山形の方言の特徴や意味を紹介!語尾に「にゃー」が付く?観光で使おう!

山形の代表的な方言で、にゃーがあります。主に語尾につけて使います。かわいらしい感じがあり、心も和みます。そんな方言の数々が、山形県内にはあります。山形観光に出かける際に、ぜひ実践してみましょう。意味が分かりづらい方言もあるので、参考にしてみてください。

山形の方言の特徴や意味を紹介!語尾に「にゃー」が付く?観光で使おう!のイメージ

目次

  1. 1山形の方言には様々な特徴がある!
  2. 2山形県内には4つの方言がある
  3. 3山形の代表的な方言1:にゃー
  4. 4山形の代表的な方言2:んだ
  5. 5山形の代表的な方言3:かます
  6. 6山形の代表的な方言4:うるがす
  7. 7山形の代表的な方言5:あいべ
  8. 8山形の代表的な方言6:こわい
  9. 9山形の代表的な方言7:もっけ
  10. 10山形の代表的な方言8:じょさね
  11. 11山形の代表的な方言9:さだげね
  12. 12山形の代表的な方言10:やばち
  13. 13山形の代表的な方言11:かせる
  14. 14山形弁の魅力をたっぷりと紹介

山形の方言には様々な特徴がある!

東北地方の方言は総称して、東北弁と呼ばれますが、東北6県でもそれぞれに特徴があります。今回は、山形弁の特徴や意味について紹介します。観光の際に、注意深く聞いて、実践してみませんか。より一層山形県の魅力について触れることができます。山形弁でも、村山弁、新庄弁、置賜弁、庄内弁と、それぞれの地域で言い回しが違ってきます。

Thumb山形の駅ビル『エスパル』改装オープン!駐車場や営業時間は?お土産も!
山形県で人気の駅ビルである「エスパル山形」の詳しい情報や、おすすめの情報についてご紹介してい...

山形県内には4つの方言がある

村山弁

山形県村山市で使われる方言です。基本的に語尾に「す」を付けると、丁寧語になります。イントネーションの上下が少なないので、淡々としゃべる感じがあります。 電話をかけ相手に自分の名前を名乗るとき、「~でした」という表現があり、一部の女性は自分のことを「おれ」と言うなどの特徴があります。

新庄弁

山形県北部の新庄地方を中心とする場所で使われる方言です。「し」や「じ」が、「す」や「ず」と発音され、語尾に「じゅ」と付くところも特徴です。山形市などで話される村山弁と近いと言われています。相手に同意を求める場合には、語尾に「~にゃ」を付けて表現します。山形独特の表現です。

置賜弁

山形県南部の置賜地方で使われる方言です。置賜地方の中心都市の米沢市があることから米沢弁とも呼ばれます。村山弁よりも語調が丁寧なところも特徴てきです。わりと標準語に近い感じのアクセントになっています。置賜地方でも西置賜郡小国町では若干ニュアンスが違います。

庄内弁

山形県の日本海沿岸にある庄内地方で使われる方言です。 同じ庄内においても、酒田市と鶴岡市、海沿いと山間部と市街地など地域によって違いがあるところも、庄内弁の特徴です。「す」と「し」の区別が付きづらく、「筋子」を「すずご」と発音します。標準語にはない「んめ」や「んだ」という、「ん」から始まる言葉があります。

山形の代表的な方言1:にゃー

「にゃー」という猫の鳴き声のような言葉は、山形弁として知られます。ですが、すべての地域で使われるわけではなく、主に新庄市で使われる新庄弁です。相手に同意を求める意味があり、語尾に「にゃー」を付けます。にゃーと付けると、可愛らしい感じがあります。

「にゃー」の方言は、新庄弁の一番の特徴と言えます。大勢で会話をしていると、あちこちで「にゃー」という言葉が聞こえてきて、面白い感じがあります。子供からご年配の方まで、老若男女問わず使われる方言です。可愛らしいということから、全国的にも有名な方言の一つです。

山形の代表的な方言2:んだ

「んだ」は、山形県をはじめ、東北全域で使用されてる方言です。山形県の場合、それぞれの地域によって言い回しが違ってくるというところにも特徴があります。基本的には、そうだという意味で、語尾に付く方言です。同調したり、相づちを打つ時にも使われます。
 

村山弁では「んだず」や「んだべした」などの表現をし、新庄弁だと「んだにゃー」という感じに、置賜弁では「んだごで」、庄内弁では「んだのー」という使い方になります。「んだ、んだ」と連呼する場合は、「んだ」の強調表現となり、「そう、そう」といった感じで使います。

山形の代表的な方言3:かます

「かます」は、標準語でいうと「かきまぜる」という意味があります。例としては、「コーヒーさミルク入れだらかますべ」という感じで使われます。料理を作っていて材料をかき混ぜて欲しい場合などに、「かまして」ということが多いので、意味が分からないと戸惑います。

かき混ぜるという動作は、日常的にも数多く行われるので、「かます」という方言は山形県においても日常的に使われます。お料理の時だけ使う方言ではなく、かき混ぜるという動作にすべて共通して使うことができます。「お風呂のお湯をかましておいて」という使い方もします。

山形の代表的な方言4:うるがす

「うるがす」は、標準語で言うと「水に浸す」という意味になります。山形弁の「うるがす」は、使い方も限定されており、違ったニュアンスもあります。例えば、食器洗い用の桶の中に食器を置くだけではうるがすとは言いません。桶に水を張って食器に水がしっかりと浸かっている状態にする必要があります。そんな、山形のこだわりがある方言です。

お米をといで何時間かうるがすとか、乾燥豆を前日にうるがしておかないとという感じで使います。お風呂に浸かり、指がふやけてシワシワになるような時は、「指がうるげだはぁ」といいます。標準語を聞きなれた感じの人からすると、使い方が難しい山形の方言の一つという感じがあります。

山形の代表的な方言5:あいべ

「あいべ」は、山形では、目上の人が何処かへ行く際に、相手に対して命令口調で言う場合に使いわれます。「行こう」と「行くぞ」の中間ぐらいの位置づけの表現です。この方言は、あまり若い年代の人は使わず、主にご年配の方が使うことが多い方言です。強い口調のため、あまり使うことの少ない方言と言えます。

使い方としては、「おめも一緒に飲みさあいべ」という感じで使い、おまえも一緒に飲みに行こうという意味になります。同様の表現として、「あいばせ」や「あいばんしょ」という言葉もあり、行きましょうという感じに柔らかな表現となります。どちらかというと、こちらの表現のほうが、使いやすさが感じられます。

山形の代表的な方言6:こわい

山形で「こわい」という方言は、疲れたとか、具合が悪くなった場合に使います。ただ単に疲れたのではなく、酷く疲れたり、ひどく具合が悪くなったりした時に使います。ご年配の方が良く使う方言です。「ちょっと歩いだだげで足がこわくてよ」という感じに使う方言です。

似た感じの表現で、「くたびっちゃ」という方言もあります。身体の部位の疲れは、「こわい」を使い、全体的な疲労感は「くたびっちゃ」を使うという感じになります。一般的には「こわい」というと、山形以外の方ですと「怖い」を連想される方がほとんどですが、全く違った意味があります。

山形の代表的な方言7:もっけ

もっけは、山形県の庄内地区特有の方言となります。有り難いとか申し訳ないなどの意味があります。庄内地域では、「もっけだ」や「もっけだのう」という言い方をします。感謝の気持ちを表現する方言の一つになります。あまり聞きなれない言葉なので、儲けたと勘違いされることもあるようです。

語源は、「もっけの幸い」 の 「もっけ」 でから来ています。庄内地区の人は、「あいや、もっけだちゃ、もっけだちゃ、ありがどのぉ」という感じに、もっけの後にありがとうを付けることもあり、重ね重ね感謝をするといった律義な方もたくさんいます。 山形の暖かみが感じられる方言です。

山形の代表的な方言8:じょさね

「じょさね」という方言は、すぐにできる、簡単だという感じの意味があります。語源は「造作ない」から来ており、「ぞさね」と言う地域もあります。東北地方では広い範囲で話されている方言になります。簡単の言うことだけではなく、心配しなくてもいいという思いやりのある表現法でもあります。山形県時のの人柄を示す方言ともいえます。

「あの人なら大学にも、じょーさあなく入るべよ」という感じで使います。意味は、あの人なら大学にも簡単に入れるだろうという感じです。「じょさねーさけ」は心配しなくてもいいよという意味になります。また、心配している人に対して、「じょさねよー」と言ってあげると、心配しなくてもいいよという意味合いになります。

山形の代表的な方言9:さだげね

山形県新庄市で使われる方言で、恥ずかしいことを「さだげね」と言います。情けないとか、みっともないという意味あいがあります。また、山形県に限らず秋田県でも通用する方言になります。関東地方などでは、聞きなれない、あまりなじみのない方言と言えるのではないでしょうか。

「さだねげ恰好だな」のような感じで表現します。みっともない格好だなというような意味で、人から指摘されると恥ずかしい感じがあります。山形県の中でも新庄市で使われている方言ですが、観光で山形に出かけた場合でも、街中であまり聞く機会の少ない方言ともいえます。

山形の代表的な方言10:やばち

山形県で、水滴などがかかった時に使う形容詞的な方言です。 濡れたくないのに濡れてしまったというような表現になります。冷たい、少し汚い水が肌に触れたという感じの意味合いがあります。あまりにも冷たい水に触れて時は、「やばち」ではなく、「ひゃっこ」という表現に変わります。

車に水をはねられた時や、屋根からの雨水がかかった時などに使い、「やばちっ」という風に思わず声が出てしまう状態をいいます。標準語では、小さな子供が使う「ばっちい」に似た感覚のある方言と言えます。言葉の意味を聞けば、どことなく理解ができますが、この方言だけを聞いた場合は、山形以外の人は理解が難しい感じがあります。

山形の代表的な方言11:かせる

食べさせるという意味がある方言です。山形独特の言い回しという感じがある方言です。標準語を聞きなれている人ですと、一度聞いただけではわかりづらい感じがあります。「かせる」以外にも、「かへる」という言い方をすることもあります。方言の意味自体は変わりません。

かせるの使用例としたて、「ワラシさままかせる」や「牛さ餌かせどいでけろ」という感じに使います。それぞれの意味は、「子供にご飯を食べさせる」や「牛に餌を与える」という感じの意味になります。また、「稲作だけではかせられない」というような使い方もします。綺麗な水が触れたときにはあまり使うことがないというところも特徴です。

山形弁の魅力をたっぷりと紹介

今回は、山形弁について特徴や方言の意味を中心に、紹介しました。にゃーをはじめとした、語尾に付ける可愛い方言もあり、おしゃれな感じがある所も山形弁の特徴の一つです。日常的に使う方言を中心に紹介してきましたので、山形観光や出張などの場面の参考にしてみてください。

関連記事

Original
この記事のライター
Rey_goal

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ