ハワイの物価は高い?ブランド品や食事などを日本との違いを比較!

日本人観光客でいつも賑わっているハワイですが、実際に物価は高いのでしょうか?それとも日本と物価比較すると安いのでしょうか?ハワイへ観光で行った際に人気なのが、やはり食事やブランド物のお買い物です。その辺りについてもハワイの物価をチェックしてみましょう。

ハワイの物価は高い?ブランド品や食事などを日本との違いを比較!のイメージ

目次

  1. 1ハワイの物価は高いのか?安いのか?
  2. 2ハワイとの物価比較で高いイメージのものは?
  3. 3ハワイとの物価比較で安いイメージのものは?
  4. 4ハワイの物価は比較対象で高い安いに違いあり
  5. 5ハワイの実際の物価比較
  6. 6ハワイの物価比較ならまずは為替レートを確認
  7. 7ハワイの物価比較!高い?安い?1「食品」
  8. 8ハワイの物価比較!高い?安い?2「食事」
  9. 9ハワイの物価比較!高い?安い?3「衣料品」
  10. 10ハワイの物価比較!高い?安い?4「バス」
  11. 11ハワイの物価比較!高い?安い?5「車」
  12. 12ハワイの物価比較!高い?安い?6「家賃」
  13. 13ハワイの物価比較!高い?安い?7「ブランド物」
  14. 14ハワイの物価比較!高い?安い?8「おすすめショップ」
  15. 15ハワイの物価は安いものばかりではなかった!

ハワイの物価は高いのか?安いのか?

ハワイへ観光で訪れてた際に感じるのは、日本との物価の違いです。ハワイと日本の物価を比較してみて、高いと感じたことが多いでしょうか。それとも日本よりも物価が安いと感じることが多いですか?

日本人観光客は、ハワイに訪れた際、現地でしか味わえないような食事を楽しんだり、日本で買うよりも安いというイメージが強いブランド物のショッピングを楽しむ傾向が強いようです。

そこで、ハワイと日本の物価を比較し、実際にはハワイの物価は安いのか?高いのか?を、色々な角度からみていきましょう。

ハワイとの物価比較で高いイメージのものは?

テレビなどのメディアでもよく特集されるハワイですが、旅行先や留学先などでも大変人気があり、日本人も多いことから、海外旅行初心者の方でも安心していける旅行先として、長年高い人気を誇っています。

そのため、いろいろなハワイについてのイメージが先行し、実際とは少々齟齬が生じている場合もあるようです。

特に、アメリカ領土ではありますが、本土からも離れていて、比較的日本からも近い海外のため、ハワイはグアムなどと同じ感覚で、リゾートイメージが強く、バカンスとして訪れる人も多くいます。

そのせいか、ハワイの物価は日本よりも安いというイメージを持っている方も多く、ハワイの現地に実際に行ってみると、思いのほか物価が高いものもあり、困惑した経験をした方も少なくないようです。

特にチップが発生する食事やタクシーなどは、日本よりも高い場合も多く、食事をしたり、タクシーを利用すると、ハワイの物価が高いというイメージが残るようです。

どんなシチュエーションでタクシーを利用したり、どんなランクのレストランで食事をするかにもよりますが、やはりこのチップ制というのは、意外と想定外の料金で、結果的に高い場合も多くあります。

ハワイとの物価比較で安いイメージのものは?

では、逆にハワイの方が物価が安いと感じるシチュエーションは、どんな場面だったでしょうか。

ハワイでは、ローカルフードも人気で、ハワイのご当地料理を手頃な安い価格帯で販売しているお店が、あちらこちらにあります。レンタカーなどを借りて旅行する際などは、そんなお店の食べ歩きを楽しむ方も多く、ハワイの物価は安いと感じるようです。

少々値が張る高いレストランでの食事も楽しいですが、そんなローカルフードを楽しめるお店での食事も、ハワイならではの味で、いい思い出となるでしょう。

また高級レストランなどとは違い、日本のフードコートやキッチンカーのような感覚で気軽に食事ができるので、青い空のもと、屋外でそのようなローカルフードの食事を楽しむのも、ハワイならではの体験となるでしょう。

またやはりお買い物天国のハワイでは、ブランド物が安いと思っている方も多く、日本からハワイへブランド物の買い出しに訪れる日本人観光客も少なくありません。

DutyFreeのお店や、ショッピングセンターなどでブランド物を買いたいと考える方も多いようで、そのようなブランドショップでは、多くの日本人観光客と遭遇するのもそのためです。

ハワイの物価は比較対象で高い安いに違いあり

ハワイの物価とひとえに言っても、対象物によって、高い安いが大きく異なってきます。

ハワイに訪れる際、何が目的で、どの位の期間滞在するのかによっても、お金の使い道は変わってきます。そのため、物価を比較する対象物も、色々と違ってきてしまいます。

先ほどもお話したとおり、食事をレストランでするのか、キッチンカーでするのかによっても違いはありますし、ホテルに泊まるのか、コンドミニアムに長期宿泊するのかによっても、宿泊代は大きく異なってきます。

他にも長期滞在したり、留学する場合は、光熱費なども関係してきますので、一概に物価が高い安いというのは、難しいのかもしません。

ハワイの実際の物価比較

最近では、メディアなどで、ハワイでの生活の実態や、実際の物価比較などをテーマにしたハワイ特集などもよく組まれていますので、見かけた方は、実際の物価事情に驚くことも多くあるでしょう。

対象物によっても異なりますが、日本と物価を比較した場合ほとんどのものが、実はハワイの方が物価が高い場合が多いようです。

そのため、せっかく安いパッケージプランでハワイに訪れても、ハワイの現地で思っている以上に出費がかさみ、結果的に予算オーバーとなった方は多くいます。

物価が高いと感じるのは、事前にハワイの物価についてあまり知識がない場合も多く、バリやグアム、サイパンなどと同じ感じで、ハワイの物価をイメージしている場合も少なくないようです。ハワイに着いてショックを受けることのないよう、なるべく事前に大まかなハワイの物価事情はチェックしておきましょう。

ハワイの物価比較ならまずは為替レートを確認

ではここからは、具体的にハワイと日本の物価事情を比較してみましょう。

現在の物価の違いを把握するには、まずは為替レートを確認する必要があります。日本の円と、ハワイのアメリカドルの現状を、インターネットなどで確認してみましょう。円高なのか円安なのかで、旅行費からも違いが発生します。

またハワイ現地では、クレジットカードも使用できますが、ある程度日本円に換算できないと、帰国後に支払金額をみて、ショックを受けることとなってしまいます。

そのため、自分がハワイに行く際には、為替レートはいくらなのか、また現金を日本円からアメリカドルに両替する必要もありますので、いくら分持っていく必要があるのか計算する際にも、重要なポイントとなります。

ハワイの物価比較!高い?安い?1「食品」

ではここからは、項目別にハワイの物価をチェックしてみましょう。

先ほど為替レートが重要なポイントになるとお話しましたが、まさに食品などで計算すると、とても分かりやすいでしょう。例えばハワイで1ドルのお水を買った場合、1ドルが日本円で90円の場合と、140円の場合では、1本のお水だけでも50円の差が出てきます。

ハワイには、日本でもお馴染みのドン・キホーテもありますし、アメリカで有名な大型スーパーマーケットや、オーガニック食品のみを扱ったスーパーマーケットなどもあります。そのため食品を買うなら、欲しいものに特化したスーパーマーケットに足を運ぶといいでしょう。

またハワイは基本的に、輸送費が上乗せされるため、アメリカ本土と比較すると食品は割高な場合が多く、それが物価が高いと感じる原因でもあります。

日本でも、日本本土より、沖縄の離島などの方が野菜などは高いのと同じで、ハワイも離島になるため、アメリカ本土からの輸送費がかかり、色々なものの物価が高くなっているわけです。

野菜や加工品などの食品は、アメリカ本土からの輸送費がかかるため、物価は高いですが、逆にハワイで作られたものは、安い場合もあります。

特にお土産などで好まれる、ハワイの名産品は日本で買うよりも安いことが多く、こちらは物価が安いと感じる理由にもなります。

そして食費といえば、気になるのがやはり日本の食材です。

ハワイには日本人が多く暮らしていたり、日本人観光客も多く訪れるハワイには、日本の食材を売っている場所が、数多くあります。しかし、こちらも残念ながら輸送費などがかさみ、日本で買うよりもかなり高い金額で売られていることが多いです。

長期滞在などを検討している場合は、液体など以外で持ち込める乾物類などは、持参した方がいいでしょう。

ハワイの物価比較!高い?安い?2「食事」

次にチェックするのは、「食事」です。レストランなどで外食する場合、ハワイはアメリカ文化なので、チップが必要です。またハワイでは州税も加算されますので、思っている以上に結果的に高い場合がほとんどです。

州税は4.166%(オアフ島4.71%)で、日本の消費税よりは少し安いです。あとはチップ代ですが、15%から20%が必要となります。そのため、高額な食事をすればするほど、州税もチップ代も上がりますので、日本よりも物価が高いと感じるでしょう。

ハワイの現地ではなるべく食費は押さえたいと考えているなら、先ほどお話したように、ショッピングモールのフードコートやキッチンカーを利用するようにしましょう。こちらなら、チップ料が発生しませんし、サービス料なども加算されないので、コストを抑えることが出来ます。

ハワイの物価比較!高い?安い?3「衣料品」

次にチェックするのは、「衣料品」です。

海外旅行に行く際は、スーツケースをからっぽで行き、現地で買い物をして帰ってくるのが楽しみ!という方も中にはいるでしょう。

ではハワイの衣料品は高いのでしょうか。ブランドなどにもよりますが、アメリカブランドなら、やはり日本よりは安く購入できることが多くあります。アメリカ本土ほどではないですが、日本よりは安いです。またアメリカはSALEが多くあるので、ハワイでもSALE時を狙うとさらに安いです。

ハワイの物価比較!高い?安い?4「バス」

次は、観光客も多く利用する「バス」についてチェックしてみましょう。

ハワイで1番手軽で安い上、便利でおすすめなのがバスでの移動です。ハワイでの用途によっても変わってきますが、旅行でしたらトロリーバスがいいでしょう。4日間乗り放題で59ドルほど、オアフ市バス4日間乗り放題なら35ドルです。

もしハワイに長期滞在する際は、100路線もある「The Bus(ザ・バス)」を利用しましょう。1日2.5ドルで乗り放題になりますし、1か月の定期を購入しても、なんと60ドルほどです。ハワイに長期滞在となると、バス移動に加えて、徒歩はもちろん、自転車での移動も多くなるでしょう。

距離によってバス料金が変わることも多い日本と比べると、ハワイの方が安いかもしれません。

ハワイの物価比較!高い?安い?5「車」

次は、こちらも観光客も多く利用する「車」についてチェックしてみましょう。

日本人観光客が利用することが多いのはレンタカーかタクシーでしょう。基本的には日本よりも車については物価は安いです。さすが車社会のアメリカとあって、車の運転が可能なら、レンタカーなども安く利用できます。

ハワイに長期滞在するなら、免許取得は約30ドルで取得できますので、下調べしておいてもいいでしょう。

タクシーは、初乗り200mで3.1ドル。それ以降は200m毎に40セントです。チップ代金は、料金の15%ですが、日本のタクシーに比べれば、それでもハワイではタクシー料金は安いです。

ハワイではレンタカーもおすすめです。1日レンタルでしたら、約55ドルからレンタル可能です。その他の料金は、ドライバー登録に1日10ドルが必要です。ただし5日から7日の長期レンタルの際は、割安となり約350ドルからです。

あとは、チャイルドシート貸出料金は12ドル、そして駐車場代やガソリン代が別途必要です。しかしながら総合的にみても、日本の物価と比べれば、ハワイのレンタカー代は安いです。

Thumbハワイ島の観光おすすめスポットは?人気の名所から穴場まで一挙紹介!
ハワイ島はハワイ諸島の中では一番大きな島です。美しい海と共に火山が造り出すダイナミックな景観...

ハワイの物価比較!高い?安い?6「家賃」

次は、「家賃」についてチェックしてみましょう。

ハワイはとにかく居住費は高いです。物価が高いというイメージは、この居住費が何よりも高いからというのも理由のようです。中心地ですと、東京の一等地並みか、それ以上に高い場合もよくあります。また短期契約か長期契約なのかでも、料金は大幅に変わります。

手ごろな物件を探す場合は、田舎のエリアしかないと諦めた方が賢明です。

ハワイの物価比較!高い?安い?7「ブランド物」

次は、「ブランド物」についてチェックしてみましょう。

世界各国のブランドや、日本未発売の商品が揃っている「TギャラリアハワイbyDFS」は、かなりおすすめです。ワイキキにありますのでアクセスも簡単です。3階は免税フロアになっておりますが、1階と2階は非免税フロアですので注意しましょう。しかしハワイ州税は免除されますのでご安心を。

またここにある商品は、ハワイ州内のショップと同等もしくは低価格が保証されてもいます。そのため、このようなところで買えば、日本よりもブランド物を安く安心して購入できます。

ハワイの物価比較!高い?安い?8「おすすめショップ」

ABCストア

またお土産などを購入する場合は、やはり物価が気になるところです。

個人店などのセレクトショップで購入すると、やはり物価が高いと感じてしまう事が多い用です。

そこでおすすめなのがABCストアです。お土産に最適な商品が、手ごろな価格帯で購入できるので、まとめ買いの際も安心です。

ハワイには他にも、ドン・キホーテもありますし、ターゲットやコストコ、またアウトレットなどもおすすめです。

ハワイでしか買えない商品はもちろん、アメリカ本土でも人気のある商品が、手ごろな価格で購入できますので、自分へのお土産にもいいでしょう。

このように賢くショッピングすれば、物価が安いと感じることも多くあります。

Thumb88Teesはハワイお土産におすすめ!人気Tシャツの値段や場所を紹介!
88Teesというお店をご存知でしょうか。ハワイで日本人に人気のあるTシャツ屋さんです。88...

ハワイの物価は安いものばかりではなかった!

ハワイの実際の物価は、物によって日本より高いものもあれば、逆に安いものもありました。全体的には、ハワイの物価は安いというイメージが多いですが、実際にはリゾート地のため、食事などを筆頭に、日本よりもハワイの方が物価が高いものも多くありました。

またハワイはアメリカ領土のため、チップ制度もありますので、それを含めると食事などは日本よりも高いと感じる場合も、意外とあるようです。また逆にブランド物などは、ブランドや物によっては、日本よりやすいものもあります。

そのため、ハワイを訪れる際は、ぜひ事前にリサーチして、賢くお金を使えるようにしておくのがおすすめです。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
Liona-o

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ