アクアトピアの待ち時間や開催期間は?びしょ濡れコースの対策もチェック!

ディズニーシーにはアクアトピアという夏の時期に人気になり始めるアトラクションがあります。水上の上を進んで行く人気のアトラクションなので、夏にぴったりです。今回は夏に人気のアクアトピアの混雑回避について見ていきたいと思います。

アクアトピアの待ち時間や開催期間は?びしょ濡れコースの対策もチェック!のイメージ

目次

  1. 1アクアトピアの待ち時間が気になる
  2. 2アクアトピアとは?
  3. 3アクアトピアはレールのないコースをめぐる
  4. 4アクアトピアは夜もおすすめ
  5. 5アクアトピアの待ち時間は?
  6. 6アクアトピアの平日の待ち時間は?
  7. 7アクアトピアの休日の待ち時間は?
  8. 8アクアトピアの待ち時間は天候に左右される?
  9. 9ディズニーシーのアクアトピアの夏の待ち時間は?
  10. 10アクアトピアは赤ちゃんは乗れる?
  11. 11アクアトピアはびしょ濡れになる?
  12. 12アクアトピアのびしょ濡れコースはどれくらい濡れる?
  13. 13アクアトピアびしょ濡れ対策は?
  14. 14アクアトピアに乗るときにおすすめの服装は?
  15. 15アクアトピアで落としものは厳禁
  16. 16アクアトピアの場所は?
  17. 17アクアトピアの所要時間は?
  18. 18アクアトピアの開催期間は?
  19. 19アクアトピアの混雑を回避する方法は?
  20. 20アクアトピアは酔わないように注意が必要!
  21. 21アクアトピアには隠れミッキーもいる
  22. 22夏の時期はアクアトピアに行こう

アクアトピアの待ち時間が気になる

ディズニーシーにはアクアトピアという人気のアトラクションがあり、常に混雑が予想されると言われている人気のアトラクションです。しかし日によっては混雑していないので、うまく混雑回避すればアクアトピアに簡単に乗れるかもしれません。今回はこのアクアトピアの混雑回避の方法について見ていきます。

アクアトピアとは?

29402345 550912695291831 4469518619495104512 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
ta.ma.ko12

アクアトピアとはディズニーシーのポートディスカバリーにある人気のアトラクションです。夏に人気のアトラクションなので、びしょ濡れになるという、ちょっと変わったアトラクションとしても話題になっています。迷路のようなコースが設置されており、予測不可能な動きをして観客を楽しませてくれます。

アトラクションはヴィークルというゴンドラに乗って、水が張られた池の上を走っていきます。プーさんのハニーハントを知っている人なら馴染み深いかもしれません。特殊なコンピューター制御によって、レールのない道を、思わぬ方向に道を変えたりして進んでいきます。コースは二つに分かれており、夏の期間は特に濡れやすいコースに進みます。

アクアトピアは夏の期間に人気のアトラクションですが、夜も人気です。暗くて見えないのではないかと思いますが、青や紫のライトが照らされて、幻想的で綺麗な雰囲気になるのです。このライトアップを見たいために、写真を撮りに来ている人がいます。昼間とは違った雰囲気を楽しむことができるので、夜もおすすめです。

Thumbカップルで行くディズニーシーデートおすすめプラン!写真スポットやグッズも!
ディズニーシーはカップルのデートにおすすめで、大人のカップルでも楽しんでいただけるデートスポ...

アクアトピアはレールのないコースをめぐる

29415360 2397481373611010 2124309937206067200 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
haruka4001

アクアトピアは実は水上を行くアトラクションですが、目視で確認できないように、本当にコースがないアトラクションなのです。普通はレールなどの上にヴィークルが乗っているものですが、このアクアトピアにはレールのコースがありません。特殊な技術を使っているんです。

29716375 303552340172919 1604682661769510912 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
tdr_yakun

ファクトリーオートメーションという特殊な技術を使ってヴィークルを動かしています。コンピューターでヴィークルの進路を管理しているんです。水上にコースが見えないと思ったのは、実はこうした高度な技術を使っていたからなんです。ディズニーシーの素晴らしい技術も見れて楽しいです。

アクアトピアは夜もおすすめ

アクアトピアは夜も綺麗なので、夜も人気です。夜は比較的空いているので、アトラクションの待ち時間が少なくて済みます。デートに訪れたカップルがたくさんいるので、カップル向きの雰囲気もあります。カップルでデートするのもいいでしょう。夏の期間よりも比較的混雑していないので、簡単に入ることもできそうです。

28753429 2063629077193850 4866834546420613120 n
minsta__ekidenlove

アクアトピアの夜は幻想的な雰囲気に包まれているので、写真を撮影するのに最適なスポットになっています。美しい景色に包まれているので、ぜひ一眼レフなどの明暗のはっきりとした写真を撮ることができるカメラを持って行くといいでしょう。ディズニーシーは夜からも楽しいので、ぜひ夜に足を運んでみるといいでしょう。

アクアトピアの待ち時間は?

29404164 168577673863176 5113690519062446080 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
satomd24

アクアトピアの待ち時間はディズニーシーが混雑する期間によっても違います。毎年同じような時期に混雑するので、アクアトピアの待ち時間はある程度を予測することができるでしょう。ディズニーランドやディズニーシーは3月や8月が混雑するので、3月と8月はだいたい待ち時間が長くなると予想されます。

29716792 160981174591469 6362501549419134976 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
dyne0827

今までのデータよると、アクアトピアは夏の期間のイベントが盛んなので、夏の期間に混雑が予想されています。暖かくなり始める4月の春頃に一時アクアトピアが混雑し始め、5月6月7月あたりは少しだけ落ち着きます。しかし8月に待ち時間がまた増え始め、混雑が予想されます。他のアトラクションも同じですが、9月と10月は少し落ち着きます。

29094772 426115521158846 5004214560056410112 n
c.mickey_777

11月に最も一年のうちでアクアトピアが混雑し始めます。11月は1年のうちで最も平均待ち時間が長い期間でもあるので注意が必要です。以前は際立って11月だけが混雑していたわけではありませんが、ディズニーシーが本格的に若者に人気を集め始めてからは、11月が最も一年のうちで待ち時間が長い期間になっています。

Thumbディズニーシーの乗り物の待ち時間はコレで完璧!人気アトラクション攻略法!
ディズニーシーに行ったなら、平均的な待ち時間予想が少ない時に、効率よく人気アトラクションや乗...

アクアトピアの平日の待ち時間は?

29404185 1833205240044419 8903785169626857472 n
momo_peach_grm

夏の期間に大人気のアトラクションであるディズニーシーのアクアトピアは、平日はどれくらいの待ち時間になるのでしょうか。やはりこちらも期間によって変わってくるようです。平日の待ち時間も11月が最も混雑するようです。待ち時間はだいたい30分を超えるでしょう。他の日の平日、例えば混雑していない6月などの期間ならどうでしょうか。

29095073 2018823485044173 4785344959387533312 n
natsuki1116.disney

あまり混雑しない5月6月あたりの待ち時間は最短で5分6分くらいで、最長で15分ぐらいになっています。あくまでデータなので日によっても違いますが、混んでいない期間はだいたい10分くらいあればアクアトピアに乗ることができるのではないでしょうか。しかしゴールデンウィークなどはもちろん別です。休日の混雑も見ていきます。

アクアトピアの休日の待ち時間は?

29414797 350085655481174 737136904775925760 n
yuyu.2015

ディズニーランドは1年のうち混雑している時がある程度決まっていますが、大型の連休など休日はまた別の話です。ディズニーシーではゴールデンウィークなどとても混雑することで有名です。5月6月は比較的混雑しない期間ですが、ゴールデンウィークの直前の平日なども注意しておく方がいいでしょう。

29092611 2068463223420644 3248446382016561152 n
___kanongram

休日の待ち時間は15分から25分ぐらいの待ち時間があることが予想されます。15分から20分以上待つことを考えておくといいでしょう。ゴールデンウィークなどの大型の連休が続いている期間は、11月と同じくらいの待ち時間があるかもしれないので注意が必要です。イベントなどがあるときは11月の待ち時間を参考にしておくと良いでしょう。

アクアトピアの待ち時間は天候に左右される?

29737782 183897465568729 5172625626506461184 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
kouji0831

アクアトピアは屋外にあるアトラクションなどで天候に左右されやすいです。ディズニーシーは基本的に外にあるアトラクションは、天候に左右されやすく、雨などが降ると待ち時間が少なくなったり、混雑が和らぎます。雨のような日にちはあらかじめ混雑を予想しておくといいでしょう。

29416820 228735654352690 5123904054371549184 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
naoppi0903

アクアトピアは水を使ったアトラクションなので多少雨が降っていても営業が中止したりしませんが、あまりにも激しい雨が降ると営業停止になったりします。アクアトピアで乗るウォータービークルは雨に濡れてもいいような乗り物なので、多少の雨が降っても営業しているということを覚えておきましょう。

29092782 950615448446116 1654046099586940928 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
__meteorrink

雨が降り始めると屋外のアトラクションは待ち時間が少なくなるので、レインコートなどを用意しておいた人は、比較的楽に混雑を回避することができるかもしれません。どうしてもアクアトピアに確実に乗りたい場合は、あえて雨が降りそうな時に並んで見るのがいいかもしれません。夏などはどうせ濡れるので気持ちがいいかもしれません。

ディズニーシーのアクアトピアの夏の待ち時間は?

29095958 236437790255473 6289421379502604288 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
kissx77455

夏休みは最も混雑する期間です。しかし先ほどもご紹介しましたが、夏の期間でも混雑していない時期は多少あります。夏休みが本格的に始まる前の6月や7月などは、比較的待ち時間が短いです。学生さんたちは先に夏休みになっていますが、社会人の人などはまだ夏休みになっていないので、比較的この夏の期間は待ち時間が少なくて済みそうです。

29414480 178230886310846 8602405205637595136 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
naoppi0903

夏に本格的にアクアトピアの待ち時間が長くなるのは8月を超えたあたりからでしょう。8月と9月あたりは混雑し、10月に一回落ち着いて11月にまた混雑し始めます。やはり夏の期間は涼みにディズニーシーのアクアトピアに乗りたいお客さんがたくさんいるので、夏休みの期間は待ち時間は注意しておくと良いでしょう。

アクアトピアは赤ちゃんは乗れる?

29093045 1796614567067403 6428379724900204544 n
hinako_0624

ディズニーシーのディズニーランドのアトラクションは、年齢制限があるものが多いです。アクアトピアは年齢制限があるかどうか、こちらも確認しておきましょう。基本的にはどの年齢の子供でも乗ることができます。しかし7歳未満の子供は16歳以上の大人が同乗する必要があります。

29094916 544850385898199 7792858498030632960 n
usj.momen_happiness

赤ちゃんも基本的には乗ることができます。赤ちゃんも基本的には乗ることができますが、もちろん親が同伴で乗る必要があります。また身長制限などはありません。妊娠の人なども乗ることができるようになっているので、そこまで激しいアトラクションではありません。しかし夏などは気分が悪くなったら乗るのを控えるようにしましょう。

アクアトピアはびしょ濡れになる?

29089006 687683028258469 5943887128780865536 n
nobu.duffy.20010904

アクアトピアは夏に大人気のアトラクションで、ディズニーシーらしい海をモチーフにした人気のアトラクションです。なので、ゴンドラに乗っている時にびしょ濡れになったりする恐れがあります。夏は特にびしょ濡れバージョンのアクアトピアが開催されます。7月から9月はびしょ濡れコースの運営が開始され、いつも以上に濡れます。

29095918 159155431464109 6023721796195319808 n
reina_m_t_s_k

びしょ濡れを避けたい人は7月から9月の間は避けた方がいいかもしれません。通常コースをそこまでびしょ濡れになりませんが、夏の間のびしょ濡れコースは思った以上にびしょ濡れになるので注意が必要です。荷物などはうまく隠しておくのがおすすめです。アトラクションを降りる時、滑らないようにビニールサンダルなどは気をつけた方がいいかもしれません。

アクアトピアのびしょ濡れコースはどれくらい濡れる?

29416341 199700854136190 6929973965964181504 n
reipopo.urara

アクアトピアのびしょ濡れコースは一体どれくらい濡れるのでしょうか。びしょ濡れコースと言っていますが、本当に道が分かれてびしょ濡れになりやすいコースに案内されます。アクアトピアに乗るときにはすでに座席が濡れているので、がっつりとびしょ濡れになります。

29096131 594146117602010 1504764658559483904 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
yuuka_9014

座席も濡れているので、気になる人はタオルなどを持って行くのがおすすめです。びしょ濡れコースはシャワーを浴びたようにびしょ濡れになると言われています。なので本当にびしょ濡れコースはびしょ濡れになってしまうので注意が必要です。電子機器は特に注意が必要です。

アクアトピアびしょ濡れ対策は?

29404123 121816465258026 2288145729614512128 n
miyu.0509_ryoske

アクアトピアはびしょ濡れになる可能性があるので、ある程度びしょ濡れ対策をしておいた方がいいでしょう。荷物などを持っている場合、夏などのびしょ濡れバージョンの時は特にびしょ濡れになってしまって、荷物が汚れてしまう可能性もなくはありません。荷物などは安全バーの下にうまく隠しておくと良いでしょう。

29088452 919597314887822 9180771085174439936 n
a.tsk_h

携帯電話などを持っている場合は、荷物の中にちゃんとしまっておくか、ビニール袋などに入れておくと良いでしょう。アトラクションに乗っている時に荷物を出してしまって、池に落としてしまうなんて失態をしないように、アトラクションに乗っている間は荷物から物を出さないようにしましょう。

29087469 178025212827868 7228738264805408768 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
happiness_deeki

びしょ濡れになる可能性があるのでレインコートを着ながら乗っている人もいます。ディズニーシーではびしょ濡れになるイベントなどがあるので、意外とレインコートや濡れてもいい格好をしてきている人がたくさんいます。びしょ濡れ対策のためにレインコートを持っていくのもいいでしょう。

アクアトピアに乗るときにおすすめの服装は?

29402529 189002238265867 1882957857779875840 n
di_n18

アクアトピアはびしょ濡れになる可能性があるので、ある程度服装を考えておくと良いでしょう。濡れてもいい格好をして行くのがベストですが、カップルでデートなどの場合はなかなか濡れてもいい格好というわけにはいきません。靴だけでも濡れても大丈夫なようにサンダルにしたいところですが、サンダルは少し危険かもしれません。

ディズニーシーを歩く距離がとっても長いので、サンダルなどを履いて行くと、とても大変です。なるべくスニーカーなどの底が厚い靴を履いて行くのがおすすめです。ハイヒールなどを履いて行くとハイヒールが壊れてしまったりするので、なるべく歩きやすい格好していくのがおすすめです。アクアトピアもなるべくスニーカーがおすすめです。

スニーカーならそれほど濡れないでしょう。アクアトピアでは濡れない格好をするのがいいですが、濡れてもいい格好をしづらいなら、レインコートなどを持っておくのがいいです。レインコートならおしゃれなのがいっぱいあるし、みんな着ているので安心です。おしゃれなレインコートを持っていくといいでしょう。

アクアトピアで落としものは厳禁

アクアトピアは意外とポケットに入れていた荷物が落ちてしまって、紛失してしまうということもなくはありません。なるべく荷物はしっかりと鞄の中に入れておくようにしましょう。携帯電話を落として機械などに触ってしまったら、アトラクションが停止してしまう可能性もあるかもしれません。落し物は厳禁です。

もしもディズニーシーで落し物をしてしまったら、いったいどこにいけばいいのかも確認しておきましょう。基本的にアクアトピアに落としたものは取り出すのが大変になりそうですが、アクアトピアの周辺で落とした場合は落し物センターに届けられています。落し物センターの場所も確認しておきましょう。

ディズニーシーにはゲストリレーションというのがエントランスにあるので、こちらで落し物を見つけてもらったり、届けてもらったりします。入場の後に落としたことに気がついた場合は、ディズニーシーインフォメーションというところにお問い合わせしてもらう感じになります。園内で落としたのならそちらに問い合わせるといいでしょう。

Thumbディズニーシーのトイレで混雑しない穴場は?オムツ替えできる場所も!
ディズニーシーの混雑時に心配になるのはなんといってもトイレです。そこで今回は、ディズニーシー...

アクアトピアの場所は?

29089846 1622609961163595 8263600889495814144 n
kakinuma_

続いてディズニーシーのアクアトピアの場所についても確認しておきましょう。場所はポートディスカバリーにあります。2017年にオープンしたばかりのニモ&フレンズシーライダーの近くにあります。ニモはとっても人気のアトラクションになっているので、最近は比較的アクアトピアも乗りやすそうな気がしますが、やはり人気は健在です。

29400834 176179303104350 290317936415997952 n
midori__1007

奥まったところにあるので見つけるのが簡単です。アメリカンウォーターフロントなどからエレクトリックレールウェイが出ているので、エレクトリックレールウェイに乗って移動するのがおすすめです。ディズニーシーはとても広いので、全てのアトラクションを歩いて行くとものすごく足が疲れます。

アクアトピアの所要時間は?

29401013 2198430400413264 908487227800027136 n
ryooota_01

気になるアクアトピアの所要時間ですが、公式によると所要時間は2分30秒ほどです。比較的短いアトラクションなのでサクッと乗ることができるでしょう。回転率が早いので、他のアトラクションよりも比較的待ち時間が短くて済みそうです。早く乗りたい人がアクアトピアなどの所要時間の短いアトラクションを選ぶのもおすすめです。

アクアトピアの開催期間は?

29401901 2107612019468368 7786235005625171968 n
__rtk.03

アクアトピアの開催期間を見ていきたいと思います。夏に人気のアトラクションですが、基本的には一年中開催しているアトラクションです。しかし夏はイベントを行っているので、夏の時期が人気です。期間は基本的に1年間で、混雑するのは夏の時期。乗りたいのも夏なので、夏の時期の乗り物と言えるでしょう。

アクアトピアの混雑を回避する方法は?

29094144 2024768531073924 719485276384133120 n
matsu_ebc

ディズニーシーのアクアトピアの混雑状況をみて行きましたが、混雑を回避する方法も知っておきたいです。年間の待ち時間の平均を見て行ったので、比較的待ち時間はどれくらいになるのかわかったのではないでしょうか。しかしまだまだ方法もあります。おすすめ開演時間一時間後を避け、18時以降がおすすめです。

28753981 1411531615619600 8119045956898390016 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
peninsula0223

開園後すぐはアメリカンウォーターフロントなど、ディズニーシーのアトラクションがかなり混雑する時間帯です。開園から大体2時間ぐらいは見ておくと良いのではないでしょうか。開園から2時間後はアメリカンウォーターフロントの方に向かって歩き始めるお客さんがたくさんいるので、そちらを上手く回避する必要があります。

28765394 2138315339788310 8608191931039612928 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
disny_inc

それから18時以降も混雑しにくい時間帯です。18時以降は基本的に東京ディズニーシーのアトラクションの待ち時間が短くなるので、18時以降にアトラクションを乗るのもおすすめです。しかし明るいうちに楽しいアクアトピアなので、やはり混雑を回避するには開園してから1時間以内に訪れるのがおすすめです。

アクアトピアは酔わないように注意が必要!

ディズニーシーの絶叫系のアトラクションは基本的に酔いにくいものが多い気がしますが、体調の悪い状態でディズニーシーに来てしまおうと酔ってしまうこともあります。予測不可能な行動をするゴンドラに乗っていると、小さな子供などは酔ってしまうこともあるでしょう。そうした時は酔い止めを持っていくのがベストです。

酔い止めを持っていけば帰りの新幹線などにも使うことができます。帰りに二回も使うのはいけませんが、使用回数を守って正しく使えば大丈夫でしょう。濡れてもいい格好を用意していくのと同じくらい、酔い止めの薬も持っていくのがおすすめです。酔わないための対策もアクアトピアには必要になりそうです。

ディズニーシーはディズニーランドのスターツアーズのように、乗り物酔いしてしまうものがいくつかあります。インディジョーンズやタワーオブテラーなどは比較的酔いやすいアトラクションと言えるのではないでしょうか。アトラクションはこれらのアトラクションに比べるとそこまで酔わないアトラクションなので、強い人は大丈夫そうです。

アクアトピアには隠れミッキーもいる

ディズニーランドやディズニーリゾート、そしてこの東京ディズニーシーでも隠れミッキーが存在することで有名です。もちろんアクアトピアにも隠れミッキーがいることで有名です。アクアトピアに来たら是非隠れミッキーを見つけてみましょう。岩場やポスターなどに隠れミッキーがいるという噂があります。

夏の時期はアクアトピアに行こう

いかがでしたか?ディズニーシーにはアクアトピアというか人気のアトラクションがありました。夏は涼しいアトラクションが人気になるので、アクアトピアのようなびしょ濡れになる可能性のあるアトラクションが人気になります。今回紹介した混雑回避の方法を参考にlして、ぜひアクアトピアに挑戦してみてください。

関連記事

Original
この記事のライター
tabito

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ