ディズニーシーの混み具合・混雑予想!回避方法を過去のカレンダーで徹底分析!

いつでも大混雑のディズニーシーでも過去のカレンダーで混み具合を予想すれば、賢く混雑を回避することができます。混み具合の予想、そして混雑回避方法からおすすめのプランまでまとめてみました。ディズニーシーのアトラクションを効率的に廻りたい人は必見です。

ディズニーシーの混み具合・混雑予想!回避方法を過去のカレンダーで徹底分析!のイメージ

目次

  1. 1近年のディズニーシーの混み具合はすさまじい!混雑予想日は避けよう
  2. 2ディズニーシーの混み具合を予想!長期休み後は混雑していない
  3. 3ディズニーシーの混み具合を予想!5月から7月の平日はねらい目
  4. 4ディズニーシーの混み具合を予想!3月は混雑回避不可能かも
  5. 5ディズニーシーの混み具合を予想!8月は真夏でも大混雑
  6. 6混雑する夏休み明けの9月はディズニーシーが混雑していないと予想される?
  7. 7ディズニーシーの混雑アトラクションとは?予想される混み具合
  8. 8ディズニーシーで混雑を回避できるアトラクションは?
  9. 9ディズニーシーの混み具合がすごい日は?混雑予想日の対処法1:ファストパスの取り方
  10. 10ディズニーシーの混み具合がすごい日は?混雑予想日の対処法2:一日の中で空いている時間帯
  11. 11ディズニーシーの混み具合がすごい日は?混雑予想日の対処法3:朝の時間帯
  12. 12ディズニーシーの混雑予想日は避けたい「混み具合」と「アトラクション休止」のジレンマ
  13. 13ディズニーシーの曜日別予想混み具合を知ろう
  14. 14ディズニーシーの混み具合を予想して一日のプランを立てよう
  15. 15ディズニーシーの過去のデータを分析してより楽しい一日を!

近年のディズニーシーの混み具合はすさまじい!混雑予想日は避けよう

ディズニーシーができたばかりのころはまだまだアトラクション数も少なく、ディズニーランドの人気ぶりには到底及ばないものでした。しかし、その後学生や大人を取り込む戦略で見事成功し、今やその混雑ぶりはディズニーランドに圧倒的な差をつけています。混雑予想を上手に利用して、ディズニーシーのアトラクションを上手に制覇しましょう。

Thumbディズニーシーの乗り物の待ち時間はコレで完璧!人気アトラクション攻略法!
ディズニーシーに行ったなら、平均的な待ち時間予想が少ない時に、効率よく人気アトラクションや乗...

ディズニーシーの混み具合を予想!長期休み後は混雑していない

ディズニーシーは長期休暇の春休みと冬休みの後は比較的空いていると予想できます。混雑を回避したい方はこの時期に訪れるとよいでしょう。具体的には、冬休み明けの「1月2週目~1月末」や春休み明けの「4月2週目~4月末」はどのカレンダーでも空いているという予想になっています。ただし休日はそれでも混雑を極めているため注意しましょう。

長期休暇中は激しい混雑が予想されますが、逆に長期休み明けは反動で混雑回避傾向にあります。過去の混雑予想カレンダーでは、混雑しているアトラクションでも2時間以下、空いているアトラクションだと30分以下の待ち時間です。ディズニーシーに行く計画を立てている方は多少無理してでも有給を使ってこの時期を狙いましょう。

ディズニーシーの混み具合を予想!5月から7月の平日はねらい目

5月のゴールデンウィーク時期以外の平日や6月の平日、7月の夏休み前の平日は過去の混雑予想カレンダーをみても混み具合が少ないと言えます。理由は、5月については新学期が始まってすぐだということが挙げられます。6月については日本での梅雨の時期に関係しています。そして7月は夏休み前ということで混雑が回避できる時期と予想できます。

6月は梅雨の時期になり、天候が悪いと人気のショーなども中止になってしまうことが多いですがあくまでもアトラクションが目的だという方にとってはねらい目の時期かもしれません。7月も天候的には夏真っ盛りに差し掛かる時期ですので、ベストシーズンとは言いがたいですがその分パークの混み具合もそれほどではないと予想できます。

ディズニーシーの混み具合を予想!3月は混雑回避不可能かも

ちょうど学生の大型休暇である春休みの時期であり、天候もあたたかくベストシーズンと言える3月はいつ行っても大混雑が予想されます。まさに混雑回避が不可能の時期です。過去の混雑予想カレンダーを見ても人気の混雑アトラクションは平均3時間待ち、比較的混み具合がましなはずのアトラクションでも1時間以上の待ち時間になっています。

できれば混雑回避からこの時期は避けて、別の時期を選びたいものですが休みがなかなか取れない方もいらっしゃることでしょう。どうしてもという方は3月の1週目と2週目を避ければ少しは混雑を回避できるかもしれません。4月の新学期に近づくにつれて混み具合は多少ましになっていきます。ただそれでも人は多いことは十分予想されます。

ディズニーシーの混み具合を予想!8月は真夏でも大混雑

大学生になると春休みが一番の大型休暇ですが、小学生や中学生のまだ小さいお子さんにとって1番の大型休暇と言えばやはり夏休みになります。お父さんお母さんも会社のお盆休みが取れるため、真夏日が続く8月でもこの時期はディズニーシーも大混雑が予想されます。連日の暑さにもめげずに子供達は元気いっぱいでディズニシーにやって来ます。

8月の長期休暇を利用して地方からディズニーシーに来るお客さんも多いため、雨の日でもディズニーシーパーク内の混み具合は変わりません。過去の混雑予想カレンダーを見ると、3月ほどではないにしてもやはり人気アトラクションは平均待ち時間が2~3時間の日が多いです。アトラクションを制覇したい方はできればこの時期は避けたいところです。

混雑する夏休み明けの9月はディズニーシーが混雑していないと予想される?

以前は8月いっぱいある大型休暇の夏休みが明けたばかりの9月は空いていましたが、今やそれもすっかり浸透してしまい、もはや9月は空いているとはいえない時期になってしまいました。大学生は9月いっぱいまで夏休みがあるためそれを利用したお客さんが多く大きな混み具合が予想されます。休み明けだと思って油断しないようにしましょう。

ディズニーシーの混雑アトラクションとは?予想される混み具合

ディズニーシーの3大混雑アトラクションと言えば「トイストーリーマニア!」、「タワーオブテラー」そして「センターオブジアース」です。いずれも大きな混み具合が予想されるアトラクションですのでファストパスが発券されています。次いで混雑しているのが「インディージョーンズアドベンチャー」と「レイジングスピリッツ」です。

この2つも嬉しいことにファストパスが発券されているのでひとまず安心できます。過去の混雑予想カレンダーを見ると3大混雑アトラクションについては待ち時間が3時間になることもあります。インディージョーンズやレイジングスピリッツにおいても1時間以上の待ち時間は予想されるため覚悟しておいた方が良いでしょう。

ファストパスが発券されているのは良いのですが、その発券枚数には限りがあります。早いときだと午前中で発券が終了してしまうなんてこともありますので、人気のアトラクションについては必ず早めにファストパスを取るようにしましょう。ファストパスの表示時間が閉園に近づけばそれだけ発券枚数も減っているということになります。

Thumbディズニーシー「トイ・ストーリー・マニア」を攻略!待ち時間やファストパスも!
ディズニーシーのトイ・ストーリー・マニアは、3D眼鏡を身につけてシューティングゲームを楽しむ...

ディズニーシーで混雑を回避できるアトラクションは?

全てのアトラクションにおいて基本的には待ち時間が長いディズニーシーですが、「マジックランプシアター」や「タートルトーク」、「マーメイドラグーンシアター」などの一度に大勢が入れるシアター系のアトラクションは人気がありながらもそれほど混雑が予想されません。混雑回避したい時間帯は積極的に利用しましょう。

他にも暑い夏の日や寒い冬の日でパーク内が混雑しているときはマーメイドラグーンのエリア内の子供向けのアトラクションがおすすめです。これらのアトラクションは規模が小さいですが比較的混雑していませんし、屋内のアトラクションなので子供がアトラクションに乗っている間お父さんお母さんはエリア内で一休みすることもできます。

ディズニーシーの混み具合がすごい日は?混雑予想日の対処法1:ファストパスの取り方

言わずと知れたディズニーシーの混雑回避には必須アイテムの「ファストパス」を賢く利用すればたとえ時期が悪くてもお目当てのアトラクションを制覇することも不可能ではありません。ファストパスは通常の列に並ばずに優先的にアトラクションに案内してもらえるチケットで、誰でも無料で発券することが可能です。

ただしファストパスが発券されているアトラクションは限られていることと、発券枚数に限りがあることには注意しておかなければなりません。人気のアトラクションだと午前中の内に発券枚数が上限に達してしまうことが予想されます。絶対に乗っておきたい人気のアトラクションについては早めに発券しておきましょう。

ファストパスの取り方によって、ディズニーシーでのその日一日を有意義に過ごせるか過ごせないかが決まってしまうと言っても過言ではないほどこのファストパスは重要なポイントになってきます。まずしなければならないのが入園直前に3大アトラクションの内どれか一つのファストパスを取ることです。

ファストパスは一度発券してしまうとその後数時間は次の発券ができなくなってしまうことにも注意しておきましょう。そして、次の発券ができる時間になったらすかさず次のファストパスを手に入れてください。「いつでも常にどれかのファストパスを持っている」という状態を作ることを心がければ全アトラクション制覇も夢ではありません。

Thumbディズニーシーのファストパス完全ガイド!取る順番・場所・時間を教えます!
ディズニーシーでアトラクションを攻略するのにファストパスは必須です。ファストパスの取る順番や...

ディズニーシーの混み具合がすごい日は?混雑予想日の対処法2:一日の中で空いている時間帯

29415315 242081406360469 350806662379995136 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
m.tanabe.1114

過去の混雑予想カレンダーによると、混雑している日でも一日のアトラクション待ち時間を比較すると空いていると予想される時間帯があります。それが、お昼時と夜のメインパレードの時間帯です。この時間帯を利用すれば、人気のアトラクションでも混雑を回避して利用することができます。この時間を賢く利用するにはどうすればよいのでしょうか。

28428663 423204058138222 5588523759502884864 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
norinald73

具体的には、お昼時の時間を早くするあるいは遅くすることによってレストランの混雑を回避することができますしアトラクションの待ち時間も少しだけ短くすることができます。夜のパレードを楽しみにしている方も多いでしょうが、だからこそアトラクションの方は空いていると予想されます。敢えてアトラクションをとるのも一つの手でしょう。

ディズニーシーの混み具合がすごい日は?混雑予想日の対処法3:朝の時間帯

ディズニーシーに入園するためにわざわざ2時間も前に来て並んでいる方もいますが、パークに一番乗りすることで得られるメリットは非常に大きいです。まず一つ目に、開園直後の1時間はどのアトラクションも混雑していないことが予想されます。特にゲートから遠いインディージョーンズやレイジングスピリッツは人が少ないのでおすすめです。

朝一番にパークに入ったらまず入口付近の人気混雑アトラクションである「タワーオブテラー」もしくは「トイストーリーマニア!」のファストパスを取り、急いでゲートから一番離れている「インディージョーンズ」や「レイジングスピリッツ」に向かいましょう。朝早いので大変ですが、ディズニーシーにおいては十分に早起きする価値があります。

ディズニーシーの混雑予想日は避けたい「混み具合」と「アトラクション休止」のジレンマ

26226041 248008115737742 2520493955565486080 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
b.maki2202

ディズニーシーは年中混雑しているのですが、その混み具合にはムラがあり混雑予想カレンダーや混み具合についての情報を賢く利用すればディズニーシーでも少ない待ち時間でアトラクションに乗ることができます。ディズニーシーの混み具合は学生の長期休み時期に合わせて決まってくるのですが、その時期を避ければ混雑を回避できます。

同じく注意しておきたいのがディズニーシーのアトラクション点検時期です。アトラクションの点検は一日では終わらずたいてい数十日の間該当アトラクションは休止状態となります。もちろん、ディズニーシー側も人気アトラクションを同時に何個も休止状態にすることはありませんが、当然人気アトラクションも点検が必要になります。

人気アトラクションの点検は、比較的ディズニーシーのパーク内が混雑していないと予想される時期に行われます。公式サイトでアトラクションの休止時期は確認することができますが、混雑時期を回避してディズニーシーに行こうと計画していくと必ずアトラクションの休止時期に当たってしまうというジレンマがあるのでこれも注意しておきましょう。

ディズニーシーの曜日別予想混み具合を知ろう

過去の混雑予想カレンダーを見れば混雑する曜日は一目瞭然です。まず、遠方の方は特に月曜日と金曜日を休日の土曜日と日曜日にくっつけて3連休にされる方が多いため、この2つについては比較的混雑していることが予想されます。逆に考えれば、火曜日から木曜日にかけては混み具合が比較的ましであるということが予想できます。

特に火曜日は過去の混雑予想カレンダーから見ても最も空いている曜日のようです。遠方から来る予定の方はなかなか平日の真ん中にまとまった休みを取ることが難しいかもしれませんが、せっかく遠くから来るからこそ、是非混雑を回避してより楽しく快適にディズニーシーでの一日を過ごして欲しいものです。

ディズニーシーの混み具合を予想して一日のプランを立てよう

過去の混雑状況をまとめた混雑予想カレンダーは、昔は2つくらいのサイトしかなかったのですが今はたくさんのサイトでまとめられているので混雑日を予想するのはそれほど難しくありません。過去の混雑予想カレンダーによると、朝の時間は比較的空いており昼から夕方にかけてが一番混雑しています。

過去の混雑予想カレンダーから予想される混雑事情を知れば、ディズニーシーでの混雑を回避するプランはおのずと出来上がってくるのではないでしょうか。まず、朝開園少なくとも1時間前に並ぶことは必須です。そして、3大混雑アトラクションのファストパスを入園直後に取りましょう。

その後は、一番遠くの人気アトラクションに行くかあるいは3大混雑アトラクションのどれか一つにそのまま並んでもよいでしょう。上手くいけば、夕方の時間帯の人が少なくなってきた頃にもう一度3大混雑アトラクションに乗れるかもしれません。なるべく朝の時間帯に混雑が予想されるアトラクションに乗っておきましょう。

そして、過去の混雑カレンダーで一番混雑が予想されるお昼過ぎの時間帯はお土産ものを見たり比較的空いているとされるアトラクションを廻るのが良いでしょう。このように、過去の混雑予想カレンダーを駆使すればとても効率よくディズニーシーを回ることができます。是非とも無計画にではなく、きちんとプランを立ててから行きましょう。

Thumbディズニーシーのアトラクションランキング!おすすめの回り方もチェック!
人気のテーマーパーク「東京ディズニーシー」。人気ランキング上位のアトラクションには絶対に乗り...

ディズニーシーの過去のデータを分析してより楽しい一日を!

ここまでで、ディズニーシーの混雑事情が大分わかっていただけたかと思います。このように、無計画でディズニーシーに行くことが怖くなってしまうほどに、ディズニーシーは心理戦が繰り広げられる場所なのです。是非とも過去のデータを利用して賢く効率的なディズニーシーのプランを立てて楽しい一日を過ごしましょう。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
kkkkks.

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ