英彦山登山ガイド!初心者にもおすすめのルートや見どころを紹介!

日本三彦山のうちの一つと知られる、福岡県と大分県にまたがる英彦山について、徹底解説!英彦山の登山におすすめの時期や見どころを紹介します。また、登山初心者でも楽しむことのできるルートや、英彦山のおすすめスポットなどについても詳しくご紹介します!

英彦山登山ガイド!初心者にもおすすめのルートや見どころを紹介!のイメージ

目次

  1. 1英彦山で登山を楽しもう!
  2. 2英彦山とは?
  3. 3英彦山の登山におすすめの時期
  4. 4英彦山の登山に最適な服装や持ち物は?
  5. 5英彦山へのアクセス
  6. 6英彦山の登山での見どころ
  7. 7初心者におすすめの英彦山の登山方法
  8. 8英彦山の登山で見られる景色
  9. 9登山が苦手な方や初心者でも楽しめる英彦山のイベント
  10. 10休日は英彦山へ登山に出かけよう!

英彦山で登山を楽しもう!

みなさんは、「英彦山」の名前を聞いたことがありますでしょうか?日本の三大彦山として知られる英彦山は、大自然のエネルギーをたっぷりと感じることのできる、登山に人気の山なのです。古くからの神宮があり、秋には綺麗な紅葉の景色を望むことができる、魅力がたっぷりと詰まったこの英彦山について、ご紹介していきます。

英彦山とは?

英彦山は、日本百景・日本二百名山として知られる、四国の福岡県と大分県にまたがる火山です。福岡県の添田町と、大分県の中津市との境にあり、現在日本の史跡に指定されています。標高は1199メートルあり、北岳・中岳・南岳の三峰あるうちの中岳には、英彦山神宮があります。

この英彦山神宮は、明治時代の初期までは修剣道場として栄えており、江戸時代には3000人もの人々が、九州全域から集まっていたそうです。今でも小さな集落の跡のようなものが残っているこの英彦山は、耶馬日田英彦山国定公園という国定公園に属しており、天然記念物の鬼スギなどの巨大な木や、モミやツガなどの原始林に覆われています。

英彦山の登山におすすめの時期

10月中旬から11月中旬にかけて、英彦山にはたくさんの紅葉や楓の葉が綺麗に色づきます。山頂から麓にかけて、順にゆっくりと色づくため、一か月という長い期間の間、紅葉の景色を楽しむことができます。中岳の山頂から見渡すことのできる、山全体の紅葉の景色は素晴らしく、全国各地から人が集まるそうです。

英彦山の登山に最適な服装や持ち物は?

英彦山の山道は普通とは違い、山道に石がごろごろと落ちているため、歩くだけでも大変疲れます。生地の薄いスニーカーなどで登山に挑むと、歩いている最中に足の裏が痛くなる可能性があり、また、雨が降った際には岩がつるつると滑りやすくなります。英彦山を登る際は、しっかりとした生地の履き慣らされた、滑り止めのある靴をおすすめします。

また、持ち物を入れるカバンはリュックが基本です。英彦山の山道は、とても険しいわけではありませんが、スロープカーを使ったとしても、片道で二時間以上はかかります。荷物は十分な水分や食べ物の入った重さとなりますので、なるべく負担にならない、機能性を重視したリュックを選びましょう。

山の天気は変わりやすく、途中で雨が降ってくることも多くあります。雨に濡れ身体が冷え、身体の熱が奪われることにより、夏でも低体温症が起こる場合もありますので、レインウェアなどの雨具は必ず持っていきましょう。レインウェアは、上下セットのものを持参するのがベストです!

服装は、着脱できるシャツなどの上着と、その中には速乾性のあるTシャツを選ぶといいでしょう。乾きにくい衣服だと、汗や雨に濡れた際、体温が下がり、低体温症を起こしやすくなります。脱いだ服などを入れておくリュックは、中身が雨に濡れることのないよう、カバーをかけるなどして、防水対策をしておきましょう。

また、登山の際にはサングラスを持参しておくといいでしょう。山の日差しは紫外線が強く、曇っていたとしても、日に焼けることが多くあります。日焼け止めクリームや帽子を使った肌のケアも大切ですが、目にも気を使い、サングラスをかけるようにすると安全です。

英彦山へのアクセス

英彦山は福岡を代表する山であるため、山岳までの交通ルートも整備されており、困難なく辿り着くことができます。福岡市内の博多駅からはJR在来線に乗り、2時間~2時間30分かけて彦山駅に行くことができます。博多駅から彦山駅までは、JRの中でもいくつかのルートがありますが、いずれも1290円~1790円で行くことが可能です。

彦山駅を降りてからは、駅前から出発する英彦山方面行きのバスに乗り、約20分で登山口に到着します。バスの本数は多くはないため、事前の運航時刻表の確認は必須です。英彦山の登山にはいくつかのコースやルートがあり、それにより登山口も異なりますが、この駅前から出発する英彦山方面行きのバスで、200~300円で行くことができます。

また、電車やバスを使わずに、車を使って行かれる際は、カーナビに「福岡県田川郡添田町大字英彦山1487番地」と入力すれば、登山口近くの別所駐車場へ辿り着くができます。「英彦山スロープカー」と入力した場合も、別所駐車場までのルートが表示されるため、迷うことはありません。別所駐車場は無料での利用が可能です。

英彦山の登山での見どころ

30077415 374297013070987 4768194313161015296 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 2.cdninstagram
chijo9422

英彦山の登山の玄関口である銅鳥居は、高さが7メートルもあり、柱の周囲は約3メートルもあるそうです。1637年に建てられ、現在は国指定重要指定文化財として定められています。スロープカーを利用せず、最初から足で登っていく際には、この銅鳥居をくぐり、登山をスタートさせます。

登山の途中には「財蔵坊」と呼ばれる旧住居地を見ることができます。財蔵坊は、江戸時代後期の修剣道場が最も盛んだった時期に、修剣者たちが住んでいた場所となります。福岡県有形民族文化財として登録されており、毎週土曜日と日曜日の10:00~15:00に限り、内部が一般公開されているようです。

他にも英彦山には、室町時代から伝わる旧亀石坊庭園があり、こちらは国指定の名勝天然記念物として、登録されています。英彦山の登山は、足場も安定せず、かなりの体力を使い、疲れが募っていくことと思いますが、途中でこのような見どころも楽しみながら、ゆっくりと登っていくのがおすすめです。

また、英彦山神宮の境内には休憩所のようなものがあり、清潔なトイレも設置されています。トイレにはトイレットペーパーやウォシュレット付きのトイレも完備されているため、綺麗好きの方にも安心して使っていただけます。休憩所にはテーブル席のようなものが設けられており、そこでお昼ご飯を食べたり、休憩をとったりすることができます。

初心者におすすめの英彦山の登山方法

正面の銅鳥居から参道を通る場合、登山の序盤に約1キロメートル程もある階段道を登らないといけません。大きさの違う岩を組み合わせた階段は、段差の高いものもあり、雨の日は滑りやすいため、かなり体力を消耗します。そのため、初心者の方や体力に自信がない方は、銅鳥居を通る道ではなく、スロープカーを使って登るルートをおすすめします。

30830236 306015669930916 1171143332856856576 n
hisa_0712

スロープカーは片道520円で、約20分で山の中間まで行くことができます。かなり急な山道を、スロープカーを使って約20分間登るため、自力で登るとなると、登山初心者の方にはかなり厳しい山道となります。スロープカーを降りてから頂上までは約2時間かかるため、体力の温存のためにも、初心者の方にはスロープカーの利用をおすすめします。

Thumb英彦山神宮の見どころまとめ!スロープカーでの移動が階段よりもおすすめ!
英彦山神宮は福岡のパワースポットとして知られているスポットです。もともと霊山として知られてお...

英彦山の登山で見られる景色

30830199 2019974341549653 1572678227632062464 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 2.cdninstagram
miura.kento

中岳の山頂に到達すると、そこからは雲仙普賢岳や、阿蘇の連なる山々を見渡すことができ、その景色は最高です。少し曇った空の中の風景も神秘的で美しいと、口コミでも評判です。また、頂上からの景色ではありませんが、紅葉の季節にスロープカーから見渡す山全体の紅葉の風景はとても雄大でおすすめです。

登山が苦手な方や初心者でも楽しめる英彦山のイベント

登山を始めたばかりで、「英彦山は少し難易度が高い」と思われてる方や、そもそも登山が苦手だという方でも、この英彦山の魅力を知っていただけるポイントはたくさんあります。毎年4月には「英彦山神宮御神幸祭」が行われ、山の入り口である銅鳥居から、160メートルの参道を登った先にある奉幣殿まで、400キロ以上もある神輿が駆け登ります。

30900035 1202393449895099 5695144858042236928 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 2.cdninstagram
instgram_chikuhou

また、毎年11月には「護摩焚き」などが行われる「護摩壇祭」があり、福岡県外からも多くの観光客が訪れるそうです。その他にも英彦山では山開きのイベントやなどもあり、秋には紅葉の景色を望むこともでき、登山以外にも楽しむことができるポイントがたくさんあるのでおすすめです!

また、植物が好きな方には「英彦山花園」がおすすめです。こちらはスロープカーの乗り場のすぐ隣に位置しており、福岡県の添田町を代表する「シャクナゲ」という花や、他にも70種類以上もの高山植物を鑑賞することができます。他にもアジサイやラベンダーなど、季節に合わせたお花の祭りなども定期的に開催されており、おすすめです!

休日は英彦山へ登山に出かけよう!

いかがでしたでしょうか?たくさんの自然に触れることができ、秋には綺麗な紅葉を楽しむことのできる英彦山へ、一度は行ってみたくなったのではないでしょうか?登山初心者の方でも挑戦できるルートがあったり、定期的にアクティビティなども開催されているようなので、是非一度、訪れてみてください!

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
miyuu8102

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ