コロラド州の観光おすすめスポット情報!時差や気候・治安事情は?

アメリカ中央部ロッキー山脈のお膝元にあるコロラド州は、自然豊かな都市。コロラド州は、メジャーな観光地ではありませんが、アメリカ人が最も住みたい街に選ばれたこともあるほどおすすめのスポットです。今回は、コロラド州との時差や気候、治安情報等もまとめてお伝えします。

コロラド州の観光おすすめスポット情報!時差や気候・治安事情は?のイメージ

目次

  1. 1コロラド州の観光情報をご紹介!
  2. 2コロラド州ってどんなところ?
  3. 3コロラド州と日本の時差はどのぐらい?
  4. 4コロラド州を観光する際の時差ぼけ対策
  5. 5コロラド州の気候はどんな感じ?
  6. 6コロラド観光のベストシーズンと服装は?
  7. 7気になるコロラド州の治安は?
  8. 8コロラド州への行き方
  9. 9コロラド観光のおすすめスポット1:コロラド州会議事堂
  10. 10コロラド観光のおすすめスポット2:デンバー美術館
  11. 11コロラド観光のおすすめスポット3:デンバー自然科学博物館
  12. 12コロラド観光のおすすめスポット4:パイクスピーク
  13. 13コロラド観光のおすすめスポット5:ガーデンオブザゴッド
  14. 14コロラド観光のおすすめスポット6:ロッキーマウンテン国立公園
  15. 15コロラド州で観光を楽しもう!

コロラド州の観光情報をご紹介!

アメリカ西海岸、ロッキー山脈が南北に走るコロラド州は、豊かな自然と緑あふれる美しい都市です。日本人にはあまり馴染みのない観光地ではありますが、標高も高く夏も過ごしやすい気候であることから、毎年多くの観光客が訪れています。今回は、日本とコロラド州の時差や、旅行の際気になる治安の他、コロラド州の観光スポットをご紹介します。

コロラド州ってどんなところ?

30079338 175932659794581 838867607523164160 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
natural_colorado

コロラド州は、南北にロッキー山脈が走る雄大な自然の広がる州で、州都デンバーは、観光の拠点としてたくさんの観光客が訪れる街です。1858年にコロラド州で金鉱が発見されたのをきっかけにアメリカ中西部の中心都市として栄えるようになりました。現在は、デンバー空港という巨大空港もあり、アメリカ中西部の空の玄関口としても発展しています。

29716797 192476274696119 307920597885648896 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
darnithead

西部開拓の名残りもあるコロラド州は、砂漠のような荒野とロッキー山脈の自然、そしてコロラド平野(プレーリー)等、様々な地域があります。気候もそれぞれの地域で異なり、見どころとなる観光スポットが点在しています。コロラド州の観光は、レンタカー以外はあまり移動手段がないのが難点ですが、観光シーズンにはバスツアーで回ることができます。

29402405 1927066864290097 8174786819854958592 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
whyte_lvn

コロラド州には、ネイティブアメリカンやヒスパニック系の住民も多いため、場所によっては治安が気になるスポットもありますが、デンバー等の大都市では、比較的治安が良いと言われています。また、学生に人気のコロラド大学があるボウルダーも、治安が安定しているため、日本人だけでなく、世界各国から留学生が集まるエリアとして知られています。

コロラド州と日本の時差はどのぐらい?

広大なアメリカ大陸は、旅行する場所によって日本との時差も変わってきます。アメリカ大陸の内陸部に位置するコロラド州は、日本の時差が、マイナス16時間もあります。サマータイムが適用される3月上旬から11月上旬の時期でも、その時差はマイナス15時間。長時間のフライトとかなりの時差で、到着した時にはクタクタという可能性もあります。

Thumbアメリカのサマータイム!2018年の期間は?意味や日本との時差などを調査!
アメリカにはサマータイムという時間を1時間ずらす仕組みがあります。年に二回時計の針を動かすと...

コロラド州を観光する際の時差ぼけ対策

コロラド州を観光する際におすすめの時差ぼけ対策をいくつかご紹介します。まず、フライトの数日前から、コロラド州の時間帯を意識して生活することをおすすめします。アメリカのコロラド州は、日本より東側にありますので、渡航前は少しずつ寝る時間を遅くして行きます。睡眠アプリ等もありますので、アプリを利用して就寝時間を調整しましょう。

次に移動中の時差ぼけ対策ですが、飛行機の中では、できるだけアルコール類の摂取を避けましょう。海外旅行で飛行機に乗ると、ついついワインやビール等を飲んでしまいがちですが、アルコールを飲むと眠り辛くなります。特にコロラド州は、日本から10時間以上のフライトで移動することになりますので、カフェイン等の入ったドリンクも避けましょう。

最後に、現地についてからの時差ぼけ対策ですが、コロラド州に入ったら、できるだけ現地時間に合わせて生活しましょう。また、いくら時差ぼけ対策をしても、長時間のフライトで疲労が出る可能性が高いので、旅行の日程には余裕を持ち、初日は、ゆったりと過ごせるように計画することをおすすめします。時差があっても、楽しい旅行をするコツです!

コロラド州の気候はどんな感じ?

29739801 210479642873702 4820590131033407488 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
kayla_fenton_photo

コロラド州の気候は、アメリカの他の州に比べてかなり複雑で、山岳地帯、丘陵地帯、高原地帯そして砂漠地帯といくつかのスポットに分かれています。全米でもっとも標高の高い州として知られるコロラド州は、山岳地帯の気候の影響を受けやすく、お天気が変わりやすいと言われています。また、地震等の自然災害も、他の州に比べて多いという印象です。

29737166 154844832013467 77624563143278592 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
camillehughesphotography

コロラド州東部の平原地帯の気候は亜乾燥気候で、湿度が低く非常に乾燥しています。亜乾燥気候に属していることから、カラッと晴れた日が多く、夜間になると気温が下がる傾向にあります。夏は、気温が35度以上となる日が多いため、非常に厳しい気候と言えます。砂漠の高山地帯では、一部41度まで気温が上がるほど灼熱の地域もあるようです!

29417508 2024411697825408 3234370786345091072 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
myname.is.dj

一方、コロラド州の平原と丘陵地帯の西側の気候は、エリアによって、気候が大きく異なります。あまり距離の離れていない場所でも、地形の変化にともなって気候が変動します。コロラド川流域の渓谷では、亜乾燥気候となり、標高が高い場所では高山気候になります。スポット的に湿気の多い気候の地域もあり、冬にはまとまった雨が降るようです。

コロラド観光のベストシーズンと服装は?

22344612 241657179691833 445638354864701440 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
chase.nelson1

気候が複雑に変化しているコロラド州は、どこを観光するかによっても、ベストシーズンが異なってきます。コロラド州の中でも、山間部や気温の上がりやすい気候の地域を観光する場合は、真夏を避け、春先から初夏、または秋口の観光が良いでしょう。急な気候変動に備えて、脱ぎ着できる上着を持っておくことと、日よけ対策をした服装がおすすめです。

観光するなら、初夏か秋頃がおすすめのコロラド州ですが、冬のコロラド州は、スキーやスノーボード等、ウィンタースポーツが盛んです。ウィンタースポーツを楽しむなら、しっかりと防寒対策をした服装がおすすめです。冬になると雨量や降雪量が上がりますので、観光の際にも、できるだけ暖かい服装を心がけ、雨具を持っておくと安心です。

Thumbアメリカの入国審査の注意事項まとめ!ESTAなど必要な手順を紹介!
同時多発テロ以降、アメリカの入国審査はますます厳しくなりました。そこで、アメリカの入国審査に...

気になるコロラド州の治安は?

コロラド州は、全米でもっとも住みたい街にも選ばれたほど治安の良いエリアというイメージがありますが、デンバー等の大都市では、夜になると治安の悪いエリアもあります。コロラド州自体の犯罪件数は、全米の平均と比較すると少ない方ですが、婦女暴行の件数については、かなり多い傾向があります。女性の夜の一人歩きは絶対にやめましょう。

また、コロラド州がいくら治安の良い都市とはいっても、ここはアメリカです。有名な観光地や公共交通機関等、混み合う場所では、スリや置き引き等の犯罪の被害に遭いやすくなります。治安のよい場所でも持ち物に注意しましょう。コロラド州を旅行する際は、事前に外務省の治安情報をチェックして、日本人が狙われたスポット等を避けるのが賢明です。

Thumbアメリカの都市おすすめランキングTOP13!観光で気になる治安や特徴も!
アメリカ観光に行くなら、メジャーな都市だけでなく、アメリカには観光スポットが充実している穴場...

コロラド州への行き方

19120550 1564957683576395 4887472968084488192 n
inosfilm

観光や留学で人気のコロラド州への行き方は、成田空港からユナイテッド航空やJAL等の直行便でのアクセス利用が便利。最寄りの空港となるコロラド州デンバーにあるデンバー国際空港までの所要時間は、約10時間から11時間ほどです。コロラド州のデンバーと日本の時差は、16時間もあるので、観光する場合は、余裕を持って計画するのがおすすめです。

コロラド州内では、レンタカーでの移動がおすすめですが、デンバー市内とロハスの街として有名なボウルダーなどの郊外を結ぶRTDバスも運行していますので、公共交通機関での移動も可能です。また、コロラド州都のデンバーでは、観光スポットとしても有名な16番ストリートまで無料でいけるバスも運行しています。賢く使って快適な旅をお楽しみ下さい。

Thumbアメリカチップの払い方まとめ!ホテルやレストランの相場は?カード払いも!
アメリカ旅行の際に、いくら渡せば良いのか迷う「チップ」。払いすぎても、少なくてもいけませんが...

コロラド観光のおすすめスポット1:コロラド州会議事堂

26866205 806387739553679 5580016872398520320 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
sunakato

ここからはコロラド観光のおすすめスポットをご紹介していきます。まず、最初におすすめする観光スポットは、コロラド州の州都デンバーにある「コロラド州会議事堂」です。キャピトル・ヒルと呼ばれる小高い丘に立っている議事堂は、ライトアップも美しくインスタ映えする撮影スポットです。窓のステンドグラスには、コロラド州の歴史が描かれています。

コロラド観光のおすすめスポット2:デンバー美術館

29417480 1643508915724861 487442697485811712 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
claireaheywood

続いておすすめするコロラドの観光スポットは「デンバー美術館」(Denver Art Museum)です。コロラド州を代表するアートの殿堂は、ネイティブ・アメリカンのアートコレクション等も収蔵している珍しい美術館です。150の部族から集められた2万点以上のネイティブ・アメリカン・アートは、全米最大規模で、最古の歴史を誇っています。

29418141 215306525691524 192352953619709952 n
kateniss_everdeen32

コロラド州が誇るユニークな美術館は、2006年の大改築を経て近年では、モダンアートや現代美術作品も数多く収蔵しているデンバー美術館では、周辺には、大きな掃除道具のモニュメントや、バッファローのモニュメント群など、面白い彫像が多数見られます。美術館の中まで入る時間がない場合は、観光をかねて、外観だけでも撮影すると良いでしょう。

コロラド観光のおすすめスポット3:デンバー自然科学博物館

11410439 1453151894981564 507118053 n
fredericks.jpg

続いてご紹介するコロラド観光のおすすめスポットは「デンバー自然科学博物館」です。デンバーのダウンタウンから約5kmほどの距離にある科学博物館は、コロラド周辺に生息する野生動物のリアルやジオラマが見どころです。ヒョウやシマウマ等の生態がはく製によって再現されているので、小学生ぐらいのお子さんも十分楽しめます。

29095595 236963926849154 4730188869113217024 n
bjsmitty

また、恐竜の化石や宇宙に関する展示も数多く収蔵されており、プラネタリウム等も完備しているので、一日中楽しい時間を過ごすことができます。コロラド州の文化・歴史を語る上で、絶対に外せないアメリカ先住民の文化を紹介するコーナー等もあり、失われつつあるネイティブ・アメリカンの風習をうかがい知ることもできます。

Thumbアメリカ西海岸を観光!おすすめ都市や見どころを紹介!人気のリゾート地も!
日本から一番近いアメリカ本土であるアメリカ西海岸。太平洋に面した3つの州には観光におすすめの...

コロラド観光のおすすめスポット4:パイクスピーク

コロラド観光のおすすめスポット、ここからは、自然を楽しめるスポットをご紹介していきます。まず一つ目にご紹介する自然を楽しめる観光スポットは「パイクスピーク」です。コロラドスプリングスの西側にそびえる、標高4300mの険しい山で、ダウンタウンからは車で約二時間ほどです。息を飲むような素晴らしい絶景が見られるおすすめのスポットです。

コロラド観光のおすすめスポット5:ガーデンオブザゴッド

自然が楽しめるコロラドの観光スポット、続いてご紹介するのは「ガーデン・オブ・ゴッド」(Garden of God)です。「神の庭園」と名づけられたこの場所は、コロラドスプリングスの西約10kmほどの地点にあります。先ほどご紹介したパイクスピークの手前に広がる赤茶けたこの大地には、数々の奇岩が並ぶ、神秘的な風景が広がっています。

29404364 144250416408829 4745065214192386048 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
tncountrycabin

コロラド州は、長い時間をかけて侵食された大地が形成する不思議な地形があることで知られていますが、この「ガーデン・オブ・ゴッド」には、人の手では絶対に作れないような巨大な岩が並んでいます。大きい岩になると、高さが100m以上になるものもあります。まさに神の庭と呼ぶにふさわしい観光スポットと言えるでしょう。

22071104 125571481436330 2592755466060693504 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
4mybaby217

数あるコロラド州の観光スポットの中で、もっともインスタ映えするスポットとして人気なのが、このガーデン・オブ・ゴッドにある「バランス岩」。写真のように、今にも崩れ落ちそうな巨岩が、小さな支点の上に乗っかっています!長い年月をかけて自然が生み出した神秘の光景は一見の価値ありです。ダウンタウンからは、車で2時間ほどです。

Thumbアメリカの田舎に旅行しよう!おすすめの州は?都会では見れない風景が魅力!
本当のアメリカは田舎にあるといっても過言ではありません。超メジャーなアメリカ旅行情報をお探し...

コロラド観光のおすすめスポット6:ロッキーマウンテン国立公園

最後にご紹介するコロラド観光のおすすめスポットは「ロッキーマウンテン国立公園」です。年間300万人以上が訪れるコロラド州が誇る国立公園は、ロッキー山脈の中にあります!美しいロッキー山脈の山々はもちろん、森林気候からツンドラ気候までに生息する珍しい高山植物や木々を見ながら、トレッキングを楽しめるおすすめのスポットです。

自然豊かな観光スポット「ロッキーマウンテン国立公園」では、エルクやナキウサギ等、コロラドの大自然に生きる野生動物を観察することもできます。雪帽子をかぶったロッキー山脈をバックに、厳しい環境の中で、健気に生きる野性動物たちの愛らしい姿は、見るものすべてに感動を与えてくれます。

コロラド州の代名詞とも言える「ロッキーマウンテン国立公園」へのアクセスは、デンバーのダウンタウンから車で2時間ほどです。アクセスポイントは、ロッキー山脈の東側にあるエステスパーク(Estes Park)がメジャーです。ロッキーマウンテン国立公園の見どころは、東側に多く集まっていますので、エステスパークからのアクセスがおすすめです。

コロラド州で観光を楽しもう!

コロラド州のおすすめの観光スポットをご紹介致しました。コロラド州は、観光するエリアによって気候が違い、ヒスパニック系やネイティブアメリカン等も多く、地域によっては治安のよくない場合もあります。コロラド州を観光する際は、十分注意して楽しみましょう。アメリカのダイナミックな自然をコロラドで満喫してください!

関連記事

Original
この記事のライター
Yukilifegoeson

人気の記事

人気のあるまとめランキング