ハワイのビーチおすすめランキング!ワイキキや穴場スポットも紹介!

ハワイには全米で一番に輝く人気のビーチや、魅力的なビーチが沢山在ります。世界中から多くの人が訪れるハワイのビーチ、人気のビーチや現地の人しか知らないビーチまで様々なビーチが在ります。誰もが一度は訪れてみたい魅惑的なハワイのビーチは、世界中から注目されています。

ハワイのビーチおすすめランキング!ワイキキや穴場スポットも紹介!のイメージ

目次

  1. 1「ハワイ・ビーチ」って?
  2. 2「ハワイ」へのアクセス
  3. 3「ハワイ」の気候・気温
  4. 4「ハワイ」観光ベストシーズンは?
  5. 5「ハワイ・ビーチ」おすすめ服装
  6. 6「ハワイ・ビーチ」おすすめ持ち物
  7. 7「ハワイ・ビーチ」おすすめランキング第7位:「カネオへ・サンドバー」
  8. 8「ハワイ・ビーチ」おすすめランキング第6位:「ベローズ・ビーチ」
  9. 9「ハワイ・ビーチ」おすすめランキング第5位:「サンセット・ビーチパーク」
  10. 10「ハワイ・ビーチ」おすすめランキング第4位:「ワイキキ・ビーチ」
  11. 11「ハワイ・ビーチ」おすすめランキング第3位:「ハナウマ湾」
  12. 12「ハワイ・ビーチ」おすすめランキング第2位:「ラ二カイ・ビーチ」
  13. 13「ハワイ・ビーチ」おすすめランキング第1位:「カイルア・ビーチ」
  14. 14「ハワイ・ビーチ」を満喫しよう

「ハワイ・ビーチ」って?

常夏の島ハワイには定番のビーチから、あまり人に知られていないビーチ迄様々なビーチが沢山存在します。そんなハワイから誰もが知っている人気のビーチや、穴場のビーチ迄ランキング形式で7か所ご紹介して行きたいと思います。併せてハワイの気候や、おすすめの服装&持ち物についてもご紹介しますので参考にして頂きたいと思います。

「ハワイ」へのアクセス

日本からハワイへのアクセスは、東京・大阪・名古屋の空港から直行便が出ていますので乗り継ぎ無しで行く事が出来ます。行きの所要時間は約6時間30分から7時間となります。ハワイから戻る時の所要時間は、向かい風の影響で1時間ほど長くなります。ハワイ島のコナ空港への直行便は、東京の成田空港からとなっています。

「ハワイ」の気候・気温

ハワイは日本の様に、四季がはっきりと分かれている国ではありません。常夏の島ハワイと言われる様に、一番気温が下がる時期でも、25℃位はあるので一年中快適に過ごす事が出来ます。常夏とは言っても、乾季と雨季に分かれています。乾季は5月から10月(夏季)で気温は30℃を超え、雨季は11月から4月(冬季)で気温は25℃位です。季節はあっても服装は夏服で大丈夫です。

Thumbハワイの雨季と乾季を調査!気候・降水量や各時期の旅行の魅力も紹介!
世界中から旅行者が訪れる大人気リゾート「ハワイ」。ハワイは日本よりも湿度が低く、快適な夏を満...
Thumbハワイの雨季と乾季を調査!気候・降水量や各時期の旅行の魅力も紹介!
世界中から旅行者が訪れる大人気リゾート「ハワイ」。ハワイは日本よりも湿度が低く、快適な夏を満...

「ハワイ」観光ベストシーズンは?

一年中25℃以上あって快適に過ごせるハワイですが、ベストシーズンはあるのでしょうか。ビーチ遊びをするなら7月から9月が良いでしょう。ビーチよりも風景や観光地巡りを楽しむなら、冬季の11月から4月もお勧めです。航空代を安く浮かしたい方には、観光穴場シーズンの1月から2月やゴールデンウィークを外して行かれると良いでしょう。
 

「ハワイ・ビーチ」おすすめ服装

ハワイへ行く時の、お勧めの服装をご紹介したいと思います。常夏の島ハワイですので、夏の服装で良いと思います。只ハワイでは交通機関やレストラン等、建物の中は冷房が利きすぎている場合もあります。必ず羽織る物は持参された方が良いと思います。ハワイと言えば、アロハシャツやムームーをイメージされると思いますが、普段着でそういった服装をしている訳ではありません。

Thumbハワイでの服装まとめ!男性・女性別おすすめアイテムは?レストラン用も!
常夏の島で知られるハワイですが、さて何を着たらいいのか意外と迷いますよね?暑いとは聞いていて...

「ハワイ・ビーチ」おすすめ持ち物

ハワイに雨季が在るとは言っても降水量はそれ程多くは有りません。一年中25℃以上ある気候ですので、陽射しを遮る持ち物は必ず用意された方が良いと思います。帽子やサングラス、日焼け止めなど忘れずに持参されて下さい。ハワイに着いて現地でも調達出来ますが、コスメ類は肌に合わない場合もありますので持参された方が無難だと思います。

逆にハワイで使用すると、かなり目立ってしまうのが日傘です。ハワイの人々は雨季があると言っても、雨は降っても直ぐにやむので傘自体使用する人は殆どいません。傘の文化が無いと言っても過言ではないので、日傘等も見かけません。目立ちたいのなら話は別ですが、特にその様な気持ちがないなら持ち物リストから外されても良いと思います。

Thumbハワイの持ち物リストをチェック!便利なものは?必需品や服装も紹介!
ハワイ旅行をご予定の方、旅行中のスケジュールも大切ですが、ハワイ旅行をより充実したものにさせ...

「ハワイ・ビーチ」おすすめランキング第7位:「カネオへ・サンドバー」

Kaneohe Sandbar

先ず最初にご紹介するのは、穴場とも言えるハワイのビーチ「カネオへ・サンドバー」です。オワフ島ワイキキから車で約40分の所に在る、「天国の海」とも称される美しいビーチです。カネオへ湾内はサンゴ礁が取り囲み、海水の透明度を保っているのです。潮の満ち引きによって白い砂浜が現れ、まさに天国の様な光景が広がります。

カネオへ湾のサンゴ礁には熱帯の魚や海亀などが沢山生息しています。船で白い砂浜「サンドバー」に上がれば、360度海に囲まれた素晴らしいロケーションを楽しむ事が出来ます。まさに、天国の様な光景に包まれる瞬間です。真っ白で美しい砂浜は、珊瑚によってその美しさが出来上がっているのです。ワイキキから少し足を延ばしてみるのも悪くありません。

「ハワイ・ビーチ」おすすめランキング第6位:「ベローズ・ビーチ」

Bellows Beach

こちらもハワイで穴場と言えるスポット、「ベローズ・ビーチ」のご紹介です。オワフ島の東海岸に在って、観光客は殆ど訪れない静かなビーチです。ワイキキから車で東へ約30分程で到着します。そこにはサラサラの白い砂浜が広がり、バックにはコオラウ山脈を従え絶景が広がります。辿り着いた瞬間真っ先に飛び込みたくなる様なビーチです。

実は「ベローズ・ビーチ」は、米軍施設のビーチで週末だけ市民や観光客に開放しています。「ベローズ・ビーチ」と隣接して、「ワイマナロ・ビーチ」と呼ばれるビーチも在ります。こちらもサンセットが美しく、リゾート気分を満喫出来るビーチです。ただ平日は閑散として、治安があまり良く無いので出来れば週末に訪れましょう。

「ハワイ・ビーチ」おすすめランキング第5位:「サンセット・ビーチパーク」

Sunset Beach Park

その名も「サンセット・ビーチ」、美しいサンセットが拝めるビーチです。オワフ等の北海岸に在り、ワイキキからは車で約1時間位で行く事が出来ます。ビーチの幅も広く、カーブを描いた砂浜は美しい風景を醸し出しています。絶景を楽しめるビーチとして、観光客に人気のビーチとなっています。夕陽が沈む頃は人が多いので、あえて日中に訪れるのもお勧めです。

穏やかな「サンセット・ビーチ」も、冬場になればその表情を変えます。波が高くなり、サーファーに人気のビーチとなります。冬場にはサーファーの大会も「サンセット・ビーチ」で行われます。開催時期には凄い人出となって、ゆっくりビーチを楽しむ事が出来ません。のんびりしたい方には夏場の、しかも日中をお勧め致します。勿論サーフィンを楽しみたい方には冬場をお勧めします。

「ハワイ・ビーチ」おすすめランキング第4位:「ワイキキ・ビーチ」

Waikiki Beach

ハワイの「ワイキキ・ビーチ」は、旅行のパンフレットやハワイを紹介するテレビ番組等で、必ずと言って良い程目にする風景です。ハワイの顔「ワイキキ・ビーチ」には、世界中から多くの観光客がやって来ます。人気の理由の一つに観光の中心地、市街からアクセスが良い事が挙げられると思います。遠浅で子供さんにも安心なビーチです。

ハワイを訪れたら穴場のビーチと併せて、是非「ワイキキ・ビーチ」も訪れて頂きたい場所です。風景を眺めながら散歩をするだけでも、ハワイ気分を満喫出来るビーチです。「ワイキキ・ビーチ」では、1時間30分約20ドルでヨガに参加する事も出来ます。特にお勧めなのが早朝7時位からのヨガ、静かに波の音に癒され乍らのヨガは最高です。

「ハワイ・ビーチ」おすすめランキング第3位:「ハナウマ湾」

Hanauma Bay

オワフ島東南部の「ハナウマ湾」は、シュノーケリングやスキューバダイビングをされたい方にお勧めのビーチです。「ハナウマ湾」は、全米ベストビーチNo.1にも輝いた事のある魅力的なビーチです。熱帯の魚たちが、波打ち際まで寄って来て泳いでいるのを観る事が出来ます。波も穏やかで、特にお子さん連れの方にお勧めしたいビーチです。

スキューバダイビングの人気スポットとなっていて観光客は多いので、レンタカーで行かれる方は早めに行かれて駐車場を確保された方が良いと思います。スキューバダイビングの為の持ち物や道具、一式レンタルする事も出来るので便利です。初心者の方は、シュノーケリングやスキューバダイビングのツアーに参加されるのもお勧めの楽しみ方です。

「ハワイ・ビーチ」おすすめランキング第2位:「ラ二カイ・ビーチ」

Lanikai Beach

穴場のビーチとして1番目にご紹介した、「カネオへ・サンドバー」も「天国の海」と言われていますが、「ラニカイ・ビーチ」も正にハワイの言葉で「天国の海」を意味する名前が付いたビーチです。高級住宅街からほど近い、公道からすぐの所に在る人気のビーチです。「ラ二カイ・ビーチ」も全米でNo.1に輝いた事のある美しいビーチです。

地元の人々が「ハワイで1番美しいビーチ」、と称賛する程の魅力的なビーチです。高台から住宅街を眼下に眺め、その先に続くビ砂浜とエメラルド・ブルーの海は正に絶景としか言い様がありません。ハワイの風景をどっぷりと満喫出来るスポットとなっています。ハワイ観光で是非とも訪れて頂きたいビーチ、バスや自転車で行かれるのがお勧めです。

「ハワイ・ビーチ」おすすめランキング第1位:「カイルア・ビーチ」

Kailua Beach

最後は全米ビーチ人気ランキングで、常に上位にランキングされている「カイルア・ビーチ」のご紹介です。観光客だけではなく地元の人にも人気のビーチなので、平日を狙って訪れる事をお勧めします。穴場のビーチとは又違った、魅力一杯のビーチです。貿易風の影響を受けて、波が立つのでサーファーの方に特にお勧めのビーチです。

カイルアタウンでショッピングやレストランを楽しみ、夕暮れに歩き易い服装でビーチ迄そぞろ歩くのもお勧めです。ちょっとしたスナック等の持ち物を持って、ビーチに腰を下ろしサンセットを眺めるのも良いと思います。昼間とは又違った「カイルア・ビーチ」を満喫出来るでしょう。

「ハワイ・ビーチ」を満喫しよう

ハワイのお勧めビーチを、独自のランキング形式で7か所ご紹介して参りました。気に入ったビーチは見つかりましたでしょうか。ハワイの気候やお勧めの服装、持ち物に関しても併せてご紹介致しました。日本人に大人気のハワイで素晴らしいバカンスを満喫して頂きたいと思います。この記事が皆さまのハワイ・ビーチ選びの参考になれば幸いです。

関連記事

Original
この記事のライター
Hana Smith

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ