「体験王国むら咲むら」が口コミで人気!シーサー作りなどの体験も楽しい!

旅に出ると、その土地の文化などを体験したいと感じることがあります。「体験王国むら咲むら」は沖縄のさまざまな伝統工芸や伝統文化を体験できる施設で、人気のプランがなんと101種類もあります。体験王国むら咲むらへのアクセスや人気の体験プランなどについて紹介します。

「体験王国むら咲むら」が口コミで人気!シーサー作りなどの体験も楽しい!のイメージ

目次

  1. 1体験王国むら咲むらに行ってみたい
  2. 2体験王国むら咲むらとは
  3. 3体験王国むら咲むらはどこにある?
  4. 4体験王国むら咲むらへのアクセス
  5. 5体験王国むら咲むらは体験プランがたくさん
  6. 6体験王国むら咲むらのおすすめ体験1:伝統工芸など
  7. 7体験王国むら咲むらのおすすめ体験2:芸能文化
  8. 8体験王国むら咲むらのおすすめ体験3:料理体験
  9. 9体験王国むら咲むらのおすすめ体験4:マリン体験
  10. 10体験王国むら咲むらで貴重な体験を

体験王国むら咲むらに行ってみたい

旅に出ると、ふだんとは違ういろいろな文化を体験できます。特に沖縄に行くと、魅力的な文化がたくさんあり、もっといろいろ知りたいと感じるのではないでしょうか。そんな方におすすめなのが体験王国むら咲むらです。体験王国むら咲むらでおすすめの人気体験について紹介します。

体験王国むら咲むらとは

体験王国むら咲むらは、もともとは沖縄を舞台にしたドラマのオープンスタジオとして作られた施設です。ドラマが終わり、施設は村のものとなったことから、どのように利用するか議論が起こりました。その結果、沖縄のククル(心)のリゾート、村の観光の拠点を創ろうという機運が起こりました。

31997949 965114473697275 1195955839962185728 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 1.cdninstagram
muramura_gram

この考えをもとにして、施設の整備が行われ、それから5年の月日をかけて30余りの体験工房が集められ、「体験王国むら咲むら」としてオープンしたのです。現在は宿泊施設もオープンし、沖縄を訪れる多くの観光客に人気の体験工房として多くの口コミがあります。

体験王国むら咲むらはどこにある?

体験王国むら咲むらは沖縄県中頭郡読谷村にあります。読谷村は2014年以来、日本の村としては最も人口が多い村であり、村内にはユネスコの世界文化遺産「琉球王国のグスク及び関連遺産群」の一つである座喜味城跡のほか、残波岬などの観光スポットがあり、多くの観光客でにぎわっています。

体験王国むら咲むらへのアクセス

それでは、体験王国むら咲むらへのアクセスを紹介します。体験王国むら咲むらのある読谷村は、沖縄県内の位置としては沖縄本島の中部の西海岸にあります。多くの場合、沖縄には飛行機で来るので、そこからのアクセスを紹介していきましょう。最寄り空港は那覇空港となります。

那覇空港から公共交通機関を利用してアクセスする場合、まずモノレール「ゆいレール」もしくはタクシーで「那覇バスターミナル」まで移動します。ゆいレールの場合は「旭橋」駅で下車します。タクシーならば10分ほどで那覇バスターミナルに到着します。ここでバスに乗り換えます。

乗るバスは路線番号28番線のバスです。読谷(楚辺)線で、那覇バスターミナルから読谷バスターミナルまでの路線ですが、「読谷村大当」(よみたんそんうふどー)バス停で下車します。ここから徒歩で10分ほどで体験王国むら咲むらに到着となります。那覇空港からはそれなりに距離があるので、公共交通機関ならバス利用がおすすめです。

沖縄県内の観光で体験王国むら咲むらを組み込む場合、那覇空港からレンタカーを借りるという方も多いのではないでしょうか。車で体験王国むら咲むらにアクセスする場合は、国道58号線を利用してアクセスします。まず空港から読谷村に向けて1時間半ほど車を走らせます。次に公式サイトのチェックポイントを確認しながらアクセスします。

体験王国むら咲むらは体験プランがたくさん

さて、体験王国むら咲むらの人気の秘密は、何といってもたくさんある体験プランを楽しむことができる点です。その数はなんと101種類だそうです。海に入るなど、連絡先の記入が必要なものを除くと、行ったその場で体験内容を決めることもできますし、子供でもできる体験プランもたくさんあります。時間を長めにとっておくことがおすすめです。

ただ、9月以降になると、沖縄を修学旅行で訪れ、団体でいろいろな体験をするということが増えます。また、体験プランには時間がありますので、どうしてもやってみたいというものや人気の体験プランなどは、前もって予約を入れておくことをおすすめします。やってみたいものとその場でできるものとをうまく組み合わせるのもおすすめです。

体験王国むら咲むらのおすすめ体験1:伝統工芸など

それでは具体的に、体験王国むら咲むらのおすすめの体験プランをいくつか紹介しましょう。まずは沖縄の伝統工芸に触れることができる体験プランです。伝統工芸や生活文化に関係する体験プランは、だれでも楽しむことができますし、オンリーワンの一品を作ることができるという口コミが多く見られる人気プランです。

沖縄の伝統工芸というと、まっさきに思い浮かぶのがシーサーではないでしょうか。シーサーを自分で作るという体験プランはとても人気が高く、種類もいろいろとあります。既にできているシーサーに色をつけるもの、オーブン粘土を使って成型からするもの、貝殻を使って作るものなど種類もさまざまです。

シーサーの色つけやオーブン粘土によるものなどは、作ったその日に持ち帰ることができますが、中には面シーサーと言って壁かけ用のものもあります。こちらは粘土の丸い壁かけにシーサーの顔を造形していくのですが、そのあと窯で焼いて送ってもらえるというものになります。

また、シーサーの他にも沖縄の伝統工芸はたくさんあります。たとえば藍染や紅型、花織などの体験はコースターやマット、バンダナなどの作品を作るもので、同じような模様を使ってもそれぞれにできあがりが違うところが面白いと人気が高いです。沖縄らしい、太陽や海の色があふれる一品を作ってみてはいかがでしょうか。

Thumb沖縄のシーサーを大特集!作り方・置物お土産・置き方など総まとめ!
沖縄のお土産の定番であるシーサーは、実は深い歴史があり、その組み合わせや置き方がポイントです...

体験王国むら咲むらのおすすめ体験2:芸能文化

沖縄というと、美しい紅型の着物を着て、独特の踊りを踊る姿を覚えている方も多いのではないでしょうか。座ってじっくり作品を作るのも楽しいですが、ダンスなどが好きな方は琉球舞踊にチャレンジしてみてはいかがでしょう。体験王国むら咲むらでは、紅型の衣装を着てエイサーや琉球舞踊などを体験することができます。

口コミなどを見ると、この琉球舞踊やエイサーがなかなか面白いという話があります。踊りに使う小道具などもあるので、本格的に踊りを楽しむことができます。これらの舞踊系のものは原則として4人以上で体験できるので、家族や友達同士で楽しむのがおすすめです。

少人数の場合は琉球舞踊は少し難しいかもしれませんが、紅型の衣装を着てみたいというだけであれば、貸衣装もあります。こちらは衣裳のサイズさえ合わせられれば子供でも参加できますし、女性用だけではなく、男性用もあります。首里城などの沖縄の景色を背景に写真撮影もおすすめです。

体験王国むら咲むらのおすすめ体験3:料理体験

沖縄といえば料理も見逃せません。ゴーヤチャンプルーなどは、今や沖縄以外の家庭でもごくふつうに食べるメニューですが、もともとは沖縄の家庭料理です。本場の作り方を体験することで、さらにおいしく作ることができるようになるのは魅力的という口コミがあります。

また、体験王国むら咲むらで口コミが多い料理体験として「ぶくぶく茶体験」があります。ぶくぶく茶というのは18世紀の初めころ、おもてなしなどの時にふるまわれた沖縄独自のおめでたいお茶で、その名前の通りおぶくぶくと泡立つ不思議なお茶なのです。沖縄の水がこの泡立ちを生み出すと言われます。

ふだん茶道などをたしなむ方でも、このぶくぶく泡立つお茶は見た目も雰囲気も違って、きっと興味深く体験できることでしょう。ぜひその味わいと風味を楽しんでください。なお、ぶくぶく茶体験は事前の予約が必要なので、体験してみたいという方は電話かファックスで前もって予約をして行きましょう。

体験王国むら咲むらのおすすめ体験4:マリン体験

せっかく沖縄に来たんだから、やはりマリン体験は外せないという方はこちらがおすすめです。ダイビングを体験したいと言う方はそのプランがありますし、全く泳げないという方はグラスボートで沖縄の澄んだ海中を見るという体験なども口コミが多く、人気です。でも一番人気と言えるのはジンベエザメと触れ合えるものではないでしょうか。

特に体験王国むら咲むらの体験プランのなかで、ここでしか楽しめないというのがジンベエザメ体験ダイビングです。なんと世界でもここでしか体験できないということで、多くの口コミもあり、人気のものであることがわかります。近くの都屋漁港で行い、実際にジンベエザメに触れることもできるのだそうです。

このマリン体験はダイビングなど着替えも必要ですし、海まで移動する時間もかかります(もちろん機材などのレンタルもあります)。そのため、他のプランに比べ、値段も高いですし、時間もかかります。事前予約も必要になります。それでもあっという間にいっぱいになるほどの人気だそうです。

Thumb沖縄「青の洞窟」でダイビングやシュノーケリングを楽しむ!場所や行き方は?
沖縄本島にある青の洞窟はダイビングやシュノーケリングのスポットとして沖縄では有名で最も人気が...

体験王国むら咲むらで貴重な体験を

体験王国むら咲むらに行くと、沖縄の文化の多様さにびっくりするのではないでしょうか。とても一回では希望するすべてを体験しきれないかもしれません。きっと体験を重ねるうちに、沖縄の伝統や文化をより深く理解させてくれるきっかけになってくれるでしょう。ぜひ体験王国むら咲むらで沖縄の伝統に触れてください。

関連記事

関連するキーワード

Noimage
この記事のライター
茉莉花

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ