江ノ島へのアクセス・行き方完全ガイド!電車・車・バスどれがおすすめ?

首都圏からのアクセスも良く、リゾート気分を気軽に味わうことが出来る江ノ島。江ノ島へのアクセス方法はいろいろな行き方があります。大人だけではなく子供も楽しむことが出来る江ノ島の便利なアクセス方法や、駅から江ノ島への行き方などをまとめて紹介します。

江ノ島へのアクセス・行き方完全ガイド!電車・車・バスどれがおすすめ?のイメージ

目次

  1. 1「江ノ島」へのアクセス方法を紹介!
  2. 2「江ノ島」について
  3. 3「江ノ島」へ車のアクセス1:東京方面からの行き方
  4. 4「江ノ島」へ車のアクセス2:小田原・静岡方面からの行き方
  5. 5「江ノ島」へ電車のアクセス1:新宿から小田急線の行き方
  6. 6「江ノ島」へ電車のアクセス2:新宿からJR線の行き方
  7. 7「江ノ島」へ電車のアクセス3:東京から東海道線の行き方
  8. 8「江ノ島」へ電車のアクセス4:東京から上野東京ラインの行き方
  9. 9「江ノ島」へ電車のアクセス5:東京から横須賀線の行き方
  10. 10「江ノ島」へ電車のアクセス6:東京から京浜東北線の行き方
  11. 11「江ノ島」へ電車のアクセス7:大船から湘南モノレールの行き方
  12. 12「江ノ島」へ電車のアクセス8:藤沢駅からの行き方
  13. 13「江ノ島」へバスのアクセス1:大船駅からの行き方
  14. 14「江ノ島」へバスのアクセス2:藤沢駅からの行き方
  15. 15「江ノ島」へ徒歩のアクセス1:片瀬江ノ島駅からの行き方
  16. 16「江の島」へ徒歩のアクセス2:江ノ電「江ノ島駅」からの行き方
  17. 17「江ノ島」へ徒歩のアクセス3:湘南モノレール「湘南江の島駅」からの行き方
  18. 18「江ノ島」のアクセスと行き方1:駐車場について
  19. 19「江ノ島」のアクセスと行き方2:お得なきっぷ
  20. 20「江ノ島」へのアクセスまとめ!

「江ノ島」へのアクセス方法を紹介!

神奈川県東部に位置する江ノ島は、首都圏からのアクセスも良く、いろいろな行き方で江ノ島にアクセスする方法があり、気軽にリゾート気分を味わうことが出来るとして人気の観光スポットです。夏には沢山の海水浴客も訪れます。ここでは、江ノ島のアクセス方法や行き方は、電車・バス・車どれが便利なのかまとめて紹介します。

「江ノ島」について

江の島は、神奈川県湘南を代表する景勝地です。古くから観光名所になっていて、「神奈川県指定史跡・名勝、日本百景」の地でもあります。駅名などでは「江ノ島」と表示されることが多いですが、住所などで使われる地名は「江の島」と表記されます。江ノ島は磯釣りやダイビングスポットとしても知られ沢山の人が訪れる人気の観光スポットです。

「江ノ島」へ車のアクセス1:東京方面からの行き方

東京方面から江ノ島にアクセスする場合、車での行き方は、首都高速から保土ヶ谷ICを経由します。横浜新道の戸塚出口を出て、その後国道1号線・国道467号線を経由して国道134号線で江ノ島に行くことが出来ます。東名高速を利用する場合は、海老名JCTから圏央道を茅ヶ崎方面へ、新湘南バイパス茅ヶ崎料金所から出て、国道134号線を進みます。

「江ノ島」へ車のアクセス2:小田原・静岡方面からの行き方

小田原方面から江ノ島へのアクセスとして、車の行き方は、西湘バイパスを利用します。西湘バイパスから国道1号線を経由します。平塚から国道134号線へと進むと江ノ島行くことが出来ます。静岡方面からの行き方は、東名高速道路・圏央道を利用して、新湘南バイパスを使う行き方が主な江ノ島へのルートになります。

東京方面から車で江ノ島へ行く場合、横浜の戸塚付近や国道134号線は渋滞する事が予想されます。江の島の駐車場が満車になると江の島大橋まで、駐車場を待つ車の列が並びます。混雑時期に江ノ島へ車を利用して行く場合には、余裕を持って行動するようにしましょう。また公共交通機関の利用もおすすめします。

「江ノ島」へ電車のアクセス1:新宿から小田急線の行き方

小田急ロマンスカー

江ノ島へのアクセスとして、電車を利用した行き方は、小田急ロマンスカーを利用した行き方があります。新宿駅ー片瀬江ノ島駅まで乗り換えがないので便利です。新宿駅ー片瀬江ノ島駅までの所要時間は約1時間15分です。ロマンスカーを利用する場合は乗車券の他に特急券が必要となります。サルーンを利用する場合は、サルーン料金が別途掛かります。

新宿駅ー片瀬江ノ島駅まで、小田急ロマンスカーを利用する場合の料金は、運賃630円・特急券620円です。交通系ICカードを利用する場合は、運賃627円・特急券620円です。サルーンを利用する場合の料金は2480円です。子供の料金は大人料金の半額となります。乗車券は乗車の前に購入することをおすすめします。車内で購入の場合300円が加算されます。

小田急線普通電車の場合

片瀬江ノ島へのアクセスとして、新宿駅から小田急線の普通電車を利用した行き方があります。新宿駅ー藤沢駅まで、小田急線快速急行電車で移動します。所要時間は約1時間です。小田急線普通電車を利用した場合の運賃は、新宿駅ー片瀬江ノ島駅まで590円です。所要時間はあくまでも目安です。乗車する電車・乗換などで所要時間が変わる場合があります。

「江ノ島」へ電車のアクセス2:新宿からJR線の行き方

江ノ島へのアクセスとして、新宿駅からJR線を利用した行き方があります。新宿駅ー藤沢駅まで湘南新宿ラインの快速電車を利用します。所要時間は約1時間です。新宿駅ー藤沢駅までの運賃は970円です。普通車グリーン席を平日利用の場合、事前購入が980円・車内購入が1240円です。土日祝利用の場合、事前購入が780円・車内購入が1040円です。

「江ノ島」へ電車のアクセス3:東京から東海道線の行き方

江ノ島へのアクセスとして、東京駅から東海道線を利用した行き方は、東京駅ー藤沢駅までJR東海道線を利用します。東京駅ー藤沢駅までの所要時間は約50分です。東京駅ー藤沢駅までの運賃は970円です。普通車グリーン席を平日利用の場合、事前購入が980円・車内購入が1240円です。土日祝の場合は事前購入が780円・車内購入が1040円です。

「江ノ島」へ電車のアクセス4:東京から上野東京ラインの行き方

江ノ島へのアクセスとして、東京駅から上野東京ラインを利用した行き方は、東京駅ー藤沢駅まで上野東京ラインを利用します。東京駅ー藤沢駅までの所要時間は約50分です。東京駅ー藤沢駅までの運賃は970円です。普通車グリーン席を平日利用の場合、事前購入が980円・車内購入が1240円です。土日祝利用の場合、事前購入が780円・車内購入が1040円です。

江ノ島へのアクセスとして、東京駅から上野東京ラインを利用した行き方として、東京駅ー大船駅までを上野東京ラインを利用します。東京駅ー大船駅までの所要時間は約40分です。東京駅ー大船駅の運賃は800円です。普通車グリーン席を平日に利用の場合、事前購入が770円・車内購入が1030円、土日祝に利用の場合、事前購入が570円・車内購入が830円です。

「江ノ島」へ電車のアクセス5:東京から横須賀線の行き方

江ノ島えのアクセスとして、東京駅から横須賀線を利用した行き方があります。東京駅ー大船駅までを横須賀線を利用します。所要時間は約50分です。東京駅ー大船駅までの運賃は800円です。普通車グリーン席を平日に利用する場合は、事前購入が770円・車内購入が1030円です。土日祝に利用する場合は、事前購入が570円・車内購入が830円となります。

「江ノ島」へ電車のアクセス6:東京から京浜東北線の行き方

江ノ島へのアクセスとして、東京駅から京浜東北・根岸線を利用した行き方があります。東京駅ー大船駅までを京浜東北・根岸線を利用します。大船駅直通の場合には乗り換えなく行くことが出来ます。東京駅ー大船駅までの所要時間は約1時間10分です。東京駅ー大船駅までの運賃は800円です。交通系ICカード利用の場合は料金が異なります。

「江ノ島」へ電車のアクセス7:大船から湘南モノレールの行き方

江ノ島へのアクセスとして、大船駅から湘南モノレールを利用した行き方があります。大船駅ー湘南江の島駅までを湘南モノレールを利用します。所要時間は約15分です。大船駅ー湘南江の島駅までの料金は310円です。湘南モノレールは1時間に7分間隔で運行しています。詳しい時刻は駅やHP等で確認をお願いします。

「江ノ島」へ電車のアクセス8:藤沢駅からの行き方

江ノ島へのアクセスとして、JR線・小田急線で藤沢へと行く場合、藤沢駅からは小田急江ノ島線・江ノ電を利用して片瀬江ノ島駅・江ノ島駅へと行くことが出来ます。小田急江ノ島線を利用した場合、藤沢駅ー片瀬江ノ島駅までの所要時間は約7分・運賃は160円です。江ノ電を利用した場合、藤沢駅ー江ノ島駅までの所要時間は約10分・運賃は220円です。

「江ノ島」へバスのアクセス1:大船駅からの行き方

江ノ電バスの場合

江ノ島へのアクセスとして、大船駅から路線バスを利用した行き方があります。バス乗り場は「大船駅東口交通広場」の「2番のりば」です。江ノ電バスの大船駅ー江ノ島・江ノ島行き方面のバスに乗ります。「大船駅東口交通広場」バス停から江ノ島までの所要時間は約37分です。料金は現金の場合は300円・交通系ICカードの場合は299円です。

京急バスの場合

江ノ島駅のアクセスとして、大船駅から路線バスを利用した行き方があります。大船駅ー江ノ島までを京急バスの船6・江ノ島行きを利用します。バス乗り場は大船駅東口4番のりばです。大船駅ー江ノ島までの京急バスを利用した所要時間は約30分です。バスの運賃は現金の場合309円・交通系ICカードを利用した場合は310円となります。

「江ノ島」へバスのアクセス2:藤沢駅からの行き方

江ノ電バスの場合

江ノ島へのアクセスとして、藤沢駅から路線バスを利用した行き方があります。藤沢駅ー江ノ島までは江ノ電バス「江ノ島行き」に乗車します。バス乗り場は藤沢駅南口3番のりばです。藤沢駅南口ー江ノ島までの所要時間は約15分です。バスの運賃は現金の場合250円・交通系ICカードの場合247円です。バスの所要時間は道路状況により異なります。

「江ノ島」へ徒歩のアクセス1:片瀬江ノ島駅からの行き方

江ノ島へのアクセスとして、小田急線で片瀬江ノ島駅を利用する場合、片瀬江ノ島駅ー江ノ島までは徒歩で移動します。徒歩で移動した場合の所要時間は約18分です。片瀬江ノ島駅の改札口を出たら直進します。橋が見えて来たら橋を渡り突き当たりを右折します。地下道があるので地下道を通り「江の島大橋」を渡ります。そのまま直進すると江ノ島に到着します。

江ノ島へのアクセスとして、片瀬江ノ島駅から「コッキング苑シーキャンドル」へ徒歩で行く場合の所要時間は約20分です。「江ノ島岩屋」へ徒歩で行く場合の所要時間は約40分となります。片瀬海岸(東・西)まで徒歩で行く場合の所要時間は「東」2分「西」2分となります。徒歩での所要時間はあくまでも目安です。所要時間は変わる場合があります。

「江の島」へ徒歩のアクセス2:江ノ電「江ノ島駅」からの行き方

江ノ島へのアクセスとして、江ノ電の江ノ島駅を利用する場合、江ノ島駅ー江ノ島までは徒歩での移動になります。徒歩で移動した場合の所要時間は約21分です。江ノ島駅の改札口を出たらすぐに左折します。「すなば通り」を直進すると地下道が見えてくるので、地下道を渡り「江の島大橋」へと行きます。「江の島大橋」を渡ると江ノ島に到着します。

江ノ島のアクセスとして、江ノ電江ノ島駅から「コッキング苑シーキャンドル」へ徒歩で行く場合の所要時間は約25分です。江ノ島岩屋へ徒歩で行く場合の所要時間は約45分となります。片瀬海岸(東・西)へ徒歩で行く場合の所要時間は「東」約5分「西」約5分です。徒歩での所要時間はあくまで目安です。歩く速度等により所要時間は変わります。

「江ノ島」へ徒歩のアクセス3:湘南モノレール「湘南江の島駅」からの行き方

江ノ島へのアクセスとして、湘南モノレール「湘南江の島駅」を利用した場合、湘南江の島駅から江ノ島までは徒歩で移動になります。所要時間は約23分です。湘南江の島駅の改札口を出たらすぐに左折します。江ノ島入口の信号を渡り、踏切を越えると「すなば通り」になるので直進をします。地下道を通り「江の島大橋」を渡ると江ノ島に到着します。

江ノ島へのアクセスとして、湘南モノレール湘南も江ノ島駅から「コッキング苑シーキャンドル」へ徒歩で行く場合の所要時間は約26分です。「江ノ島岩屋」へ徒歩で行く場合の所要時間は約46分です。片瀬海岸(東・西)へ徒歩で行く場合の所要時間は「東」約6分「西」約6分となります。所要時間はあくまでも目安です。歩く速度等により変わります。

「江ノ島」のアクセスと行き方1:駐車場について

藤沢市観光協会江の島駐車場

江ノ島へ車でアクセスする場合、江ノ島の島内に「藤沢市観光協会江の島駐車場」を利用することが出来ます。江の島弁財天仲見世通り・江島神社等に行く場合に便利です。駐車場は24時間営業です。収容台数は普通車78台・大型バス10台です。駐車場料金は普通車1台400円、大型バス1台1000円となります。宿泊する場合は、サービス券の取扱いをしています。

「藤沢市観光協会江の島駐車場」への行き方は、茅ヶ崎方面からは江の島入口交差点を右折・鎌倉方面からは左折して江の島方面に行きます。江の島大橋を道なりに進み、バスロータリーを過ぎると駐車場が見えて来ます。満車の場合は、右折での入庫が出来ないので、巡回して駐車する車の列に並ぶようにしましょう。

藤沢市片瀬東浜駐車場

江ノ島へ車でアクセスする場合、片瀬海岸東浜・江ノ電「江の島駅」の近くに「藤沢市片瀬東浜駐車場」があります。江ノ島周辺の観光スポットやマリンスポーツを楽しむ方におすすめの駐車場です。24時間営業で収容台数は45台です。料金は普通車1時間400円・5時間以上12時間まで2000円・17時間以上24時間までが4000円です。

「藤沢市片瀬東浜駐車場」への行き方は、茅ヶ崎方面からの場合は、江の島入口交差点を先に進みます。片瀬東浜交差点を左へと進みます。江の島方面から左折をして直ぐの場所にコンビニエンスストアがあります。コンビニエンスストアの横に「藤沢市片瀬東浜駐車場」があります。駐車場から片瀬海岸東浜へは徒歩で行くことが出来ます。

Thumb江ノ島水族館の駐車場はどこが安い?最大料金や混雑状況を徹底リサーチ!
子供から大人まで大人気の江ノ島水族館周辺の駐車場情報を集めました。観光スポットとしても人気の...

「江ノ島」のアクセスと行き方2:お得なきっぷ

江の島1dayパスポート

江ノ島の観光におすすめなきっぷは「江ノ島1dayパスポート」です。小田急線の出発駅ー藤沢駅までの往復割引乗車券と藤沢ー片瀬江ノ島間は乗り降りが自由にになります。シーキャンドル(展望灯台)を含む4つの施設が1日何回でも利用することが出来ます。島内の飲食店や土産品店、新江ノ島水族館などで割引サービスを受けることが出来ます。

「江の島1dayパスポート」の料金は、小田急線の出発駅により異なります。新宿駅の場合は大人1970円・小人990円、新百合ケ丘駅の場合は大人1670円・小人840円、町田駅の場合は大人1550円・小人780円です。出発駅ー藤沢駅の小田急線は往復1回限りの乗車になります。小田急線各駅の自動券売機・窓口等で購入できます。

鎌倉・江ノ島パス

江ノ島へJR線を利用して行く場合にお得になるきっぷがあります。「鎌倉・江ノ島パス」は、鎌倉・江ノ島エリアのJR線快速含む普通列車の普通車自由席・江ノ島電鉄線・湘南モノレール線が乗り降り自由のフリー切符になります。通年利用で有効期間は1日間です。日帰りで鎌倉・江ノ島へ観光する際におすすめのきっぷです。

「鎌倉・江ノ島パス」の料金は、大人700円・小人350円です。JR東日本の大船・藤沢・鎌倉・北鎌倉の指定席券売機・自動券売機・みどりの窓口等で購入することが出来ます。有効期間は1日間です。JR線は藤沢駅ー鎌倉駅間、江ノ電は藤沢駅ー鎌倉駅間、湘南モノレールは大船ー湘南江の島間のフリーエリアで利用することが出来ます。

江ノ島・鎌倉フリーパス

江ノ島へのアクセスとして、小田急線を利用する場合にお得になるきっぷがあります。「江の島・鎌倉フリーパス」は小田急線(藤沢駅ー片瀬江ノ島駅)と江ノ電が乗り降り自由になります。小田急線の乗車する駅ー藤沢駅までの往復きっぷを利用出来ます。江ノ島・鎌倉周辺の施設や飲食店などが優待・割引になります。

「江の島・鎌倉フリーパス」は 1日間有効です。料金は、乗車する駅により異なります。新宿駅から利用の場合の料金は大人1470円・小人740円です。藤沢駅から利用の場合は大人610円・小人320円です。小田急線の各駅にある自動券売機・小田急トラベル各営業等で購入することが出来ます。ロマンスカー利用の場合には別途特急料金が掛かります。

「江の島・鎌倉フリーパス」を利用する場合、江ノ島周辺で優待・割引になる施設は、新江ノ島水族館・江の島エスカー・江の島シーキャンドル(江の島展望灯台)・江の島岩屋・江の島アイランドスパなどで優待・割引料金で利用できます。この他に江ノ島・鎌倉の飲食店やお寺などでも優待・割引料金が適用されます。詳しくはHP等で確認をお願いします。

江ノ電1日乗車券「のりおりくん」

江ノ島観光で、何度も江ノ電を利用する場合にお得になるきっぷがあります。江ノ電1日乗車券「のりおりくん」は、江ノ電の全区間(藤沢駅ー鎌倉駅)で1日何度でも「のりおり」が出来るきっぷです。江ノ電沿線の施設で受けることが出来る特典サービスもあります。江ノ島から江ノ電を利用して観光する場合にはおすすめのきっぷです。

江ノ電1日乗車券「のりおりくん」の料金は大人600円・小人300円です。江ノ電の全駅の券売機で購入することが出来ます。江ノ島周辺の施設の特典サービスは、江ノ島エスカー・江ノ島シーキャンドル(展望灯台)・江の島岩屋・新江ノ島水族館・江ノ島アイランドスパ他飲食店等が割引になります。詳しくはHP等で確認をお願いします。

鎌倉・江の島アフタヌーンパス

13時以降に江ノ島を観光する人におすすめなのは「鎌倉・江の島アフタヌーンパス」です。13時から発売となり、江ノ電全線が乗り降り自由になる乗車券の他に、江の島エスカー・サムエルコッキング苑・シーキャンドル(展望灯台)のチケットがセットされているお得な切符です。また江ノ島島内の施設で割引になるサービスもあります。

「鎌倉・江の島アフターヌーンパス」は、のりおりくん(600円)エスカー(360円)サムエルコッキング苑(200円)シーキャンドル(300円)の合計1460円分が、1000円で楽しむことが出来ます。料金は大人1000円・小人500円です。取扱時間は13時ー17時で、江ノ電藤沢駅・江ノ島駅・鎌倉駅の窓口で購入することが出来ます。

パーク&レールライド

江ノ島へ車でアクセスする場合、駐車場に車を停めた後に、電車やバス・江ノ電沿線を観光におすすめのチケットがあります。駐車場は江ノ島・七里ガ浜・稲村ガ崎・由比ヶ浜の駐車場で利用することが出来ます。協賛店や寺社等で割引などのサービスを受けることが出来ます。購入の際には各駐車場の駐車券が必要になります。

江ノ電駐車センターより利用する場合は、チケット金額が2000円になります。駐車場は1台5時間分、電車は江ノ電全線のフリーきっぷが2人分利用できます。チケット販売場所は江ノ電の江ノ島駅です。駐車場が利用できる時間は4時ー23時(出庫は24時間)です。7月・8月の取扱いは中止です。協賛寺社の拝観割引等のサービスを受けられます。

「パーク&レールライド」で利用できる駐車場は、七里ガ浜駐車場(1800円)稲村ガ崎駐車場(1800円)県営由比ヶ浜地下駐車場(1660円)の駐車場で利用することが出来ます。チケットの購入出来る場所や、受けられるサービス、駐車場の場所・営業時間等は各駐車場により異なります。詳しくはHPで確認をお願いします。

Thumb江ノ島エスカーとは?料金・営業時間・アクセスなど利用方法完全ガイド!
江ノ島には時期を問わず、たくさんの観光客が訪れるスポットです。江ノ島に一度でも行ったことがあ...

「江ノ島」へのアクセスまとめ!

江ノ島までの電車・車・バス・徒歩での行き方をまとめて紹介しました。江ノ島への行き方でおすすめなのはロマンスカーです。乗り換えもなく快適に江ノ島へと行く事が出来ます。車で観光する場合には、渋滞に気を付けて余裕を持って行動するようにしましょう。ご自身のプランに合ったアクセス方法で、江ノ島観光を楽しんでください。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
櫻井まりも

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ