横浜国際プールのアクセス・駐車場・料金は?ジムやバスケ観戦もおすすめ!

この記事では、横浜市にある『横浜国際プール』の情報を書きました。施設名にもあるように、横浜国際プールではプールで泳ぐことができます。しかし実はプールだけでなく、ジムやバスケも楽しめるんです。駐車場情報や営業時間も掲載しているので、ぜひ読んでいってください。

横浜国際プールのアクセス・駐車場・料金は?ジムやバスケ観戦もおすすめ!のイメージ

目次

  1. 1横浜国際プールの施設情報を徹底解説!
  2. 2横浜国際プールには3種類のプール!
  3. 3横浜国際プールはトレーニングジムも完備!
  4. 4横浜国際プールでは卓球OKのサブアリーナも!
  5. 5横浜国際プールではバスケ観戦が可能!
  6. 6横浜国際プールには会議ができる多目的ホール
  7. 7横浜国際プールの料金表一覧!
  8. 8横浜国際プールの営業時間は?
  9. 9横浜国際プールのアクセス方法は?
  10. 10横浜国際プールの駐車場情報!
  11. 11横浜国際プールではプール以外も楽しめる!

横浜国際プールの施設情報を徹底解説!

今回は、神奈川県にある『横浜国際プール』の記事を書きます。施設名からしてプールがあるのは分かりますが、横浜国際プールではジムやバスケ観戦もおすすめなんです。この記事を読めば、横浜国際プールの施設情報や駐車場情報、栄養時間等がばっちり分かります。興味のある方は、ぜひ最後まで読んでいってください。

横浜国際プールには3種類のプール!

メインプールは夏シーズン限定で利用可能!

29093908 600533936952505 8334219678079516672 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
ayako3029

横浜国際プールには、合計でプールが3つあり、その1つがこちらの「メインプール」です。メインプールは50メートルプールで、合計で10コースも用意されています。国際公認というだけあって、迫力満点です。自信を持っておすすめできるプールです。夏シーズンだけしか利用できないのが残念ですが、夏になったらぜひアクセスしましょう。

サブプールは全シーズン個人利用OK!

サブプールは、メインプールと同じコース幅のプール施設です。50メートル公認プールなため、メインプールと同じように練習ができます。もちろん個人利用もできるので、大会開催時以外はいつでも泳ぎに行けます。ちなみに、メインプールやサブプールで泳ぐ際は、スイムキャップの着用が義務づけられているので気をつけましょう。

ダイビングプールは個人利用不可で注意!

13721280 524040737798370 670727981 n
matsuswimmer55

通常のプール施設とは違って、横浜国際プールには「ダイビングプール」があります。そのため、飛び込み競技の練習ができます。プールのサイズは、縦横ともに25メートル。そして水深は5メートルです。また、飛び込み台の高さは、低い順に「3・5・7.5・10メートル」と並んでおります。

そんなダイビングプールでは、飛び込み競技のほかに、スキューバダイビングやシンクロナイズドスイミングの会場としても利用できます。非除に魅力的なダイビングプールですが、残念なことに、個人での利用はできません。団体としてでしか利用できないんです。団体で利用したい方は、公式HPから利用申請書をおくりましょう。

Thumb横浜の釣り堀&釣り場でおすすめはどこ?釣り船や穴場の公園もあり!
横浜には港があるので海釣りをすることができるスポットがたくさんあります。今回は横浜でおすすめ...

横浜国際プールはトレーニングジムも完備!

冒頭でも説明したとおり、横浜国際プールでは『トレーニングジム』が完備されています。中学生以上なら誰でも利用することができ、自分の用途に合わせてジムでトレーニングができます。健康体を手に入れたい方、体力を増やしたい方、アスリート志向の方まで幅広く対応したジムで、横浜国際プールはジム施設としてもおすすめです。

横浜国際プールでは卓球OKのサブアリーナも!

横浜国際プールには『サブアリーナ』という施設もあり、サブアリーナでは卓球とバドミントンができます。サブアリーナでは、他にも「フットサル・ダンス・体操」もできるんですが、個人利用できるのは卓球とバドミントンの2つのみです。用具と室内シューズは用意されていないので、持参するようにしましょう。

ちなみにサブアリーナでは、卓球とバドミントンの利用可能な曜日が異なります。卓球は、毎週木曜日の13時30分から15時30分の2時間、利用ができます。そしてバドミントンの場合は、毎週月曜日の13時30分から15時30分の間だけ利用OKです。なお、大会の日程と重なって利用できない場合もあるので、注意しましょう。

Thumb横浜中華街の人気占いスポット特集!当たると話題の有名どころを厳選!
神奈川県は占いの盛んな地域、そんな中でも断トツに人気があるのが横浜中華街です。多くの女性が押...

横浜国際プールではバスケ観戦が可能!

横浜国際プールには、『スポーツフロア』という施設があります。このスポーツフロアには、貸切の予約を取れば入ることができます。しかし、バスケットボールの試合の観戦目的なら、貸切予約を取らずとも入れます。というのも、横浜国際プールを試合会場として利用している、プロバスケットボールチームがあるんです。

その気になるプロバスケットボールチームとは、『横浜・ビーコルセアーズ』です。横浜・ビーコルセアーズは、神奈川県横浜市を拠点地として活動しているプロバスケチーム。このチームが試合会場の1つとして、横浜国際プールを利用しているんです。横浜国際プールが会場の試合の座席チケットを取れば、スポーツフロアで観戦できます。

【冬シーズン限定】貸切利用で室内テニス!

先ほど、スポーツフロアでは、冬シーズン限定で貸切利用ができると書きました。具体的に説明すると、室内テニスを貸切で行なえるんです。テニスコートは全部で5コート用意されていて、多人数で室内テニスが満喫できます。ちなみに、スポーツフロアにはシャワーやドライヤーも揃っているので、思いっきり汗を流すことができます。

横浜国際プールには会議ができる多目的ホール

横浜国際プールで行なえるのは、スポーツだけではありません。横浜国際プールには『多目的ホール』があり、会議やセミナー、集会などができるんです。多目的ホールには、132席も座席が用意されていて、かなりの数の人が入れます。また、机やホワイトボードなどが無料で使用可能なので、有意義な会議ができると思います。

Thumb横浜中華街の北京ダックはココがおすすめ!安いランチ・おいしい食べ放題など!
横浜中華街には多彩なレストランが軒を連ねていますが、北京ダックがおいしいと評判のお店も数多く...

横浜国際プールの料金表一覧!

横浜国際プールの料金表1:プール

13388508 1122939434395981 19991828 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
swim_igaram

横浜国際プールのプールは、大人と中学生以下で料金が変わります。大人が2時間利用すると、700円の料金が発生します。その後、利用時間が1時間のびるごとに350円料金が上乗せされていきます。そして、中学生以下だと2時間で350円の料金が、1時間のびるごとに170円料金が上乗せされます。当然ですが、子どもの方が利用料金が安いです。

横浜国際プールの料金表2:トレーニングルーム

プールと同様に、トレーニングルームも大人と中学生以下で料金が違います。大人の方が料金が高いんです。その大人の料金は、2時間で500円。その後、1時間利用し続けるごとに、料金が250円上乗せされます。中学生以下の場合は、2時間で250円の料金が発生。そして1時間利用し続けると、120円上乗せされます。大人料金のおよそ半額です。

横浜国際プールの料金表3:サブアリーナ

バドミントンや卓球が楽しめるサブアリーナ、大人が2時間利用すれば、料金が300円発生します。メインプールとサブプール、トレーニングルームと比べると、利用料金が1番安いです。そして、中学生以下が利用した場合の料金は、2時間で150円でした。150円払っただけで、2時間も整った環境でバドミントンできれば上等だと思います。

Thumb横浜でおしゃれな雑貨屋巡りへ!かわいいショップでお土産&プレゼント探し!
神奈川県の横浜エリアでおすすめの雑貨屋さんの情報について、詳しくご紹介していきます。横浜は観...

横浜国際プールの営業時間は?

横浜国際プールは、平日と休日で営業時間が異なるんです。平日の営業時間は、9時30分から22時30分までの計13時間。ちなみに、祝日の営業時間も平日と同じなので注意してください。そして休日の営業時間は、7時30分から21時30分までの計14時間。休日の方が営業時間が長く、朝早い時間帯から泳ぎに行けます。

Thumb横浜でチーズタッカルビが食べれる人気店まとめ!安い食べ放題もあり!
横浜は、世界有数の港町で、異国情緒も感じさせるおしゃれな街として知られる人気エリア。ここでは...

横浜国際プールのアクセス方法は?

横浜国際プールにアクセスする方法の1つとして、電車が挙げられます。電車でアクセスする場合、市営地下鉄グリーンライン『北山田駅』で降りましょう。北山田駅から歩いて7分ほどで、横浜国際プールにアクセスできます。北山田駅の周辺には、コンビニやファミレスが並んでいるので、食べ物や飲み物の確保は簡単に行なえます。

車でアクセスする場合は、主に2ルートから横浜国際プールに向かえます。1つ目は、第三京浜「都筑インター」から向かうルート。都筑インターから向かえば、約10分ほどで横浜国際プールに到着できます。そして2つ目は、東名高速「横浜青葉インター」から向かうルート。横浜青葉インターから向かえば、約15分ほどでアクセスが可能です。

横浜国際プールの駐車場情報!

横浜国際プールで駐車場を利用するときは、料金が発生します。無料ではなく、有料なんです。駐車場の料金は、普通車で2時間300円とリーズナブル。その後、1時間過ぎるごとに150円料金が上乗せされていきます。ちなみに、横浜国際プールでは車をおよそ270台駐車できるので、イベント時以外で駐車場が混雑するなんてことは起きないと思います。

Thumb横浜の岩盤浴おすすめスポットまとめ!カップルや女性も利用しやすい施設あり!
横浜でおすすめの岩盤浴のスポットについて、詳しくご紹介していきます。神奈川県の横浜には、カッ...

横浜国際プールではプール以外も楽しめる!

横浜国際プールの施設や駐車場の数、営業時間など、お分かりいただけたでしょうか。横浜国際プールはプールだけでなく、トレーニングジムやバスケ観戦ができる施設がばっちり用意されているんです。いろいろな用途で利用できる横浜国際プール、おすすめの施設なので、ぜひ1度立ち寄ってみてください。

関連記事

Original
この記事のライター
ぐりむくん

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ