蔵王エコーラインは雪の壁と紅葉が魅力!料金や開通時期はいつ?

雪の壁と紅葉など、四季折々の景色が楽しめる『蔵王エコーライン』をご紹介します。冬期は雪のため閉鎖されてしまいますが、開通している時期にはさまざまな景色をながめる事ができます。蔵王エコーラインの料金や開通時期などをご紹介していきます。

蔵王エコーラインは雪の壁と紅葉が魅力!料金や開通時期はいつ?のイメージ

目次

  1. 1雪の壁と紅葉が魅力!蔵王エコーラインをご紹介
  2. 2蔵王エコーラインとは?
  3. 3蔵王エコーラインの料金
  4. 4蔵王エコーラインの開通時期と開通式
  5. 5蔵王エコーラインの注意点
  6. 6蔵王エコーラインの紅葉
  7. 7蔵王エコーラインの雪の壁
  8. 8蔵王エコーラインの宮城県側の見どころ
  9. 9蔵王エコーラインの山形県側の見どころ
  10. 10雪の壁と紅葉を堪能!蔵王エコーラインに行こう

雪の壁と紅葉が魅力!蔵王エコーラインをご紹介

宮城県と山形県をまたぐ『蔵王エコーライン』は、雪の壁や夏の新緑、紅葉など四季折々の景色が楽しめる人気のドライブルートです。蔵王エコーラインの料金や冬期の閉鎖期間、開通日や周辺の見どころなどをご紹介していきますので、蔵王エコーラインでドライブなどを楽しむ際に参考にしてください。

Thumb山形・蔵王温泉おすすめランキング!人気の旅館・ホテル・民宿を網羅!
蔵王といえば山形県と宮城県にかかっていますが、蔵王温泉といえば山形県です。その蔵王温泉には、...

蔵王エコーラインとは?

22638852 1956059384616727 3209125256342011904 n
syu_wilier.triestina

宮城県と山形県を通る『宮城県道・山形県道12号白石上山線』のうち、宮城県蔵王町倉石岳と山形県上山市永野までの26kmほどの区間を『蔵王エコーライン』と呼んでいます。蔵王エコーラインは豪雪地帯にあるため冬期は閉鎖となります。また、閉鎖前や開通後には夜間のみ閉鎖される期間もあります。

22499949 1962996407305637 3396739671328292864 n
k.suzzy

蔵王エコーラインの冬季閉鎖前には、紅葉を楽しむ事ができます。また、蔵王エコーラインの開通後はしばらくの間、雪の壁をながめながらのドライブが楽しめます。夏の新緑など四季折々の景色が堪能でき、周辺には観光スポットもそろっているので、蔵王エコーラインはドライブルートとしても人気のある道路となっています。

蔵王エコーラインの料金

蔵王エコーラインは無料です

蔵王エコーラインは1962年から1985年までは有料道路でしたが、1985年7月15日に無料で開放され、現在も無料で利用する事ができます。ただし、蔵王エコーラインから蔵王のお釜へと向かう『蔵王ハイライン』は有料となっているので、車などでお釜へ向かう時には料金にお気を付けください。

蔵王ハイラインの料金

22280651 1747080822260111 1415773808064724992 n
ab87

無料で利用できる蔵王エコーラインから、お釜へ向かう時に通る約2.5kmの『蔵王ハイライン』の料金は、二輪自動車380円、軽・小型・普通自動車は540円、マイクロバス1340円となっています。蔵王ハイラインも、例年、11月初旬から翌年の4月下旬まで冬期通行止めになる期間があるので、利用する際にはお気を付けください。

蔵王エコーラインの開通時期と開通式

蔵王エコーラインの閉鎖期間と開通日

29403916 158385231462109 5343962321599332352 n
nukitadaisuke

蔵王エコーラインは例年、11月上旬から翌年の4月下旬まで閉鎖され、開通日は4月上旬ころに決定されます。2017シーズンは、2017年11月2日から閉鎖され、2018年4月27日に開通式がおこなわれる予定となっています。開通式がおこなわれる日は午前11時ころから一般車の通行が開始されますが、荒天などにより通行できない場合もあります。

蔵王エコーラインの夜間閉鎖

22280750 136296677010106 4479524553264988160 n
k.suzzy

蔵王エコーラインでは、閉鎖前と開通後に夜間閉鎖となる期間があるので、お気を付けください。10月下旬から閉鎖される11月上旬までと、開通後から5月上旬までは、午後5時から翌朝8時まで通行止めとなります。また、降雪や路面凍結などにより、開通後に再度、通行止めになったり、閉鎖前に通行止めになる場合もあります。

蔵王エコーラインの注意点

22278178 365429520560519 7291381350660046848 n
masayon3233

蔵王エコーラインは、火山活動をしている蔵王山の近くを通るため、噴火警報が発令されて入山規制などになった場合、通行止めとなる場合があります。訪問前に確認しましょう。また、蔵王エコーラインが開通する日や閉鎖する日はその年によって違い、開通後に荒天などで再度通行止めになる場合もあるので、お気を付けください。

21980432 1858163941164530 1559280382094868480 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
humming_tiger10

蔵王エコーラインは山間部にあるため天気が変わりやすく、雨量が規定を超えると通行止めになる場合もあるのでご注意ください。紅葉や雪の壁などを見に行く際には、急な降雪にも対処できるようにタイヤチェーンなどを持参しましょう。カーブやアップダウンなどもあるので、気を付けて運転して、景色とともにドライブを楽しみましょう。

蔵王エコーラインの紅葉

22637233 1548122978601667 7581286076862431232 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
maru__photo

蔵王エコーラインの紅葉は、9月下旬ころから10月下旬ころまで楽しめます。9月下旬から10月上旬にかけて標高が高い場所から色づきはじめ、徐々に標高が低い場所も紅葉が始まって行き、10月下旬ころまで楽しむ事ができます。特に山形県側ではブナやシラカバなどの木々が茂り、蔵王エコーラインをドライブしながら紅葉を満喫できます。

22709129 2005635433013192 2277613473372307456 n
bluesky3180

蔵王エコーラインの紅葉は、ドライブしながら楽しめるスポットとして人気があるため、見ごろの時期は混雑しているのでお気を付けください。車を停められる場所も満車になっている場合があるので、時間に余裕を持って訪問しましょう。気温差や急な天候の変化などに対応できる服装などにもお気を付けください。

蔵王エコーラインの雪の壁

29714622 524451767948540 1697851162528579584 n
sumikawasnowpark

蔵王エコーラインが開通する4月下旬から5月中旬ころにかけては、雪の壁が楽しめます。蔵王エコーラインは開通式がおこなわれる日から通行ができますが、荒天などにより通行止めになったり、夜間通行止めの期間があるので確認してから訪問しましょう。標高が高くなるにつれ、高くなる雪の壁は、絶景です。

さらに、有料道路の『蔵王ハイライン』でも雪の壁を楽しむ事ができます。蔵王エコーラインよりも標高が高いので雪の壁も高くなり、見ごたえのあるものとなっています。さらに『お釜』へと足を延ばせば、なかなか見る事ができない『凍ったお釜』をながめる事もできます。防寒対策をしっかりとして訪問しましょう。

蔵王エコーラインの宮城県側の見どころ

蔵王エコーライン宮城県側の見どころ1:お釜

蔵王エコーラインでの宮城県側の見どころのひとつが、『お釜』です。お釜へのアクセスは、『蔵王刈田リフト』に乗って行く方法と、有料道路の蔵王ハイラインを通って行く方法があります。どちらも5分ほど歩いてお釜へと向かうため、歩きやすいクツを履いたり、服装などにお気を付けください。

住所:宮城県刈田郡蔵王町遠刈田温泉倉石岳国有林内

蔵王エコーライン宮城県側の見どころ2:滝見台

23164066 160412007780058 536717856545439744 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
nabexxkusun

蔵王エコーラインの宮城県側の見どころ『滝見台』からは、落差54mの不動滝、不動滝のうえにかかる地蔵滝、落差181mで三段になって流れる三階滝の、3つの滝をながめる事ができます。普通車が10台ほど停められる駐車場もありますが、人気のスポットなので混雑している場合もあります。紅葉の時期などは特にお気を付けください。

住所:宮城県刈田郡蔵王町遠刈田温泉倉石岳国有林内
電話番号:0224-34-2725(蔵王町観光案内所)

蔵王エコーライン宮城県側の見どころ3:駒草平

20066693 543662259358490 7128376758977429504 n
pajeov87

蔵王エコーラインの宮城県側の見どころ『駒草平』は、高山植物のコマクサの群生地として知られる場所です。今では数が減ってしまいましたが、6月中旬から7月にかけてコマクサが咲く様子を見る事ができます。また、不帰の滝・振子滝や、天気の良い時には太平洋もながめる事ができ、展望の良いスポットとしても人気です。

住所:宮城県刈田郡蔵王町遠刈田温泉倉石岳国有林内
電話番号:0224-34-2725(蔵王町観光案内所)

Thumb宮城蔵王キツネ村のアクセスや料金まとめ!可愛いキツネを抱っこできる?
宮城県白石市の山奥に位置する、国内唯一のキツネテーマパーク「宮城蔵王キツネ村」。可愛いキツネ...

蔵王エコーラインの山形県側の見どころ

蔵王エコーライン山形県側の見どころ1:蔵王坊平高原

22802654 143772003021953 1609993925701926912 n
ishipen141

標高1000mから1200mに位置する高原で、紅葉や樹氷など四季折々の景色をながめたり、トレッキングなどが楽しめます。ペンションなどの宿もあり、ゆったりとくつろぐ事もできます。また、高所トレーニングができる施設もそろっていて、アスリートに人気の地でもあります。

住所:山形県上山市蔵王坊平国有林

蔵王エコーライン山形県側の見どころ2:蔵王温泉

22352502 1527737877315627 6867353652026146816 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
tsailin.me

蔵王エコーラインから少し足を延ばして、『蔵王温泉』での観光もおすすめです。蔵王温泉には、『蔵王スカイケーブル、蔵王中央ロープウェイ、蔵王ロープウェイ山麓線・山頂線、夏山リフト』があり、新緑や紅葉など四季折々の景色がながめられ、気軽に空中散歩が楽しめます。トレッキングや登山を楽しみたい人にもおすすめのスポットです。

17596572 622595141264281 966196710491553792 n
zao4126

また、蔵王温泉には日帰りで入浴できる温泉施設がそろっています。共同浴場は3ヶ所、足湯は3ヶ所、日帰り温泉施設は5ヶ所にあります。白濁していて独特な香りがある強酸性の硫黄泉が楽しめるので、ドライブの後におすすめです。また、宿泊施設も多くそろっているので、宿泊をして食事と温泉を楽しみながらゆったりと過ごす事もできます。

住所:山形県山形市蔵王温泉708-1
電話番号:023-694-9328(蔵王温泉観光協会)

Thumb山形・蔵王連峰にお釜の絶景を見よう!紅葉や樹氷もおすすめ!アクセスも!
山形県と宮城県にまたがる蔵王連峰には、紅葉や樹氷、お釜などの絶景が楽しめるおすすめの観光スポ...

雪の壁と紅葉を堪能!蔵王エコーラインに行こう

宮城県と山形県にまたがる『蔵王エコーライン』をご紹介してきましたが、魅力は伝わりましたか?蔵王エコーラインでは紅葉や雪の壁が楽しめますが、閉鎖される時期があるので事前に確認してから訪問しましょう。また、蔵王エコーラインとともにあわせて楽しめる観光スポットもそろっているので、ドライブとともにお楽しみください。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
mayuge

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ