒田市の紹介です。

山形県酒田市のおすすめ観光スポットまとめ!名所や穴場・物産館と勢ぞろい!のイメージ

目次

  1. 1酒田市はおすすめ観光スポットがあふれてる!
  2. 2酒田市は本間様抜きでは語られない
  3. 3酒田市の基礎を創った本間光丘
  4. 4酒田市のおすすめ観光スポット1:酒田観光協会駅案内所
  5. 5酒田市のおすすめ観光スポット2:城輪柵跡
  6. 6酒田市のおすすめ観光スポット3:飛島
  7. 7酒田市のおすすめ観光スポット4:酒田市の神社
  8. 8酒田市のおすすめ観光スポット5:酒田市の寺院
  9. 9酒田市のおすすめ観光スポット6:ミュージアム
  10. 10酒田市のおすすめ観光スポット7:山王くらぶ
  11. 11酒田市のおすすめ観光スポット8:酒田市の公園
  12. 12酒田市のおすすめ観光スポット9:相馬樓
  13. 13酒田市のおすすめ観光スポット10:旧鐙屋
  14. 14酒田市のおすすめ観光スポット11:財団法人本間美術館
  15. 15酒田市のおすすめ観光スポット12:本間美術館庭園
  16. 16酒田市のおすすめ観光スポット13:本間家旧本邸
  17. 17酒田市のおすすめ観光スポット14:酒田市観光物産館「酒田夢の倶楽」
  18. 18酒田市のおすすめ観光スポット15:山居倉庫
  19. 19美味しい酒田市:さかた海鮮市場
  20. 20酒田市のお土産:有限会社菊地菓子舗 酒田むすめ
  21. 21観光名所があふれる酒田市!

酒田市はおすすめ観光スポットがあふれてる!

山形県酒田市は、江戸時代に天下の台所、大阪と現在の北海道、蝦夷地を結び、米やニシンなどを日本各地に運んだ北前船の中継港でした。北前船は酒田に大きな繁栄をもたらしました。「西の堺、東の酒田」と言われるほどの賑わいでした。今でも、その当時の繁栄の歴史遺産が多数残っています。酒田市でしか見られない観光名所です。

酒田市は本間様抜きでは語られない

北前船がもたらした繁栄で、酒田市には多数の「豪商」がいました。中でも最も有名なのが、日本史の教科書にも出てくる日本一の大地主だった、本間家です。庄内藩藩主よりも裕福になり「本間様には及びもせぬが、せめてなりたや殿様に」と歌われたほどです。本間家は酒田にも尽力を尽くしました。今でも酒田では、本間家の繁栄の歴史も伺い知ることができます。

酒田市の基礎を創った本間光丘

10560948 1685509705032852 780895353 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
6002_kozue

酒田を語るうえで、本間光丘(ほんまみつおか)を除いては話が進みません。本間光丘は江戸時代中期から後期の酒田の豪商です。享保17年(1732年)12月25日生まれの、本間家の三代目頭首です。極めて商才に長けた人物で、一代で巨大地主となり本間家の基礎をつくりました。鶴岡藩の藩政にも関わり、私財を投じて西浜に砂防林を植林したことが知られています。

酒田市のおすすめ観光スポット1:酒田観光協会駅案内所

29090762 166306660693039 2579454858583080960 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
i_chiko_n2811

酒田市は港湾都市として繁栄した歴史があります。過去に都があった都市や宗教都市や城下町などは、その当時の歴史遺産が残っていますが、江戸時代に港湾商業都市として栄えた場所は多くありません。そこで、酒田観光協会で酒田市観光の上手な観光ルートや名所やおすすめスポットを確認しましょう。観光案内所は良い旅になるヒントが揃ってます。

住所:山形県酒田市幸町1丁目1-1
電話番号:0234-24-2454

Thumb山形県観光スポットランキングTOP30!人気の名所やおすすめの穴場も!
海も山もある山形県には、さまざまな楽しみ方ができる観光スポットがそろっています。今回は、山形...

酒田市のおすすめ観光スポット2:城輪柵跡

17494691 827666357380449 3049201766823362560 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
cabin56kz

城輪柵(きのわのき、きのわのさく)跡は、現在の酒田市城輪にあった日本の古代城柵です。城といっても、天守閣を構えたようなお城でなく、砦と役所の機能を備えた建物です。昭和7年(1932年)に国指定の史跡に指定され、昭和56年(1981年) に追加指定されています。奈良時代末期に造営されたと推測されます。現在は政庁南門、東門、築地塀の一部が観光用に復元されています。

住所:山形県酒田市城輪地内(本楯地区)

酒田市のおすすめ観光スポット3:飛島

11925766 1614449622138970 858128112 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
hurukawa.poyo

飛島は酒田港から北西約39キロメートルの沖合に浮かぶ島です。島の周囲が10.2キロメートルあり、人口は約200人程です。山形県では唯一の有人島になります。平成8年(1996年)に、西海岸の荒崎が日本の渚百選に選ばれています。観光慣れしていない、日本の離島が体験できます。酒田の意外な観光名所です。

住所:山形県酒田市飛島

酒田市のおすすめ観光スポット4:酒田市の神社

酒田市のおすすめ観光スポット神社1:八雲神社

23668072 1683024318408868 5175006893814317056 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
lumiere501

八雲神社は、JR酒田駅から大通りをまっすぐに歩いて、約5分のところにある神社です。ご祭神は素盞嗚命(すさのおのみこと)奇稲田姫命(くしいなだひめのみこと)稲倉魂命(うかのみたまのみこと)です。永禄8年(1565年)に京都の八坂神社の御分霊をいただき造営されたと伝えられる神社です。酒田市の歴史観光名所です。お参りしましょう。

住所:山形県酒田市御成町2-48
電話番号:0234-22-1715

酒田市のおすすめ観光スポット神社2:上日枝神社

11123861 1385351828458733 430915274 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
maki_hope_of_truth

上日枝神社(かみひえじんじゃ)の創建は貞観17年(875年)近江国の日吉大社の分霊を勧請したのが始まりとされています。当初は袖の浦に鎮座していましたが、寛永13年(1636年)に現在地に移されました。現在の本殿は天保12年(1841年)に再建され、拝殿は明治18年(1885年)に再建されたものです。酒田市民からは「上の山王さん」と呼ばれ、毎年5月19、20日の例祭は「酒田祭」として賑わっています。

住所:山形県酒田市浜田1丁目10-27
電話番号:0234-22-9512

酒田市のおすすめ観光スポット神社3:日枝神社

19120389 791164437719044 6511912457940762624 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
6002_kozue

日枝神社の現社殿は、天明4年(1784年)に本間光丘によって建立されました。現在の随身門は、明治40年(1907年)に本間光輝が再建しました。日露戦争の英雄、東郷平八郎の揮亳による「至誠通神」の額は必見です。日和山口の鳥居には西郷隆盛による「日枝大神社」の額が掲げられています。秋に色ずく2本の大イチョウも日枝神社の風物詩になっています。

住所:酒田市日吉町一丁目地内
電話番号:0234-22-0274

酒田市のおすすめ観光スポット神社4:下日枝神社

18160938 115096559056516 7393267823281176576 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
cabin56kz

下日枝神社(しもひえじんじゃ)の社殿は、天明4年(1784年)に本間光丘によって造営されました。往時の豪商などの寄進による豪華な絵馬はその頃の繁栄を知ることができます。下日枝神社の随所に素晴らしい細工が施してあります。緑豊かな境内です。上・下日枝神社の例大祭(酒田祭)は、慶長14年(1609年)から続いている酒田市最大のお祭りです。

住所:山形県酒田市日吉町1-7-19
電話番号:0234-22-0274

酒田市のおすすめ観光スポット5:酒田市の寺院

酒田市のおすすめ観光スポット寺院1:海向寺

10597537 529502783849880 64344026 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
kou_t140

海向寺(かいこうじ)は、今から約1200年前に弘法大師により建立されたと伝えられています。2体の即身仏が即仏堂に祀られているのは海向寺だけです。人々の救済を願い、忠海上人、円明海上人が千日修業を積み即身仏となり、即身堂に奉安されています。毎年、8月1日~3日に開催される縁日では、夜間でも即身仏を拝観することができます。

住所:山形県酒田市日吉町2-7-12
電話番号:0234-22-4264

酒田市のおすすめ観光スポット寺院2:海晏寺

21042377 1270457373076378 8173424731106574336 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
mymimitch

海晏寺(かいあんじ)は曹洞宗のお寺です。応永元年(1394年)に湖海理元和尚が開山しています。今でも、多くの酒田市民の信仰を集めています。三重塔は海晏寺のシンボルになっています。JR羽越本線、酒田駅から700メートルの市街地にあります。海晏寺は、酒田市の大火からも境内の大木が火を防いで焼失を免れました。三重塔は酒田の観光名所です。

住所:山形県酒田市相生町2-3-33
電話番号:0234−22−0227

酒田市のおすすめ観光スポット寺院3:泉流寺

20214343 260911661073900 3991320667315240960 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
takasugi5708

泉流寺(せんりゅうじ)の起源には藤原氏滅亡の歴史があります。源頼朝に亡ぼされた奥州平泉の藤原秀衡の妹で「徳の前」という女性がいました。徳の前は、36騎の従臣たちを従えて酒田に落ちのびてきました。徳の前は剃髪して尼となり「泉流庵」を建てたのが、泉流寺の始まりといわれています。酒田にある藤原氏の観光名所です。

12568832 1646517318934521 1339066428 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
6002_kozue

36騎の従臣たちは、酒田に住み着き、子孫達は「三十六人衆」と称する自治組織を形成しました。そして、商業都市酒田の繁栄の基礎を築きました。堂内には、本間光丘が明和元年(764年)に、京からとりよせた徳尼公の木像が祀られています。今でも、三十六人衆ゆかりの人々は交流があり、毎年4月15日の徳尼公の忌日に追善供養が営まれています。

住所:山形県酒田市中央西町1-30
電話番号:0234-22-2488

酒田市のおすすめ観光スポット寺院4:持地院 酒田大仏

22159077 711095979083504 8098997255719092224 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
yoshiyoshi4408

良茂山持地院の創建は応永2年(1395年)に、浦地勝太夫が開基となり、湖海理元和尚が開山したと伝わっています。境内にある大仏は2代目で、当初は大正3年(1914年)に日清戦争と酒田地震の被害者の鎮魂を祈り建立されましたが、第二次世界大戦中に軍に摂取されました。現在の大仏は平成4年(1992年)に建立されました。高さは17メートルあります。金属製の立像としては日本一と言われています。

住所:山形県酒田市日吉長1-4-38
電話番号:0234-24-1164

Thumb山形市のおすすめ観光地を名所から穴場まで一挙紹介!アクセスや所要時間も!
山形市でおすすめの観光名所をご紹介します。山形県内でも人気の観光地である山形市内には名所と呼...

酒田市のおすすめ観光スポット6:ミュージアム

酒田市のおすすめ観光スポットミュージアム1:酒田市立資料館

14712431 1073398092775010 109367721535209472 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
matsunagayukari

酒田市立資料館は、昭和53年(1978年)に開館しました。酒田の考古資料や歴史・民俗、産業、経済、海運、文化、自然など酒田市に関係する資料を広く収集して保存しながら、展示しています。昭和51年(1976年)10月29日に発生した酒田大火に関する資料の展示もあります。城輪柵、酒田商人、戊辰戦争など、酒田の地域特性が理解できます。

住所:山形県酒田市1番町8-16
電話番号:0234-24-6544

酒田市のおすすめ観光スポットミュージアム2:酒田市美術館

18513968 1869835420006499 1902384699234320384 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
schusterjung

酒田市美術館は平成9年(1997年)10月3日、市街地を眺望できる小高い丘に開館しました。敷地面積約3万平方メートル、施設面積約3千平方メートルです。主な展示作品は山形県の郷土芸能、黒川能を描き続けた文化勲章受章者である洋画家森田茂氏の作品です。さらに、洋画家國領經郎氏の作品、酒田市出身の洋画家斎藤長三氏の作品に、彫刻家高橋剛氏の作品も展示されています。

15035094 150591292084284 8342117616130719744 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
askapapa1209

酒田市美術館の常設展示として、文化勲章受章作家の森田茂作品「百寿冨士」、酒田市出身の彫刻家高橋剛作品「夏の川」、佐藤昌祐作品「外出前」が常設展示されています。酒田市美術館の特徴として、洗練された美術館の建物とシンプルな緑の庭の組み合わせが、絶妙のコントラストです。外観もアートです。

住所:山形県酒田市飯森山3丁目17-95
電話番号:0234-31-0095

酒田市のおすすめ観光スポットミュージアム3:土門拳記念館

28754690 164556247537541 1419577087504678912 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
caoriii_mate

土門拳記念館は、酒田市出身の偉大な写真家、土門拳一人の作品を展示するユニークな写真専門の美術館です。昭和58年(1983年)10月、土門拳の郷里、山形県酒田市に開館しました。土門拳の作品、約7万点を収蔵しています。土門のライフワークであった「古寺巡礼」をはじめ、「筑豊のこどもたち」「文楽」「風貌」などが、保存管理され、一部が展示されています。観光名所になっています。

23967307 757919244419090 3024396157435510784 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
hzk_ip

土門拳は、昭和49年(1974年)に、酒田市名誉市民第1号となっています。土門拳は生前から、自分の全作品を郷里酒田市に贈りたいと願っていました。思いが叶い、土門拳記念館が完成しました。市街地から南西4キロメートルに位置する飯森山公園の中に建っています。自然林を背景にして、前面に池を配し、鳥海山が眺望でき、建物自体もアートになっています。

住所:山形県酒田市飯森山2-13(飯森山公園内) 
電話番号:0234-31-0028

酒田市のおすすめ観光スポット7:山王くらぶ

20394103 107473349921628 8493533484105596928 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
ka2.note8161

「山王くらぶ」の前身は、明治28年(1985年)建築の「宇八樓」という料亭です。戦後は「山王くらぶ」となりましたが、酒田の賑わいとともに発展し、110余年の間、格式高い高級料亭として繁盛していましたが、平成11年(1999年)に閉店しています。その後、酒田市に寄贈され、平成15年に料亭建築の貴重な遺構として、国の登録有形文化財に登録されています。

29089264 1625333037502193 6965048812091998208 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
hassakuchan

平成20年に酒田の歴史風土や文化を紹介する施設、新「山王くらぶ」として開館しました。酒田の歴史資料の展示とともに、日本三大吊るし飾りの傘福の常設展示室があります。傘福は江戸時代後期から、家族の幸せや子どもの成長を願い作った飾りを天蓋のついた傘につるし、神社仏閣に奉納していた飾りです。一度見ると細やかな手作りですが、そのスケールに圧倒されます。

住所:山形県酒田市日吉町2-2-25
電話番号:0234-22-0146

酒田市のおすすめ観光スポット8:酒田市の公園

酒田市のおすすめ観光スポット公園1:清亀園

28435366 416938602084531 4652697617459838976 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
meihaha9182

清亀園(せいきえん)は、酒田で本間家と並び称せられた大地主、伊藤四郎右衛門家の別荘として明治24年(1891年)に、名庭師山田挿遊により建造されました。庭園には別荘もあり茶会などで利用されています。現在は酒田市の所有となり、観光名所になり、市民や観光客に公開されています。庭には思いもよらない美しさが随所に施されています。

住所:山形県酒田市浜田一丁目11-13
電話番号:0234-23-0388

酒田市のおすすめ観光スポット公園2:日和山公園

28753721 1786649901639044 6565095818196418560 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
askapapa1209

日和山公園(ひよりやまこうえん)は酒田繁栄の歴史遺産が見られます。日本屈指の古い木造六角灯台や方角石や、復刻した千石船などの港町の風情を演出しています。園内には400本のソメイヨシノがあり、酒田でも1、2の桜の名所です。毎年、酒田日和山桜まつりが開催されます。六角灯台越しに、日本海に沈む夕陽が見られる名所です。

住所:山形県酒田市南新町1丁目127番外
電話番号:0234-26-5745

酒田市のおすすめ観光スポット9:相馬樓

15534906 233307640426728 1252024091095859200 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
sano_archi

舞娘茶屋・雛蔵画廊相馬樓(まいこちゃやひなぐらがろうそうまろう)は、江戸時代より料亭「相馬屋」として栄えていました。現在は、山形県酒田市にある観光施設です。文化5年(1808年)に建てられ相馬屋を、改装し平成12年に開館しました。現在する木造の主屋は、明治27年(1894年)の庄内大震災の大火で焼失した直後に建てられたもので、平成8年11月、国の登録文化財建造物に指定されました。

住所:山形県酒田市日吉町1丁目2-20
電話番号:0234-21-2310

酒田市のおすすめ観光スポット10:旧鐙屋

15535438 720423178125609 5848265239623106560 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
sano_archi

酒田を代表する廻船問屋「鐙屋(あぶみや)」は、酒田三十六人衆の筆頭格として町年寄役を勤め、町政にも参画しました。当時の鐙屋の繁栄ぶりは、井原西鶴の「日本永代蔵」にも取り上げられたほどでした。 家屋は国指定史跡となっている歴史遺産です。石置杉皮葺屋根の典型的な町屋造りの建物です。

住所:山形県酒田市中町1-14-20
電話番号:0234-22-5001

酒田市のおすすめ観光スポット11:財団法人本間美術館

江戸時代より、酒田発展のために尽くした本間家は、現在でもその業績が高くたたえられています。酒田市には、本間家が植林した松林や寄進した寺社仏閣など、本間家ゆかりの場所が数多く残っていますが、中でも、「本間美術館」は、酒田市観光では、外せない定番観光コースで、酒田市の観光名所です。

昭和22年(1947年)5月、戦後初の私立美術館として本間家別荘の木造二階建ての建物が、本間美術館としてスタートしました。収蔵品は本間家が代々受け継いだ美術工芸品が中心になっています。本間美術館収蔵品の中では、円山応挙の「紙本淡彩鼬図(しほんたんさいいたちず)」が、館を代表する展示品です。酒田に行ったときは必ず見学しましょう。

住所:山形県酒田市御成町7-7 
電話番号:0234-24-4311

酒田市のおすすめ観光スポット12:本間美術館庭園

本間美術館の庭園は時間を割いて見学するに相応しい絶景です。文化10年(1813年)本間家四代目、本間光道が築造した池泉回遊式庭園です。中島の松に鶴が舞い降りたことから、庄内藩主十代酒井忠器公が「鶴舞園(かくぶえん)」と名づけたという、歴史的な名園です。初夏に咲き誇るツツジと秋の見事な紅葉の名所としても知られています。平成24年に国の名勝に指定されました。

酒田市のおすすめ観光スポット13:本間家旧本邸

14553326 1651933595105969 6667385609721479168 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
sano_archi

「本間家旧本邸」は、本間光丘が幕府の巡見使一行の宿として、明和5年(1768年)に新築し、荘内藩主酒井家に献上したものです。書院造りの武家屋敷と、本間家が暮らした商家造りが一体となった珍しい建物です。その後拝領し、本間家代々の本邸として使用されていましたが、戦後の時代には中央公民館として使用されていました。昭和57年(1982年)からは酒田の観光施設として公開されています。

11373869 934731243264768 1743746676 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
hairsalonrowan

住所:山形県酒田市二番町12-13
電話番号:0234-22-3562

酒田市のおすすめ観光スポット14:酒田市観光物産館「酒田夢の倶楽」

13129918 480845218773022 1154215815 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
origami_sendai

酒田市観光物産館「酒田夢の倶楽(くら)」は、明治時代に建てられた山居倉庫の一部を改築した観光物産館です。平成16年に、山居倉庫全12棟のうち11号館と12号館の2棟を、観光物産館夢の倶楽として開設しました。夢の倶楽は、1棟が「華の館」で、酒田の歴史と文化を紹介しています。もう1棟がショッピングが楽しめる「幸の館」です。

10549829 1015200495241565 549489653 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
amagaeru.san

観光物産館夢の倶楽は、酒田の歴史が学べて、酒田名物が楽しめる物産館です。ミュージアムである華の館とショッピングが楽しい幸の館には、酒田のお土産販売や酒田のご当地グルメが味わえるフードコーナーもあります。酒田の人気米、つや姫を使った「つや姫ソフトクリーム」が人気です。食事処「食彩旬味芳香亭」もありランチが楽しめます。観光物産館夢の倶楽は楽しい空間です。

物産館はどんなところ?

そもそも物産館とは、特定の地方や地域で産出する特産物や有名品などを展示し紹介し、普及に努めるための施設です。最近、日本各地に物産館が設置され、設置された地域の特産品の展示販売や紹介に力を入れています。特に、観光地の物産館は観光目的でその地方を訪れた人に、地域の名産品を紹介し、地域の観光に役立てています。物産館は地域の情報の発信源にもなっています。

住所:山形県酒田市山居町1-1-20
電話番号:0234-24-2233

酒田市のおすすめ観光スポット15:山居倉庫

酒田の代表的な建物は山居倉庫(さんきょそうこ)です。酒田市の紹介写真にもよく使用される山居倉庫、酒田市だけでなく、米どころ庄内地方のシンボルにもなっています。明治26年(1893年)に建てられた米保管倉庫です。庄内平野や山形地方で収穫された米の積出港として賑わった酒田の歴史が現れています。

山居倉庫は、白壁、土蔵づくり9棟からなるにある米穀倉庫です。米の収容能力は10800トン(18万俵)あります。内部の湿気防止のために、二重屋根にして倉の内部の湿気防止構造になっています。倉庫背後のケヤキ並木を活かし、低温で管理できるように倉庫が工夫されています。現在も、JA全農庄内が倉庫を管理し、農業倉庫として利用されています。

28154473 176487816468629 9051358222987821056 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
icd12542

山居倉庫は12棟あります。そのうち1棟が「庄内米歴史資料館」、2棟が「酒田市観光物産館酒田夢の倶楽(くら)」として、観光名所になっています。樹齢150年以上のケヤキ36本からなるケヤキ並木は、季節とともに変化し、四季それぞれの美しさが観光パンフレットに使用されます。酒田一の観光名所といわれています。

住所:山形県酒田市山居町1-1-20
電話番号:0234-24-2233

美味しい酒田市:さかた海鮮市場

25009839 1787927631248650 5053095265024606208 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
sachicoikeda

日本海に面した酒田市は、日本海の海の幸があふれています。さかた海鮮市場は酒田港のすぐそばにあります。日本海で採れたばかりの新鮮な魚が揃っています。1階に菅原鮮魚が入っています。地元の魚を中心に取り扱っています。2階には食事処「海鮮どんやとびしま」があります。酒田市の食事処として観光名所にもなっている人気店です。海鮮丼をいただきながら日本海の眺望が楽しめます。

住所:山形県酒田市船場町2丁目5-10
電話番号:0234-23-5522

酒田市のお土産:有限会社菊地菓子舗 酒田むすめ

10729217 721378177937362 719094024 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
ayahana11

創業明治17年(1884年)の「菓子の菊池」の、酒田むすめは人気の酒田のお菓子です。小豆あん、やきいもあん、コーヒーあんをバター風味の生地で包み焼きあげられました。酒田観光のお土産として、外れなしのお菓子です。お茶でもコーヒーでもいただけます。酒田むすめを知っていいる人には懐かしい味で、初めての人には新鮮な味です。

住所:山形県酒田市二番町8-19
電話番号:0234-26-3331

観光名所があふれる酒田市!

酒田市は日本海側では珍しい港湾都市として発展しました。今でも、その流れは続いています。観光物産館でその系譜を知ることができます。歴史遺構も多く、観光資源も豊富にあります。酒田市を知れば知るほど、もっと深く知りたくなる都市です。出かけてみましょう。酒田市へ、そこは、豊かだった江戸時代があります。

Thumb酒田市ランチ人気ランキングTOP15!おすすめ定食に子連れOKの個室あり!
酒田市と言えば、最上川などの河川もあり、土壌も豊かなことから昔から特産品である庄内米などの稲...

関連記事

関連するキーワード

Noimage
この記事のライター
yuribayashi

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ