ハワイでダイビング!おすすめスポットや初心者にも人気の場所を調査!

ハワイはマリンスポーツが盛んです。ダイビングスポットも多く、体験ダイビングの他、初心者から上級者まで美しい海の世界を楽しめます。ここではハワイのダイビングスポット、初心者向けのスポット、ダイビングサービス、料金などについて詳しく紹介しましょう。

ハワイでダイビング!おすすめスポットや初心者にも人気の場所を調査!のイメージ

目次

  1. 1ハワイでダイビングを楽しもう!
  2. 2ハワイのダイビングについて
  3. 3ハワイのダイビングシーズン
  4. 4ハワイのダイビングサービス
  5. 5ハワイ・オアフ島のダイビングとは
  6. 6ハワイ・オアフ島のダイビングスタイル
  7. 7ハワイ・オアフ島の人気ダイビングスポット
  8. 8ハワイ・ハワイ島のダイビングとは
  9. 9ハワイ・ハワイ島のダイビングスタイル
  10. 10ハワイ・ハワイ島の人気ダイビングスポット
  11. 11ハワイ・マウイ島のダイビングとは
  12. 12ハワイ・マウイ島のダイビングスタイル
  13. 13ハワイ・マウイ島の人気ダイビングスポット
  14. 14ハワイ島でダイビングで注意したいことは?
  15. 15ハワイで体験ダイビングを楽しむには?
  16. 16ハワイでダイビングを満喫しよう!

ハワイでダイビングを楽しもう!

ハワイはマリンスポーツが盛ん。美しいビーチがあり、シュノーケリングやサーフィンも人気です。また、美しいハワイの海を堪能できるダイビングスポットも数多くあり、ファンダイビングや体験ダイビングも楽しめます。ここではダイビングが盛んなオアフ島、ハワイ島、マウイ島のダイビングスポットや料金、サービスなどについて紹介します。

Thumbハワイのアクティビティおすすめランキング!海や山での人気ツアーを紹介!
日本から多くの方が訪れるハワイ。青い空と青い海に囲まれながら休暇を楽しむには最適の地です。ハ...

ハワイのダイビングについて

ハワイ諸島は火山活動で作られた島で、海の中の地形に富んでいます。アーチやケーブなども多く、太陽の光が海中に差し込むと美しい光景を見ることができます。また、ハワイ諸島は太平洋の真中にあるため、多種多様な海中生物を見ることができます。ハワイ諸島でしか見られない固有種も多く、フィッシュウォッチングが楽しめます。

ハワイ諸島ではオアフ島、ハワイ島、マウイ島を中心にダイビングが行われています。これらの島は日本からのアクセスもよく、ダイビングサービスも多いので安心してダイビングを楽しめるでしょう。体験ダイビングや初心者向けのスポットから上級者向けのスポットまでバラエティに富んでいて、海の中の世界を楽しむことができます。

Thumbハワイ諸島の魅力まとめ!自然豊かな島の特徴やおすすめの名所を紹介!
ハワイ諸島は数多くの島と環礁からなるアメリカハワイ州の領土で日本人には大変人気の観光スポット...

ハワイのダイビングシーズン

ハワイ諸島では1年を通じてダイビングが楽しめますが、季節によって風向きが変わるためダイビングができる場所が変わります。ハワイの水温は2~3月が最も低く、22度前後です。寒がりの人はベストやフードがあるといいでしょう。反対に最も高いのは6月~10月で、水温は27~28度となります。透明度も安定していて、30mを超えます。

ウェットスーツは、夏は3~5mm、冬は5mmで問題ありません。ハワイ諸島のダイビングはボートダイビングが中心です。ボートの上では風が吹くと寒く感じることがあるので、ウィンドブレーカーなど羽織れるものがあるといいでしょう。ウェットスーツやダイビング器材は、ダイビングセンターでレンタルできます。

Thumbハワイの雨季と乾季を調査!気候・降水量や各時期の旅行の魅力も紹介!
世界中から旅行者が訪れる大人気リゾート「ハワイ」。ハワイは日本よりも湿度が低く、快適な夏を満...

ハワイのダイビングサービス

オアフ島

オアフ島はハワイで最もダイビングサービスが多いエリアです。ホテルに併設されているものから街中に店舗を構えているダイビングサービスまで数多くあります。料金はスポットによって異なりますが、ボートダイビング2本の料金は130ドルから、3ダイビングの料金は190ドルから、ビーチの体験ダイビングの料金は85ドルからです。

ハワイ島

ハワイ島のコナ周辺にダイビングサービスが多くあります。リゾートホテルに併設されている店から街中までたくさんのダイビングサービスがあります。日本人ガイドがいるダイビングサービスの料金は、ボートダイビング2本の料金は130ドルから、マンタナイトダイビングの料金は110ドルから、体験ダイビングの料金は135ドルからとなっています。

マウイ島

マウイ島のダイビングサービスは、オアフ島やハワイ島ほど多くありません。日本人ガイドがいるダイビングサービスでは、モロキニ島へのダイビングツアーの料金は200ドルから。遠征に行く場合は、料金がアップします。ビーチダイビングの料金は1タンク100ドルから。体験ダイビングの料金は125ドルからとなっています。

ハワイ・オアフ島のダイビングとは

オアフ島はハワイ諸島で最も人気がある島です。ワイキキビーチを中心に100を超えるダイビングサービスがあり、体験ダイビングやライセンスコース、上級者向けのファンダイビングまで楽しめます。日本人スタッフがいるダイビングサービスも多く、器材も整っていることから安心してダイビングツアーに参加できます。

ハワイ・オアフ島は、夏は南風、冬は北風が強くなります。ワイキキ沖合いやハワイカイは1年を通じて潜ることができ、ノースショワは6~8月の夏限定となります。なかなか行けないスポットなので、チャンスがあったら訪れてみてください。オアフ島では1年を通じてウミガメを見ることができ、冬にはザトウクジラに遭遇するチャンスがあります。

ハワイ・オアフ島のダイビングスタイル

ハワイ諸島では午後になると風が強くなり、午後はダイビングを行わないという島も多いのですが、オアフ島は島影が多く、午後もいろいろなスポットでダイビングを行うことができます。1日3~4本設定しているダイビングサービスもあり、たくさん潜りたいダイバーにもおすすめです。基本はボートダイビングになり、港までの送迎もあります。

ボートはアラモアナやハワイカイの港から出発します。ダイビングスポットまでは15~20分ほどです。海が荒れることは少ないでしょう。トイレやシャワーが付いている大型クルーザーを使用するダイビングサービスが多く、快適なダイビングが楽しめます。一般に、朝早く出発し、午前中に2本潜り、昼食前に港に戻ってくるパターンとなります。

ハワイ・オアフ島の人気ダイビングスポット

ココクレーター

オアフ島東側にあるココクレーターは、最大水深10m。ウミガメが多く見られる人気ダイビングスポットです。体験ダイビングの方も一緒に楽しめる穏やかなポイントで、初級者から楽しめます。ハワイの固有種をはじめカラフルな魚を多く見ることができ、ハワイのダイビングの醍醐味をたっぷりと味わえる人気スポットです。

コルセア

コルセアはオアフ島の東側にある上級者におすすめのダイビングスポットです。第2次世界大戦で実際に使用されていた戦闘機コルセアが静かに眠っている、人気のレックダイビングスポットです。レックは水深31mの真っ白な砂地にあり、周囲にはガーデンイールが見られます。冬には頭上にクジラやマンタ、ジンベイなどを見ることも。

スピッティング・ケーブ

スピッティング・ケーブは、ハワイ・カイエリアの人気ダイビングスポットです。流れの速いドリフトダイビングのポイントで、ウミガメや、ホワイトチップリーフシャークのほか、運がよければハワイアンモンクシール(ハワイ固有のアザラシ)に遭遇することも。水深は13mぐらいで、白い砂浜が続く美しいスポットです。

ハワイ・ハワイ島のダイビングとは

ハワイ島はオアフ島に次いで人気のある島です。ハワイ諸島の中で最も大きい島で、熱帯雨林や黒い砂のビーチ、火山などたくさんの観光スポットがあります。コナには多くのリゾートホテルがあり、ダイビングもここから出発します。ハワイ島の透明度はハワイの中でも群を抜いていて、シイラやカジキなどの外洋性の大物にも遭遇できます。

ハワイ島のダイビングは、夜にライトを付けてマンタを呼び集める、ナイトマンタが有名です。シュノーケリングでも参加できます。またコナからは大型クルーザーでハワイの海を数日間かけて潜る、ダイビングサファリも人気です。イルカの他、冬にはザトウクジラなどにも出逢えることが多く、上級ダイバーに人気です。

ハワイ・ハワイ島のダイビングスタイル

ハワイ島のダイビングもボートダイビングが中心となります。オアフ島と同様、大型クルーザーを使用することが多く、快適なダイビングが楽しめます。コナから出発し、ダイビングスポットまでは30分以内で着きます。午前中に2本潜り港に戻り、午後に再出発するというパターンとなります。マンタを見るナイトダイビングも盛んです。

ハワイ島のダイビングサービスでは、基本、バディと2人で潜るスタイルです。日本のダイビング空いた要るに慣れている方や海のガイドを希望する方は、日本人スタッフがいるダイビングサービスを利用するといいでしょう。ボートから流すロープにつかまってドリフトダイビングをする「ブルーウォータダイビング」も盛んです。

ハワイ・ハワイ島の人気ダイビングスポット

ケアウホウ

ハワイ島の「ケアウホウ」は、マンタに出逢える人気のダイビングスポットです。夜になって海にライトを付けると、集まってくるプランクトンを狙ってマンタがたくさんやって来ます。多い時には5頭、10頭とやって来ることも。シュノーケリングでも参加できますが、海底から見上げることができるのはダイビングのみ。圧巻の光景です。初心者も可。

ナイアベイ

ハワイ島の「ナイアベイ」もおすすめダイビングスポットです。マンタやイルカのほか、タイガーシャークと出逢えるスポットとして話題になっています。透明度がよく、常時40~50mはあるでしょう。ダイナミックなダイビングを楽しみたい人におすすめのスポットです。初心者よりは中~上級者向けのダイビングスポットです。

オールド・エアポート

「オールド・エアポート」は、初心者におすすめのダイビングスポットです。カイルア・ピアから船で10分と近いので、ボートダイビングに慣れていない方でも安心です。岩陰を覗くと、ハワイの固有種などたくさんの魚が隠れているおすすめのスポット。初心者だけではなく、中・上級者にものんびりと楽しむことができます。

ハワイ・マウイ島のダイビングとは

マウイ島へはオアフ島やハワイ島のように直行便で行くことはできず、ホノルルから国内線で30~40分ほどかかります。サーフィン、ウィンドサーフィン、釣りなどマリンスポーツが盛んで、リゾートホテルも多い人気の島。西部から南部にかけてダイビングサービスが多いので、ダイビングを目的とする人はそれらのエリアに宿泊するといいでしょう。

マウイ島は、世界のダイバーの間で「ハワイで1番ダイビングがおもしろい島」とも呼ばれています。北風が強く島の北側はサーファーに人気のビーチとなっていますが、南側は比較的海も穏やかでダイビングにおすすめのエリアです。特に春から秋がおすすめで、ベストシーズンの9月は透明度が高く、気持ちのいいダイビングが楽しめます。

ハワイ・マウイ島のダイビングスタイル

マウイ島でもボートダイビングが中心となります。午後から風が強くなるため、早朝に出発し2本潜り、昼前には港に戻って来るスタイルとなります。早い時は午前5時30分頃の集合となりますが、10時には港に戻って来るので午後を有効に使うことができます。午後はビーチダイビングを楽しむこともでき、たくさん潜りたい方にもおすすめです。

ダイビングサービスによっては、モロキニ島やラナイ島へ遠征に行くこともあります。ボートで片道1時間くらいかかるので、早朝の出発となります。船酔いが心配の方は、睡眠をたっぷりと取る、消化しやすいものを食べるなど対策を取りましょう。ラナイ島では洞窟があるので、水中ライトがあるとよりダイビングが楽しめます。

ハワイ・マウイ島の人気ダイビングスポット

ラナイ島「カテドラル」

ラナイ島の「カテドラル」は地形がたいへん美しいスポットです。大聖堂を思わせるような神秘的な洞窟があり、まるで時間が止まったかのような静けさ。またジンベイやイルカ、マグロやカツオなどの回遊魚の群れに遭遇することもありダイナミックなダイビングが楽しめます。初心者よりは、ある程度経験があるダイバー向けのスポットです。

モロキニ島「リーフスエンド」

モロキニ島の「リーフスエンド」は透明度が抜群によく、ロウニンアジやマンタなどの大物に遭遇できるダイナミックなダイビングスポットです。運がよければ、ジンベイザメに会えることも。港から1時間以上と遠く、流れもあるため、初心者よりはある程度経験があるダイバー向けのスポットです。ボートからはイルカを見ることもあります。

ハワイ島でダイビングで注意したいことは?

減圧症を防ぐため、飛行機搭乗や高所へ移動する際はダイビング後18時間以上経ってからという規定を守りましょう。これには火山見学や星空ツアーも含まれるので、観光スポットの標高を確認してください。ダイビングの前は問題がありません。また、ブランクがある方や初心者の方はダイビングサービスにご相談ください。

ナイトダイビングでは、ダイビング経験数が規定に満たない方やナイトダイビングの経験がない方はコースを受講する必要があります。ハワイ島でナイトマンタのツアーに参加される予定の方はご注意ください。また、ダイビングをされる方はライセンスカードとログブックを忘れずに持参するようにしましょう。

ハワイで体験ダイビングを楽しむには?

ハワイではファンダイビングの他に、体験ダイビングも盛ん。ダイビングのライセンスがなくても、気軽にダイビングを楽しむことができます。体験ダイビングは10歳から参加することができ、親子で楽しむこともできます。上限は65歳までとしているダイビングサービスが多いようです。料金には器材まで含まれていて、手ぶらで参加できます。

体験ダイビングの前には、インストラクターがていねいに説明をしてくれるので安心です。ビーチダイビングの他、ボートで体験できるところもあり、海中散歩を楽しみたい方におすすめのアクティビティです。もっと楽しみたい方は、ライセンスコースにチャレンジするのもおすすめ。10歳からライセンスを取得することができます。

ハワイでダイビングを満喫しよう!

ハワイはサーフィンが盛んで、ダイビングというイメージはあまりないかもしれません。しかし、ハワイにもおすすめのダイビングスポットがいくつもあり、初心者から上級者まで楽しめます。午前中にダイビングを楽しみ、午後からビーチでのんびり過ごすというスタイルも可能です。ハワイを訪れたらファンダイビングもぜひ楽しんでください!

関連記事

Original
この記事のライター
Momoko

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ