ハワイのチップ事情!ホテルやレストランでの渡し方や相場は?カードもOK!

ハワイでは、日本人なら必ず緊張してしまだろうチップという文化があります。一体チップはどのように渡したらいいのでしょうか。今回はハワイ旅行で迷わないためにチップの渡し方、相場、渡すシチュエーションなどをじっくり見ていきたいと思います。

ハワイのチップ事情!ホテルやレストランでの渡し方や相場は?カードもOK!のイメージ

目次

  1. 1ハワイでチップの渡し方を学ぼう!
  2. 2ハワイに行ったらチップは必須!
  3. 3ハワイでのチップの渡し方は?
  4. 4ハワイでのチップの相場は?
  5. 5ハワイのホテルでのチップの渡し方
  6. 6ハワイのレストランでのチップの渡し方
  7. 7 ハワイのタクシーでのチップの渡し方
  8. 8ハワイのホテルでのチップの渡し方
  9. 9ハワイのエステでのチップの渡し方
  10. 10ハワイのオプショナルツアーでのチップの渡し方
  11. 11ハワイで結婚式をした時のチップの渡し方
  12. 12ハワイの高級レストランではチップが高い?
  13. 13ハワイでチップはなんの意味があるの?
  14. 14ハワイではチップを渡さなければダメ?
  15. 15ハワイでチップを渡し忘れたら?
  16. 16ハワイでチップを渡すために現金を持っていたほうがいい!
  17. 17ハワイでチップを渡すためにどこで両替すればいい?
  18. 18ハワイにいる日本人にもチップをあげるの?
  19. 19ハワイではカードで支払ってもチップは払う!
  20. 20ハワイでチップを渡す習慣を学ぼう!

ハワイでチップの渡し方を学ぼう!

日本人観光客の多いハワイでは、万が一日本チップを忘れてしまっても、現地のスタッフがうまく対応してくれたりします。無理にチップを渡さなければいけないと言って身構えてしまう必要もありません。しかし、ハワイのちょっとローカルなところに入ったらやはりチップを渡さなければいけません。今回の記事を参考にこの機会にぜひチップの文化を覚えてみてはいかがでしょうか。

ハワイに行ったらチップは必須!

ハワイに旅行に来たらまず最初に知っておかなければいけないのが、チップを渡すという文化です。日本ではチップを渡す文化がないので、なかなかどうやって渡したらいいのか渡し方がわからない人も多いかと思います。ホテルやタクシー、レストランによっても相場が違い、渡し方も違います。今回はハワイのシチュエーション別でチップの渡し方を見ていきます。

ハワイでのチップの渡し方は?

ハワイでチップを渡す場面はたくさんあります。初めてハワイに行く人はなかなかチップの渡し方がわからないのではないでしょうか。しかしどこでチップを渡すべきなのか、どういう人にチップを渡せばいいのか、チップの渡し方が分かっていれば悩む必要はありません。適切なシチュエーションで、適切な人にチップを渡しましょう。

レストランなどの場合はレシートに記載されています。また、ホテルなどの場合はドアマンやポーターなど、直接関わってくれたスタッフに対して直接手渡しします。ホテルやレストランによってハワイでのチップの渡し方が違うので、それぞれシチュエーション別に渡し方を覚えておく必要があるのです。これも実際に一緒に見ていきましょう。

ハワイでのチップの相場は?

ハワイでのチップの相場はレストランやホテル、タクシーなどによっても違います。高級ホテルなどの場合はチップの相場が高かったりします。同じく高級レストランなどではチップの料金が高いところももちろんあります。大体の相場でも、場所によってチップの相場も知っておくと便利です。あまりぼったくられるということもないでしょう。

普通のレストランならば15%から20%ぐらいが相場です。高級レストランの場合は25%ぐらいのチップをあげるところもあります。チップはサービスに対して与えるものなので、レストランの施設やサービスによってもチップの相場が変わるのです。ホテルでポーターやドアマンなどに渡すチップの相場は1ドルから2ドルほどです。ホテルの相場も後でじっくり見ていきましょう。

ハワイのホテルでのチップの渡し方

ホテルに来ると必ずチップを渡す瞬間が訪れます。ホテルは渡す人が色々いるので、あらかじめ誰にチップを渡すべきなのか知っておく必要があります。一番わかりやすいのはホテルに泊まった時にお部屋に案内してくれたり、お部屋まで荷物を持ってきてくれるポーターです。ポーターは最もよく関わり会う人なのでよく知っておくと良いでしょう。

ホテルの場合はポーターがもらえるチップがホテル側からそのまま歩合のように受け取れるようになっています。ホテルによってはあらかじめチップをもらうことを想定して給料が安くなっていたりするので、ポーターにとってはこのチップが大事な生活費になったりします。なので、ハワイのホテルではチップをきちんとあげた方がいいのです。

荷物を運んでくれたらその荷物の分量によって1ドル札か2ドル札ぐらいをあげると良いでしょう。たくさんの荷物を運んでもらったのなら、荷物の分量に対してチップをあげてもいいでしょう。あくまでマナーですので、ホテルで大盤振る舞いをしてしまう必要もありません。適切なチップの相場、ホテルのグレードなどを考えてチップをあげると良いでしょう。

Thumbハワイ出雲大社を参拝!お土産に人気のお守りや御朱印帳・行き方紹介!
ハワイは日本人観光客の方々も多い、人気リゾート地なのですがハワイ出雲大社があるのはご存じでし...

ハワイのレストランでのチップの渡し方

ハワイのレストランに行くと、日本人なら意外とチップをどうやって渡せばいいのかわからずに緊張してしまうことがあるでしょう。しかしレストランや高級レストランなどに入ると、決まって必ずレシートにチップの料金が記載されているので、日本人でも迷わずにチップの相場を知ることができます。
 

高級レストランでウェイターさんをチェックプリーズと言って呼び止め、まずは伝票をもらいます。伝票の下の方に合計金額が書いてあるのですが、合計金額の上の方にチップの料金も記載されています。相場がわからなくても伝票に書いてあるので渡し方は簡単なのです。お店によってチップの相場が決められており、その金額が記載されています。

日本人のよく訪れる日本人観光客向けのレストランでは、必ずレシートにちゃんとチップの料金が記載されています。ちゃんと記載されているので、チップの料金でぼったくられるということもありません。ホテルなどでは直接スタッフに手渡しするのが決まりですが、ハワイのレストランではチップがレシートに記載されてあるのです。

ハワイのレストランでは大体15%から25%の間でチップの料金の相場が決められています。これは飲食した合計金額に対し、別途でこの%の金額を支払うということです。正しい金額になっているか心配な場合は、携帯のアプリなどでパーセンテージを計算してみると良いでしょう。観光客向けのレストランならまずぼったくられることはないでしょう。

ハワイのタクシーでのチップの渡し方

タクシーでチップを渡す必要があるのか知らなかった人も多いのではないでしょうか。観光地に訪れると必ずタクシーを使うこともあるでしょう。タクシーは使う頻度が多いので、毎回チップはあげるのが少し大変に思います。なので、ついついチップをあげなくてもいいのではないかと思ってしまいますが、タクシーでもチップは渡します。

タクシーのチップは相場が大体10%から15%ほどです。メーターに記載されている料金から10%15%ほどのチップをあげるようにしましょう。タクシーはメーターによってセント単位でお金を払わなきゃいけない場合もありますが、うまく切り捨てるためにチップで端数をあげてもいいでしょう。

大きなお札しかない場合は、お釣りをくださいと言えば、チップ分を差し引いたお釣りをもらうこともできます。チップの渡し方を覚えた上級者は、こうした方法でチップをあげている人もいらっしゃいます。こうしなければいけないというものがないので、運転手によくコミュニケーションを取ってチップをあげると良いでしょう。

ハワイのホテルでのチップの渡し方

ホテルでは特にチップを渡すシチュエーションが多いです。ドアを開けてくれるドアマンにもチップをあげますし、レストラン予約したい時に、ホテルのスタッフに電話で予約してもらった時にもチップをあげます。お部屋に荷物を運んでくれるポーターにもチップをあげるようになっています。まず最初にあげるのはポーターではないでしょうか。

ポーターにあげるチップの相場は1ドルか2ドルほどです。あまりにも荷物が多かった場合はそれ以上あげてもいいでしょう。落し物をしたりして探してもらったりした時にもポーターにチップをあげると良いでしょう。良い関係を保つためにうまくチップを使って、お礼のような感じでチップを渡してもいいでしょう。

ハワイのエステでのチップの渡し方

ハワイではエステサロンなどがたくさんあります。もちろんエステサロンなどでもチップは渡さなければいけません。ハワイのマッサージやネイルサロン、美容院に行ってもチップを渡す文化があります。なのでハワイでエステに行った時のチップの渡し方も見ていきましょう。基本的には料金の15%から20%の相場が設定されています。

こちらもレストランと同じようにチップの料金がレシートに記載されています。お店によっては日本人観光客だからといって割増しでチップを請求される場合もなくはありません。ネットの口コミなどを参考にして、どれくらいのチップを渡しているお店なのか調べておくのもいいかもしれません。観光客向けのエステなら大丈夫だと思いますが。

ハワイのオプショナルツアーでのチップの渡し方

ハワイはリゾートスポットなので、ドルフィンツアーやマリンスポーツなどを楽しむオプショナルツアーが開催されていることが多いです。ホテルが用意してくれているオプショナルツアーに参加することもあるでしょう。そうした場合にももちろんチップを渡す必要があります。オプショナルツアーの場合はあらかじめ料金が含まれていることもあります。

しかし、日本の旅行会社などでツアーを組んでもらった場合はいいのですが、現地で急遽ツアーに参加した場合などは観光客向けにチップを入れるためのボックスを用意されることがあります。ツアーの料金はちゃんと支払ったが、楽しかったらボックスにチップを入れてねという風にお願いされることがあるのです。

他の場所とはちょっと違ったチップの渡し方をするので、英語がわからなくてもボックスが出てきたらチップを渡すんだな、というふうに知っておくと良いでしょう。パフォーマンスでチップをあげるような感覚で、楽しかったら感謝の気持ちを込めてチップをあげると良いでしょう。周りの人がどれくらいあげているのか相場を確認しながら渡すのがおすすめです。

ハワイで結婚式をした時のチップの渡し方

ハワイで結婚されている日本人は沢山いらっしゃいます。結婚式なのでチップは必要ないかと思いきや、実はハワイで結婚式をあげるときにもチップを渡す場面がかなりたくさんあります。関わっている人が多いので、ホテルやレストランとは違って多くの人にチップを渡す機会があるのです。ハワイで結婚式をした時のチップの渡し方も見ていきましょう。

ハワイでウエディングをする場合はビーチで写真を撮ってもらったりすることがあります。ビーチで写真を撮ってもらうとカメラマンなどにチップを渡すことがあります。日本で企画されたウエディングプランなら、日本人のカメラマンがいる場合とかもありますが、現地のカメラマンがいる場合はチップを渡した方がいいでしょう。

それからリムジンなどを雇った場合はリムジンの運転手などにもあげます。ホテルで運転手を呼んでもらった時もそうですが、ホテルが用意している専用の車などに乗った時にも、運賃とは別に運転手にタクシーのようにチップをあげると良いでしょう。なかなか難しいですが、わからなかったら聞いてしまうのもいいでしょう。

ヘアメイクさんやカメラマン、ウェディング衣装などを整えてくれるスタッフさんにもチップを渡すことがあります。牧師さんも関わる人ですが、牧師さんにもチップをあげるべきなのでしょうか。牧師さんには基本的にチップをあげる人は少ないようです。逆にあげてしまうと失礼になる可能性があるので、牧師さんにはチップをあげなくてもいいでしょう。

ハワイの高級レストランではチップが高い?

ハワイの高級レストランでは先ほどもちらっとご紹介しましたが、チップの料金が高いです。ハワイの高級レストランでは日本人観光客向けに営業しているところも多く、丁寧にレシートにわかりやすくチップの相場の料金が書いてあったりします。見てみるとやはり高級レストランの方がチップが高いのです。

サービスに対して与えるチップなので、高級レストランのサービスは10%ほど高かったりすることがあります。ギリギリのお値段で高級レストランに入ってしまうと、レシートに記載されてしまっているのでチップをあげざるを得ません。なのでチップの料金もあらかじめ15%から20%ほど計算して出しておくと良いでしょう。

高級レストランはチップが高いのは嫌な気がしますが、居酒屋さんでお通し料金がかかるのと同じような感じだと考えればいいでしょう。サービス業に従事しているスタッフはチップが生活費になるので、なるべく考え方を変えて、気持ちよくチップをあげたいものです。スタッフに対するお礼だと思って高級レストランでもチップをしっかりあげましょう。

ハワイでチップはなんの意味があるの?

ハワイでチップをあげる習慣を身につけると思いますが、一体どうしてチップをあげなければいけないのでしょうか。根本的なことですが、意外と日本人には理屈が分かっても、どうしてチップをあげなければいけないのか、と考えてしまうものです。基本的にはお店の料金とは別にサービスの料金としてチップがかかります。

ホテルやレストランにもよりますが、チップの料金がそのまま従業員の給料になったりします。チップがたくさんもらえるようなレストランでは、あらかじめチップの料金が従業員の給料に含まれていたりします。チップと合算して、彼らの生活費になったりしているので、サービス業に従事している人はチップはとても重要なのです。

なので単にマナーが悪かった、あの人にはチップをあげたくない、という理由でチップをわざとあげないのはマナー違反です。あくまでもお店が用意してくれているサービスに対して支払われるチップこともあるので、その人に不満があってもお店に支払っているんだという気持ちで、従業員にもなるべく嫌われないようにチップをあげた方がいいでしょう。

ハワイではチップを渡さなければダメ?

日本人観光客の場合はそうした文化がないので、よくチップをあげ忘れてしまう人もいらっしゃいます。基本的なマナー違反なので、観光客に馴染みのないレストランやホテルに入った場合はスタッフがちょっと嫌な顔することもなくはありません。しかし日本人観光客の多いホテルやレストランでは忘れてしまっても大丈夫です。

あまり英語がうまくなかったりした場合は、スタッフが日本のことをよくわかっているので無理にチップを請求したりということはほとんどありません。嫌な顔されることもないので、渡し忘れてしまっても大丈夫です。わざとあげないというのはマナー違反なので、ちゃんとしているならきちんとチップは渡した方がいいでしょう。

ハワイでチップを渡し忘れたら?

万が一チップを渡し忘れてしまっても、後で別の何かをしてくれた時にあらかじめ少し多めにあげたり、あるいはそのまま見逃してしまっても大丈夫でしょう。チップをくれないと言って怒ったりする人もいるかもしれませんが、後から無理にチップを渡しに行くというようなことはしなくて大丈夫でしょう。渡し忘れても気にする必要はありません。

ハワイでチップを渡すために現金を持っていたほうがいい!

ハワイではチップをあげる場面がたくさんありました。万が一の場合現金がなかったということがないようにしておかなければいけません。レストランなどでもクレジットカードで支払いをしてもチップの代金は別に現金で用意しておく必要があります。なので現金はどっちみち持っておかなければいけないのです。

ハワイでチップを渡すためにどこで両替すればいい?

ハワイに来たらまず空港に訪れると思いますが、ホテルに行くまでの間に、チップを渡すための現金を両替しておく場所が見つからないかもしれません。そうした時のためにまずは空港でチップを両替しておくと良いでしょう。ホテルに着いたらホテルでも両替することができるので、両替できるホテルならホテルまでのチップを両替しておく必要があります。

安いホテルなどはチップのために現金を両替できないところもあります。日本円に対応していないところもあったりするので、ハワイでホテルを予約した時に両替できるかどうかあらかじめ調べておく必要があります。空港ではもちろん日本円を両替することができますが、ホテルによってはできないところもあるので注意が必要です。

自分の宿泊するホテルが両替できなかったら、日本にいる時にあらかじめ両替しておくのがいいでしょう。両替所というところがあり、駅の近くや大きな銀行などにあります。よく利用する銀行でお金をおろすタイミングで両替するのもいいし、複数の路線が入っている大きな駅などでは、大体近くに両替所というのがあります。

外国人が多く住んでいる駅の近くなどでもよく両替所があったりします。日本であらかじめ両替しておくのもおすすめです。ハワイでは日本人観光客がよく訪れる免税店や、大きなデパートのフロントなどでも両替することができるようになっていたりします。ホテルや空港で両替ができなかったら、買い物するついでに両替しておくと良いでしょう。

Thumbハワイの空港(イノウエ国際空港)まとめ!ホノルルへのアクセスや施設情報も!
ダニエル・K・イノウエ国際空港は、ハワイのホノルル近郊にある空港です。旧名称はホノルル国際空...

ハワイにいる日本人にもチップをあげるの?

ハワイでは日系人や、日本人などもたくさんいます。現地のレストランで働いてる学生さんなどもいらっしゃいます。そうした場合日本人なのにチップをあげる必要があるのでしょうか。答えは日本人でもチップをあげた方がいいでしょう。ハワイに来たらハワイにいる人には基本的にチップをあげることを考えておいた方がいいです。

例えば学生さんなら現地で生活しているわけなので、彼らの生活費になっています。それから、もしかしたらハワイで生まれた日系人の人かもしれません。顔が日本人に見えても、ハワイ育ちの日系人の可能性もあるので、日本人だからチップをあげなくていいや、と考えるのは早とちりになるでしょう。現地で働いてくれたらチップをあげた方がいいです。

ハワイではカードで支払ってもチップは払う!

ハワイではクレジットカードで支払ったときもチップを渡す必要があります。カードで現金を払った場合でも、クレジットカードでチップを払うことになります。お店によっては手書きの伝票などもあり、クレジットカードで払う場合でも手書きでチップの料金が書いてあったりします。もちろんチップの料金をカードで支払うことができるお店もあります。

お店によってはチップの料金はカードとは別に現金で払う場合もあります。基本的にはカードで一緒に払う出ることもありますが、分からない場合はチップをカードで支払えるか聞いてみると良いでしょう。たまにレシートにチップは含まれていません。と書かれている時があります。こうした場合はまずカードで食事の料金だけを支払います。

人によってはこのままチップを払わない場合もあります。カードで支払って食事代だけ支払って帰ってしまうこともあるのです。手書きで自分でチップの料金を記入し、そのあとに合算して合計金額をカードで支払う場合もあります。もしそうでない場合は、現金で別にチップの料金を置いておくと良いでしょう。

頼めばチップの料金も含めてレシートで一緒にカードで支払うことができることもあるでしょうが、デジタル端末を用意していないお店なども結構あります。チップは現金でくださいと言われる場合もなくはありません。基本的にはクレジットカードを使っても基本的にチップを払う仕組みになっていますので、ぜひカードでもチップを払いましょう。

ハワイでチップを渡す習慣を学ぼう!

いかがでしたか?ハワイではチップを渡す場所がたくさんありました。初めてならチップをいくら渡していいのか、相場はいくらなのか、渡し方はどうすればいいのかということがわかりません。しかしあらかじめ情報をしっかりと揃えておけば迷う必要もありません。ハワイ旅行を楽しく過ごすために、しっかりとチップの渡し方を覚えておきましょう。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
tabito

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ