横浜で『氷川丸』を見学しよう!人気のレストランや見どころまとめ!

横浜は山下公園に停留されている氷川丸。その大きな見た目から一度は実際に見に行きたい人も多くいるはずです。ですが、なかなか氷川丸の歴史などを知っている人は少ないはず。そこで、今回は氷川丸についてまとめてみました。また、人気のレストランも紹介します。

横浜で『氷川丸』を見学しよう!人気のレストランや見どころまとめ!のイメージ

目次

  1. 1氷川丸を見に行こう!
  2. 2そもそも氷川丸とは?
  3. 3氷川丸の大きさは?
  4. 4氷川丸の歴史を紐解こう!
  5. 5氷川丸の動力源は?
  6. 6氷川丸の中を見学しよう!
  7. 7氷川丸への行き方は?
  8. 8氷川丸へ電車で行こう!
  9. 9氷川丸へは船でも行ける?
  10. 10氷川丸の中に入ろう!
  11. 11氷川丸のビアガーデンに行こう!
  12. 12氷川丸近くのおすすめのビアガーデンは?
  13. 13氷川丸近くのおすすめレストランを紹介!
  14. 14氷川丸周辺の見どころを紹介!
  15. 15氷川丸には魅力がいっぱい!

氷川丸を見に行こう!

横浜は山下公園に停留されている氷川丸。その大きな外観から一度は実際に見に行きたい人も多くいるはずです。氷川丸の中はいったいどうなっているのか知りたい人もいると思います。そこで、今回は氷川丸の秘密や歴史などを紐解いていきます。さらに、人気のレストランも厳選して紹介していきます。

Thumbみなとみらいの買い物スポット&ショッピングモールまとめ!子供連れにも!
みなとみらいでおすすめの買い物スポットやショッピングモールを特集します。みなとみらいは横浜で...

そもそも氷川丸とは?

横浜の山下公園に停留されている氷川丸。しかし、それがどんな船なのか、現在でも動くのか。はたまた、宙に浮いているんじゃないのか、などの噂が立っています。そこで氷川丸の基本情報を少し紐解いて見ましょう。氷川丸は1930(昭和5)年4月25日に完成した日本を代表する豪華客船の一つです。

氷川丸の大きさは?

総トン数は、11,622トンでとても大きいことがわかります。また、全長が163.3mあり船幅は20.12mとなっています。最大定員は289名なので日本を代表する最大規模の客船ということが数字からわかります。現在は、横浜市指定有形文化財に指定され、歴史ある大事な客船となりました。

氷川丸の歴史を紐解こう!

氷川丸は戦前に豪華客船として大活躍し、病院船、引揚船、などの経歴があります。豪華客船以外の歴史があるのがとても特徴的な船です。そして、1961(昭和36)年5月に全ての任務を終えて、現在の山下公園に停留されています。氷川丸が造船された時期や海上航路がとても発達し、船での移動がとても人気のあった頃でした。

歴史的にも、客船文化の観点からとても重要な時期に氷川丸は造られました。船内では、その時期を表現するかのような豪華なインテリアが施され、アール・デコの美しい装飾や、当時ではとても新しい技術だったディーゼル機関を搭載している船です。戦前の豪華な様子や役割などの歴史を展示室でさらに詳しく見ることができます。

氷川丸の動力源は?

氷川丸には運行当時はエンジンが二つ搭載されていて、プロペラも二機搭載されていました。最後の役割を終えた氷川丸は改装工事をしたため、現在はプロペラは搭載されていません。ですので、現在は見学のみできる船となっています。当時は、舵の下にプロペラが二つ付いていました。

氷川丸の中を見学しよう!

歴史ある氷川丸ですが、現在は船内を一般公開しているので、誰でも中を見学することができます。現在では横浜市を代表する観光名所の一つにもなっており、多くの方が足を運んでいます。では、氷川丸を見学するにあたっての基本情報を料金などを含めて紹介していきます。

氷川丸を見学することができる時間帯は、10:00~17:00(最終入場は16:30まで)となっており、月曜日以外は毎日見学することができます。しかし、祝日のある週は月曜日が開館しており、次の日が閉館となりますので注意が必要です。また、年末年始は基本休館しています。不定期で臨時休館もあるのでお気をつけください。

入場料金は一般が300円となっています。65歳以上の方でしたら、200円です。また、小・中・高校生でしたら100円で見学することができますので、とても親切な料金設定となっています。入場料金は船内入ってすぐそこにある受付で料金を払います。そこでパンフレットなどを受け取ることもできます。

氷川丸への行き方は?

山下公園に停留してある氷川丸は近くに行けばすぐにわかるくらい大きいです。しかし、山下公園がとても横に長い公園になっていて、端から端まで歩いたら15分くらいかかります。氷川丸はマリンタワーや中華街からいくと割と簡単に見つけることができます。おすすめは、みなとみらい線を使うことです。

氷川丸へ電車で行こう!

電車では、みなとみらい線を利用してください。「元町・中華街」駅が最寄駅となっています。「元町・中華街」駅を下車したら、そこから徒歩3分ほどで行くことができます。また、JR根岸線「石川町」駅または「関内」駅からも行くことができます。こちらの駅からでしたら徒歩で10分ほどでつきます。

氷川丸へは船でも行ける?

船でも行くことができます。シーバス「山下公園」で下車していただき、そのすぐ隣ららへんに氷川丸はあります。また、バスでお越しの方は、桜木町駅から市営バスで「中華街入口」停留所まで行ってください。そこから歩いて3分ほどでたどり着くことができます。また、赤いくつ号でしたら、山下公園前下車で下車してください。

氷川丸の中に入ろう!

では、実際に歴史ある氷川丸の中を見学して見ましょう。船内では、順路が指定されていますので、安心して公開部分を全て見ることができます。子供と一緒にきている方は、万が一のために目から離さないように気をつけてください。乗船口には注意するべき点が書かれた看板が用意されています。

乗船時段差が多くなっていますので、サンダル、下駄、ハイヒールなどを履いている方は足元に注意してください。また、船内では食事をすることができません。外で買ってきた食べ物などを船内に持ち込むことができませんので、見学の際には気をつけてください。また、ペットの持ち込みも禁止となっています。

チケットを受付で買ってすぐ最初に見学することができるのは一等乗客専用のレストランです。こちらでは、運行していた当時に出されていたコースの見本が机の上に並べられており、歴史をたどることができます。また、隅々まで丁寧に造られているのに気づくと思います。レトロな雰囲気があり、歴史を感じます。

船内には、この船専用の郵便局があります。料金はかかりますが、記念にここから手紙を出す方が多かったそうです。ここから出された手紙には、船内印という船の名前が入ったスタンプが押されるので、とてもいい記念になったそうです。当時は、この郵便局をお客さんなら誰でも使うことができたそうです。

氷川丸では、エンジンルームも見学することができます。1930(昭和5)年に作られたとは思えないその大掛かりな建造物と日本の技術力の高さをまじかに見ることができます。こちらで使われていたエンジンは、運行当時に大活躍したもので、太平洋横断を254回も行いました。耐久力のすごさがわかります。

船長室の中も見学することができます。船長室にはラッパのようなものがついており、そこで操縦室と電話ができるということです。当時はまだインターコムの仕組みが普及していなかったので、このラッパみたいなもので連絡をとっていたそうです。また、船の中からは美しいみなとみらいの街並みを見ることができます。

氷川丸のビアガーデンに行こう!

29740429 1784707905170409 7783345493362343936 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
nobuko0911

氷川丸は横浜の観光名所ですが、現地の人から人気なのはそこにあるビアガーデンです。この船は夏場限定で船尾デッキが解放されて、ビアガーデンとして使われています。ここでは、綺麗な夜景を見ながら食事をすることができます。料金は、ビアガーデン専用乗船券(200円)が料理の料金とは別にかかってしまいます。

20225874 1266611583437654 6300048296824012800 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
pitts27_inst

こちらのビアガーデンでは、視界がとても開けており、ランドマークタワーやコスモクロックを船上から見ることができます。夕飯の時間では、綺麗にライトアップされているのでカップルの方にもとても人気のレストランとなっています。このビアガーデンでは、食券を自分で購入し、注文するシステムを使用しています。

29401517 2095251900489842 2319153727044321280 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
nekokiji

では、このビアガーデンでの食事の料金はどのような感じでしょうか。生ビール大ジョッキ(キリン一番絞り)は830円で楽しむことができます。また、チーズ&クラッカーは630円となっています。そのほかにもシーザーサラダを650円で購入することができたり、特製串カツを780円で食べれたりできます。

33322424 454113558370019 3259887006662000640 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
suguru38

このビアガーデンでは、日本酒やカクテル、サワーなど豊富な種類のお酒を楽しむことができます。また、ソフトドリンクもほぼ全種類揃っているので、誰でも楽しめること間違いなしです。一人当たりの予算料金としては、だいたい3000円くらいと考えていいと思います。このビアガーデンはとてもおすすめです。

氷川丸近くのおすすめのビアガーデンは?

10432022 718690554856129 1199308888 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
dokintn10

以前紹介した、氷川丸の船上で楽しめるビアガーデンのほかにも、この周辺にはほかにも多くのおすすめのビアガーデンがあります。では、いくつかを紹介していきます。海の見えるそごう屋上ビアガーデンは時間制限なしのプランやアーリータイムのプランなどがあり、食べ放題、飲み放題を楽しめるビアガーデンとなっています。料金は4300円です。

21576631 200323867173367 675093885982081024 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
toshimi178

デジキューBBQテラス上大岡京急店は、屋根がついている屋外ビアガーデンとなっています。こちらは雨の日でもビアガーデンを楽しめるのでとても人気のレストランの一つです。女性の方がビール片手にバーベキューをしているのがよく見受けられます。京急百貨店の11F屋上にあり仕事帰りに立ち寄ることができます。料金は1500円からです。

26068134 239858953220791 1650364234577477632 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
the_oceans_bar

おしゃれなビアガーデンを探している方におすすめなのがこちらのTHE OCEAN’S BARです。屋外にバーカウンターが設置されており、みなとみらいの美しい景色を楽しむながらゆっくり流れるひとときを堪能することができます。大人な雰囲気なので、ゆっくりしたい人にとても人気のビアガーデンです。料金は600円からです。

21827076 716397331891468 6126987863851532288 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
the_oceans_bar

A&P with terrace 「A&P BBQ BEER GARDEN」は、本格的なエスニック料理を楽しむことができるビアガーデンとなっています。アジアンなインテリアが施されており、まるでリゾートにいるかのような雰囲気です。こちらには開放的なテラス席のほかにもカップルに人気の個室を完備しています。

氷川丸近くのおすすめレストランを紹介!

21042490 102857670450832 1831682957652262912 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
love_travel_hate_jetlag

氷川丸は横浜にあるので、その周辺には多くのおしゃれなレストランがたくさんあります。では、そのいくつかのレストランを厳選して紹介します。まずおすすめしたいのが、レストランアルページュです。横浜にあるベイホテルの最上階に位置しているこのレストランはとてもおしゃれな空間となっています。

19050191 291434291326586 822849097496002560 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
the_tower_restaurant_yokohama

そして、THE TOWER RESTAURANT YOKOHAMAはマリンタワーに入っているテラス席も完備している最近注目の横浜にあるレストランです。ここでは、ソムリエにより厳選されたワインを豊富に揃えており、高品質なワインを楽しむことができます。また、ランチもよっており、サービスがとてもいいと評判が高いです。

29402475 751930778337968 3961044089931038720 n
s_pino27

chef’s V 横浜ランドマークタワー店はランドマークタワーに入っているココット料理やさんです。ここでは、温かい料理を食べていただくために容器にとてもこだわっています。こだわりの野菜を全国から取り寄せ、厳選された食材のみを使ったレストランです。ソファー席もあり、くつろぐこともできます。

29088885 276317299571772 4059701971211255808 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
_ayyyk

美食米門横浜店はワールドポーターズの五階にある本格的な日本食屋さんです。ここでは、和モダンレストランとして、肉、魚、野菜、お米などの日本の食材を楽しむことができます。サーモンといくらがたっぷり乗った輝くいくらとサーモンの海鮮めしでは、新鮮な海の幸を楽しむことができます。また、肉料理もとても人気です。

氷川丸周辺の見どころを紹介!

横浜には、氷川丸以外にも多くの見どころがあります。横浜に観光に来た際には氷川丸以外にも足を運んで見たいものです。では、それらのいくつかを紹介していきます。まずは、みなとみらい21です。これは、都市景観100選にも選ばれている地域で、横浜港に面している部分です。この中に多くの観光スポットが入っています。

みなとみらい21の中には、横浜ランドマークタワーがあります。これはオフィス、ホテル、ショッピングモールなどいろいろなものが入っている多目的商業施設となっています。今では横浜シンボルマークとなっているので、観光に来た際には外すことのできない観光スポットの一つとなっています。

横浜に来た際にはぜひいって欲しいのがよこはまコスモワールドです。これは横浜にある遊園地で、世界最大の時計型大観覧車が特徴的です。夜になるとライトアップされ、そのイルミネーションは圧巻です。お昼にいくのはもちろんのこと、夜にデートに来るのもいいです。港に面しているので少し寒いかもしれません。

氷川丸を見学しに横浜に来たらついでに行きたい場所の一つが、横浜赤レンガ倉庫です。横浜赤レンガ倉庫は大正時代に国の模範倉庫として作られ、時代が変わった今でも多くの方が訪れる観光スポットの一つとなっています。最近では、多くの野外イベントを横浜赤レンガ倉庫で行っています。

氷川丸には魅力がいっぱい!

いかがだったでしょうか。氷川号はとても歴史のある豪華客船で、現在では船内を見学することができます。また、氷川丸の周辺には多くのビアガーデンやレストランあり食事も楽しめます。さらに、観光地もたくさんあるので、楽しめること間違いなしです。この記事が横浜観光の少しでも役に立っていたら幸いです。

関連記事

関連するキーワード

Noimage
この記事のライター
Cheese

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ