大雄山最乗寺(道了尊)は紅葉が綺麗なパワースポット!御朱印やアクセスは?

神奈川県の足柄にある名刹として知られている寺が大雄山最乗寺(道了尊)です。パワースポットとして近年注目を浴びています。また、紅葉が素晴らしい場所としても人気となっています。大雄山最乗寺(道了尊)の情報をピックアップしました。

大雄山最乗寺(道了尊)は紅葉が綺麗なパワースポット!御朱印やアクセスは?のイメージ

目次

  1. 大雄山最乗寺(道了尊)に行こう!
  2. 大雄山最乗寺(道了尊)とはどのような寺?
  3. 大雄山最乗寺(道了尊)の観光情報
  4. 大雄山最乗寺(道了尊)へのアクセス方法
  5. 大雄山最乗寺(道了尊)の歴史
  6. 大雄山最乗寺(道了尊)のパワースポット1.本堂
  7. 大雄山最乗寺(道了尊)のパワースポット2.御真殿
  8. 大雄山最乗寺(道了尊)のパワースポット3.奥の院
  9. 大雄山最乗寺(道了尊)の紅葉
  10. 大雄山最乗寺(道了尊)の四季
  11. 大雄山最乗寺(道了尊)の御朱印
  12. 大雄山最乗寺(道了尊)でパワーを頂こう!

大雄山最乗寺(道了尊)に行こう!

「大雄山最乗寺(道了尊)」は足柄にある古刹として知られています。パワースポットとして多くの人が参拝に訪れ、御朱印も頂くことができます。紅葉が見事な寺としても評判で、見ごろの時期にはよりたくさんの参拝客でにぎわいます。「大雄山最乗寺(道了尊)」について、パワースポットや紅葉の情報をアクセスなどの観光情報とと共に紹介します。

大雄山最乗寺(道了尊)とはどのような寺?

「大雄山最乗寺(道了尊)」は、神奈川県南足柄市にある曹洞宗の寺です。御本尊は釈迦牟尼仏であり、脇侍仏として文殊、普賢菩薩をお祀りしています。曹洞宗の中では北陸にある永平寺、鶴見にある総持寺に次ぐ大寺院であり全国に400程の門流があります。境内の山林は約130町歩、堂塔は約30棟あり大変広い敷地全体がパワースポットです。

「大雄山最乗寺(道了尊)」は天狗伝説がある寺としても有名であり、天狗にまつわる下駄やうちわなどがたくさん奉納されています。また、足柄の紅葉の見どころスポットしても人気があり、見ごろの時期には多くの参拝客が訪れます。近年は御朱印集めの人も多く訪れます。関東・足柄の霊場として有名であり、境内は神秘さ・パワーに溢れています。

Thumb神奈川のパワースポット特集!恋愛運・金運・仕事運の有名スポットが多数!

大雄山最乗寺(道了尊)の観光情報

「大雄山最乗寺(道了尊)」は参拝無料でいつでも誰もが参拝できるようになっています。山の中にある寺ですが、清らかな心で節度を持って参拝することが大切です。御朱印を頂けたり、祈祷をしていただける授与所は通常は9時から15時までで、1月4日から2月3日までは7時から16時までとなっています。時間と心にゆとりを持って訪れましょう。

Thumb神奈川の道の駅ランキング!おすすめグルメ・温泉など見所&アクセスも!

大雄山最乗寺(道了尊)へのアクセス方法

「大雄山最乗寺(道了尊)」に電車でアクセスする場合は、JRの「小田原駅」で降りて、伊豆箱根鉄道に乗り換えて約21分の「大雄山駅」で降りて、伊豆箱根バスの道了尊行きに乗り換えて約10分の「道了尊バス停」で降りると徒歩約5分でアクセスすることができます。門までは長い階段が続くので、少しずつ休みながらアクセスすると良いです。

「大雄山最乗寺(道了尊)」に車でアクセスする場合は、東名高速道路の「大井松田IC」で降りて県道78号経て約20分でアクセスすることができます。専用駐車場が約250台分、無料で利用することができます。この駐車場は明神ヶ岳への登山の人達も利用します。マナーを守って利用することが重要です。初詣や紅葉の時期は込み合うこともあります。

Thumb神奈川のお土産ランキング!お菓子・雑貨など新商品から定番まで完全網羅!

大雄山最乗寺(道了尊)の歴史

「大雄山最乗寺(道了尊)」は、了庵慧明(りょうあんえみょう)禅師が応永元年(1394)に開山したことが始まりとされています。了庵慧明禅師は相模国大住郡糟屋荘の出身であり、地頭でしたが出家し、能登の総持寺をはじめ日本各地で修業を積んで、50歳中ごろに現在の足柄の地でへ戻ってきて竺圡庵という名前の庵を結びました。

そしてある日一匹の大きな鷲が了庵の袈裟を咥えて足柄の大雄山へ飛んでいき、大松(袈裟掛けの松)の枝ににかけたのを見て、了庵は應永元年(1394年)3月10日にこの地に寺を建てたと言われています。大雄山最乗寺と号し、道了尊と呼ばれて親しまれてきました。また了庵の弟子である道了大薩埵が寺の創建の時に土木工事に大変尽力しました。

了庵が亡くなった時、道了大薩埵は姿を変え、白狐の背中に乗って山の中に身を隠して大雄山を守る天狗となったと伝えられています。それ以来、諸願成就にご利益があり、十一面観世音菩薩の化身であるとして崇められ、昔から多くの地元の人から愛されてきました。「大雄山最乗寺(道了尊)」の天狗伝説もここから由来していると言われています。

大雄山最乗寺(道了尊)のパワースポット1.本堂

「大雄山最乗寺(道了尊)」の本堂は間口15間、奥行12間と広い場所であり、堂内は約300畳の荘厳な作りです。「大雄山最乗寺(道了尊)」のパワースポットの一つです。一番奥には本尊である釈迦牟尼仏、その両脇に脇持仏として文殊、普賢菩薩が祀られています。「大雄山最乗寺(道了尊)」を訪れたら、まずここにしっかりと手を合わせましょう。

yamori81さんの投稿
29414981 422475691530535 3854252133297684480 n

「大雄山最乗寺(道了尊)」の近くには金剛水堂という名前の井戸があり、創建当時の約600年前から枯れることなく水が湧き出ていると言われています。創建に関わった道了大薩埵が自ら井戸を掘ったとされています。ここの水を飲むとさまざまな病が癒されると、現在では諸病祈願に使われています。パワースポットとして人気の場所の一つです。

大雄山最乗寺(道了尊)のパワースポット2.御真殿

yamori81さんの投稿
29417214 170779590246059 7761007222426959872 n

「大雄山最乗寺(道了尊)」で最大のパワースポットとして注目されている場所が御真殿「妙覚宝殿」です。ご本尊として道了大薩埵が祀られていて、その両脇に大天狗・小天狗が祀られています。毎年1月、5月、9月の28日は御開帳が行われ、大変大きなパワーを頂けるとして多くの参拝者が訪れます。その日は普段とは少し違う雰囲気が感じられます。

yokko.hashimotoさんの投稿
28157284 980908495411362 7006378822819905536 n

「大雄山最乗寺(道了尊)」の御真殿「妙覚宝殿」の脇にはたくさんの鉄の下駄が奉納されています。一番大きな下駄は約3トンと言われていて、これをくぐるとご利益があるとされています。周辺は大変神秘的で厳かな雰囲気の場所です。ここは道了大薩埵が土木工事に関わったということで、土木関係の仕事の人の参拝も多いのが特徴です。

大雄山最乗寺(道了尊)のパワースポット3.奥の院

kenkenpa34さんの投稿
28155626 1903514343005711 3513288947549601792 n

「大雄山最乗寺(道了尊)」の約350段ある大変長い階段を上りきった先にあるのが、最大のパワースポットとして評判の奥の院です。足柄・大雄山の一番高いところにあり、十一面観世音菩薩が祀られています。十一面観世音菩薩は妙覚道了大薩埵の化身とされています。奥の院へ続く道の途中には、両脇に小天狗が励ますように佇んでいます。

「大雄山最乗寺(道了尊)」の奥の院は大変立派な木々に囲まれた場所にあり、凛とした空気を感じられる場所です。修験者の修行の場所なので、大変大きなパワーを頂けると多くの人が奥の院まで足を延ばして参拝します。時間にゆとりのあるスケジュールを組み、自分のペースでゆっくりと階段を上って参拝することをおすすめします。

大雄山最乗寺(道了尊)の紅葉

「大雄山最乗寺(道了尊)」は、大変素晴らしい紅葉を見ることができる場所としても大変有名です。石畳の参道や、仁王門の奥に約3キロメートル続く天狗の小径などは、色づく木々に覆われていて、紅葉が見ごろの時期には普段とは違う景色を眺めることができます。真っ赤に色づいた木々は息をも飲む美しさであると多くの参拝客で賑わいます。

「大雄山最乗寺(道了尊)」にはモミジやカエデ、イチョウなどの木があります。「大雄山最乗寺(道了尊)」の紅葉の見ごろは例年11月中旬から12月上旬です。標高の高い奥の院から眼下に紅葉を眺めることも素敵と人気があります。寺内は動けないほどの人となることは少ないので、ゆったり紅葉を見たり写真を撮ったりするには大変おすすめの寺です。

大雄山最乗寺(道了尊)の四季

kimichan88さんの投稿
18888545 292055951255271 1709376754512035840 n

「大雄山最乗寺(道了尊)」は、秋の紅葉が有名ですが、四季折々の木々や草花を楽しむことができる場所です。春には桜が咲き誇り、季節が移ろうとつつじや紫陽花などが次々と花を咲かせます。冬にはツバキや梅が咲き、雪とのコラボレーションが素晴らしいと評判です。四季の風を感じることができるので、季節を変えて行くことをおすすめします。

大雄山最乗寺(道了尊)の御朱印

0713shigemiさんの投稿
29740367 1899284363695936 2562471978074112 n

「大雄山最乗寺(道了尊)」で頂ける御朱印は3種類あります。大雄山最乗寺の御朱印である「道了尊の御朱印」の他に「関東三十六不動第二番の清瀧不動の御朱印」「道了大薩埵の御朱印」の3種類を書いて頂くことができます。瑠璃門近くの白雲閣の総受付でそれぞれの御朱印が初穂料300円です。天狗を思わせる力強さを感じられる御朱印と人気です。

mu.mu.pakudanさんの投稿
29089004 769260966610994 7124059599585411072 n

「大雄山最乗寺(道了尊)」では、御朱印帳を購入することもできます。天狗のうちわと下駄が描かれたピンク色の御朱印帳と、天狗と奥の院へ続く道が描かれたシックなグリーンの御朱印帳の2種類です。御朱印と同じ瑠璃門近くの白雲閣の総受付で購入でき、それぞれ初穂料が1500円となっています。少し小さめサイズの御朱印帳となっています。

大雄山最乗寺(道了尊)でパワーを頂こう!

「大雄山最乗寺(道了尊)」は、神奈川県の足柄の紅葉で評判の古刹の一つです。マイナスイオンをしっかり浴びながら参拝をすると、心が清々しくなるので、大変おすすめです。四季によって変わる景色を眺めながら、歴史を感じ、パワーを頂きに行ってみましょう。純粋な心で訪れ、手を合わせることが大切です。

関連記事

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ