松島日本三景を遊覧船で巡る旅!おすすめコースの時間や料金をリサーチ!

松島は、宮城県の松島湾にある諸島です。日本三景のひとつとしても知られています。松島には遊覧船が就航していて、船の上から松島の島々を眺めることが出来ます。ここでは、日本三景「松島」の遊覧船おすすめの絶景が楽しめるコースや所要時間・遊覧船の料金などを紹介します。

松島日本三景を遊覧船で巡る旅!おすすめコースの時間や料金をリサーチ!のイメージ

目次

  1. 1「松島」を遊覧船で周遊しよう!
  2. 2「松島」遊覧船その1:松島について
  3. 3「松島」遊覧船その2:車のアクセスは?
  4. 4「松島」遊覧船その3:電車のアクセスは?
  5. 5「松島」遊覧船その4:飛行機のアクセスは?
  6. 6「松島」遊覧船その5:乗船券の販売について
  7. 7「松島」遊覧船その6:大型船の料金について
  8. 8「松島」遊覧船その7:中型船の料金について
  9. 9「松島」遊覧船その8:小型船の料金について
  10. 10「松島」遊覧船その9:所要時間は?
  11. 11「松島」遊覧船その10:絶景のおすすめコースは?
  12. 12「松島」遊覧船の観光スポット1:雄島
  13. 13「松島」遊覧船の観光スポット2:瑞巌寺
  14. 14「松島」遊覧船の観光スポット3:五大堂
  15. 15「松島」遊覧船の観光スポット4:福浦島
  16. 16「松島」の遊覧船に乗ろう!

「松島」を遊覧船で周遊しよう!

「松島」は宮城県の松島湾に浮かぶ諸島のことを言います。松島には遊覧船が就航していて船の上から松島の島々を眺めることが出来ます。以前は船上からカモメ(ウミネコ)の餌やりが名物でしたが、現在は糞害により禁止となりました。ここでは松島の遊覧船の所要時間や料金・おすすめの絶景が楽しめるコースなどを紹介します。

「松島」遊覧船その1:松島について

松島湾の内外にある大小360ほどの諸島と松島丘陵を含めた修景地区のことを「松島」と言います。松島は国の特別名勝に指定されており、日本三景のひとつとしても数えられています。松島は、湾岸沿いに仙台側から「塩竃」「松島」「奥松島」の観光地区に分けられています。松島湾周囲の丘陵や高台には「松島四大観」と呼ばれる絶景スポットがあります。

「松島四大観」

「松島四大観」は、大高森の「壮観」富山の「麗観」多聞山の「偉観」扇谷の「幽観」のことを言います。「壮観」は宮戸島の展望台(大高森)から松島湾・太平洋の絶景が楽しめます。「麗観」は富山の山頂から眺望を楽しめます。「偉観」は七ヶ浜町の代ヶ崎の断崖から太平洋を一望出来ます。「幽観」は松島の全景を楽しむことが出来ます。

「松島」遊覧船その2:車のアクセスは?

東京方面の場合

東京方面から松島・遊覧船へアクセスする場合は、東北自動車道の利用をおすすめします。東北自動車道で東京ー仙台南ICへと向かいます。その後仙台南部道路に乗り換え仙台南ICー仙台若林ICへと向かいます。仙台若林JCからは仙台東部道路・三陸自動車道で松島海岸ICへ向かい、松島海岸ICー松島海岸へと向かいます。所要時間は約4時間40分です。

盛岡方面の場合

盛岡方面から松島・遊覧船へアクセスする場合は、東北自動車道を利用すると便利です。盛岡から東北自動車道で富谷JCTへと向かいます。富谷JCTからは仙台北部道路で利府JCTへと向かいます。利府JCTから松島海岸までは三陸自動車道を利用します。所要時間は約2時間です。「仙台空港」からは仙台東部道路・三陸自動車道を利用します。所要時間は約1時間です。

「松島」遊覧船その3:電車のアクセスは?

東京駅の場合

東京駅から新幹線を利用して松島・遊覧船へアクセスする場合は、東北新幹線を利用すると便利です。東京駅ー仙台駅まで東北新幹線を利用します。所要時間は約1時間40分です。仙台駅からはJR東北本線「松島駅」またはJR仙石線「松島海岸駅」を利用します。JR東北本線の所要時間は約25分、JR仙石線の所要時間は「快速」約25分「普通」約40分です。

盛岡駅の場合

盛岡駅から新幹線を利用して松島・遊覧船へアクセスする場合は、東北新幹線を利用すると便利です。盛岡駅ー仙台駅までは東北新幹線を利用します。所要時間は約1時間40分ー2時間30分です。仙台駅からはJR東北線で「松島駅」またはJR仙石線「松島海岸駅」を利用します。「松島駅」から遊覧船へは徒歩約15分、「松島海岸駅」から遊覧船へは約300mです。

山形駅の場合

山形駅から普通電車を利用して松島・遊覧船へアクセスする場合は、JR仙山線を利用すると便利です。山形駅ー仙台駅までJR仙山線を利用します。所要時間は約1時間です。仙台駅からはJR東北本線線「松島駅」またはJR仙石線「松島海岸駅」を利用します。JR東北本線の所要時間は約25分、JR仙石線の所要時間は「快速」が約25分「普通」が約40分です。

「松島」遊覧船その4:飛行機のアクセスは?

松島・遊覧船へ主要各空港からアクセスする場合、札幌・名古屋・大阪・広島・福岡・那覇空港から仙台空港へと向かいます。所要時間は札幌空港は約1時間10分、名古屋空港は約1時間、大阪空港は約1時間10分、広島空港は約1時間25分、福岡空港は約1時間40分、那覇空港は約2時間30分となります。仙台空港ー仙台駅まではアクセス鉄道を利用して約25分です。

松島・遊覧船へ主要各空港から仙台空港までアクセスした後に、仙台空港ー仙台駅までは仙台空港アクセス鉄道を利用します。所要時間は約25分です。仙台駅ー松島駅まではJR東北本線で約25分または仙台駅ー松島海岸駅まではJR仙石線で「快速」約25分「普通」約40分を利用します。「松島駅」からは徒歩約15分「松島海岸駅」からは約300mです。

「松島」遊覧船その5:乗船券の販売について

松島の遊覧船に乗船する場合、遊覧船の乗船券は4ヶ所ある発売所で購入することが出来ます。遊覧船の乗車券を販売している場所は「松島海岸駅前営業所」「中央営業所」「水族館前営業所」「五大堂営業所」になります。営業時間は4月ー10月が8時30分ー16時30分、11月ー3月が8時30分ー15時30分となります。

松島の遊覧船の乗車券を、インターネットで予約した場合は、予約通知のメール文面・メールを印刷した物を窓口で提示する必要があります。確認をした上で乗船券が発券されます。予約していない場合も同じ発売所で遊覧船の乗船券を購入することが出来ます。遊覧船の予約は公式HPから予約フォームを利用して予約します。

松島の遊覧船「松島汽船」を利用する場合は、事前に予約が必要です。公式HPには事前予約のフォームがあるので、必要事項を入力して送信します。「松島汽船」はペットも乗船することが出来ます。ペット同伴の場合には、予約の際に「ペットも乗船」と入力します。当日の予約は専用の電話番号で予約をします。電話予約は8時から受付開始です。

「松島」遊覧船その6:大型船の料金について

「仁王丸コース」の料金

松島の遊覧船「仁王丸」の船旅を楽しむ場合の料金は、大人1500円・子供750円です。15名以上で利用する場合は1割引となります。2Fグリーン席を利用する場合の追加料金は大人600円・子供300円となります。「仁王丸コース」では「仁王丸」の他に「第三仁王丸」の定期大型船に乗船して松島の絶景を楽しむことが出来ます。

松島ー塩釜間の遊覧船「芭蕉コース」の料金

松島から塩釜までを遊覧船で行く場合「松島汽船」が運行する「芭蕉コース」がおすすめです。松島から塩釜までの所要時間は約50分です。芭蕉コースに乗船する場合は予約が必要です。料金は1階(2等)が大人1500円・小学生が750円です。2階(グリーン席)は大人2100円・小学生1050円、3階(1等)が大人2900円・小学生1450円になります。

「松島」遊覧船その7:中型船の料金について

松島の遊覧船「中型船」を利用する場合の料金は、周遊するコースにより異なります。Bコース利用の場合は1000円・Cコース利用の場合は1500円になります。15名以上の団体で利用する場合は1割引となります。中型船は、予約で希望の時間を伝えると、営業時間内の希望時間で出航します。詳しくはメールで問い合わせをお願いします。

塩釜発着「松島」周遊コースの料金

塩釜から松島を遊覧船で周遊する場合におすすめのコースとして、塩釜発着「松島周遊コース」があります。乗船する場合には予約が必要で、運航は土日限定になります。所要時間は約50分(中型船は約40分)です。「松島周遊コース」の料金は、1階(2等)が大人2000円・小学生1000円です。15名以上の団体で利用の場合は1割引となります。

日本三大渓「嵯峨渓コース」の料金

松島の中型の遊覧船で楽しめる「嵯峨渓」コースは土日祝日と月曜日(臨時運航)しているコースになります。嵯峨渓コースの料金は、大人(中学生以上)3000円・子供(小学生)1500円となります。15名以上の団体で利用する場合には1割引となります。「嵯峨渓」コースの定員は各便50名限定です。所要時間は約1時間50分です。

「松島」遊覧船その8:小型船の料金について

松島の小型の遊覧船を利用する場合の料金は、コースにより料金が異なります。Bコースの料金は5名まで6000円(追加料金1名1200円)Cコースの料金は5名まで10000円(追加料金1名2000円)特別コースの料金は5名まで15000円(追加料金1名3000円)大高森コースの料金は5名まで20000円(追加料金1名4000円)となります。

遊覧船の割引料金は?

松島の遊覧船「仁王丸」の乗船時間が決まっていない人におすすめの割引チケットがあります。割引チケットは「仁王丸」全コースで利用することが出来ます。乗船券の割引料金は、大人1500円が1350円・子供750円が670円になります。公式HPで割引チケットを印刷して窓口で提示すると割引料金が適用されます。1枚で14名まで利用することが出来ます。

松島の遊覧船「仁王丸」の割引チケットを、公式HPから印刷をして窓口で提示する方法の他に、スマートフォンで割引チケットのQRコードを読み取る方法もあります。公式HPには「仁王丸」割引チケットのQRコードが掲載されているので、QRコードを読み取りチケットを表示させます。遊覧船のチケットを購入する際に提示する必要があります。

「松島」遊覧船その9:所要時間は?

松島の遊覧船で松島周遊をする場合の所要時間は、大型船・中型船・小型船の種類やコースにより異なります。大型船「仁王丸」の島巡りコースの所要時間は約50分です。中型船の場合はBコースが約25分、Cコースが約40分です。小型船の場合はBコースが約30分、Cコースが約50分、特別コースが約70分、大高森コースは約90分となります。

「松島」遊覧船その10:絶景のおすすめコースは?

「仁王丸」コース

松島の遊覧船のおすすめのコースは「仁王丸」コースです。大型遊覧船「仁王丸」「第三仁王丸」に乗船して約50分間の遊覧船の旅を楽しむことが出来ます。絶景「仁王丸」コースでは、松島海岸を出発して、千貫島ー仁王島ー鐘島ーよろい島ー在城島ーかぶと島ー双子島などの島々を眺めながら船旅を楽しめるおすすめのコースです。

「Bコース」

松島を中型・小型の遊覧船で周遊する場合のおすすめコースは、「Bコース」です。中型の遊覧船に乗船して約25分間、遊覧船から絶景の景色を眺めながら船旅を楽しむことが出来ます。「Bコース」の絶景コースは、松島海岸を出航後、双子島ー千貫島ーかぶと島ー在城島ーよろい島ー鐘島を周遊します。遠くには仁王島を眺めることも出来ます。

「Cコース」

松島を中型・小型の遊覧船で周遊する場合のおすすめコースは「Cコース」です。所要時間(中型)約40分(小型)約50分間、遊覧船から松島の絶景を楽しむことが出来ます。絶景が楽しめる「Cコース」は松島海岸を出航し、双子島ーかぶと島ー在城島ーよろい島ー鐘島ー仁王島ー千貫島を周遊するおすすめのコースになります。

嵯峨渓コース

松島を中型の遊覧船で松島湾の島々の絶景も楽しめ、日本三大渓「嵯峨渓」も楽しめるコース「嵯峨渓コース」では、奥松島宮戸島の外海に位置する「嵯峨渓」の絶景を楽しむことが出来ます。所要時間約1時間50分のコースでは、松島海岸を出航後、松島の島々の絶景を眺めながら嵯峨渓の屏風岩・夫婦島・アシカ島・天狗岩などを周遊します。

芭蕉コース

松島の遊覧船「芭蕉コース」は塩釜と松島を結ぶコースになります。「芭蕉コース」の運航は松島汽船で運行しています。「芭蕉コース」は「マリンゲート塩釜」を出航し、所要時間約50分(中型船利用の場合は約40分)で千貫島や仁王島などの松島の島々をめぐり、浅瀬を航行するコースです。島の表情を間近で楽しむことが出来るおすすめのコースです。

塩釜発着「松島」周遊コース

松島の遊覧船を塩釜から利用する場合におすすめのコース、塩釜発着「松島」周遊コースは、塩釜を拠点として仁王島や夫婦島などの松島の島々をめぐり、陸地沿いのコースを運航するため、他のコースとは違う松島の絶景を楽しむことが出来ます。所要時間は約50分(中型船の場合は約40分)です。塩釜の発着場所は「マリンゲート塩釜」になります。

Thumb遊覧船で奥松島観光へ!釣りや嵯峨渓の絶景が人気!おすすめ民宿情報も!
日本三景で有名な松島のお隣の東松島氏にある「奥松島」のおすすめスポットをご紹介します。遊覧船...

「松島」遊覧船の観光スポット1:雄島

「松島」周辺のおすすめ観光スポットは「雄島」です。「雄島」は松島の地名の発祥地でもあり、絶景が楽しめる散策スポットとしても人気です。「雄島」は僧侶や巡礼者の修行場「奥州の高野」になっており、岩窟や板碑には、仏像や法名などが彫られています。松尾芭蕉を含めた句碑なども見ることが出来る観光スポットです。

「松島」遊覧船の観光スポット2:瑞巌寺

松島周辺のおすすめ観光スポットは「瑞巌寺」です。平安時代に慈覚大師円仁により創建されたと言われています。当時は「瑞巌寺」ではなく「延福寺」と呼ばれていました。現在の建物は伊達政宗が江戸時代に再建されたものです。本堂や寺院の台所は国宝となり、伊達政宗の菩提寺としても知られる歴史的建造物です。

「瑞巌寺」の営業時間は4月ー9月:8時ー17時、10月・3月:8時ー16時30分、11月・2月:8時ー16時、12月ー1月:8時ー15時30分です。拝観料金は大人700円・子供400円です。「瑞巌寺」は松島海岸えきより徒歩で約7分の場所にあります。松島の遊覧船で松島を周遊した後に立ち寄ることが出来るおすすめの観光スポットです。

住所:宮城県宮城郡松島町松島字町内91番地
電話番号:022-354-2023

「松島」遊覧船の観光スポット3:五大堂

松島周辺の観光スポット「五大堂」は、坂上田村麻呂が建立した毘沙門堂が始まりと言われています。「大聖不動明王」を中心として「東方降三世」「製法大威徳」「南方軍茶利」「北方金剛夜叉」の5つの明王像が安置されています。現在の建物は江戸時代に伊達政宗が再建したもので、東北地方では最も古い桃山建築とも言われています。

「松島」遊覧船の観光スポット4:福浦島

松島の周辺観光スポット「福浦島」は、島の全体が県立自然植物園に指定されています。自然歩道を歩いて約30分ほどで島内を散策することが出来ます。松島海岸からは「福浦橋」(全長252メートル)を渡って行くことが出来ます。「福浦橋」は「出会いの橋」とも言われています。橋を渡ると素敵な出会いが訪れると伝えられる人気のスポットです。

「福浦島」の営業時間は、3月ー10月:8時ー17時、11月ー2月:8時ー16時30分です。「福浦島」の料金は、大人(高校生以上)200円、子供(小中学生)100円となります。「福浦島」へは、松島海岸駅より徒歩10分でいくことが出来ます。弁天堂や見晴台・あずま屋などがあり、自然を散策するにはおすすめの観光スポットです。

Thumb松島観光で日本三景を満喫!おすすめスポット&グルメ・遊覧船を紹介!
宮城県の観光名所「松島」は、日本三景とも呼ばれており美しい自然の絶景を楽しめる観光スポットと...

「松島」の遊覧船に乗ろう!

日本三景「松島」を遊覧船で巡るおすすめのコースや、時間・料金などを紹介しました。紹介した以外にも、松島の遊覧船は色々なコースがあります。松島の遊覧船に乗る際には予約が必要な場合もあるので確認をしておくと良いでしょう。ご自身の予定に合った遊覧船のコースで、松島の遊覧船の船旅を楽しんでください。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
櫻井まりも

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ