マラケシュ(モロッコ)観光の見所まとめ!美しい街のおすすめスポット紹介!

マラケシュはモロッコにある都市で、かつての帝都であります。帝国時代の城壁に囲まれた中世都市で、世界遺産でもあるマラケシュはモロッコきっての観光地でもあり、そのマラケシュのホテルや気になる治安、観光におすすめのスポット等をご紹介します。

マラケシュ(モロッコ)観光の見所まとめ!美しい街のおすすめスポット紹介!のイメージ

目次

  1. 1モロッコの都市マラケシュ
  2. 2中世都市マラケシュ
  3. 3世界遺産のマラケシュ
  4. 4マラケシュの観光スポット1:フナ広場
  5. 5マラケシュの観光スポット2:スーク
  6. 6マラケシュの観光スポット3:クトゥビーヤ・モスク
  7. 7マラケシュの観光スポット4:アグノウ門から宮殿
  8. 8マラケシュの観光スポット5:マジョレル庭園
  9. 9マラケシュの観光スポット6:リヤド
  10. 10マラケシュおすすめホテルエリア
  11. 11マラケシュのおすすめホテル1:広場まで5分
  12. 12マラケシュのおすすめホテル2:広場まで10分
  13. 13マラケシュの治安
  14. 14マラケシュの治安の悪い場所
  15. 15マラケシュのタクシー
  16. 16マラケシュでの注意点
  17. 17マラケシュでの写真撮影は注意
  18. 18モロッコで一番のマラケシュへ行ってみましょう

モロッコの都市マラケシュ

マラケシュはモロッコの第4の都市でモロッコの中央に近い西にあります。世界遺産や無形文化遺産を持つマラケシュには数多くの観光客が訪れ、日々賑やかな街です。そのマラケシュの魅力や、観光スポットはもちろん、おすすめのホテルや気になる治安、注意点等マラケシュの事をご紹介します。

中世都市マラケシュ

マラケシュはモロッコの中央に近い西部にある都市で、かつては帝都として城壁に囲まれた中世都市でした。今のマラケシュは城壁に囲まれた旧市街と城壁の外の新市街があり、城壁に囲まれた旧市街は世界遺産に登録されていて、帝国時代に建築されたモスクや宮殿、庭園があり、中心部は無形文化遺産の広場があり、毎日数多くの屋台が並んでいます。

北アフリカで最大規模の旧市街では王宮や宮殿、モスクなど、かつての王が作った歴史的にも貴重な建造物の他にもマラケシュの伝統的な布や陶器類、アクセサリー等を買うことが出来るスークやマラケシュに来たなら是非宿泊していただきたいリヤドなど歴史的遺産だけでなく観光で訪れるにはおすすめのスポットが、ぎゅっと詰まったような街です。

世界遺産のマラケシュ

マラケシュの旧市街には沢山のおすすめスポットがあります。旧市街の中心にあるジャマエルフナ広場や旧市街のシンボルでもあるクトゥビーヤ・モスクのミナレット、マラケシュで最も美しいと言われるアグノウ門、タイル張りの床と天井、それに真っ白い壁が大変美しいバイーヤ宮殿、アラブ・アンダルシア建築の傑作と評されるマドラサ等あります。

ジャマエルフナ広場の北の方にはスークがあり、マラケシュに訪れる人は必ず行くと言っても良い場所です。マラケシュのもうひとつの名物でもあり数多くの屋台や大道芸があり、マラケシュの人々の活気で満ちあふれた場所です。この場合はジャマエルフナ広場の文化空間として無形文化遺産になっていてマラケシュ観光ではおすすめのスポットです。

マラケシュの観光スポット1:フナ広場

マラケシュの旧市街の中心で、今ではスークがあったりして、モロッコでも一番と言ってもいいほど観光客や地元の人々で賑やかな場所です。ジャマエルフナとは死者の集会場の意味で、かつては公開処刑場だった場所であり、そして文化と交易の中心として栄えてきた場所でもあり、ジャマエルフナ広場の文化空間として無形文化遺産に登録されました。

ジャマエルフナ広場にあるスークは、マラケシュの観光は、ここが目当てと言う方もいるほどで、四方八方に細く入りくんだ道は迷路のようで、沢山の種類の店と、地元の人達や観光客で注意していないとすぐに迷ってしまい、延々とスークの中をウロウロすることになりますので気を付けてください。地図を前もって持っていると便利です。

マラケシュの観光スポット2:スーク

マラケシュのスークは本当にすごくて、何でも売っています。革製品やタジン鍋のような陶器、布や銀製品の小物等、食べ物ももちろん売っています。小物等は特にそうですが、中途半端に可愛いのではなく、オシャレで更に洗練されていて、すごく可愛いんです。モロッコ独特の鮮やかな色の小物等は本当に可愛いです。

マラケシュのスークの名物フレッシュのオレンジジュースはおすすめです。様々なお店があり、夕方になると食事が出来る屋台が増えます。地元の人が多く座っている店はアタリ率が高いです。そして親切にしてくれたり、日本語が上手な人は基本要注意です。ミントの葉を耳にはさんでる男性の店は数倍の高額請求をする店らしく注意してください。

マラケシュの観光スポット3:クトゥビーヤ・モスク

1147年に建てられたクトゥビーヤ・モスクのミナレットはマラケシュの旧市街のシンボルで、街の中心にあります。どこに居ても見えるため、もし道に迷っても、このミナレットを目指して進めば大丈夫です。そしてこのモスクはスペインのヒラルダの塔のモデルにもなっていて、その後それがモデルに修道院や教会のモデルに全世界に広まりました。

クトゥビーヤの由来は図書館員の意味でクトゥビーインで、本来モスクは本を売る商人に囲まれていたらしく、そこからこの名がついたそうです。そしてクトゥビーヤのミナレットはスペインのヒラルダの塔とモロッコのラバトにあるハサンの塔とならび三大ミナレットの1つです。ちなみに異教徒は入館出来なくて外観の撮影だけ許可されています。

Thumbモロッコの首都ラバトは世界遺産の都市!見所やおすすめ観光スポットとは?
モロッコの首都ラバトは、歴史ある旧市街と新しく整えられた新市街が共に世界遺産に登録されている...

マラケシュの観光スポット4:アグノウ門から宮殿

アグノウ門から墳墓群

アグノウ門は赤い砂岩と馬蹄の形をしたアーチが特徴で、門にはコーランの一節が彫られているマラケシュの旧市街の城壁にある巨大な門です。この門はマラケシュで最も美しいと言われている門で、くぐるとすぐにサアード朝の王族の墳墓群があり、中にはアル・マンスール王の墓があります。墳墓群への入場料は10DHです。

バヒア宮殿

サアード朝の王族の墳墓群のあとを進んだら真っ白い壁に、天井と床がタイル張りになっているバヒア宮殿があって、特に天井にある細密画がすごく綺麗な場所です。中央に行くと王の宮殿があって、中庭も大変綺麗で、この中庭を囲むように3人の女妃と24人の側近の女性達の部屋が配置されてあります。

マラケシュの観光スポット5:マジョレル庭園

マジョレル庭園はイヴ・サンローランが愛した庭園として大変有名な庭園で、園内は竹が主体となっていて鯉もいたりするので日本人には親しみやすい雰囲気ですが、そこにモロッコの鮮やかな色が上手く融合しています。そして各地方ごとの装飾品等も並べられていたりします。とにかくインスタ映えするフォトジェニックなスポットです。

大変人気のある庭園のため、行ってみたい方は朝一に行くか夕方の遅めの時間に行くと良いです。朝9時位に行っても入場に10分ほどかかり、11時位になると入場するだけで1時間は待つことになります。そこから最近、サンローラン博物館がオープンしたのですが営業時間が違うのでマジョレル庭園のあとに行くことをおすすめします。

マラケシュの観光スポット6:リヤド

リヤドとはモロッコの昔の豪邸や邸宅を改装したホテルで、3部屋位の小さなリヤドから20部屋位ある大きなリヤドまで色々あります。内装も昔のアラブっぽいのから、オシャレで洗練されたリヤド等オーナーしだいで美術館のような所や自宅のようにくつろげる所もあったりでマラケシュに来たらどのスポットよりもおすすめしたいスポットです。

モロッコの古い街並みは高い壁で道が覆われていて建物が見えません。どこのリヤドも小さい入り口で、すごく地味で看板を出していない所も多く、ドアを開けるまで、どんな建物でどんな内装なのかもわかりません。宿泊しなければドアを開けることも出来ず、場所を知らなければ、辿り着けない秘密の場所のような宿です。

マラケシュおすすめホテルエリア

マラケシュではホテル選びはすごく重要です。そしてリヤドやホテルがマラケシュには沢山あります。ホテル選びでのおすすめエリアはフナ広場周辺が良いです。広場中心部のホテルは警備が厳重でクトゥビーヤモスクの近くなので敬謙なムスリム教徒が多く、観光客に危害をあたえようとする人がいないため治安は良いです。

フナ広場周辺の旧市街エリアもモロッコの古い街並みのエリアでホテルよりはリヤドが多いですが、広場まで徒歩10分前後です。広場から離れるほど夜は出歩かない方が良いので、心配であれば広場に近いホテルやリヤドを選んでください。フナ広場北東側は安宿が多いエリアですが衛生面等、自分の目で確認して決めるならおすすめエリアです。

マラケシュのおすすめホテル1:広場まで5分

Raid Dar Najat

アフリカンアートで統一されたホテルで、フナ広場まで徒歩5分くらいの所にあります。異国情緒あふれた部屋やテラスにいるだけでも楽しいです。フレンドリーで優しいスタッフは、フナ広場で、もし道に迷ってもお願いすると迎えにきてくれたり、行きたい場所へ連れていってくれたりします。マラケシュの拠点におすすめです。

Le Raid Monceau

1538532 403597059773233 294635941 n
t_w_g_m_g

5つ星で1万円台で泊まれるホテルです。シャワーだけのホテルが多いマラケシュの中でバスタブ付きの部屋もあり、ホテルの中にあるレストランではモロッコ料理が食べることが出来ます。フナ広場までは徒歩5分くらいで行けるため大変便利です。コスパや立地も大変良いのでおすすめホテルです。

マラケシュのおすすめホテル2:広場まで10分

PALAIS SEBBAN

27574542 320245158486686 6966034107654471680 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 1.cdninstagram
palaissebban

トラディショナルで洗練された、落ち着いた雰囲気のリヤドです。部屋数も19室あるのでホテルに近い感じで、リヤドではアットホームが多いですがホテルのようにしっかりしたサービスで大変綺麗な所です。とても綺麗な中庭があり、ハネムーンにおすすめしたくなるようなリヤドです。フナ広場まで徒歩10分弱で行けます。

LA SULTANA

18645563 297273510724005 5000851201231683584 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 1.cdninstagram
harry_basel

こちらは全28室ある高級リヤドで、静かにのんびりとマラケシュで滞在したい方におすすめです。場所も、おすすめの観光スポットでもあるサアード朝の墳墓群がある場所の隣にあり、観光にも便利な所です。スパ施設も充実していて、フナ広場まで徒歩10分ほどで行けます。更にこちらには日本人スタッフが常駐していて言葉に不安な方にも安心です。

マラケシュの治安

マラケシュはモロッコの中でも人気の観光地で観光客も多く、治安はモロッコではすごく良い街です。しかしそのマラケシュでも場所によっては治安の悪い場所もあります。特に女性やバックパッカー等一人旅の場合は気を付けてください。日中は大丈夫でも夜になると、街の表情は変わります。旅なれた人ほど被害に遭っています。

モロッコではテロ対策で特別警戒が2015年から続いているので刃物強盗等ほとんど聞くことは無くなりました。それでも、モロッコの女性が出歩かなくなる時間以降に出歩くのは控え、スークも観光客が多いとは言え、スリは多いのでファスナーで開け閉めするバッグは鍵をつけてください。多少面倒でも財布等盗まれるよりは良いです。

Thumbモロッコの治安情報まとめ!女性や一人旅で注意する点や危険な都市とは?
エキゾチックで魅力的な国モロッコは、一人旅や女性旅行者など、世界中から観光客が訪れます。旅行...

マラケシュの治安の悪い場所

夜の治安が悪い地区は日中も酔っ払いやシンナー中毒者がいたりします。そのような地区は子供もスレていて地元のモロッコの人たちでも近寄りたくないと思う人もいます。そして女性は特に服装に注意してください。モロッコの服装でいるのが良いですが、長ズボン、長袖、ストールやショールを持って行ってください。

宿泊もそうですがBab Tagzoud(バブ・タグズッド) Bab  Khamis(バブ・ハミス) Bab Aylen(バブ・アイレン) Bab Debbagh(バブ・デッバーガ)の4つの地区は治安が悪くおすすめしません。マラケシュは観光地で観光客も多く、治安も良いですが、場所によっては夜になると治安は変わり、一気に治安が悪い場所になったりするので注意してください。

マラケシュのタクシー

治安が一番良い場所はムハンマド6世通りです。パトロールも多く安心です。しかし徒歩での観光には向きませんがタクシーもメーターを使うので良いです。マラケシュ駅のすぐの場所にいるタクシーは観光客には数倍の高額請求するので、少し歩き普通に走っているタクシーを止めてください。止めるときは手を上げず横に出せば止まります。

手を上げてわざわざ観光客アピールはしないでください。観光客とわかって無理矢理くるタクシーもいます。そして乗る前に料金交渉するタクシーには強く「ラ」(いいえ)と言って立ち去り、メーターを使うタクシーに乗りましょう。そしてドライバーの言いなりになるのも良くないので気を付けてください。駅から広場までは高くて15DHで行きます。

マラケシュでの注意点

マラケシュは治安が良いですが物売りが多く、しつこいので要注意です。親切な人も、やってあげたんだからとお金を請求します。色々面倒になるので道案内等はチップを渡す従業員と割り切って渡した方が旅の嫌な思い出が増えずにすみます。そしてバー、ホテルの部屋以外での外での飲酒は絶対にダメです。イスラム教は禁酒なので注意してください。

スマホは一番気を付けてください。人前では見せない方が無難です。基本貴重品はテーブルに置いたり手で持っていたりするのは、盗ってくれと言ってるようなものなので、常にバッグに入れ人前では見せないようにしてください。スリ、盗難で一番多いのがスマホ、カメラそして現金の順です。そして旅の思い出にと撮る写真も気を付けてください。

マラケシュでの写真撮影は注意

これはマラケシュに限らずイスラム教の国では、何処に行っても注意しなければいけないことです。イスラム教徒の中には極端に写真を嫌う人がいます。宗教的に嫌う人もいるのですが、特に女性は写真は撮ってはいけないというのがあったりします。旅の記念に写真は撮りたくなるのは、すごくわかりますが気を付けてください。

フナ広場でもそうですが大道芸をしてる人たちがいます。猿使いや蛇使いがいるのですが、彼らは立ち止まったら金を払えと行ってきます。記念にと写真を撮ったらお金を払わされます。そして風景を撮っても怒鳴られる場合があるので注意してください。宗教が絡んでいるため日本人にはわかりにくいですが、こっそり撮るのをおすすめします。

モロッコで一番のマラケシュへ行ってみましょう

モロッコ一番の観光地のマラケシュは、日本人にはあまり馴染みのないイスラムの魅力を感じさせてくれるでしょう。歴史的建造物だけでなくスークでのモロッコの人達との交流や買い物も楽しいはずです。そしてモロッコは他の国とは違い大地の緑や空の青さが別格に違います。様々な部分で想像以上のマラケシュへ行き、モロッコを感じてきましょう。

関連するキーワード

Original
この記事のライター
Barista Sho