栗駒山の紅葉は必見!高原が染まる見頃はいつ?アクセス情報も!

東北三県にまたがっている栗駒山は、秋に美しい紅葉の景色を見せてくれるスポットです。まさに日本一の紅葉の名に相応しく、数多くの観光客を魅了してきた歴史があります。今回はそんな栗駒山を満喫できるような方法をまとめていきます。

栗駒山の紅葉は必見!高原が染まる見頃はいつ?アクセス情報も!のイメージ

目次

  1. 1栗駒山に完全密着!
  2. 2紅葉美し栗駒山ってどんなところ?
  3. 3栗駒山に芽吹く高原の植物
  4. 4紅葉以外も!栗駒山の高原が魅せる見どころ
  5. 5栗駒山の美しい紅葉
  6. 6栗駒山にて紅葉の見頃をチェック
  7. 7登山家も見とれる栗駒山の紅葉
  8. 8栗駒山のおすすめ紅葉登山コース
  9. 9栗駒山の紅葉を見ながら贅沢ドライブ
  10. 10栗駒山の紅葉を一望できる温泉
  11. 11栗駒山の紅葉を見れる旅館
  12. 12紅葉が美しい栗駒山へのアクセス
  13. 13電車のアクセスも栗駒山の紅葉に最適
  14. 14栗駒山へ行く時の準備と基本情報
  15. 15紅葉の絶景を目前に楽しむなら栗駒山へ

栗駒山に完全密着!

日本一の紅葉として名高い栗駒山をご存知ですか。東北三県にまたがる存在感がある大きな山で、広々とした高原が特徴になっています。登山する人たちはもちろんのこと、観光客にも人気があるスポットです。今回はそんな栗駒山について、思いっきり楽しめる登山方法や紅葉の見頃、さらにドライブの醍醐味や詳しいアクセス情報などをご紹介します。

Thumb秋田『栗駒山荘』は紅葉狩りにおすすめの温泉!宿泊料金や日帰り湯の時間は?
栗駒山といえば、鳴子峡や奥入瀬渓谷に並ぶ東北の有名紅葉スポットです。紅葉狩りの後は温泉に入っ...

紅葉美し栗駒山ってどんなところ?

29095557 1843784015634417 2663367928157569024 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
pa_syu_06

栗駒山は、山一体が宮城県と秋田県、また岩手県の三県にまたがっている山です。標高は1626メートルと高めで、火山防災のため監視と観測というふたつの体制が必要不可欠な火山に選ばれている一面を持っています。なお栗駒山の山頂は宮城県と岩手県の境界になっていて、二百名山のひとつでもあり全国に名をとどろかせている有名なスポットです。

11242711 127739074225646 1012554683 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
yk0719

さらに栗駒山といえば、珍しい高山植物も有名です。地上では滅多に見られない高山植物が、高原にたくさん芽吹いている様子が伺えます。また栗駒山は日本一といわれる紅葉が、何といっても素晴らしい観光ポイントといえるでしょう。まさに絵画みたいな景色を登山やドライブをしながら満喫できます。SNS映えも期待できそうな美しい景勝地です。

栗駒山に芽吹く高原の植物

栗駒山に芽吹く高原の植物にはたくさんの種類があり、季節の移り変わりの中で見頃を迎えます。標高1400メートル近くまで落葉低木林という種類が高原に自生しているようです。主にミネザクラやミネカエデ、ミヤマナラ、アカミノイヌツゲのほかミヤマハンノキなどの木々が、ブナ林で見かけるハウチワカエデやマルバマンサクなども育っています。

また、栗駒山の花々にはシラタマノキやアカモノ、ガンコウランにイワヒゲ、コメバツガザクラやイワウメなどが見られます。春夏秋と滅多に見ることのできない高山植物が生きいきと育っていることから、紅葉の見頃だけでない時期も登山やドライブで景色を楽しむことができます。この栗駒山は亜高山帯に位置していますが落葉低木林が多いでしょう。

このように栗駒山の高原には150種類ほどの高山植物が見られることから、奥羽山脈の女王といわれることもあります。また花の百名山としても知られていて、日本屈指の山岳紅葉をはじめ山毛欅の原生林に魅力あふれる温泉、経験値関係なく登山を楽しめるコースもあるため、一年間を通して多くの観光客や登山家が訪れるまさに魅力的なスポットです。

紅葉以外も!栗駒山の高原が魅せる見どころ

栗駒山の高原には見どころがたくさんあります。岩手県側では須川岳と呼ばれている栗駒山ですが、山岳の中腹に広がっている須川高原で掘り起こされた名湯がモクモクと湯けむりを上げています。通年5月には山開きが行われます。早速春から初夏にかけてブナの新緑を鑑賞でき、夏は高山植物に秋は紅葉の見頃を迎えて、多くの観光客が訪れています。

14582368 1592050514436202 6408333729550303232 n
m.n.2001.4.20

栗駒山は宮城県で呼ばれている名称なんだそうです。一方秋田県では大日岳として親しまれています。東北三県で名称は異なるものの、とても愛されていることが伺えます。ここの魅力としては高原をはじめ火山特有の景観や峡谷、湖沼や湿原など様々な風景です。他にも鳥海山や月山、蔵王連峰に岩手山、早池峰などの東北の名峰を望むことができます。

栗駒山の美しい紅葉

栗駒山の秋の風物詩といえば、高原いっぱいに色づく紅葉です。「日本一の紅葉」と登山家からも名が通っているので、絶対に裏切らない絶景を目の前で楽しむことができます。5月に現れる残った雪の形が駒に似ていて栗駒山という名前の由来になったそうです。そこから秋になっていくと神の絨毯と表現されて、全て山が美しく紅葉の色に染まります。

14704987 198621963905339 2180351576722374656 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
aipoon0329

ブナの原生林などが自生する栗駒山ですが、広葉樹が集まって彩る紅葉の美しい景色や赤や黄色など彩りの良さは、一度見たら脳裏に焼き付くこと間違いなしの絶景です。さらに栗駒山は、本州で一番目に紅葉のシーズンが早いということでも知られています。またブナやミズナラ、カエデなどの落葉広葉樹林が高原にあり、新緑とのコラボも魅力的です。

高原に広がる栗駒山の紅葉は、登山家やドライブを楽しむ人たちをも唸らせる美しさを持っています。ふと足を止めて、観光気分で高原いっぱいの紅葉を眺めている人々も多いでしょう。また観光的な楽しみ方としては温泉に入浴したり、近くの登山口を散策したりなどがおすすめです。さらに鳴子峡に出向くと、鳴子温泉郷の湯めぐりなども楽しめます。

栗駒山にて紅葉の見頃をチェック

そんな栗駒山の紅葉が見頃になる時期は、大抵10月初旬から中旬までとなっているとのことです。しかしその年の気温や日照時間によって紅葉の色づきが左右され、見頃が前倒しになったり遅れたりする年もあります。ただ見頃を迎えるまでの栗駒山にある高原も美しく、少しずつ色づいていく紅葉のおかげで秋の訪れをひしひしと感じられるでしょう。

栗駒山の近くにある胆沢ダムから平泉観光では、紅葉を見ながら充実した一日を過ごせるでしょう。見頃を迎えた紅葉を間近で見られるという猊鼻渓の舟下りも、秋には大人気イベントとして多くの観光客が楽しんでいます。さらに須川温泉の栗駒山荘から見える景色は、見頃を迎えた栗駒山の紅葉を眺められ最適です。泉質もよくゆったりと温まれます。

こんなに美しい栗駒山の紅葉を見ようと、見頃を迎えた時期には多くの観光客が訪れます。早い場所で9月下旬から色づき、見頃を迎えると散策は賑やかな時間になることでしょう。なお登山口から繋がっている栗駒山の紅葉も楽しめます。紅葉が見頃になるときには、日照時間も短いことから回っていくコースの計画は慎重に行なう方がよさそうです。

登山家も見とれる栗駒山の紅葉

登山家も見とれてしまうほど美しい栗駒山の紅葉は、登山口から見られることも醍醐味です。主に宮城県側から6つ、岩手県から2つと秋田県から1つの豊富な登山コースがあり魅力的となっています。約1時間半と短い距離で登られる初級者向けコースから、ブナの原生林や山の上にある花畑を歩く標高差約1000メートルの上級者向けコースもあります。

12139814 1505887409722841 222457153 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
takayanagi_soda3

特に初心者におすすめで人気なのが東栗駒コースです。東栗駒コースは前半に沢登り、後半に稜線歩きを楽しむことができ、山登りの魅力を堪能できます。紅葉を堪能しながら、なだらかな稜線を歩いていくのは簡単で、山頂までおよそ2時間かかるとのことです。下山は中央コースがおすすめです。山頂まで最短で登山道が整備されていて安心でしょう。

栗駒山のおすすめ紅葉登山コース

12135474 1205009566191817 475859309 n
tk_kik

他にも栗駒山の登山コースは魅力的なものばかりです。なだらかな登山コースじゃ物足りないのなら、秋田県と岩手県側がおすすめでしょう。こちらはなだらかさが一変して火山活動の跡が色濃く残っています。また昭和湖などの火山地形が作りだした山旅も楽しめとのことです。往復30分ほどの展望岩頭に立つと須川側の火山地形やカルデラが望めます。

21981047 235593276969671 5000313415491649536 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
night_ym

栗駒山を縦走するコースであれば宮城県側にある赤い紅葉と岩手県側にある黄色の紅葉というような色づきの違いも感じられます。またどこに下山しても温泉地が近いことから、紅葉の山と温泉を楽しめることもポイントといえるでしょう。さらに春の新緑や夏に見られる高山植物など、季節とコースを変えると何回も楽しめるのが栗駒山登山の魅力です。

栗駒山の紅葉を見ながら贅沢ドライブ

栗駒山ではドライブで楽しめるコースもあります。遠方から訪れる観光客にも人気のドライブコースからは、紅葉も望めるでしょう。なおドライブで行けるエリアや、登山口から徒歩30分ほどのエリアあたりは、10月中旬から10月下旬ごろになって紅葉が色づき始めます。ドライブで紅葉を楽しむなら、見頃になる時期を見計らって遅めに行きましょう。

14714437 363611120640722 4479848071676559360 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
kopi_rw

秋真っ盛りな紅葉の栗駒山もいいですが、春の若葉が芽吹く時期や夏の高山植物を眺めるドライブもおすすめです。ドライブコースが違うと、その分栗駒山の新しい一面を望めるかもしれません。さらに山の天気は変わりやすいことが特徴です。晴れていたと思ったらあっという間に雲が出て雨が降ることもあります。でもドライブだと濡れずに安心です。

栗駒山の紅葉を一望できる温泉

栗駒山の登山を終えた人やドライブを楽しんだ後におすすめしたいのが、栗駒山近くにある温泉です。たった700円で入浴できる須川温泉は、登山や運転の疲れを癒してくれる効果を持っています。当然泉質も抜群です。優しく温かいお湯に緊張がほぐれることでしょう。さらに須川高原温泉は登山口の近くにあり、昔ながらの渋い雰囲気が漂っています。

栗駒山では名湯が湧き、本格的な温泉としてリラックスさせてくれるスポットでもあります。高原からの湯けむりは自然のパワーそのもので、温かい癒しパワーを与えてくれるでしょう。たくさんの温泉があるので、どこに入浴しようか迷って選ぶのも、栗駒山の楽しみのひとつです。なお閉山近くになると、栗駒山付近は寒くなり入浴客が多いでしょう。

栗駒山の紅葉を見れる旅館

栗駒山の南西麓にある標高700メートルの地には、紅葉も望むことができる一軒宿「三浦旅館」があります。 国道398号線沿いに「三浦旅館」の駐車場がありますが、車で向かえるのはここまでです。 駐車場から10分ほど山道を歩いたところにある秘湯が見えてきます。ここは電気が届かない「ランプの宿」として名高い湯浜温泉の「三浦旅館」です。

電気が届かないということは、テレビやスマホが使えないということです。一見不便に思える不思議な旅館ですが、夜にはランプの明かりが灯り足元を照らします。異国の地に来たような感覚になるかもしれませんが、旅館としてのおもてなしはきちんとなされているようです。ポカポカと温かい温泉や露天風呂、地元で採れた食材での料理は大人気です。

栗駒山の紅葉は、昼間に三浦旅館へアクセスする途中や旅館内の窓際、露天風呂に続く遊歩道から望められます。かなり近くで見ることができるのでおすすめです。また旅館周辺の散策もでき、ゆっくりと紅葉に囲まれた時間を過ごせます。また「民宿まぐさ森」は栗駒山中腹にある民宿で、手打ちそば体験が特徴的です。名物の蕎麦と岩魚丼も頂けます。

紅葉が美しい栗駒山へのアクセス

栗駒山へのアクセスは、一関インターチェンジから国道342号線を走っていくのが定番です。距離にして約46キロメートル、時間にして80分と長くかかります。もし車でお越しになる場合は、一関市内かくりこま高原駅の近くでガソリンを入れてきてください。かなり長い距離の運転になりますので、居眠りやわき見などに注意してアクセスしましょう。

栗駒山にアクセスする上で頭に入れておきたいことといえば、紅葉の見頃に多く発生する渋滞です。インターチェンジを降りてからも長距離であり、アクセスの途中でストレスがたまっていくかもしれません。栗駒山の紅葉を見るときには、アクセスに要する時間にゆとりを持って向かいましょう。アクセス途中に見える景色も栗駒山に負けない絶景です。

電車のアクセスも栗駒山の紅葉に最適

もし渋滞にはまりたくないなら、電車などの公共交通機関を使ったアクセスもおすすめです。例えば一ノ関駅から乗ると西口9番乗り場で乗車することになります。しばらく電車に揺られ須川高原温泉の玄関前で下車すると簡単にアクセスできるでしょう。ちなみに一ノ関駅から須川温泉までにかかる時間は約90分で、料金は1450円かかるとのことです。

27881016 1894074804237843 2346355073484849152 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
hijiki_ropeskipping

さらに紅葉シーズンのみ、予約制で栗駒山アクセスバスが運行されます。まず東北新幹線のくりこま高原駅を9時に出発すると、登山口のひとつであるいわかがみ平には10時10分に辿り着くでしょう。栗駒山を楽しんだ後は、いわかがみ平を15時10分に出たあとくりこま高原駅に16時30分に到着します。気になる料金は往復の利用で3500円かかります。

栗駒山へ行く時の準備と基本情報

栗駒山へ行くときに準備しておきたいものは、まず防寒対策ができる羽織りものや小物です。標高が高く、夏でも肌寒い環境になっています。風を通さない素材やニットなど、出来るだけ体温を奪われないような準備をしていきましょう。さらに水分補給できる水筒や飲み物、栗駒山の景色を収めるためのカメラなども必要不可欠です。以下基本情報です。

住所:岩手県一関市 厳美町祭畤山国有林内46林班ト
電話番号:0191-23-9337

Thumb一関の観光スポットランキングTOP7!人気の名所からおすすめの穴場まで!
一関市には自然豊かな観光名所があり、多くの観光客が訪れます。人気の名所や穴場スポットがあり、...

紅葉の絶景を目前に楽しむなら栗駒山へ

栗駒山では美しい紅葉を目前に眺めることができます。まさに全山紅葉で、一度見ると圧倒的な感動に包まれること間違いなしです。登山にも向いていて、栗駒山頂上に届くにつれて景色も変わっていきます。その景色が変わっていくことも魅力的です。ドライブや散策もおすすめでしょう。あなたに合った栗駒山の観光スタイルで満喫してみてください。

関連するキーワード

Original
この記事のライター
marina.n

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ