ハワイの入国審査まとめ!英語で質問される?ESTAや必要書類も紹介!

ハワイの入国審査はいろいろと大変なことがあります。ESTAと言う書類を作成しなければいけなかったり、入国審査の際には英語で質問されたりします。初めてのハワイ旅行!しかし不安は入国審査から始まります。今回はこのハワイの入国審査で迷わないための方法を見ていきます。

ハワイの入国審査まとめ!英語で質問される?ESTAや必要書類も紹介!のイメージ

目次

  1. 1ハワイの入国審査は大変!
  2. 2ハワイまではどれくらいで行ける?
  3. 3ハワイの入国審査までの道のり
  4. 4ハワイの入国審査の列の並び方
  5. 5ハワイの入国審査でよく聞くESTAとは?
  6. 6ハワイの入国審査のESTAの書類には何を書く?
  7. 7ハワイの入国審査でESTAの書類に個人で申請するには?
  8. 8ハワイの入国審査のESTAの書類には期限がある
  9. 9ハワイの入国審査は乗り継ぎでもESTAの申請が必要!
  10. 10ハワイの入国審査のESTAの結果はいつ?
  11. 11ハワイの入国審査は英語で話される?
  12. 12ハワイの入国審査ではどんな質問がされる?
  13. 13ハワイの入国審査でされる英語の質問は基本的に三つ!
  14. 14ハワイの入国審査は英語で質問されるまでの手順
  15. 15ハワイの入国審査で言われる「サム!」って何?
  16. 16ハワイの入国審査が終わったら?
  17. 17ハワイの入国審査を突破しよう!

ハワイの入国審査は大変!

ハワイの入国審査には英語で質問されたりするので、初めて海外に旅行に行く日本人には少し大変なことが多いです。ESTAという特別な書類を提出したり、指の撮影をしたりするので、何かと英語を必要とする場面が多いのです。今回はハワイの入国審査で英語で質問されたりしても迷わないように、予め学習していきましょう。

ハワイまではどれくらいで行ける?

初めての海外旅行がハワイの人も多いかもしれません。日本人観光客の多いハワイでは、日本人向けのレストランやサービスなどもたくさんあります。日系人の人もたくさんいるので、日本人観光客にとってとても観光しやすいのがハワイです。気軽に行けるのですが、実は東京からハワイまでは結構時間がかかるのです。

ハワイまでの所要時間は6から7時間です。ハワイのホノルル国際空港に到着するまでに東京からは6時間から7時間もかかるようになっているのです。意外と所要時間が長くかかるのを知らなかった人も多いのではないでしょうか。ノンストップの直行便を使って6時間か7時間ほどで行くことができるのです。

ちなみにハワイまで日本から乗り継ぎをしていく場合は9時間から11時間程度かかります。乗り継ぎをすると、さらにハワイに行くまでにかなり時間がかかるのです。乗り継ぎの方が料金が安いから、学生さんなどは乗り継ぎで行かれる人も多いかもしれません。近そうに見えて意外と時間がかかるのがハワイ旅行なのです。

ハワイの入国審査までの道のり

ハワイの空港に降りたらすぐに入国審査があるわけではありません。ウィキウィキバスと呼ばれる連絡バスを使用して、入国審査をするための建物まで行く必要があります。空港降りたらすぐに入国審査を受けられるわけではないので、こちらもあらかじめ知っておいた方がいいでしょう。ハワイの入国審査にはバスで行きます。

バスは空港降りるとターミナルに停まっています。出発する時間帯が決まっているので、フライトの時間が重なったりすると混雑したりもします。座席などがちゃんと付いているので座ることもできますが、混雑している時は少し遅めに乗って出口側で立っているのがいいでしょう。そうすればすぐ入国審査に行くことができます。

バスは数分で入国審査の建物に着きます。入国審査が終わった後に税関検査に向かいます。この流れを覚えておきましょう。入国審査を行うための受付は2階になります。バスはメインターミナルがある3階に到着して、階段を降りて入国審査のある2階に向かいます。入国審査が終わった後に税関検査を行うことができる一階に向かう段取りになります。

Thumbハワイの両替はどこがおすすめ?レートも良くお得な場所を調査!
日本人観光客に大人気のハワイ。ハワイ旅行へ行く際に、誰もが行うのが日本円からドルへの両替です...

ハワイの入国審査の列の並び方

ハワイの入国審査は基本的に入国審査を受けた後に税関申告書を持って税関検査に向かいます。基本的な段取りはこの方法です。入国審査から順番に列に並んで審査を受けます。列の並び方も重要になってきます。廊下にはみ出さないようにテープが貼ってあり、順番にそちらに並んでいく仕組みです。個人個人ブースに向かって列に並ぶという感じです。

列の先頭に来ると入国審査官が手を上げてくれたり、呼びかけてくれたりして順番を呼ばれます。基本的には一人ずつ審査を受けるようになります。友達同士でいる場合は、友達とは別々に一人ずつ審査を受けるようになります。子供などがいる家族の場合は家族でまとめて審査を受けるので、一緒になって列に並んでおくのがいいでしょう。

ハワイの入国審査でよく聞くESTAとは?

ハワイの入国審査にはESTAというビザ免除プログラムがあります。ハワイの旅行ではよく聞く名前ではないでしょうか。ハワイやアメリカに旅行に行く際には、このESTAという申請を行う必要があります。これはテロ防止などのために、短期滞在の旅行客に対してはビザを免除しているプログラムなのです。

短い旅行だけでハワイに行かれる方は、基本的にはビザ免除プログラムのESTAの申請をしている国はビザの申請が入りません。アメリカに渡航する際も、ビザが必要ないので、ESTA加盟国の場合はわざわざビザを申請する必要などがないのです。短期ビザを発行する代わりにESTAによる申請をするのです。

ハワイの入国審査のESTAの書類には何を書く?

ESTAの書類には名前と電話番号や年齢や生年月日などを記入します。何か特別なものを記入するわけではありませんが、ESTAの申請には簡単な書類作成が必要になります。基本的には旅行代理店などでツアーに申し込んだら、旅行代理店などがESTAの申請などをまとめて行なってくれます。旅行会社でハワイ旅行を頼めば、基本的にはESTAの申請は入りません。

ハワイの入国審査でESTAの書類に個人で申請するには?

ハワイの入国審査でエスタに個人で申し込みをするにはどうすればいいのでしょうか。基本的にはオンラインから申し込みをすることができるようになっています。電話や郵送などでは申し込みができないようになっており、ハワイ旅行の際にはインターネットのみでESTAの申請を行うことができるようになっています。

個人でESTAの申請をするには、公式サイトから自分で記入して申請を行います。ESTAの申請は基本的には全て英語で表記されているので、英語で記入しなければいけないようになっています。英語で記入するのが不安な人は、インターネットで記入例を探して記入してみると良いでしょう。ネットなのですぐに申請できます。

個人でESTAの申請をするのは、基本的に簡単な英語しか使わないので大丈夫ですが、自分一人でやるのは少し不安という人には、ESTAの申請代行サービスというのがあるのでそちらを利用してみるのがいいでしょう。ちなみにエスタの公式サイトはGoogle翻訳などで翻訳できるようになっているので、まずは翻訳して読めるか確認してみましょう。

Thumbハワイでブランドショッピングおすすめ店9選を紹介!日本よりも安い?
ハワイは日本人観光客なども多く、世界的にも人気の観光スポットなのですが、ブランドアイテムが安...

ハワイの入国審査のESTAの書類には期限がある

ハワイの入国審査でテストの書類を提出する際にも注意が必要です。ハワイの入国審査のESTAの書類には期限が決められています。ESTAの書類の期限は基本的にはハワイに出発する72時間前までになっています。72時間は三日前ですが、基本的には三日前までに申請をしておかなければいけません。

入国審査では個人で行う場合は期限厳守なので、書類の提出や書類の作成など、早めに行っておくのがいいでしょう。書類を作成したらなるべく早くオンラインで申請しておくと良いでしょう。旅行会社などに頼んだ場合は、何よりもまず先に書類申請だけ早めにして欲しいと言われます。ハワイの入国審査でESTAの書類はとても重要なのです。

ハワイの入国審査は乗り継ぎでもESTAの申請が必要!

ハワイの入国審査では乗り継ぎだけでもESTAの申請が必要になります。アメリカ国内の空港で、乗り継ぎが必要な場合などもあるでしょう。ハワイ旅行で乗り継ぎを行うということはあまりないかもしれませんが、ESTA加盟国の空港で乗り継ぎをする場合も、基本的にESTAの申請が必要になります。

ハワイの入国審査のESTAの結果はいつ?

入国審査が通らない場合があるのでしょうか。ESTAの入国審査が通らない場合があるのか気になるところです。基本的には認証か保留か拒否という3種類の結果が出るようです。旅行会社などを通して行えばあまり拒否などでない気がしますが、個人で書類の作成にミスがあった場合などは拒否が出る可能性もあります。

オンラインで申請をするので、書類を提出した後にすぐに結果が出ます。エラーなどがなければESTAの申請はすぐに行うことができるでしょう。結果を待つ時間なども必要ないので、3日前までに提出期限があるハワイの入国審査のESTAの書類は、なるべく早く提出しておくのがいいでしょう。

ハワイの入国審査は英語で話される?

バラエティ番組などでよくハワイの入国審査で英語で答えられるかと言うコーナーをやっていますが、ハワイの入国審査は英語で質問されたりします。なので簡単な英語の質問は答えられた方がいいでしょう。これが緊張してなかなかハワイの入国審査を受けたくないという人もたくさんいらっしゃるようです。

ハワイの入国審査で英語で質問されてしまうと、自分で答えるのが大変です。時間を取られたりしてしまったりする可能性があるので、ある程度どんな質問をされるか調べておく必要があります。簡単な英語ばかりですので、英語が覚えられなくてもどんな質問をされるかあらかじめ知っておけば、ハワイの入国審査の質問ですぐに対応することができそうです。

ハワイの入国審査ではどんな質問がされる?

ハワイの入国審査では一体英語でどんな質問がされるのでしょうか。今回はハワイの入国審査でされそうな質問をいくつかピックアップしておきましょう。どんな質問がされるか知っておけば、いきなり質問された時に慌てなくて済みそうです。いくつか質問されやすい質問をセレクトしておきました。

まず質問される内容は、旅の目的は?です。テロ対策などのためにどういう目的で入国してくるのかを調べているのが入国審査です。すぐに答えられるか、変な目的で入国していないか、こうしたのを読み取るためにこういう質問をしているのです。簡単に、観光目的、仕事、など単語をひとつだけでも答えられるようにしておけばいいでしょう。

「どれくらいいますか?」という質問をよくされます。滞在期間はどれくらいですかという意味です。一週間ほどですとか、三日間だけですなど、簡単に英語で質問に答えられるようにしておくといいでしょう。それから、「どこから来ましたか?」という質問を英語でされます。日本から来ましたか英語で答えられるようにしておきましょう。

ハワイの入国審査でされる英語の質問は基本的に三つ!

ハワイの入国審査でされる質問は基本的には三つだけです。目的と目的地、それから滞在期間です。入国審査では基本的にこの3種類の英語の質問がよくされるようです。どこから来たか、というような質問はパスポートにも書いてあるので、基本的にはパスポートに書かれていること以外の英語の質問をハワイの入国審査でされるようです。

ハワイの入国審査は英語で質問されるまでの手順

ハワイの入国審査で英語を質問されるので緊張してしまう人も多いかもしれません。しかし入国審査で英語の質問がされるまでに、一体どんな流れなのか知っておけば心配はありません。ハワイの入国審査で英語が質問されるまでの流れも見ていきましょう。まずは入国審査のために列に並びます。

ハワイの入国審査で列に並ぶと、順番通りに呼ばれますので、すぐにパスポートを提出できるようにカバンからパスポートを出しておきましょう。マスクやサングラスなどをしていると、ハワイの入国審査で外してくれと言われます。マスクやサングラスもすぐに外せるようにしておくか、外しておきましょう。

続いて親指の指紋をとります。指紋を確認するので右手の親指の指紋の撮影をします。親指の指紋を撮影したら、右手の他の指の指紋の撮影も行います。続いて左手も指紋の撮影もします。それから他の指の撮影も行います。全ての指の指紋の撮影を行うので言われた通りに順番に撮影を行っていきましょう。

ハワイの入国審査で言われる「サム!」って何?

ハワイの入国審査でサム!と呼ばれることがあります。サムとは一体何なのでしょうか。人によってはサムプリーズなどと言われたりします。これは一体どういう意味なのか確認しておきましょう。サムというのは「指を出してくれ」とという意味です。サムといって叫ばれたら「早く指を出せ」という意味のようです。

ハワイの入国審査が終わったら?

ハワイの入国審査が終わったら、今度はターンテーブルに荷物を取りに行きます。ターンテーブルには自分のスーツケースが運ばれてくるので、こちらで荷物を受け取るようにしましょう。ターンテーブルの前では空港のスタッフが荷物を降ろしてくれたりしているので、自分の荷物が下ろせなかったらスタッフに頼んでスーツケースを下ろしてもらいましょう。

今度は税関で税関申告書を提出します。税関申告書の書類なので、今度はこちらで申告書を提出しましょう。間違って先ほどの入国審査で税関申告書の書類を提出しないように注意しましょう。間違えて、入国審査で提出してしまっている人などもいるので、注意が必要です。基本的には入国審査の後で税関申告書を提出します。

ハワイの入国審査を突破しよう!

いかがでしたか?ハワイの入国審査にはESTAの書類や英語の質問など、色々な難関が潜んでいました。しかしあらかじめハワイの入国審査でどんなことが行われるのか知っておけば迷う必要もありません。ネット何で情報収集をしておき、どんな質問をされてもすぐに対応できるようにしておきましょう。テストの書類の提出も忘れずにしてください。

関連記事

Original
この記事のライター
tabito

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ