鶴岡・庄内映画村と資料館の料金やアクセス紹介!人気映画の展示満載!

山形県の鶴岡には様々な映画の撮影で使用されている映画スタジオ、庄内映画村があります。映画スタジオと言うと一般の方は入ることができない印象がありますが、庄内映画村は一般公開されていて、山形の新たな観光スポットになりつつあります。

鶴岡・庄内映画村と資料館の料金やアクセス紹介!人気映画の展示満載!のイメージ

目次

  1. 1庄内映画村とは?
  2. 2庄内映画村の庄内映画村資料館とは?
  3. 3庄内映画村・庄内映画村資料館の見どころ1:室内セット
  4. 4庄内映画村・庄内映画村資料館の見どころ2:撮影資料
  5. 5庄内映画村・庄内映画村資料館の見どころ3:体験コーナー
  6. 6庄内映画村・庄内映画村資料館の入場料金
  7. 7庄内映画村・庄内映画村資料館のアクセス
  8. 8庄内映画村・庄内映画村資料館の注意事項!
  9. 9庄内映画村のオープンセットとは?
  10. 10庄内映画村・オープンセットの見どころ1:るろうに剣心の撮影地
  11. 11庄内映画村・オープンセットの見どころ2:おくりびとのセット
  12. 12庄内映画村・オープンセットの見どころ3:おしんの生家
  13. 13庄内映画村・オープンセットの見どころ4:殿、利息でござる!
  14. 14庄内映画村・オープンセットの見どころ5:勇者ヨシヒコの撮影地
  15. 15庄内映画村・オープンセットの見どころ6:戦国大手門エリア
  16. 16庄内映画村・オープンセットの見どころ7:農村エリア
  17. 17庄内映画村・オープンセットの見どころ8:宿場街エリア
  18. 18庄内映画村・オープンセットの見どころ9:山間集落エリア
  19. 19庄内映画村・オープンセットの見どころ10:漁村エリア
  20. 20庄内映画村・オープンセットの見どころ11:風のエリア
  21. 21庄内映画村・オープンセットの周遊バス
  22. 22庄内映画村・オープンセットの入場料金
  23. 23庄内映画村・オープンセットのアクセス方法
  24. 24庄内映画村・オープンセットの注意事項!
  25. 25庄内映画村は見どころ満載

庄内映画村とは?

庄内映画村は様々な映像作品の撮影で使われている映画スタジオで、映画の世界を味わえると人気のスポットです。庄内映画村には庄内映画村資料館と、そこから車で約20分ほどの所にあるスタジオセディック庄内オープンセットがあり、1日中楽しめます。庄内映画村のおすすめスポットからアクセス方法、料金まで詳しく紹介していきます。

庄内映画村の庄内映画村資料館とは?

21147207 336583740121704 5039487202313109504 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
sunflowersmile.sao

庄内映画村資料館は、明治時代に庄内藩士たちが開拓した「松々岡開懇場」に建てられた資料館で、ここには映画に使用された室内セットや衣装、小道具などが保存されています。庄内は様々な映画の撮影地になっていて、庄内地区で撮影された映画の資料やポスターなども展示されている、映画ファンに特に人気の資料館です。

庄内映画村・庄内映画村資料館の見どころ1:室内セット

29716604 1979496599033168 4119500040664252416 n
shonai.eigamura

庄内映画村資料館での一番の見どころと言っても過言ではないスポットが、映画の室内セットです。庄内映画村資料館は2階建てとなっていて、2階に映画「おしん」や「スキヤキ・ウェスタン・ジャンゴ」の室内セットがあります。実際に使われた小道具や衣装なども展示されていて、映画のシーンを思い浮かべながら楽しむことができます。

庄内映画村・庄内映画村資料館の見どころ2:撮影資料

1173132 436463869790927 1200185934 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
pipi_tans

庄内映画村資料館の1階には、庄内地区で撮影された映画のポスターや看板、実際の撮影で使われたカメラや映写機などの撮影機材が展示されています。映画の台本やパンフレット、プレスシートなどの資料を座って読むことができる読書コーナーもあり、映画ファンに人気です。また、時期によっては企画展が行われていることもあります。

庄内映画村・庄内映画村資料館の見どころ3:体験コーナー

けん玉やお手玉、メンコなどで遊ぶことができる昔遊びコーナーは、大人にも子どもにも人気です。ご年配の方が講師となって遊び方を教えてくれます。また、人力車や御所車に乗って記念撮影ができるコーナーや、足軽甲冑の着付けを体験できるコーナーがある他、ミニシアターでは懐かしのニュース映画などを見ることができます。

庄内映画村・庄内映画村資料館の入場料金

29740141 2064909960421881 4544385147914420224 n
shonai.eigamura

庄内映画村資料館への入館料金は、一般料金(高校生含む)が500円、小・中学生料金が200円、幼児(未就学児)は入場無料です。20名以上の団体の場合は、こちらの料金からそれぞれ50円割引きになります。さらに、館内を案内してもらえる館内ガイドのサービスもあります。こちらの料金は、1グループにつき1500円です。

庄内映画村・庄内映画村資料館のアクセス

12063131 1075413612489012 1485154544 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
nrafactory

庄内映画村資料館は、車、バス、タクシーでのアクセスが可能です。車でのアクセスは、鶴岡公園から約15分、JR鶴岡駅から約20分、山形道鶴岡I.C.から約25分です。タクシーでのアクセスは、JR鶴岡駅から小型タクシー乗車、おおよその目安料金は片道3200円前後です。40台の駐車スペースがあり、駐車料金は無料です。

11123662 883523698373143 521500323 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
nmz910

バスでのアクセスは、JR鶴岡駅から羽黒山方面行きのバスに乗車し、「やまぶし温泉 ゆぼか」で下車。バス停から松々岡まで約30分ほどかかります。また、JR鶴岡駅や鶴岡市役所前から乗車できる、にこにこバス 今野線で「庄内の米作り用具収蔵庫」まで乗車すると松々岡まで行くことができますが、運行は祝日除く火曜、木曜、土曜のみです。

Thumb庄内観光おすすめランキング25!子供に人気のスポットや物産情報あり!
庄内地方でおすすめの観光スポットをランキング形式でご紹介します。庄内地方には大人から子供まで...

庄内映画村・庄内映画村資料館の注意事項!

23416475 134199324010157 149872943923462144 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
abitaro.y

庄内映画村資料館は、3月中旬から11月は午前9時から午後5時まで、12月から3月中旬は午前10時から午後3時までの営業となっていて、最終入場は閉園時間の30分前です。年末年始を除き年中無休ですが、冬季(12月から3月中旬)は事前予約が必要になるので注意してください。

庄内映画村のオープンセットとは?

10575997 1670356076541966 559212096 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
shiori.f224

庄内映画村のスタジオセディック庄内オープンセットは、元々映画の撮影のために作られた撮影所をそのまま保存し一般公開しているオープンセットで、現在も映画やドラマの撮影で使われています。オープンセットがそのまま残されているだけあって、他の時代にタイムスリップしたかのような感覚を味わうことができます。

庄内映画村・オープンセットの見どころ1:るろうに剣心の撮影地

13556917 642763622577842 1955231463 n
ka0710

大人気映画「るろうに剣心 京都大火編」が撮影された場所です。主人公の剣心と瀬田宗次郎が激しいアクションを繰り広げる名シーンが撮影された場所とあって、ファンにはたまらない聖地です。家屋の中に入ることもできるので、縁側に座って映画の登場人物と同じポーズで写真を撮るのが人気となっています。

庄内映画村・オープンセットの見どころ2:おくりびとのセット

13437212 740948846043958 1987990027 n
keiko0807m

日本アカデミー賞を受賞し、長く愛され続ける映画「おくりびと」に登場する鶴乃湯は、元々鶴岡市内の別の場所にあり撮影もそこで行われました。撮影後、建物の老朽化によって廃業し取り壊される予定でありましたが、廃業後も建物の前で記念撮影をする人が後を絶たないほどの人気だったため、こちらのオープンセットに移築されました。

14099817 537421976463058 297198585 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
nanteroi

屋内も、番台から脱衣所、湯室の細かな部分まで完全に再現されています。約68年間営業していた歴史ある鶴乃湯の浴槽の色は元々こげ茶色でしたが、映画のために水色に塗り替えられました。撮影後はまたこげ茶色に戻されましたが、移築されたこちらのセットには撮影時の水色で塗装された浴槽があり、人気の撮影スポットです。
 

14276473 299377577104469 1794788373 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
nanteroi

脱衣所に置いてある椅子や机、将棋盤などの小道具や、料金表など細かな所までリアルに再現されているので、先ほどまで営業が行われていたかのような感覚になります。劇中の写真と見比べながら見るとより楽しめると思います。鶴乃湯の女湯は実際に撮影では使われていませんが、そちらもそのまま再現されているのでぜひ覗いてみてください。

庄内映画村・オープンセットの見どころ3:おしんの生家

15035633 1217860734940642 2871250134899884032 n
tb00000000

山形県鶴岡市出身の監督が撮影した映画「おしん」は、すべての撮影が山形県で行われました。1983年に放送されていたドラマ版の撮影に使用されたおしんの生家を、映画の撮影のためにオープンセットに移築し、映画版の撮影はこちらで行われました。オープンセットの各所でも撮影が行われ、おしんの生家はそのまま残されています。

14294890 930837640372251 1966401398 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
nanteroi

昔ながらの茅葺屋根の家屋や、着物が外に干されている所も風情を感じます。家屋の中にも、囲炉裏や籠などがそのまま残されています。家屋の周りには自然いっぱいの田園風景が広がっていて、「おしん」の雰囲気だけを味わうことができます。田んぼに植えられている稲は、撮影のために実際に植えられたものだそうです。

庄内映画村・オープンセットの見どころ4:殿、利息でござる!

14156535 1447058745311324 249864404 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
tb00000000

フィギュアスケートの羽生結弦選手が出演したことで話題になった映画「殿、利息でござる!」の撮影が行われたのも、スタジオセディック庄内オープンセットです。こちらもオープンセットの各所で撮影が行われた他、撮影のためにセットが建てられました。羽生結弦選手が登場するシーンの撮影も行われていて、ファンにも人気です。

庄内映画村・オープンセットの見どころ5:勇者ヨシヒコの撮影地

14564852 1216612385047346 4651721586141822976 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
maijuria

大人気ドラマ「勇者ヨシヒコ」シリーズのメインロケ地となったのが、スタジオセディック庄内オープンセットです。「勇者ヨシヒコ」のロケ地を目的としてこちらのオープンセットを訪れる方も少なくないほど人気で、専用のマップが配られるほどです。それぞれのエリアにまんべんなく撮影地が点在していて、セット内を歩いているだけで楽しめます。

13397667 588202294695538 1726611411 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
chester_yard

オープンセットの端には美しい緑に囲まれた川があり、ここでは小池栄子さん扮する天女が登場するシーンの撮影が行われました。かなり奥まった場所にあるので、見学の際は十分に気を付けてください。また、ドラマが撮影されたセット内の家屋のどこかには出演キャストの方々のメッセージも残されているようです。ぜひ探してみてください。

13642878 243110129409746 2009566199 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
saico421

撮影で実際に使われた小道具なども、その場にそのまま残されている所もファンを唸らせているポイント。歩いていると急に出てくることもあるので、気を抜けません。まるで本当にドラマの世界の中に入り込んだような感覚を楽しめます。なかなかコアな世界観なので、ドラマを見たことのない人も気になって見たくなってしまうかもしれません。

庄内映画村・オープンセットの見どころ6:戦国大手門エリア

21296426 310857869383184 5258684251288633344 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
yamacoro23

高くそびえたつ大手門と塀が目印の戦国大手門エリア。オープンセットのエントランス近くにあるエリアです。「のぼうの城」や「BALLAD(バラッド)-名もなき恋のうた- 」などの映画、「江」や「風林火山」などの大河ドラマの撮影で使われたセットが、山形県北杜市の旧風林火山館から移築されています。

13671331 949726201803372 2071170443 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
saico421

戦国大手門エリアにある約6.5メートルの大手門の左右には見張り台があり、上に登って景観を楽しむことができます。見張り台には、よく映画などで敵に攻め込まれたときに使用する大砲もあり、子どもに人気の撮影スポットです。ぜひこちらに登って、見張り役体験をしてみてください。

庄内映画村・オープンセットの見どころ7:農村エリア

13649400 1836930206527990 536425692 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
kuma22712

農村エリアは自然豊かな田園風景が広がっていて、様々な時代劇の撮影に使用されています。ドラマ「勇者ヨシヒコ」でヨシヒコがいざないの剣を抜き取る、物語の始まりとなる大事なシーンに使われた建物や、おしんの生家が農村エリアにあります。農村エリアには、1階200円で引くことができるおみくじがあるのでぜひ引いてみてください。

庄内映画村・オープンセットの見どころ8:宿場街エリア

14063558 1391400117591672 2855564798370775040 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
12um150da

江戸時代の宿場の町並みが完全に再現されているのが宿場街エリアです。江戸の風情ある飯屋や旅籠屋などが約40軒がぎっしりと立ち並んでいて、まるで江戸時代にタイムスリップしたかのような感覚を味わえます。実際に撮影で使われているだけあってディテールも凝っているので、細かい所まで注目して見てみてください。

庄内映画村・オープンセットの見どころ9:山間集落エリア

11189395 1739935009582270 30991564 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
masaki1976

山奥のひっそりとした静かで素朴なエリアです。とても今の時代に建てられたとは思えないほどリアルに再現された質素な家屋や水車小屋が立ち並んでいます。現代ではめったに見ることのできない茅葺屋根の家屋があり、屋内では昔遊びの体験ができます。園内で一番高い所に建っているてっぺんの家からは、庄内平野を眺望することができます。

庄内映画村・オープンセットの見どころ10:漁村エリア

13643748 290945291268337 385333347 n
instagragon

漁村エリア内にある船や網は昔から使われていたもので、実際に撮影に利用されています。このエリアには矢場、貸衣装、段ボール迷路などのアトラクションもあるので、子どもも楽しめるエリアとなっています。オープンセット内で最大のセットである商家屋敷があり、屋敷内を見学してから風情のある縁側でゆっくりと休憩するのがおすすめです。

18443270 1466557520085730 2987650925511835648 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
kappanjoe

こちらのエリアでは貸衣装をきて記念撮影ができるブースがありますが、スタジオセディック庄内オープンセットにはコスプレでの入場も可能です。全身仮装には予約が必要ですが、無料の更衣室や有料で貸切更衣室を借りることもできます。コスプレをしてセットに溶け込むことで、より映画の世界に浸って楽しむことができます。

庄内映画村・オープンセットの見どころ11:風のエリア

21224453 166016683949382 534644688716562432 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
kajigram1992

2013年に新たに作られたエリアです。オープンセットの端にある風のエリアは、これまでのエリアとは全く違った雰囲気を醸し出しています。洋風でレトロな建物と緑豊かな景観は絶好の写真スポットです。室内に入ることができるので、中にある小道具やベランダからの景色も楽しんでください。自然に囲まれてリラックスできること間違いなしです。

庄内映画村・オープンセットの周遊バス

19535080 223409978179854 8903162420843773952 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
shinji0428

スタジオセディック庄内オープンセットは広大な面積で、日本一のオープンセットと言われています。かなり広いので、セット内を走るバスを利用するのがおすすめです。周遊バス乗車券は500円で、終日バス乗り放題になります。セット内の各エリアに7か所のバス停があり、20分間隔で運行しています。もちろん徒歩でも見学することができます。

庄内映画村・オープンセットの入場料金

14730620 355453951464983 8710157340864675840 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
06saki25xxx

スタジオセディック庄内オープンセットの入場料金は、大人料金(中学生以上)が1800円、子ども料金(小学生)が900円、幼児(未就学児)は入場無料です。20名以上の団体の場合は、それぞれ300円割引になります。心身障がい者料金は、大人料金が800円、子ども料金が400円です。

庄内映画村・オープンセットのアクセス方法

14294890 930837640372251 1966401398 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
nanteroi

スタジオセディック庄内オープンセットまではシャトルバスや路線バスが運行しておらず、車やタクシー以外のアクセス方法がありません。車でのアクセスは、JR鶴岡駅から約30分、山形道鶴岡I.C.から約40分、庄内映画村資料館がある松々岡開懇場からのアクセスは、車で約20分です。駐車場料金は無料です。

Thumb鶴岡市観光スポット完全網羅!定番の名所からグルメまでモデルコース紹介!
鶴岡市でおすすめの観光スポットやモデルコースをご紹介します。鶴岡市は山形県でも人気の観光地。...

庄内映画村・オープンセットの注意事項!

10623932 1471688039760441 1656972900 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
busbus1961

スタジオセディック庄内オープンセットの営業時間は、4月28日から9月30日が9時から17時、10月1日から11月11日までは9時から16時まで、最終入園時間は閉園の1時間前です。11月中旬から4月下旬は見学することができません。雨天時、積雪時、撮影時は一部エリアの見学が不可能になるか、休業の可能性があるので注意してください。

庄内映画村は見どころ満載

庄内映画村の見どころや料金、アクセス方法について紹介しました。様々な映画の撮影地を見ることや、体験型のコーナーで楽しめることの他にも、大自然に囲まれた非日常空間でリラックスできます。どちらもリーズナブルな料金で映画好きな人はもちろんそうでない人も1日中楽しめるので、鶴岡を訪れた際にはぜひ庄内映画村を訪れてみてください。

関連記事

関連するキーワード

Noimage
この記事のライター
y1015yy

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ