ペルーの治安は大丈夫?観光前に知りたい危険なエリアや注意点をチェック!

南米にあるペルーには素晴らしい観光スポットがたくさんあります。ペルーを訪れる日本人に注意してもらいたいのは治安です。南米には治安に不安がある国があります。ここではペルーの治安について紹介をしていきますので、ペルーを訪れる人に参考にしてもらいたいです。

ペルーの治安は大丈夫?観光前に知りたい危険なエリアや注意点をチェック!のイメージ

目次

  1. 1ペルーの治安を調べる!
  2. 2現在のペルーの治安を知るには?
  3. 3ペルーの治安が危険な場所1:スラム街
  4. 4ペルーの治安が危険な場所2:タクシー
  5. 5ペルーの治安が危険な場所3:空港周辺
  6. 6ペルーの治安上での注意点1:危険な場所には1人で行かない
  7. 7ペルーの治安上での注意点2:貴重品は見えるように持ち歩かない
  8. 8ペルーの治安上での注意点3:荷物はしっかりとガードしておく
  9. 9ペルーの治安上での注意点4:目立たない服装をすること
  10. 10ペルーの治安上での注意点5:ホテルでも気を付ける
  11. 11ペルーに行く前には必ず治安の勉強をしておくこと!
  12. 12ペルーの治安に気をつけて楽しもう!

ペルーの治安を調べる!

ペルーは日本では味わうことができない風景が見られる観光スポットがたくさんあります。ペルーには日本人だけではなく、日本以外のたくさんの国から観光客が訪れます。ペルーを訪れようと考えている人は、ペルーの治安のことを知っておく必要があります。ペルーが安全かどうかを確かめた上で出発してもらいたいです。

Thumbペルー観光の名所は?おすすめスポットやベストシーズン・気候を紹介!
ペルーは南アメリカ大陸の西部に位置します。紀元前から多くの古代文明が栄えていました。マチュピ...

現在のペルーの治安を知るには?

ペルーの現在の治安情報を知るためには、海外安全ホームページを参照して下さい。海外安全ホームページでは、ペルーだけでなく全世界の国の治安情報を知ることができます。治安状況をレベル1からレベル4といった指標を使い、色分けをして表示されています。どれにも該当しない場合は、治安状況は安全と考えて良いです。

2018年5月初め現在のペルーの治安状況は、安全なところがほとんどですが、ところどころで悪いところもあります。内陸ではレベル3のところもあります。レベル3は渡航中止勧告を意味しており、日本人が渡航することは禁止されます。その他にもエクアドルやコロンビアとの国境にはレベル2の地域があります。海外安全ホームページは必見です。

ペルーの治安が危険な場所1:スラム街

スラム街はいかにも治安が悪いという感覚を持ってしまいます。ペルーにもスラム街があり、犯罪が横行しているなど、治安が非常に悪いです。ペルーを訪れた観光客がスラム街を訪れるケースはほとんどないと言っても良いですが、スラム街に近いところを通る可能性はあります。興味本位でスラム街に近づいてとんでもない目に遭った観光客もいます。

ペルーに限らず、スラム街では普通に生活すること自体が難しいところです。ツアーでペルーを観光する分には問題ありませんが、ペルーに住まなければいけなくなってしまう場合など、長期滞在しなければならない時には注意が必要です。スラム街とは、危険が渦巻いているところということをあらかじめ知っておかなければなりません。

ペルーの治安が危険な場所2:タクシー

ペルーではタクシーに乗っている時でも安心することはできません。タクシーがスラム街の近くを通りかかった場合、スラム街にいる人間と結託して荷物をひったくらせたりします。タクシーの表示を出していても、実は偽タクシーだったという例も少なくありません。観光客ではどれが偽タクシーなのは見分けるのは不可能と言って良いでしょう。

安全にタクシーを手配するならば、ホテルなどからタクシーを手配してもらうのが良いでしょう。観光客が流しで運行しているタクシーに乗り込むのは止めておいた方が良いかもしれません。あと、タクシーの乗ったら荷物は足下に置いておき、しっかりとガードしておいた方が良いです。ペルーのタクシーは絶対に安全と思ってはいけません。

ペルーの治安が危険な場所3:空港周辺

ペルーで多くの観光客が乗降するのが、ホルヘ・チャベス空港です。空港では治安が悪いことはないだろうと思っている人が多いでしょうが、実は空港周辺の治安が悪いということで知られています。この空港がある地域は治安が悪いため、空港を出てきた観光客を待ち伏せして、荷物を奪ったりするという行為が横行しています。

ペルーのホルヘ・チャベス空港を出たら、すみやかに移動するようにしましょう。すぐに移動するならばタクシーが良いですが、前述したように流しのタクシーを止めるのは危険なので、空港の正規カウンターからタクシーを手配してもらいましょう。ペルーの空港を一歩出たら治安が悪いため、危険が待ち構えていると思った方が良いです。

ペルーの治安上での注意点1:危険な場所には1人で行かない

ペルーに訪れた時の治安上の注意点を紹介します。まずは、危険な場所には1人で絶対に行かないようにして下さい。ペルーには危険な場所がたくさんあり、そこには犯罪者の影があると考えて下さい。1人でペルーを旅行している場合は、安全そうな場所ばかり歩くようにして下さい。危険なところで何かあっても助けはないと思った方が良いです。

ペルーで危険なところを歩かなければならない場合は、できるだけ多くの人数で歩くようにしましょう。人数が多ければ、犯罪者も手を出しづらいです。ペルーで街歩きをする場合は、油断をしないようにして下さい。ただし、すべてが危険な場所と思っていると全くペルーを楽しめないので、安全な場所がほとんどであることを知っておいて下さい。

ペルーの治安上での注意点2:貴重品は見えるように持ち歩かない

ペルーでは治安が安全だと思うところでも貴重品の管理は慎重にして下さい。特に貴重品が見えるところにあると、悪い人間は貴重品をひったくろうとします。治安が安全なところにも悪い人間は存在するので、貴重品だけは絶対に見えないようにして下さい。ポケットに貴重品を入れておくと危険なので、カバンなどに入れて厳重に管理して下さい。

よく財布を手に持って歩いている人がいますが、ペルーでは絶対にタブーです。すぐに買い物をするので、財布を出しておいた方が便利と考えていても、面倒くさくても財布は必ずしまってから行動をして下さい。財布の出し入れを狙っている人間がいることを頭に入れておいた方が良いです。ペルーでは貴重品の管理は慎重すぎるほどが良いです。

ペルーの治安上での注意点3:荷物はしっかりとガードしておく

前述した貴重品の管理とリンクしますが、荷物はしっかりとガードするようにして下さい。貴重品を入れたバッグを持って行かれたとなれば、元も子もありません。ペルーに限らず、ひったくりを狙っている悪い人間はたくさんいます。荷物を下ろしているちょっとした隙を狙っている人間がいるので、荷物は片時も離さないようにして下さい。

ペルーの街歩きをしている時は、荷物をたくさん持ちすぎない方が良いでしょう。ホテルの部屋に置いていて良いものは、置いて行くようにして、貴重品を含めた最小限の荷物で行動するようにしましょう。荷物が多いと、常時持ち歩くのが面倒臭くなり、ついつい目を離してしまいがちになります。最小限の荷物でしっかりと管理しましょう。

ペルーの治安上での注意点4:目立たない服装をすること

ペルーに行く時には、あまり目立ちすぎない格好が良いでしょう。目立つ格好で歩いていると、犯罪者の目に留まってしまうかもしれません。犯罪者の目に留まってしまうと非常に大変な目に遭うかもしれません。なるべく犯罪者の目に留まらないように、目立たない服装で歩くようにして下さい。ペルーの人と似たような恰好が良いでしょう。

ペルーの人と同じような格好をしていれば、犯罪者の目に留まる可能性はかなり低くなるはずです。外国に行ったら、好きな服装で歩きたいと思っている人はたくさんいますが、好きな服装でも目立ちすぎないようにして下さい。ペルーだけでなく、治安に不安がある国に行く場合は、服装にも気を遣わなければなりません。

ペルーの治安上での注意点5:ホテルでも気を付ける

ペルーのホテルに宿泊する場合は、安全なホテルに宿泊するようにして下さい。ホテルはどこも安全だろうと思っている人は少なくないかもしれませんが、安全面に不安のあるホテルはペルーにもあります。部屋の鍵をしていても、部屋のドアを開けられるホテルや、外から丸見えの部屋ばかりのホテルなどがあり、非常に不安です。

ペルーでホテル選びをする場合には、旅行会社できちんとしたホテルを選んでもらいましょう。自分でホテルを予約する場合は、利用者の口コミを参考にするのが良いです。利用者の口コミを見れば、どういったホテルなのかが大体わかります。ペルーでホテル選びをする場合は、慎重に選んでもらい、信頼できるホテルにしましょう。

ペルーに行く前には必ず治安の勉強をしておくこと!

ペルーに行く時には治安のことをしっかりと勉強しておかなければいけません。日本ではそれほど多くの情報を得ることが難しい国ですが、海外安全ホームページを参考にしてペルーの治安状況を知っておけば、情報が少なくても安心できるはずです。自分たちがペルーを訪れる時にどのような行程で巡るのかを決めておきましょう。

自分たちが巡る行程で、治安に不安のある地域が含まれている場合、もしくは近くを通る場合には、行程を変更することも選択肢に含めておいて下さい。海外安全ホームページのレベル分けをしっかりと調べておき、安全にペルーを楽しめるように行程を考えましょう。旅行会社のツアーに参加するのが一番安全かもしれません。

ペルーの治安に気をつけて楽しもう!

ペルーの治安について紹介してきましたが、ペルーはほとんどの地域が安全ということを知ってもらいたいです。安全な地域が多いですが、治安が悪い地域があるということを知ってもらった方が良いです。安全な地域を観光し、ここで紹介した注意点を守ってもらい、心からペルーを楽しんでもらいたいです。

関連記事

Original
この記事のライター
ベロニカ