臨港パークはみなとみらいで人気の公園!見どころや駐車場・アクセスを紹介!

横浜みなとみらいには、いろんな観光スポットがたくさんあり、多くの観光客に人気があります。臨港パークも横浜みなとみらいでは注目してもらいたいスポットです。ここでは、横浜みなとみらいで人気の臨港パークについて紹介していきます。

臨港パークはみなとみらいで人気の公園!見どころや駐車場・アクセスを紹介!のイメージ

目次

  1. 1横浜臨港パークの紹介!
  2. 2臨港パークはどこにある?
  3. 3臨港パークへのアクセスは?
  4. 4臨港パークには駐車場がある?
  5. 5臨港パークの見どころ1:芝生広場
  6. 6臨港パークの見どころ2:南口広場
  7. 7臨港パークの見どころ3:潮入りの池
  8. 8臨港パークの見どころ4:アーチ橋
  9. 9臨港パークの見どころ5:風力発電掲示板
  10. 10臨港パーク周辺の見どころ1:国際交流ゾーン
  11. 11臨港パーク周辺の見どころ2:ぷかりさん橋
  12. 12横浜臨港パークに行こう!

横浜臨港パークの紹介!

臨港パークはその名の通り、港を臨むことができる公園です。海がすぐ側にある公園は、地元の人にも観光客の人にも愛されます。横浜みなとみらいでゆっくりとした時間を過ごしたいという人にはおすすめしたいです。ここで紹介する臨港パークのことを知ってもらい、横浜みなとみらいに行った際に立ち寄ってもらえるとうれしいです。

Thumbみなとみらい周辺の観光スポット・おすすめコースまとめ!名所が目白押し!
横浜の人気観光スポットであるみなとみらいには、とても多くの魅力的な場所があります。みなとみら...

臨港パークはどこにある?

臨港パークは横浜みなとみらい地区にあるパシフィコ横浜の一部になっています。パシフィコ横浜の海沿いにある公園が臨港パークです。臨港パークと聞くと、あまり聞き覚えがないという人がたくさんいるでしょうが、パシフィコ横浜と聞けば、聞いたことがあるという人はたくさんいるでしょう。みなとみらいでも人気のスポットです。

パシフィコ横浜はコンサートなどのイベントがたくさん行われることもあり、たくさんの人に注目を集めるスポットです。臨港パークの近くにはヨコハマインターコンチネンタルホテルがあり、日本人だけでなくたくさんの外国人の姿を見ることができます。臨港パークは人気の公園ですが、意外な穴場の公園とも言えるでしょう。

臨港パークへのアクセスは?

臨港パークへの車でのアクセスは、首都高速横羽線みなとみらい出口から約2分で到着します。車でのアクセスは非常に便利なところにあると言えます。電車でのアクセスは、最寄り駅はみなとみらい駅か桜木町駅、横浜駅になります。3つの中で一番アクセスしやすい駅は、みなとみらい駅で駅から徒歩5分で到着することができます。

桜木町駅からのアクセスは、駅を下りると動く歩道がありますが、動く歩道を経由して約12分で到着します。横浜駅からのアクセスは、水上を走るシーバスを利用すると便利です。横浜駅東口からパシフィコ横浜にあるぷかりさん橋まで約10分で到着することができます。アクセスが非常に便利なところにある公園と言えます。

臨港パークには駐車場がある?

臨港パークへの車でのアクセスは非常に便利ということは前述しましたが、駐車場についても知っておいた方が良いです。臨港パーク駐車場は100台まで収容することができ、8時から21時まで営業しています。平日は30分につき250円で、時間内最大料金は1100円です。土日祝は30分につき250円ですが、最大料金はありません。

臨港パーク駐車場が満車になっている場合は、近隣の有料駐車場を利用することになります。横浜みなとみらい地区にはたくさんの有料駐車場があるので、駐車場にはあまり困らないかもしれません。ただし、イベントなどが開催される土日祝は近隣の有料駐車場がどこも満車になっているという状態になる可能性があるので注意して下さい。

臨港パークの見どころ1:芝生広場

臨港パークの見どころを紹介します。芝生広場は公園で絶対に必要と言える場所と言えます。天気が良い日には芝生の上でゴロゴロしたいと思っている人は少なくありません。芝生の上でゴロゴロしている時間は、日常の忙しい時間では考えられないくらい贅沢な時間と言っても良いです。家でゴロゴロするよりも良いでしょう。

家で弁当を作ってきて食べても良いですし、子供と一緒にボール遊びなどをして楽しんでも良いです。芝生広場の使い方は人それぞれなので、好きなように楽しんでもらえれば良いです。どこに行ってもお金がかかるところばかりですが、公園の芝生広場であれば、お金はかからないので、家族の家計にとってもありがたい場所です。

臨港パークの見どころ2:南口広場

臨港パークの南口広場は、石畳になっている広場です。南口広場では月に1回不定期でフリーマーケットを開催しています。フリーマーケットは、いろんな人が使わなくなった物や着なくなった服などを持ち寄って販売しています。南口広場で開催されるフリーマーケットを楽しみにしている人はたくさんいて、毎回たくさんの人が訪れます。

フリーマーケットなどのイベントをする場所として最適で、フリーマーケット以外にも様々なイベントが行われます。イベントが行われない時はのんびりと散歩ができる場所でもあります。海がすぐ側なので、海を見ながら気持ち良く散歩をすることができます。カップルの姿もたくさんあり、カップルにも人気がある場所です。

臨港パークの見どころ3:潮入りの池

臨港パークの潮入りの池は、潮の満ち引きによって水位が変化することから、潮入りの池という名前がつけられました。池の水位が潮の満ち引きによって変化するならば、この池は海とも言えるでしょう。池の姿になっていますが、海のように水位が変化するのは神秘的とも言えるかもしれません。うまく名づけられた池です。

この池は芝生広場から眺めることができるので、芝生広場からゆっくりと池を眺めながらボーっと過ごすと言うのも良いでしょう。横浜みなとみらいという大都会の中で、ボーっと過ごすことができる場所があるということは貴重と考えられます。柵がありますが、子供が池に落ちないように親がしっかりと見ていてあげて下さい。

臨港パークの見どころ4:アーチ橋

30590727 186799795452398 2682771087162343424 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
blueblue.pier13

臨港パークのアーチ橋は、その名の通りアーチ状になった橋です。アーチ橋からはみなとみらいのビル群の夜景を見るベストスポットとも言えます。ビル群の夜景は高いところから見ると非常にきれいに見られますが、地上からビル群の夜景を見るもの良いです。アーチ橋からは何も遮るものがないので、最高の夜景が見られます。

29739823 1758046560946473 6904458480086679552 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
pinochiyoko

夜のアーチ橋は最高のデートスポットとも言えます。夜の臨港パークは人の数が減ってしまうので、カップルにとっては、うってつけの場所になります。人が少ないところで、みなとみらいのビル群の夜景を見ながら、2人の距離をぐっと縮めるのも良いでしょう。カップル以外でもアーチ橋からのみなとみらいのビル群の夜景を楽しんで下さい。

Thumbみなとみらいの夜景の名所ランキング!ディナーに最適なレストランもあり!
横浜の人気デートスポット「みなとみらい」。そんなみなとみらいは、夜景スポットとしても注目を集...

臨港パークの見どころ5:風力発電掲示板

15056537 276650966070498 8621663701553905664 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
alfa_channel

横浜ではハマウィングという風車を使って風力発電をしています。原子力がほとんど使えない状態になってしまった現在、風力発電は注目されています。ハマウィング付近では強い風が吹くことがあるので、風力発電には適した場所であると言えます。ハマウィングがどのくらいの電気を作ったのかを知ることができるのが風力発電掲示板です。

30084806 195246731267066 4984783981980418048 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
buru196310

どのくらいの電気を作ったのかがわかれば、ハマウィングがいかに大切な存在なのかがわかるはずです。風力発電掲示板からはハマウィングの姿を見ることができます。夕日が沈む時間帯には、ハマウィングと夕日が重なって見えることがあり、非常に幻想的な風景が見られます。夕方に風力発電掲示板に来て、この風景が見られたら最高でしょう。

臨港パーク周辺の見どころ1:国際交流ゾーン

国際交流ゾーンはパシフィコ横浜の各施設をつなぐ役割をもったところです。パシフィコ横浜は広大な敷地にいろんな施設があります。パシフィコ横浜の各施設に行くためには、国際交流ゾーンを通ることになります。円形広場になっており、いろんなイベントなどが行われます。上から見るととてもきれいに見える広場です。

国際交流ゾーンも海に面しているため、海の側を散歩したりジョギングしたりすることができます。国際交流ゾーンの2階にはデッキがあり、ここから円形広場の風景を見ることができます。おすすめは臨港パークと横浜港の風景を同時に見ることができる、展示ホール海側エリアです。国際交流ゾーンにも注目して下さい。

臨港パーク周辺の見どころ2:ぷかりさん橋

ぷかりさん橋は、横浜の人気交通手段であるシーバスやクルーズ船が発着する、みなとみらいの海の玄関口です。シーバスはみなとみらいの他、横浜駅や山下公園、赤レンガ倉庫といった横浜の人気スポットをめぐる水上バスです。地上から横浜の人気スポットを巡るのも良いですが、海から巡るのも横浜らしい楽しみ方です。

ぷかりさん橋の2階にはレストランがあります。レストランからは、船の姿や横浜ベイブリッジの風景を見ることができます。きれいな風景を眺めていると、食事がより一層おいしくなるに違いありません。1枚150円で買うことができるオリジナルポストカードは是非手に入れてもらいたいです。ぷかりさん橋のレストランも是非楽しんで下さい。

横浜臨港パークに行こう!

臨港パークは横浜みなとみらいの人気の公園ということをわかってもらえれば幸いです。パシフィコ横浜の一部となっており、とても利用しやすい場所にあると言えます。横浜みなとみらいには、いろんな観光スポットがありますが、臨港パークも是非楽しんで下さい。横浜みなとみらいがより楽しめるようになるに違いありません。

関連記事

Original
この記事のライター
ベロニカ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ