栃木「大谷資料館」の営業時間やアクセスを紹介!撮影にも使われる有名スポット!

栃木県と言えば日光にある「日光東照宮」が有名ですが、宇都宮にある「大谷寺」の近くの「大谷資料館」も色々な撮影に使用される有名スポットとなっています。「大谷資料館」にある、幻想的な巨大地下空間「地下採掘場跡」の見どころや営業時間、アクセスなどを詳しく紹介します。

栃木「大谷資料館」の営業時間やアクセスを紹介!撮影にも使われる有名スポット!のイメージ

目次

  1. 1「大谷資料館」歴史のある地下採掘場跡を見に行こう!
  2. 2「大谷資料館」地下採掘場跡の歴史
  3. 3「大谷資料館」大谷の地質と大谷石
  4. 4「大谷資料館」大谷石の手掘りによる採掘方法
  5. 5「大谷資料館」大谷石の機械化による採掘方法
  6. 6「大谷資料館」撮影にも使用される有名スポット
  7. 7「大谷資料館」ROCKSIDE MARKETにてランチ
  8. 8「大谷資料館」交通アクセス
  9. 9「大谷資料館」基本情報
  10. 10「大谷資料館」地下採掘場跡のルール
  11. 11「大谷資料館」割引情報
  12. 12「大谷資料館」地下30mの幻想的な世界

「大谷資料館」歴史のある地下採掘場跡を見に行こう!

25016259 715193405353471 2469857785794265088 n
junfirelove

Cool Japan Award 2017を受賞した「大谷資料館」はコンサート会場や美術展、演劇場として使用される巨大な地下空間で沢山の撮影が行われる事でも有名です。いつもは非公開の教会ゾーンは特別公開中!幻想的な地下空間をより幻想的に見せるライトアップもされています。そんな歴史のある「大谷資料館」の「地下採掘場跡」を見に行きましょう!

「大谷資料館」地下採掘場跡の歴史

25008617 1915348785148295 6232081599005982720 n
kawamasa94

エジプトのピラミッド内の様に広大で幻想的な空間である「大谷資料館」の「地下採掘場跡」は、1919年の大正8年から1986年の昭和61年迄の約70年という長い時間をかけて大谷石の採掘により出来た2万平方メートル(140mx150m)にも及ぶ巨大な地下空間で野球場が一つ入る程の大きさです。地下採掘場跡の気温は一年を通して8℃前後です。
 

20837691 1806825419629678 8695225234225102848 n
sumizoon

その温度の為、まるで冷蔵庫の中にいるような感覚に陥ります。観光の際は防寒対策が必要です。戦時中、「大谷資料館」は陸軍の地下秘密工場として使用されていました。戦後になると政府米の貯蔵庫として使用されるようになりました。54年に初めて一般公開されるようになり現在はコンサート会場や美術展、演劇場として使用されています。

25009083 731024567094011 3878629500086386688 n
sugar7126

また深さ30m、最も深い所では60mにもなる巨大な「大谷資料館」の「地下採掘場跡」には、実際に結婚式を挙げる事が出来る「教会ゾーン」がありクリスマスの時期には撮影関係者達の協力の元、普段非公開の「教会ゾーン」を特別公開します。今年の公開日程は2017年12月1日から12月25日迄です。地下30mの所にある教会はとても神秘的です。

「大谷資料館」大谷の地質と大谷石

栃木県の宇都宮市から北西に約7km離れた大谷町一帯には、東西に約2km、南北に約4kmに及ぶ大谷石の一部である薄い緑色をした凝灰岩があちこちに露出しています。採掘された部分は東西に約3km、南北に約6kmにもなる巨大な空間です。大谷石は東西に約8km、南北に約37kmという広範囲に及び地下200mから300mの深さにもなります。

埋蔵量が10億トンとも言われる大谷石は多気不動尊の中腹の西方面から、宇都宮の市街地を流れる田川の底の東方面まで確認されているので10度前後、傾斜しながら東西に広がっていると考えられ、徳次郎地区の国道119号線の北方面から小山市内の思川鉄橋の南方面にも確認されているので南北に細長く広がっていると考えられています。

23164897 1986947001545260 1638379643734065152 n
47moto

石材の価値としては、大谷石の中部層で層の厚みが185m前後の辺りが最も採掘され石材として使用されている場所です。大谷石の上下部層で層の厚みが30m前後の辺りが石材として優良とされています。大谷石の下部層で層の厚みが100m前後の辺りは風化の為に崩れやすく石材の価値は低いです。また、大谷石の上上部層も石材の価値は低いです。

「大谷資料館」大谷石の手掘りによる採掘方法

21690706 172272813332172 7008269613452492800 n
nosuke_1113

柔らかく加工しやすい軽石凝灰岩の一種の大谷石は、機械化になる1960年の昭和35年頃迄は手作業による採掘が行われていました。この手作業にはツルハシが使用され「六十石」ろくとう、厚さ6寸x巾10寸x長さ3尺(18×30×90cm)を1本掘るのに3600回も腕を振るったと言われており、1日の1人当たりの石切り職人の採掘量は約12本でした。

18011695 1768476566801536 6169728041191735296 n
mitsuhisa_______

採掘方法には2種類あり、先ず最初の方法は下に向かって掘り下げる採掘方法の「平場掘り」という方法です。手堀時代に「平場掘り」の方法で採掘した場所は、横線の切り跡が石壁にあります。二つ目の方法は「垣根掘り」で、これは横に掘っていく採掘方法です。手堀り時代に「垣根掘り」で掘った跡には、縦線の切り跡が石壁にあります。

25018156 138193076895665 2539683658990616576 n
kaymicah

「垣根掘り」は明治末から大正初期にかけて伊豆長岡の青石の職人により大谷に伝えられた画期的な採掘方法で、昔は技術と手間を要したので「平場掘り」の3倍の工賃を稼ぐ事が出来ました。手掘りの時代は1本当たり150kgもある「六十石」を「背負子」という物を使用し「小出し」と呼ばれる職人達が1人1本背負い採掘場から運び出していました。

「大谷資料館」大谷石の機械化による採掘方法

24838356 536626276672912 135876903931215872 n
no_i_chi

1952年の昭和27年、石材協同組合内で大谷石採掘の機械化が考えられ「機械化研究会」が出来て機械の試作がされましたが、昭和20年代は失業率が高く労働資金も安かった為に実用化には至りませんでした。1957年の昭和32年にオートメーション採掘第一号機が完成して実用化され、1960年の昭和35年頃には大谷の全採掘場が機械化されました。

23667647 383214445448545 3195488301385515008 n
kaorial

これにより、1955年の手掘り時代の年間生産量が24万トンだったのに対し、1960年の機械化された年間生産量は45万トンと約2倍近くにも跳ね上がりました。現在では、「垣根掘り」「平場掘り」「裁断」「化粧削り」など多種多様な採掘や加工が機械にて出来るようになり、現在の「大谷資料館」の大谷石採掘に一大変革をもたらしました。

「大谷資料館」撮影にも使用される有名スポット

地下に広がる広大で幻想的な空間「大谷資料館」の「地下採掘場跡」は色々な撮影に使用されています。今迄撮影された作品には「Bz」「GLAY」「X Japan」等の数多くのミュージックプロモーションビデオの撮影、「るろうに剣心京都大火編」等の映画の撮影、「金田一少年の事件簿」「潜入探偵トカゲ」等のTVドラマの撮影等の作品があります。

それ以外の「大谷資料館」での撮影は、「SONY」のヘッドホンのCMの撮影や「アウディ」「LEXUS」等の車のCMの撮影、「マツコ&有吉の怒り新党」「世界ふしぎ発見!」等のテレビ番組の撮影など、沢山の撮影が「地下採掘場跡」で行われてきました。過去に撮影に使用された場所には、その旨を説明したサインと写真が展示されています。

「大谷資料館」ROCKSIDE MARKETにてランチ

23595909 383889595374303 1191294937157599232 n
senva_pierre

2016年4月に「大谷ミュージアム」がランチにピッタリの「OYA MUSEUM ROCKSIDE MARKET」として生まれ変わりました。ガレットがメインのお洒落なカフェで、コーヒー等のドリンクやイタリアンジェラートをテイクアウトしてオープンテラスでくつろぎながらランチや午後の一時を楽しむ事が出来ます。店内では色々な種類のお土産もあります。

25012589 405332956547768 4175941262462943232 n
honoka_pageboy

ランチに欠かせないドリンクには煎れたてドリップコーヒー450円、水出しアイスコーヒー350円、フローズンドリンクにタップリのクリームがのった3種類のフラペリッチ各種450円、新鮮なカジュッタグレープフルーツ450円等のメニューの中から選べます。「地下採掘場跡」で沢山歩いた後はゆっくりドリンクを飲みながらくつろいで下さい。

24254501 130085714353493 7948316097734770688 n
m34_jpn

厚切りのベーコンが美味しいランチにピッタリの那須野ベーコンと彩り野菜のガレット700円、ジューシーなチキンがランチにピッタリの炭焼きチキンと栃木トマトのBBQソースのガレット700円等人気の5種類の「ガレット」は栃木県産のそばの実を使用したそば粉のクレープで、中には栃木産の新鮮な素材が入っていてランチにおすすめです。

24254078 658393264550147 6334086316371738624 n
maya_nogreen_nolife

ランチの後は、やはりデザートです。「ROCKSIDE MARKET」では、暑い日にもピッタリの16種類のイタリアンジェラートを提供していて、ジェラートの料金はシングル380円・ダブル480円となっています。甘さ控えめでさっぱりとしたイタリアンジェラートはランチ等の食後にピッタリです。自分の好みにあうフレーバーを探しましょう。

「大谷資料館」交通アクセス

「大谷資料館」への交通アクセスにはバスによるアクセスと車によるアクセスが便利です。バスによるアクセスにも2種類あり、最初のバスによるアクセス方法はJR宇都宮駅西口の6番乗場から「大谷・立岩行き」に乗車して「資料館入り口」にて下車、そこから徒歩にて約5分です。もう一つのバスによるアクセス方法は次の通りです。

23596468 1759970974076487 6593976866216869888 n
m_hiroharumama

東武宇都宮駅の東武駅前バス停から「大谷・立岩行き」に乗車して「資料館入口」にて下車、徒歩にて約5分です。車によるアクセス方法は東北自動車道の鹿沼ICからのアクセスだと車で約20分、宇都宮ICからのアクセスだと車で約12分、北関東自動車道の宇都宮・上三川ICからのアクセスだと車で約40分、壬生ICからのアクセスだと車で約30分です。

「大谷資料館」基本情報

「大谷資料館」の営業時間は、春から秋にかけての営業時間と冬の間の営業時間が異なってくるので注意が必要です。春から秋の「大谷資料館」の営業時間である4月から11月の営業時間は9時から17時迄で最終入館は16時半迄です。また冬の間の「大谷資料館」の営業時間である12月から3月の営業時間は9時半から16時半迄で最終入館は16時迄です。

25025776 327295427750521 8244806825573089280 n
m.o.913

「大谷資料館」の休館日は4月から11月の間は無休です。12月から3月は毎週火曜日が休館で、火曜日が祭日の場合は翌日が休館です。年末・年始は12月26日から1月1日迄が休館です。カーナビゲーションを使用の方は「大谷資料館」の敷地が広範囲の為に住所で検索すると迷子になるので、「大谷資料館」の施設名称か電話番号を使用して下さい。

24127044 895851850590648 9061014065383473152 n
yasu19781122

「大谷資料館」の入館料金は大人料金が800円、小・中学生の子供料金が400円、未就学の子供料金は無料です。20名以上は団体割引料金となり大人料金が700円、小・中学生の子供料金が350円の割引となりお得です。当館入り口前にある第1駐車場は団体・身障者・高齢者専用で、第2・第3・第4駐車場が一般の方用です。駐車場料金は無料です。

住所:栃木県宇都宮市大谷町909
電話番号:028-652-1232

「大谷資料館」地下採掘場跡のルール

23967137 2176568902570131 3987518727905083392 n
tmk_mtmt

「地下採掘場跡」は声が物凄く響きます。館内で大声をあげたり楽器の演奏等は禁止です。また、石舞台上でのダンスのパフォーマンス等も禁止されています。小学校等の団体による合唱等のパフォーマンスは事前に申請して許可を取る必要があります。飲食も禁止されており、暗くて階段の多い館内では飲酒をしている方の入館は原則として禁止です。

「地下採掘場跡」は暗くて階段や急な場所も多いので、車椅子・ベビーカー・手押し車等を使用しての入館は禁止です。ペットの入館も禁止です。例えペットをケージやバッグに入れていても入れません。「地下採掘場跡」は非常に寒いのでブランケットを料金無料で貸し出していますが、数に限りがあるので上着を持参するようにしましょう。

「大谷資料館」割引情報

栃木県が発行する栃木パスポート「本物の出会い栃木パスポート」を使用すると、栃木県の観光施設・宿泊施設・飲食店などの「おもてなし施設」のサインがある店舗にてお得な割引を受ける事が出来ます。割引等の特典が付いてくる栃木パスポートを提示すると「大谷資料館」の団体割引金額と同じ料金にて入館する事が出来ます。

「栃木パスポート」の割引を使用する場合は、受付の時か注文する時にパスポートをスタッフの方に提示して下さい。宿泊施設にて「栃木パスポート」の割引を使用する場合は、予約時にその旨お伝え下さい。宿泊施設は宿泊する場合のみパスポートでの割引が可能です。他の割引サービスとの併用、現金との引き換えや払い戻しは受け付けていません。

「大谷資料館」地下30mの幻想的な世界

22793961 361854390922003 5384772254737367040 n
uchikun1214

遥か昔、地下30mの巨大空間「大谷資料館」の「地下採掘場跡」では、機械化による採掘作業に取って代わる迄、冷蔵庫の中のように寒い場所で手掘りによる採掘作業が行われていました。その様な歴史を学んでから観光に訪れると見方が変わり数倍楽しむ事が出来ます。色々な撮影にも使用される地下30mの幻想的な世界に足を運んでみませんか?

Thumb大谷寺の大谷観音は日本最古の石崖仏!洞窟にある神秘的な寺院の見どころは?
栃木県と言えば日光市の「日光東照宮」が有名ですが、実は宇都宮市も日本最古の石崖仏「大谷観音」...

関連記事

関連するキーワード

Noimage
この記事のライター
ビジネスキー紀子

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ