鶴岡八幡宮は鎌倉屈指のパワースポット!見どころや拝観料を徹底調査!

鶴岡八幡宮は源頼朝ゆかりの神社であり、頼朝がここを中心に街づくりをしたことから、今でも鎌倉の中心地となっています。この鶴岡八幡宮に参拝したいという方に、見どころやご利益、パワースポットの情報などをまとめてみました。加えてお土産やランチ情報も紹介します。

鶴岡八幡宮は鎌倉屈指のパワースポット!見どころや拝観料を徹底調査!のイメージ

目次

  1. 1鶴岡八幡宮は鎌倉の観光スポット
  2. 2鶴岡八幡宮とは
  3. 3鶴岡八幡宮はどこにある?
  4. 4鎌倉幕府と鶴岡八幡宮
  5. 5鶴岡八幡宮へのアクセス
  6. 6鶴岡八幡宮の由緒
  7. 7鶴岡八幡宮の拝観料は?
  8. 8鶴岡八幡宮の見どころ1:参道
  9. 9鶴岡八幡宮の見どころ2:建造物
  10. 10鶴岡八幡宮の見どころ3:樹木
  11. 11鶴岡八幡宮のご利益
  12. 12鶴岡八幡宮はパワースポット
  13. 13鶴岡八幡宮でのお土産
  14. 14鶴岡八幡宮周辺でランチ
  15. 15鶴岡八幡宮で歴史に思いを

鶴岡八幡宮は鎌倉の観光スポット

鎌倉といえば、日本でも有名な観光スポットの一つで、見どころが多いところですが、その中でも絶対に外せないのが鶴岡八幡宮ではないでしょうか。そこで鎌倉の代表的観光スポットである鶴岡八幡宮について、見どころや拝観料、そしてお土産やランチの情報などを紹介します。

鶴岡八幡宮とは

鶴岡八幡宮(つるがおかはちまんぐう)は神奈川県鎌倉市にある神社です。鎌倉八幡宮という別称があることでもわかるように、まさに鎌倉を代表するところであり、近年では大分県宇佐市の宇佐八幡宮、京都府八幡市の石清水八幡宮、福岡市の筥崎宮などと共に三大八幡宮の一つにも数えられるようになりました。

鶴岡八幡宮は鎌倉幕府初代将軍である源頼朝とゆかりが深い神社です。それだけに鶴岡八幡宮は鎌倉幕府に関わるさまざまな事件の舞台にもなってきました。鎌倉時代の歴史を今に伝える貴重な歴史スポットの一つでもあるのです。それだけに鶴岡八幡宮はまさに鎌倉の象徴と言えるかもしれません。

なお、若宮大路の参道、本殿北側にある供僧坊跡、および鎌倉市材木座の元八幡を含む鶴岡八幡宮の境内は、国の史跡に指定されているほか、鶴岡八幡宮に所蔵される多くの古神宝類が国宝に、大鳥居などの建造物、彫刻、古文書などの多くが重要文化財に指定されています。

鶴岡八幡宮はどこにある?

鶴岡八幡宮は神奈川県鎌倉市のほぼ中心部に位置しています。鶴岡八幡宮の参道である「若宮大路」は鎌倉のメインストリートでもあり、お土産やランチなどに便利な「小町通り」はこの若宮大路に並行して走ります。ですから鎌倉観光をし、ランチを楽しむのにベストな位置にあるということになります。

鎌倉幕府と鶴岡八幡宮

詳しくは由緒のところで述べますが、鶴岡八幡宮は鎌倉幕府、その中でも初代将軍である源頼朝とのゆかりが深い神社です。1180年に平家打倒のため挙兵した源頼朝が宮を現在地に遷し、ここを中心に幕府の整備をしていったとされているのです。そもそも勧請したのも源頼朝の祖先にあたる源頼義です。

さらに、鶴岡八幡宮の参道のうち、二の鳥居からの部分は「段葛」と呼ばれ、一段高い歩道になっています。ここは頼朝が妻北条政子の安産祈願のために造ったものだとされており、パワースポットの一つになっています。さらに境内の中には「政子石」と呼ばれる、安産祈願をした霊石などもあるのです。

さらに歴史に詳しい方ならよく知っているであろう鎌倉幕府との関係が、鎌倉幕府三代将軍源実朝の暗殺事件です。源実朝は兄の頼家が追放されたことに伴い、12歳で征夷大将軍の地位に就き、武士として初めての右大臣にまで昇進したのですが、28歳という若さで甥にあたる公暁に暗殺されてしまいます。

この暗殺事件が起こったのが、まさにこの鶴岡八幡宮でした。実朝は右大臣昇進の祝いのために鶴岡八幡宮を拝賀するのですが、1219年、この拝賀を終え退出するときに「親の敵」と叫ぶ公暁により襲われたのです。この落命した場所は鶴岡八幡宮の石段もしくは石橋と言われており、公暁は大銀杏の陰から襲いかかってきたとされています(※異論あり)。

鶴岡八幡宮へのアクセス

それでは鶴岡八幡宮へのアクセスを紹介します。公共交通機関を利用してアクセスする場合、最寄駅はJR、江ノ島電鉄の鎌倉駅となります。JRは横須賀線で、総武快速線に直通し、JR東京駅を通過しますし、湘南新宿ラインはその名の通りJR新宿駅を通過します。どこからでも問題なくアクセスできるでしょう。駅からは徒歩で10分ほどです。

鶴岡八幡宮に最も近い駅は鎌倉駅なのですが、観光ルートによってはJR北鎌倉駅を利用する方法もあります。北鎌倉駅は駅を降りたところに円覚寺があり、鶴岡八幡宮への途中に建長寺もあります。これらの寺社を観光プランに入れるのであれば、往復のいずれかで北鎌倉駅を利用することで効率よく観光を楽しむことができます。

鶴岡八幡宮の由緒

では、鶴岡八幡宮の由緒について紹介します。もともと鶴岡八幡宮は1063年に前九年合戦に参加した源頼義が、河内源氏の氏神である大阪府羽曳野市の壺寺八幡宮という説もありますが、戦勝を祈願した京都府八幡市の石清水八幡宮を現在の材木座に勧請したのが始まりです。この時は「鶴岡若宮」という名前でした。

1180年、頼義の後裔にあたる源頼朝が、打倒平氏の旗を挙げて鎌倉に入ります。頼朝は鶴岡若宮を現在の地に遷し、この社殿を中心に鎌倉の街づくりを始めます。1191年には社殿の焼失を機に鎌倉幕府の総社にふさわしいように上宮と下宮という現在の形にし、改めて石清水八幡宮護国寺を勧請しました。

鎌倉幕府が置かれるようになると、鶴岡八幡宮は武家の崇敬を集め発展します。しかし鎌倉幕府が衰退すると鶴岡八幡宮も衰退し、戦国期の1526年には里見氏により焼き討ちに遭いました。これが鶴岡八幡宮の戦いです。その後1540年、北条氏綱によって社殿の再建がなされました。

江戸時代に入ると、鶴岡八幡宮は江戸幕府の庇護を受けて繁栄します。仁王門や護摩堂などが建てられ、さらに3代将軍徳川家光の頃になると薬師堂や鐘楼、楼門なども建てられました。さらに1828年には11代将軍徳川家斉の命によって本殿などの造営も行われました。

明治維新後、鶴岡八幡宮もまた、廃仏毀釈の嵐にさらされます。多宝大塔をはじめとする仏堂が破壊されたほか、仏像や仏具、経典などが破却、散逸しました。しかし一部は残り、現存しています。現在では古都鎌倉の観光の中心であると同時に、パワースポットとしても多くの参拝客が訪れる場となっています。

鶴岡八幡宮の拝観料は?

ところで、寺社の拝観をする場合、気になるのが拝観料です。拝観料は寺社により大きく違うこともあるため、特に複数の寺社を巡る観光をする場合は、拝観料もそれなりに必要になるからです。鎌倉には鶴岡八幡宮の他にも古刹が多いので、拝観料の問題は気になる所ではないでしょうか。

鶴岡八幡宮の拝観料ですが、本殿に参拝するだけなのであれば、拝観料か無料になっています。ただし、拝観料ではないものの、入場料がかかるところが二か所あります。一つは鶴岡八幡宮の御神宝が展示されている「宝物館」で、もう一つは「神苑ぼたん庭園」です。

鶴岡八幡宮に参拝する場合、拝観料がかからない場所だけを参拝する方が多いかもしれませんが、春ごろにはぼたん園のぼたんが美しく、また鶴岡八幡宮の御神宝を見学できる宝物館もできれば入っておきたいところではないでしょうか。他の寺社の拝観料や、季節も考えつつ、どうするか決めるのがおすすめです。

鶴岡八幡宮の見どころ1:参道

それでは鶴岡八幡宮の見どころについて紹介していきましょう。まずは参拝に来るときに必ず通る参道です。前述したように、鶴岡八幡宮の参道である若宮大路は、鎌倉のメインストリートでもあります。実はこの若宮大路のスタートは由比ヶ浜にある「一の鳥居」なので、ここから参拝をスタートさせるのもおすすめです。

そして二の鳥居から三の鳥居に向かう、一段高くなっている参道が先ほど述べた「段葛」です。まずここがパワースポットの一つで、安産などのご利益の願うならばぜひ通っておきたいところです。それと共に頼朝と政子の仲睦まじい姿につながることから、まっすぐ進むと良縁に恵まれるとも言われています。

鶴岡八幡宮の見どころ2:建造物

三の鳥居をくぐると境内になります。まずはまっすぐ前を見て、境内全体を見てみましょう。上宮が大臣山の中腹にあることから山の上に宮があるように見えて、鎌倉の街全体を守っているという雰囲気が味わえる見どころです。大石段の下にあるのが下宮になります。

また本宮の楼門の扁額の「八幡宮」の文字も見どころのひとつです。「八」の字をよく見ると、鳩が向かい合った姿になっています。鎌倉のお土産で鳩サブレーがありますが、鳩は八幡神の使いなのだそうです。八幡神が宇佐八幡宮から石清水八幡宮に勧請された時に、白い鳩が道案内をしたからなどという説もあります。

まず参道の手前に見えるのが舞殿です。ここは有名な静御前が、源義経を想い舞を舞った場所とされますが、正確には当時は舞殿はなく、この場所にあった廻廊で舞ったと言われます。毎年4月に行われる「鎌倉まつり」の時には、ここでその時のことにちなんだ「静の舞」が舞われます。

舞殿から大石段を上がって到着する本宮は、前述したように、1828年に徳川家斉によって建てられました。流権現造という建築様式で建てられており、国の重要文化財に指定されています。朱塗りで極彩色の装飾が施され、まさに鶴岡八幡宮の第一の見どころといえる場所です。御朱印など必要な方は若宮近くの祈祷受付に行きましょう。

鶴岡八幡宮の見どころ3:樹木

鶴岡八幡宮の見どころということで、絶対に外せないものがあります。それは源実朝暗殺の時に公暁が隠れたとされる大銀杏です。この大銀杏は見どころであるのはもちろんなのですが、パワースポットとしてよく知られており、まさに鶴岡八幡宮のパワースポットの要と言える場所となっています。

この大銀杏は1955年、神奈川県の天然記念物に指定された、まさに見どころポイントの一つでした。公暁が隠れたという話に関しては、その話が当時の史料に出てこず、江戸時代ころに出てきたと考えられること、また当時人が隠れられるほど木が大きかったか疑問であることなどから、伝説そのものを疑問視する声などもあります。

実はこの大銀杏、見どころポイントの一つ「でした」と過去形にしたのには理由があります。樹齢1000年とも言われ、鎌倉の歴史の移り変わりを見てきたのですが、今は「大銀杏」ではありません。ご存知の方もいるかもしれませんが、2010年に強風が吹いた際に根元から倒れてしまったのです。

倒れた大銀杏は3つに分割され、根元から約4メートルのところまでを移植し、残りは境内で保存されることになりました。境内に設けた「記帳所」にはわずか1ヶ月半で6万を超える記帳が集まりました。その祈りが通じたのか、倒れた木から新しい若芽(ひこばえ)が芽吹き、現在では親子銀杏としてかわらず鶴岡八幡宮のご神木となっています。

このほか、鶴岡八幡宮には四季を彩るさまざまな植物が観光客を迎えてくれます。桜や紅葉はもちろんですが、夏の蓮もよく知られています。また先ほど述べたのですが、鶴岡八幡宮には「神苑ぼたん園」があります。ここには1月から2月ごろと、4月から5月ごろの年二回、ぼたんの見ごろの時期があり、美しいぼたんが観光客に人気となっています。

鶴岡八幡宮のご利益

このように多くの崇敬を集める鶴岡八幡宮ですが、そのご利益として最も大きいのはやはり八幡神にまつわるものです。八幡神は武神の神であり、だからこそ源頼朝をはじめとする多くの武将たちに鶴岡八幡宮は信仰されたのですが、このことから現在では勝負運アップなどのご利益があるとされています。

また、源頼朝という人物はよく知られているように、いったんは流人の立場となったものの、そこから挙兵し、平家を倒し、鎌倉幕府を開いて将軍となりました。そのため、仕事運や出世運がアップするパワースポットとも言われています。ですから人生の勝負に勝ち、運気をアップさせたい方におすすめの神社ということになります。

鶴岡八幡宮はパワースポット

特に最近、鶴岡八幡宮は鎌倉市の観光スポットであると同時に、パワースポットとしてもよく知られるようになりました。鶴岡八幡宮の中にある頼朝に関係するスポットがパワースポットと言われているほか、先ほど紹介した大銀杏がパワースポットとしての力が絶大だとされているのです。

まず、前述した「段葛」は安産祈願のパワースポットであると同時に、良縁に恵まれるパワースポットでもあります。やはり頼朝と政子の愛情や仲睦まじい姿がそこには反映されているということなのでしょうか。良縁を望む方はこの段葛をまっすぐに歩くと運気が吸収できるそうです。

もう一つ、逃せないパワースポットはやはり大銀杏です。特に新芽が芽生え、スクスクと育ってきたことから、生命再生のエネルギーを感じる方が多く、絶大なパワースポットと言われるようになりました。生命再生のパワーはどなたにとっても必要なパワーなので、ぜひこのパワーを存分に吸収してください。

鶴岡八幡宮でのお土産

さて、鶴岡八幡宮の参拝を終えたら、ランチとお土産を見ていきましょう。鶴岡八幡宮そのものでのお土産ということになるとお守りなどということになりますが、武将の姿がデザインされたものやキャラクターがあしらわれたものなど種類も多く、お土産にするのにもよい感じです。

また、鎌倉らしいお土産を探したいということであれば、おすすめはやはり小町通りです。小町通りはちょうど若宮大路の一本隣の通りで、鶴岡八幡宮からもすぐ行くことができます。小町通りには鎌倉らしいさまざまなお土産品を扱う店が並んでおり、女性に人気のお土産なども多くあります。

小町通りでお土産を探すのであれば店の数も多いですし、さまざまな種類のお土産を探すことができます。できれば時間に余裕を持たせて行き、ランチも一緒に済ませれば、次の観光スポットに移動するのにも便利です。「鳩サブレ―」などの定番のものから、人気の小物までありますので、お土産選びを楽しんでください。

鶴岡八幡宮周辺でランチ

次にランチですが、鶴岡八幡宮の中に参拝者のための喫茶店「風の杜」があります。ランチを軽く済ませる場合や、ちょっと休憩したいならば、ここを利用するとよいかもしれません。でも、ランチも小町通りに出ればいろいろなメニューがあるので、選択肢が広がります。

小町通りには、おしゃれなカフェなどもありますが、しらす丼などのような鎌倉のご当地グルメや、古都鎌倉らしい和スイーツを楽しめる店などもあります。せっかくだから鎌倉らしいランチを食べたいという方にも小町通りはおすすめです。お土産と同様、選択肢が多いので、いろいろなランチを見比べてお気に入りを見つけてください。

Thumb鎌倉『アマルフィイ』で極上イタリアン!小町通りや七里ヶ浜の人気店を調査!
皆さんは、鎌倉の七里ヶ浜や小町通りにある「アマルフィイ」というお店はご存知でしょうか。株式会...

鶴岡八幡宮で歴史に思いを

源頼朝ゆかりの鶴岡八幡宮は、そのあちこちに当時の面影が今も残ります。鎌倉の歴史に思いをはせつつ、参拝してみてはいかがでしょうか。そしてランチやお土産を小町通りで楽しむと、鎌倉の楽しいところを丸ごと楽しめそうです。ぜひ鶴岡八幡宮を拠点に観光を楽しんでください。

関連記事

Noimage
この記事のライター
茉莉花

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ