江ノ電フリーパス・乗り放題『のりおりくん』で旅を満喫!買い方や料金とは?

江ノ電は神奈川県藤沢駅〜鎌倉駅を結ぶ人気の観光列車です。江ノ電を利用する際におトクになる「江ノ電フリーパス」や「のりおりくん」の1日乗り放題のフリーパスを利用することが出来ます。今回は「江ノ島フリーパス」や「のりおりくん」の買い方や料金を紹介していきます。

江ノ電フリーパス・乗り放題『のりおりくん』で旅を満喫!買い方や料金とは?のイメージ

目次

  1. 1フリーパスで江ノ電に乗ろう!
  2. 2江ノ電はどんな電車?
  3. 3江ノ電その1「江ノ島・鎌倉フリーパス」とは?
  4. 4江ノ電その2「江ノ島・鎌倉フリーパス」の買い方は?
  5. 5江ノ電その3「江ノ島・鎌倉フリーパス」の料金は?
  6. 6江ノ電その4「江ノ島・鎌倉フリーパス」の割引・優待施設は?
  7. 7江ノ電フリーパス1「のりおりくん」について
  8. 8江ノ電フリーパス2「のりおりくん」の料金は?
  9. 9江ノ電フリーパス3「その他の乗り放題きっぷ」
  10. 10江ノ電フリーパスで江ノ島・鎌倉を満喫しよう!

フリーパスで江ノ電に乗ろう!

江ノ電は藤沢〜鎌倉を結ぶ人気の観光列車です。江ノ電沿線には観光名所「江ノ島」や「鎌倉」があり、海沿いを走行するので、窓から見える景色を楽しむことが出来ます。そんな江ノ電には「江ノ島フリーパス」や「のりおりくん」の江ノ電1日フリーパスを利用しておトクに観光することが出来ます。今回は江ノ電のフリーパスを紹介します。

江ノ電はどんな電車?

藤沢〜鎌倉の全10kmを結ぶ江ノ電は、江ノ島電鉄の略称です。全線が単線なのでローカル線の雰囲気を味わうことが出来ます。江ノ電は海沿いを走行する路線とも知られていて人気があります。沿線には江ノ島や鎌倉などを結ぶ観光列車ではありますが、江ノ電を利用して出勤や通学するなど江ノ電沿線の住民の足としても利用されています。

藤沢〜鎌倉を結ぶ江ノ電の停車駅は、藤沢駅・石神駅・柳小路駅・鵠沼駅・湘南海岸公園駅・江ノ島駅・腰越駅・鎌倉高校前駅・七里ヶ浜駅・稲村ヶ崎駅・極楽寺駅・長谷駅・由比ヶ浜駅・和田塚駅・鎌倉駅の15の駅に停車します。全区間の所要時間は約34分です。江ノ電は藤沢駅から海沿いを走りながら鎌倉へと向かう観光列車です。

江ノ電その1「江ノ島・鎌倉フリーパス」とは?

江ノ電を観光などで利用する際におトクになるのは、小田急線が販売している「江ノ島・鎌倉フリーパス」です。主な特徴として1:小田急線(藤沢〜片瀬江ノ島)と江ノ電が1日乗り放題になります。2:小田急線(出発駅〜藤沢まで)の往復きっぷが付いています。3:江ノ電沿線のお寺や観光施設・飲食店が優待・割引料金で利用できます。

江ノ電を「江ノ島・鎌倉フリーパス」で利用する場合の注意点は、出発駅〜藤沢駅までの小田急線の乗車は往復1回に限られます。(途中下車をする場合には、駅係員にその旨を伝える必要があります。)フリーパスは1日乗り放題になりますが、旅行が終了するフリー区間内以外の駅で「江ノ島・鎌倉フリーパス」は回収となります。

「江ノ島・鎌倉フリーパス」で利用出来るエリアは、小田急線の場合は藤沢〜片瀬江ノ島までの区間、江ノ電は藤沢〜江ノ島〜鎌倉までの区間となります。利用出来る乗り物は小田急線・江ノ電になりますが、西武線沿線・相模線沿線(小田急線大和駅経由)・東急田園都市線からも「江ノ島・鎌倉フリーパス」を利用することが出来ます。

江ノ電その2「江ノ島・鎌倉フリーパス」の買い方は?

自動券売機の買い方

江ノ電が1日乗り放題になる「江ノ島・鎌倉フリーきっぷ」の買い方として、自動券売機を利用した買い方があります。小田急線各駅には自動券売機があります。自動券売機の「フリーパス」にタッチすると画面が変わります。フリーパス購入画面で「江ノ島・鎌倉フリーパス」のマークに触れと購入することが出来ます。

小田急トラベル各営業所の買い方

江ノ電が1日乗り放題になる「江ノ島・鎌倉フリーパス」の買い方として小田急トラベルを利用した買い方は、小田急トラベルの窓口で「江ノ島・鎌倉フリーパス」を利用する人数・利用する日、小田急線の出発駅などを窓口でスタッフに伝えると「江ノ島・鎌倉フリーパス」を発券してもらえます。ロマンスカー乗車の場合は、窓口で一緒に購入出来ます。

西武線の買い方

西武線を利用して「江ノ島・鎌倉フリーパス」を購入する場合の買い方は、西武線窓口での発売日は利用する日の1ヶ月前からになります。券売機は、利用する日の当日に購入が出来ます。「江ノ島・鎌倉フリーパス」の発売箇所は西武線各駅券売機・窓口です。(池袋・小竹向原・新桜台・西武新宿・多摩川線各駅は除きます。)

江ノ電その3「江ノ島・鎌倉フリーパス」の料金は?

小田急線の場合

江ノ電が1日乗り放題になる「江ノ島・鎌倉フリーパス」の料金は、出発駅で料金が異なります。小田急のHPでは料金の検索をすることが出来ます。新宿駅からの料金は大人1470円・小人740円、町田駅からの料金は大人1020円・小人510円、藤沢駅・片瀬江ノ島駅の場合は大人610円・小人320円です。ロマンスカーに乗る場合は別途特急料金が必要です。

西武線の場合

「江ノ島・鎌倉フリーパス」を利用して江ノ電に乗る場合、西武線から利用することが出来ます。西武線の始発駅〜西武新宿(池袋)駅の区間と小田急線藤沢駅までの往復運賃が割引になります。料金は西武線各駅により異なります。また池袋線を利用する場合は、池袋経由・西武新宿経由により料金が異なります。詳しくは西武線HPで確認をお願いします。

相鉄線の場合

「江ノ島・鎌倉フリーパス」を利用して江ノ電に乗る場合、相鉄線から利用する場合の料金は駅によって異なります。横浜駅の料金は大人1350円・小人680円、海老名駅の料金は大人1240円・小人640円です。相鉄線大和駅・湘南台駅を除く各駅の自動券売機で購入することが出来ます。詳しくは相鉄線HPで確認をお願いします。

東急線の場合

「江ノ島・鎌倉フリーパス」を利用して江ノ電に乗る場合、東急線を利用した場合の料金は、各駅により異なります。主な駅の大人料金は、渋谷1470円・三軒茶屋1410円・二子玉川・溝の口1360円になります。詳しい料金は東急線HPから確認することが出来ます。田園都市線各駅の券売機で初電〜19時まで購入することが出来ます。

江ノ電その4「江ノ島・鎌倉フリーパス」の割引・優待施設は?

「江ノ島・鎌倉フリーパス」を利用して江ノ電に乗る場合、主な特典とし江ノ島の観光施設や飲食店が優待・割引になるサービスを受けられます。新江ノ島水族館や江の島エスカー、江の島シーキャンドルや江の島岩屋などの観光施設や、アマルフィ・デラセーラ・カフェ&ドルチェやリストランテアマルフィなどの飲食店も利用出来ます。

Thumb新江ノ島水族館の見どころ&楽しみ方ガイド!料金やアクセスも紹介!
湘南エリアの定番スポットと言えば、新江ノ島水族館です。新江ノ島水族館がどこにあるのか、どんな...

江ノ電フリーパス1「のりおりくん」について

江ノ電を利用して江ノ島・鎌倉を観光するときにおすすめな乗り放題のきっぷ「のりおりくん」は、江ノ電の全区間で1日何度でも「のりおり」が出来る乗車券です。江ノ電沿線の施設で特典を受けることも出来ます。江ノ電1日乗り放題きっぷ「のりおりくん」は発行日のみ有効となります。団体割引や障害者割引との併用は出来ません。

江ノ電が1日乗り放題になるきっぷ「のりおりくん」が利用出来る区間は、藤沢駅〜鎌倉駅までの江ノ電全区間です。「のりおりくん」は江ノ電1日乗り放題の他に、提携している飲食店の割引サービスやホテルの宿泊料の割引サービス、江ノ島の観光施設の割引サービス、江ノ島・鎌倉の寺社仏閣の割引サービスなどの様々な特典を受けることが出来ます。

江ノ電フリーパス2「のりおりくん」の料金は?

江ノ電が1日乗り放題になるおトクなきっぷ「のりおりくん」の料金は大人600円・小人300円です。「のりおりくん」は江ノ電全駅の券売機で購入することが出来ます。その他、委託販売としてJTBや日本旅行などの主な旅行会社や、江ノ電周辺のホテルなどで購入することが出来ます。詳しくは「のりおりくん」HPで確認をお願いします。

江ノ電フリーパス3「その他の乗り放題きっぷ」

鎌倉・江の島アフタヌーンパス

江ノ電が利用できるフリーパスに「鎌倉・江の島アフタヌーンパス」があります。13時から発売されるフリーパスで、江ノ電全線が乗り放題の乗車券「のりおりくん」に江の島エスカー・江の島サムエル・コッキング苑、江の島シーキャンドル(展望灯台)のチケットがセットされたおトクで便利なきっぷです。取扱時間は13時〜17時です。

江ノ電が利用出来るフリーパス「鎌倉・江の島アフタヌーンパス」の料金は、大人1000円・小人500円です。江ノ電藤沢駅・江ノ島駅・鎌倉駅の窓口で購入することが出来ます。おトクになる割引施設に「江の島アイランドスパ」の入場料の割り引きや、提携している飲食店で飲食料金の割引サービスなどを受けることが出来ます。

鎌倉・江ノ島パス

江ノ電が1日乗り放題になるきっぷに「鎌倉・江ノ島パス」があります。JRが発売しています。「鎌倉・江ノ島パス」は鎌倉・江ノ島エリアのJR線・江ノ電・湘南モノレールが1日乗り放題になるおトクなきっぷです。フリーエリアは、JR線は藤沢駅〜大船駅〜北鎌倉駅・鎌倉駅と江ノ電は藤沢駅〜鎌倉駅、湘南モノレールは大船駅〜湘南江の島駅です。

江ノ電が1日乗り放題になる「鎌倉・江ノ島パス」の料金は、大人700円・小人300円です。発売期間・利用期間は通年で1日間有効になります。JR東日本の大船・藤沢・鎌倉・北鎌倉の指定席券売機、自動券売機、みどりの窓口等で発売をしています。フリーエリア内ではJR線の快速普通列車の普通車自由席・江ノ電・湘南モノレールが乗り放題になります。

Thumb江ノ島へのアクセス・行き方完全ガイド!電車・車・バスどれがおすすめ?
首都圏からのアクセスも良く、リゾート気分を気軽に味わうことが出来る江ノ島。江ノ島へのアクセス...

江ノ電フリーパスで江ノ島・鎌倉を満喫しよう!

江ノ電をおトクに利用することが出来る「江ノ島・鎌倉フリーパス」と乗り放題「のりおりくん」の買い方や料金をまとめてみました。紹介した以外にも江ノ電が1日乗り放題になる切符や、江ノ島観光がおトクにできるフリーパスなども販売しています。フリーパスで江ノ電に乗車しておトクに江ノ島・鎌倉観光を楽しんでください。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
櫻井まりも

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ