霧島焼酎の種類やランクを徹底リサーチ!プレミアム銘柄もあり!

「芋焼酎」といえば、霧島焼酎を思い浮かべる方も多いのでは?特に飲食店でもよく見かけるのは「黒霧島」。その他にも、異なる造り方をしている霧島焼酎が多数あります。今回は、その詳しい種類やランクの他、希少銘柄などについてもご紹介します。

霧島焼酎の種類やランクを徹底リサーチ!プレミアム銘柄もあり!のイメージ

目次

  1. 1伝統ある焼酎「霧島焼酎」
  2. 2豊富なラインナップが魅力の霧島焼酎
  3. 3居酒屋でもよく目にする霧島焼酎「黒霧島」
  4. 4伝統の味・霧島の生まれ変わり「白霧島」
  5. 5幻の紫芋から造られた霧島焼酎「赤霧島」
  6. 6フルーティーな味が楽しめる霧島焼酎「茜霧島」
  7. 7女性人気の高い霧島焼酎「ゴールドラベル霧島」
  8. 8ルビーレッドの美しい健麗酒「Ax霧島」
  9. 9黒のダイヤ・チャーガを配合した「黒宝霧島」
  10. 10健康を促進する冬虫夏草の健麗酒「金霧島」
  11. 11ジョイホワイト製の芋焼酎「<玉>金霧島」
  12. 12数ある霧島焼酎の価格からみるランクづけ
  13. 13霧島焼酎はじめ様々なお酒を造る霧島酒造
  14. 14霧島焼酎の飲み比べをしてみませんか?

伝統ある焼酎「霧島焼酎」

霧島焼酎とは、宮城県にて創業した「霧島酒造」が製造する本格焼酎のこと。創業当時の黒麹仕込みの味わいを再現した「黒霧島」は特に全国的にも有名です。大正時代からの伝統を受け継ぐ霧島焼酎。その数種類ある霧島焼酎について、一つ一つの特徴や飲み方などを詳しくご紹介します。

豊富なラインナップが魅力の霧島焼酎

23280110 179537062624121 662451434997940224 n
kishimotomaa21

季節限定のものや、使っている原料が異なるものなど、その違いや味についてもご紹介。同じ酒造で造っているとはいえ、香りや風味は種類によってかなり差が出てくるようです。飲みやすいもの、しっかりとした飲みごたえのあるものなど、それぞれに特徴的な味わいがあります。

Thumb鹿児島・おすすめ焼酎15選!幻のプレミアや人気の定番も!お土産にも!
焼酎王国鹿児島県では、関東ではなかなか手に入らないプレミアの芋焼酎や、鹿児島県の離島「奄美五...

居酒屋でもよく目にする霧島焼酎「黒霧島」

31513782 122270518642821 622223147805966336 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 1.cdninstagram
takashi2729

黒麹由来の独特な甘みと、スッキリとした後切れの良さが特徴。数種類ある霧島焼酎の中でも、味や香りに癖がなく、その飲みやすさで人気を博しています。トロリとした粘度があるため、飲み方がロックがおすすめ。値段もお手頃な価格で、スーパーやコンビニでも手に入りやすい身近なものです。

30899904 168331460543791 6205616242456264704 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 1.cdninstagram
marcy0603

手軽で購入しやすく、人気度も高い黒霧島。ロックでより美味しく飲むためにも、水にもこだわると良いようです。ミネラルウォーターなど美味しい水でつくった氷を使うと、黒霧島の良さがさらに引き立つでしょう。またクラッシュアイスなどの小さな氷を使うことで、甘み加えてひんやりとしたのどごしも楽しめます。

伝統の味・霧島の生まれ変わり「白霧島」

霧島酒造の代表的な本格芋焼酎「霧島」。長い歴史を持つ霧島が名前を変え、「白霧島」という新たな種類が誕生しました。こちらは南九州・シラス台地のサツマイモと、地下から汲み上げた水で造られた白麹仕込みの焼酎。芋本来の甘みや旨み、そしてまろやかさのバランスが良く、なめらかな味わいが特徴です。

29738781 162907081205951 8430004982152953856 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 1.cdninstagram
yoshikorandom

しっかりとした飲みごたえのある白霧島。芋の香りが立つ、お湯割りで飲むのがおすすめです。先にお湯を注ぎ、後から白霧島を注ぐことで、その温度さから自然に混ざり合います。また割り方としては、お湯:焼酎=4:6がベスト。この割合が、最もお湯と焼酎がほどよく交わるといわれています。

幻の紫芋から造られた霧島焼酎「赤霧島」

31007610 453145455114630 8163732999964196864 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
kyo98ka

ポリフェノールを豊富に含んだ「ムラサキマサリ」という紫芋を原料として造られています。芋の紫色素と麹の酸が反応し、もろみが真っ赤になることから「赤霧島」と名付けられました。芋の収穫量が限られており、春と秋のみの限定品。とても希少価値ランクの高い霧島焼酎です。

30922224 2118434651748376 7967633726760812544 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 1.cdninstagram
ohmysaru

後に残るような深い甘みと、気品ある風雅な香りが特徴の限定品。赤霧島本来の味を楽しむためにも、ロックやストレートでの飲み方がおすすめです。独特の香りをもつ「ムラサキマサリ」。何も加えないことによって、原料となる芋由来の香りと味を直に感じることができます。

フルーティーな味が楽しめる霧島焼酎「茜霧島」

30829463 184394305723046 2359997264006479872 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 1.cdninstagram
ackey_happy

高カロテンにより、明るく鮮やかな色合いのオレンジ芋「タマアカネ」。10数年ほどかけて開発された芋です。これに加え、「花らんまん」というサツマイモ花から採取された霧島酒造独自の「芋の花酵母」を使用。これまでにはない、独特の甘みをもつ霧島焼酎となっています。

31474670 629429130731535 1392750399651315712 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 1.cdninstagram
koji.y.502

こちらも芋の収穫量が限られており、夏・冬のみの限定品。霧島焼酎の中でも、希少価値ランクの高いものです。フルーティーでコクのある甘みと、まろやかさが特徴の茜霧島。はなやかな香りを楽しむためにも、ロックやストレートでの飲み方がおすすめです。またスッキリと飲みやすく、水割りでもその味わいを感じることができます。

女性人気の高い霧島焼酎「ゴールドラベル霧島」

22278022 1691919564152488 4460620813057392640 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 1.cdninstagram
matsuyaginza

米麹を使ったフルーティーな香りが特徴の「ゴールドラベル霧島」。スッキリとした味わいで飲みやすく、香りもしつこくありません。数種類ある霧島焼酎の中でもお手頃な価格で、その親しみやすさも人気。またフロストビンと金のラベルを使ったはなやかな見た目で、特に女性から人気があります。

12599051 219112308433305 824178893 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 1.cdninstagram
aiueo91

癖がなく口当たりも良いので、ロックでもお湯割りでも飲みやすい焼酎です。ほどよく甘くさっぱりとしているので、夏にはロックやストレートがおすすめ。冬になったらお湯割りで温めて飲むなど、季節に合わせた飲み方ができます。香りがきつくなく、飲み口も軽めです。

ルビーレッドの美しい健麗酒「Ax霧島」

11352178 421231581413487 683760389 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 1.cdninstagram
okome2bu

βカロテンやリコピンと同じく、天然色素であるアスタキサンチン。生物のあらゆる部位を保護するために取り入れられている成分です。そのアスタキサンチンを、黒霧島に含んだ健麗酒です。アスタキサンチンの美しいルビーレッドが特徴。グラスに注いだ時の色鮮やかな見た目と、マイルドな風味を楽しむことができます。

26156921 404472536670779 4189005032558952448 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 1.cdninstagram
stars_0436

アガベシロップやダージリンティー、ローズヒップなどの自然素材も楽しめるAx霧島。これらが生み出す豊かな香りや深みある味わいを楽しむためにも、ロックでの飲み方がおすすめです。氷が入ったグラスに注げば、その風味だけでなく、一層引き立った美しさも楽しむことができます。

黒のダイヤ・チャーガを配合した「黒宝霧島」

28754262 229168274296032 1066354785193558016 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 1.cdninstagram
1971s46_yoshida_masahiro

シベリアの最も深い湖バイカル湖。この湖がある白樺の森に、黒のダイヤといわれているキノコが生えています。それが「チャーガ」という非常に希少価値の高いキノコで、ロシアでは古くから健康増進に使われてきました。そのチャーガと黒霧島がひとつになり、新たに生まれた健麗酒です。

29716991 155719005106385 4610653048727928832 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 1.cdninstagram
mii.0702

チャーガから醸し出される甘み、そこにアガベシロップや発酵黒はちみつが加わり、よりコクのある風味になっています。また酢酸菌によって発酵されたはちみつからは、爽やかな酸味も生み出され、さらに深い味わいに。漆黒とも思える色合いですが、氷が入ったグラスに注げば薄いコーヒーのようにも見えます。

健康を促進する冬虫夏草の健麗酒「金霧島」

29737027 422351714928945 5921970322986237952 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 1.cdninstagram
dai_teeeda

冬虫夏草(とうちゅうかそう)とは、「冬は虫、夏は草」という不思議な生態のキノコ。世界でも非常に珍しいものですが、現在では人工培養・量産が可能になりました。古くから健康に役立つとされてきた素材と、黒霧島が融合。飲んでも体にも美味しいと、発売以来、高い人気を博しています。

26304281 1943010595729056 4287057233256120320 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 1.cdninstagram
stars_0436

冬虫夏草から生み出されるコク、加えて、口当たりの良いやわらかな風味が特徴。深みのある味わいで、美味しく飲みながら健康にもつながる健麗酒です。黄金色の美しい色合いも魅力。毎日飽きず、そしてすこやかに霧島焼酎を楽しむことができる、通販でも人気の高い霧島焼酎です。

「黒宝霧島」&「金霧島」限定のおすすめの飲み方

27890800 764289757099632 7505384590173798400 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 1.cdninstagram
chikara.tomoyuki

こちらの2つについては、「1・2・3ゴールドブレンド」という霧島酒造が公式におすすめしている飲み方があります。割り方としては、1:2:3=黒宝霧島:金霧島:お湯または氷。ロックでつくる場合は、時計回りに7回・反時計回りに5回・時計回りに3回・反時計回りに1回という順番でマドラーを回すと良いそうです。

ジョイホワイト製の芋焼酎「<玉>金霧島」

31008324 1881651748798969 4271573352168030208 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 1.cdninstagram
yyukincoo

今から20年前、1998年に仕込まれたジョンホワイトという白いサツマイモから造られている焼酎。モズク抽出物・冬虫夏草・ササクレヒトヨタケ・ツバメの巣・バニラ抽出物といった様々な成分を含む、価格も高めな種類の霧島焼酎です。この浸漬素材のうまみやとろみが特徴。柑橘系の爽やかな味わいを楽しめます。

数ある霧島焼酎の価格からみるランクづけ

23966871 638650746524637 4233387618278047744 n
jutan_0717

価格だけを見ると、下から順にゴールドラベル霧島・黒霧島&白霧島(同値段)・赤霧島&茜霧島(同値段)・Ax霧島・黒宝霧島・金霧島・<玉>金霧島、となります。価格のランクを見ても、手頃さと購入しやすさから、よく見かける黒霧島は人気なようです。また限定品であるものや、様々な成分が含まれる霧島焼酎には、より高い値がついています。

プレミアムな銘柄もある霧島焼酎

30884481 156756915169876 7555204862187667456 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 1.cdninstagram
issy_around

価格のランクが高いのは、健康素材が使われている健麗酒。ですが限定という点で見れば、特定の季節にしか出荷されず、直売もしていない赤霧島や茜霧島も、かなり希少価値が高いプレミアムな霧島焼酎といえます。価格だけを見て、一概にランクづけするのは難しいでしょう。

Thumb鹿児島空港のお土産人気ランキング!人気のさつま揚げや限定焼酎もあり!
大河ドラマ「西郷どん」で話題の鹿児島の、空の玄関、鹿児島空港には、ここでしか手に入れることが...

霧島焼酎はじめ様々なお酒を造る霧島酒造

31043017 164523017551538 345494444964839424 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 1.cdninstagram
kyusyukyodoryoriwarabi

芋焼酎だけでなく、むぎ焼酎の「ほ」、そば焼酎の「そば作」、ビール・発泡酒なども製造している霧島酒造。大正時代より歴史は始まり、「本格焼酎」という呼称も法的に認められたほど。古くから焼酎づくりをけん引し、芋焼酎を全国的に人気なお酒として知らしめました。そんな酒造で造られた焼酎には、まだまだ魅力はたくさんありそうです。

霧島焼酎の飲み比べをしてみませんか?

定番の黒霧島から、季節限定の赤霧島・茜霧島、そして健康にも良い健麗酒まで。それぞれに違った魅力があり、人によって好みも異なることでしょう。通販では飲み比べセットもあるようなので、焼酎好きな方への贈り物にも良さそうです。そしてお酒が好きな方は、機会があればぜひ飲み比べしてはいかがでしょうか。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
なつたけ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ