横浜の『酔来軒』で名物酔来丼を実食!おすすめメニューやアクセスも紹介!

横浜市南区の下町にある「酔来軒」は地元で長年愛されている中華料理店です。数年前にワンコインで楽しめる名物「酔来丼」がメディアで紹介され、一躍有名店となりました。酔来丼以外のメニューもおいしい町の人気中華料理店「酔来軒」についてアクセス情報を交えてご紹介します。

横浜の『酔来軒』で名物酔来丼を実食!おすすめメニューやアクセスも紹介!のイメージ

目次

  1. 1「酔来軒」は下町の人気中華料理店
  2. 2「酔来軒」はもうすぐ創業80年
  3. 3「酔来軒」の基本情報
  4. 4「酔来軒」へのアクセス情報
  5. 5「酔来軒」の大人気メニューは「酔来丼」
  6. 6お店おすすめの「酔来丼」の食べかた
  7. 7「酔来軒」そのほかのおすすめメニュー1:トマトの肉団子
  8. 8「酔来軒」そのほかのおすすめメニュー2:ネギ焼豚
  9. 9「酔来軒」そのほかのおすすめメニュー3:ご飯もの
  10. 10「酔来軒」そのほかのおすすめメニュー4:麺類
  11. 11「酔来丼」の裏メニュー「酔来丼スペシャル」
  12. 12「酔来軒」においしい中華料理を食べに行こう

「酔来軒」は下町の人気中華料理店

華やかな雰囲気の横浜の観光エリアとは少しイメージが違う横浜市南区。地元の人で賑わう老舗商店街につながるバス通りにあるのが今やテレビや雑誌で紹介される有名店「酔来軒」です。地元で長年愛されて来た下町の中華料理店には名物の「酔来丼」を求めて遠方からも人がやって来るようになりました。さて「酔来軒」とはどんなお店なのでしょう。

「酔来軒」はもうすぐ創業80年

15251587 1147062745401405 5667643971992551424 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
gakushoku43

酔来軒の店構えはごく普通の「町の中華料理屋さん」ですが、創業はなんと1939年。横浜で80年近く営業を続けている地元で人気の老舗中華料理店です。入口ドア付近は新しい雰囲気ですが、メニューサンプルが飾られているショーケースはどことなくレトロ感が漂います。現在は3代目オーナーの野木さんが弟さんと一緒にお店を切り盛りしています。

16464664 1829574397259366 3037433217129906176 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
onimaru020

酔来軒はバス通りに面したお店です。店の前には名物「酔来丼」の白い看板が置かれているのでよく目立ち、バスを利用して酔来軒にアクセスする場合もすぐお店を見つけることが出来るでしょう。酔来軒は横浜の有名な大型商店街「横浜橋商店街」に隣接しています。酔来軒は近所の人たちや横浜橋商店街に買物に来た人たちでいつも賑わっている人気店です。

「酔来軒」の基本情報

酔来軒の営業時間は11時から21時まで。定休日は火曜日です。壁に芸能人のサイン色紙がたくさん飾られた店内の席数は約35席ですが、2人用・4人用テーブルのほかに昭和時代のドラマを彷彿させるレトロな小上がり席があります。下町らしいアットホームな雰囲気は大人だけでなく子供たちにも人気です。駐車場はないので公共交通機関の利用がおすすめです。

住所:神奈川県横浜市南区真金町1-1
電話番号:045-231-6539

「酔来軒」へのアクセス情報

市営地下鉄を使うアクセス方法

酔来軒にアクセスするにはいくつかの方法があります。最初にご紹介するのは横浜市営地下鉄ブルーラインを利用するアクセス方法です。「阪東橋駅」で降りて地上に出たあとはJR関内駅方面に向かって少し歩くと横浜橋商店街の入口が見えてきます。アーケードになっている商店街を抜けた先はバス通りですが、酔来軒は商店街を抜けて左に曲がるとすぐあります。

バスを使うアクセス方法

27890889 389843031440857 8479673044820819968 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
snc2741

酔来軒へは横浜の主要駅からバスにてアクセスすることも出来ます。横浜駅方面からはそごうデパートの下にあるバスターミナルから京浜急行バス「110系統」の利用がおすすめです。この110系統バスはJR桜木町駅前のバスターミナルからも乗車可能です。また逆に上り方面に向かう110系統バスをJR磯子駅前バス停から利用することも出来ます。

28754491 1630679707024368 621460310074589184 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
yoneomatsuda

酔来軒にバス利用で訪れる際には横浜市営バスを利用することも出来ます。JR桜木町駅前のバスターミナルから始発のバスを利用出来る「158系統」です。途中、神奈川県庁や横浜中華街のそばなどを通るので横浜観光途中に思いついて酔来軒に行きたくなった時にもおすすめのバスです。110系統も158系統も下車するバス停は「三吉橋」となります。

京急線を使うアクセス方法

少し遠くなりますが、京浜急行の「黄金町駅」からも酔来軒にアクセスすることが出来ます。駅を出て大きな道路に出たら川を渡ってそのまままっすぐ進みます。ファミリーレストランの「ココス」がある角を左に曲がって進むと横浜橋商店街入口です。黄金町駅から酔来軒までは20分弱かかる可能性がありますが、京急線利用の方にはおすすめのアクセス方法です。

Thumb横浜中華街の『山東』は水餃子の名店!人気メニューやおすすめランチ紹介!
山東は横浜中華街で餃子の美味しいお店で必ず名前が挙がるお店です。ミシュランガイド「ビブグルマ...

「酔来軒」の大人気メニューは「酔来丼」

20836926 1977654479171871 7774366348833980416 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
hajimesawaragi

テレビや雑誌で必ず紹介されるのが酔来軒の看板メニューである「酔来丼」です。この酔来丼は酔来軒に代々伝わるメニューではなく、約20年前に3代目オーナーが開発したオリジナルメニューとのこと。シンプルだけれどご飯に合う具材ばかりが乗せられた酔来丼は、一度食べたらまた何度も食べたくなってしまう飽きのこない名物メニューです。

30080055 1708119982616376 8548380164935909376 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
pekipekibanban

丼に盛られた白米の上に乗せられているのは、チャーシュー、メンマ、ネギ、モヤシ。その上にはフライドエッグが乗っています。自家製の特製醤油ダレをかけていただくこの酔来丼はスープが付いて400円という安さです。また酔来軒ではご飯ものにはプラス200円で小ラーメンもしくは小ワンタンスープをセットすることが出来ます。それでも600円という安さです。

お店おすすめの「酔来丼」の食べかた

11848920 1114727631888862 1766337212 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
butmild7

どんな食べ方をしてもおいしいと思われる酔来丼ですが、酔来軒ではこの人気メニューをよりおいしく楽しむことが出来る食べ方を案内しています。酔来丼が運ばれて来たらまず行うことは、添えられている自家製醤油ダレとカラシをよく混ぜておくことです。醤油にネギとニンニクを加えて煮て作るタレだそうですが、ゴマ油や酢も入っているという情報もあります。

15306785 1803184153289299 6345225322643849216 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
chiiiiiiiiiihiro

次はフライドエッグの黄身の部分を潰して丼の上に広げ、そこに混ぜ合わせておいた特製ダレをまわしかけます。その後はスプーンで思い切りかき混ぜていただきます。それぞれ食感の違う中華風の赤いチャーシューと自家製メンマ、刻みネギに炒めたモヤシと白米は混ぜれば混ぜるほどおいしくなるとのこと。途中でスープを足すのも味が変わっておすすめです。

「酔来軒」そのほかのおすすめメニュー1:トマトの肉団子

20583045 1675966355773350 996600028065693696 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
curtis.hamasuka

味付けが濃いめでボリュームがある酔来丼はそれだけでお腹がいっぱいになってしまう料理ですが、広東料理店である酔来軒にはそのほかにもいろいろなおすすめメニューがあります。メニュー表を見てみるとほとんどの料理の値段が1000円以下ということに驚くことでしょう。平均600円前後のリーズナブルな値段の料理はつい注文してみたくなります。

14723597 1247752285246457 2281727678379720704 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
kohn35

いろいろある人気メニューの中でまずご紹介したいのが「トマトの肉団子」600円。コロコロと小さくかわいい肉団子の中身はプチトマト、という老舗中華料理店のメニューとしてはかなり斬新な料理です。餡のかかった肉団子に優しい酸味のプチトマトが加わってさっぱりとしたおいしさを楽しめます。なお中のトマトはかなり熱いそうなので要注意です。

「酔来軒」そのほかのおすすめメニュー2:ネギ焼豚

紹興酒などのアルコール類も楽しめる酔来軒にはお酒のお供にもなるメニューも揃っています。中華料理店らしいおつまみ「ピータン」400円や人気の前菜が一皿になった「前菜3点盛り」800円などがおすすめですが、酔来軒自慢の赤いチャーシューで作られる「ネギ焼豚」700円は特に人気があります。また同じ700円でチャーシューだけの単品メニューもあります。

「酔来軒」そのほかのおすすめメニュー3:ご飯もの

17663287 1867984810141809 3508861441857814528 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
gakimizudanzig

酔来軒のご飯ものと言えば酔来丼ばかりが目立っていますが、酔来軒ではそのほかにもおいしいご飯ものメニューをいろいろ提供しています。パラパラに炒められたご飯がおいしいチャーハン類やカレーライスも人気ですが、酔来丼と同じ丼スタイルのご飯ものもおすすめです。酔来丼以外の丼メニューは肉丼や天津丼など4種類あり、どちらも750円で楽しめます。

10576021 1101848169857906 1776723036 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
mitsuryoshi

一般的な中華丼よりも色味が濃い酔来軒の「中華丼」の上には酔来丼と同じくフライドエッグが乗っています。酔来軒のチャーシューが好きな方におすすめなのは「焼豚丼」。厚くカットされたチャーシューがご飯を覆い隠しているシンプルな丼です。先にお伝えしましたが、ご飯ものメニューにはプラス200円で小ラーメンか小ワンタンスープをセット出来ます。

「酔来軒」そのほかのおすすめメニュー4:麺類

30087211 397471584060865 4229535260246802432 n
yukimi_yukky

酔来軒で一番メニューの種類が多いのは麺類です。基本の「ラーメン」は500円という安さ。横浜発祥の「サンマーメン」ももちろんあり700円で楽しめます。また汁そばだけでなく焼きソバメニューも数種あり、その中には中華料理店では珍しい「ソース焼きソバ」750円も含まれます。麺類にはやはり200円でプラス出来る小チャーハンをセットするのがおすすめです。

「酔来丼」の裏メニュー「酔来丼スペシャル」

26868004 168698167084795 8841171899435188224 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
tx_ogaken

ボリュームがある酔来丼はその一杯だけで満足出来る一品ですが、おいしくて一気に食べてしまうとあっという間に完食してしまいます。酔来丼の大盛はないのか、と思う方におすすめなのが裏メニューである「酔来丼スペシャル」850円です。スライスされた肉厚チャーシューが丼の縁に飾られ、フライドエッグが2つ乗った丼は食べごたえ十分です。

「酔来軒」においしい中華料理を食べに行こう

今回は横浜市南区の人気中華料理店「酔来軒」についてご紹介させていただきました。横浜の中心地からは少し離れますが、今や横浜の名物と言っても良いかもしれない「酔来丼」を是非一度食べに行ってみてください。おいしい中華料理でお腹が一杯になったら、すぐ近くにある横浜橋商店街の中をぶらぶら散策してみるのもおすすめです。

関連記事

Original
この記事のライター
savannah

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ