「三清山」は中国世界遺産!絶景登山へのアクセスやおすすめスポットを紹介!

世界遺産にも登録されている三清山は、中国でも有名な観光スポットです。最近世界遺産に登録されたのもあり、あまり日本内では知られていませんが人気があります。そこで、2016年に世界遺産に選ばれた三清山の歴史やアクセス方法、絶景ポイントなどについて紹介します。

「三清山」は中国世界遺産!絶景登山へのアクセスやおすすめスポットを紹介!のイメージ

目次

  1. 1三清山は登山におすすめ!
  2. 2三清山とは?
  3. 3三清山の自然は価値がある!
  4. 4三清山は「道教」の中心地
  5. 5三清山の「三清」という名前の由来
  6. 6三清山の絶景スポットを紹介!
  7. 7三清山を観光するなら「三清山十大絶景」を見よう!
  8. 8三清山の絶景スポットその1「東方女神」
  9. 9三清山の絶景スポットその2「巨蟒出山」
  10. 10三清山の絶景スポットその3「透明台」
  11. 11三清山の絶景スポットその4「断崖絶壁からの回廊」
  12. 12三清山へのアクセス方法
  13. 13三清山へのアクセス方法その1「バス」
  14. 14三清山へのアクセス方法その2「ツアー参加」
  15. 15三清山の登山について
  16. 16三清山の天候は?
  17. 17三清山登山するにあたっての予算は?
  18. 18三清山登山に必要な持ち物は?
  19. 19三清山周辺の観光地は?
  20. 20三清山について学んで観光を楽しもう!

三清山は登山におすすめ!

三清山は、中国に位置する世界遺産に登録されている名所です。都心部から離れた位置にあるため、道教を学ぶ修業の場として知られており、人の手が加えられおらず、古代から続く自然によって今なお幻想的な雰囲気に包まれています。そんな三清山の内容、アクセス方法、絶景スポット、登山コースについて紹介します。

三清山とは?

三清山は、中国語では「サンチンシャン」、日本語では「さんせいざん」と読む、江西省上饒市玉山県と徳興市の境界付近にある山脈です。標高は、海抜1819.9メートルであり2008年にはユネスコの世界遺産に認定された歴史ある山脈です。三清山は、幻想的な雰囲気に包まれており美しい絶景を楽しむことが出来ます。

三清山は、玉山県の中心からおおよそ50キロメートル、上饒市から約78キロメートルの場所にあるため、アクセスに優れているわけではないため、古くからの自然や景観が今なお現存しています。中国の仙人が修業の場として暮らしているかのような仙境っぷりは言葉を失う絶景です。秀麗な風景をのんびり楽しむことが出来ます。

三清山の自然は価値がある!

また、中国の世界遺産に認定されている観光地でとても有名な万里の長城のアクセスは容易であるため、毎日多くの観光客が訪れることもある世界遺産となっていますが、三清山は世界遺産に登録されてまだ数年であること、立地条件が悪く個人のアクセスが難しい点、公共交通手段に乏しいことから秘境となっています。

また、三清山は世界遺産に登録される前から、中国から、国家重点風景名勝区の中国国家4A級旅游景区に指定されていました。また2005年9月には中華人民共和国国土資源部に、国家地質公園として認定されるなど、三清山の景観や自然は大変価値のあるものとなっています。

また、三清山には野生の動物や植物が多く存在しています。三清山周辺の22950ヘクタールの敷地内には、植物が1000種類以上生えており、動物は800種類以上も存在しています。登山道にまで野生の動物が現れることはめったにありませんが、岩場や林の中からは、鳥たちのさえずりや、動物が動いている物音が聞こえます。

三清山は「道教」の中心地

また三清山は現在は世界遺産に選ばれたことで観光地として有名になりましたが、もともとは「道教」と呼ばれる宗教の中心地となっていた山脈になります。道教とは、中国における三大宗教の一つで、儒教と仏教と、並ぶ代表的な宗教です。道教を学ぶ上での修業の場として、幻想的で美しい絶景を持つ三清山を利用していました。

この「道教」では、宇宙と人生の不滅の真理を指している「道」を理解することを目指しており、道教を学ぶ者たちは、この「道」を見つける修行を通して、「道」と一体化することを理想としています。最終的には不老不死に関わる「丹」を練る技術の一つである「鍛錬術」を身につけることで、仙人になることができると言われています。

三清山の「三清」という名前の由来

また、三清山の名前にも含まれている「三清」とは、道教で最も偉大な人々のことを指しています。これらの最高神である三天尊である「元始天尊」「霊宝天尊」「道徳天尊」の3名を表しています。かれらはそれぞれ、道教の天上界にあたる「玉清境」「上清境」「太清境」に暮らしており、三清山にある三峰がそれらに例えられています。

三清山にある三峰はそれぞれ、名前があり「玉京」「玉虚」「玉華の三峰」という名前が付いている。この三峰を見た時に、「三峰の様子が高く険しく、まるで三清が頂上に座っているかのようだ」と記されていたことからこの名前が名付けられました。三清山に観光に行くときは道教の歴史を学んでいるとより楽しめるのでおすすめです。

三清山の絶景スポットを紹介!

三清山にはいくつもの絶景スポットがあります。古くから修業の場として利用された神聖な場ですので、心が平静になる独特な空間となっています。また、そのような場でしたので人工物や人の手が加わったものがなく、古くからの地殻変動や風雨によって形成された独特の花崗岩が、奇妙さと神聖さを感じさせてくれます。

中国の発表によると、三清山には「奇峰」は48個あり、「奇岩・奇石」は52個、建造物などの景物や景観は500以上もの見どころがあると発表されています。長い年月をかけて自然によって形成されたこれらのものは、世界遺産に選ばれるのも納得の美しさとなっています。そこで特に三清山のおすすめ観光スポットを紹介します。

三清山を観光するなら「三清山十大絶景」を見よう!

三清山には「三清山十大絶景」と呼ばれる見どころスポットがあります。代表的なものは「東方女神」「巨蟒出山」などを始めとして10種類ございます。今回紹介するのはその中でも一部のものですが、これらのすべてを巡るツアーなども旅行会社が行っているそうです。ガイドによる歴史や言い伝えも学べるのでツアー利用もおすすめです。

三清山の絶景スポットその1「東方女神」

11008020 725726547534877 526545500 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 1.cdninstagram
chuncheungwong

三清山の見どころの1つ目は「東方女神」という石像です。こちらは後述する「巨蟒出山」に続いて、三清山で最も人気の高い石柱の一つです。雨風で削り取られた岩が着物を身にまとったような女性の後姿に見えることから、名付けられたもので、春を呼ぶ女神として言い伝えが残されています。

東方女神は、低木が並ぶ尾根の途中にぽつんと鎮座しております。近くまで近づくことは出来ませんが、登山道を進んだあとの東方女神の近くには少し開けた空間になるように舗装されており、写真撮影をする観光客などで溢れています。巨大な石柱で、人工的でなく自然に作られているため、自然の神秘を感じ取ることが出来ます。

三清山の絶景スポットその2「巨蟒出山」

23734594 149076932511926 8226766627195060224 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 1.cdninstagram
zhishifenxiang

「巨蟒出山」は三清山の中でも「3つの絶景」のうちの1つにも選ばれている人気の石柱です。三清山のシンボルのような景観で、高さが128メートルもあります。この石柱は、岩山に張り付いているように生えた低木の間から伸びており、頂上が曲がっていることから鎌首をもたげた大蛇のように例えられ、山を出る大蛇と呼ばれています。

23733893 1548427775234595 7244434849853865984 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 1.cdninstagram
zhishifenxiang

こちらの石柱は、入り口から入場後30分ほど歩いたところで確認することが出来ます。およそ1億2000万年前に形成されたと言われており、他の岩場に比べると頭一つ抜けて大きくそびえ立っています。この周辺は「南清園景区」と呼ばれ、三清山の中でも特に見どころの多いスポットが続くため、良い目印となります。

三清山の絶景スポットその3「透明台」

28754675 408570582926874 3242629647678046208 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 1.cdninstagram
anebraskaninchina

また中国では、高所の地面に透明のガラス板を設置することで360度楽しむことができる「透明板」と呼ばれるものが多くの観光地で用いられています。そして、世界遺産の三清山でもそのようなガラス板が設置されています。高所から突き出して設置されており、下には低木や崖、石柱などがみられるおすすめのスポットです。

25017804 1935426940044042 4745678385198399488 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
tifsees

登頂から2時間程度で到着する場所に位置しているのですが、やはり大人でも恐怖を感じる人も多く、混雑することが多いため注意しましょう。特に小さなお子さんがいる状態で三清山に観光に行く場合は、事前にアイマスクなどを渡すなどして、恐怖を和らげる対策を講じておくと、安心です。

三清山の絶景スポットその4「断崖絶壁からの回廊」

28750856 172802620189550 3793244961831387136 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 1.cdninstagram
yangsoso23

基本的に三清山の中にある石柱が見どころとなっていますが、それ以外にも道中も見どころが多い観光スポットとなっています。三清山の登山コースは、断崖絶壁に張り付くように回廊が作られており、激しいアップダウンや何百段も続く階段を通るため体力を使うので、登頂できたときの思い出はひとしおです。

24126723 168181837250511 6782358203448426496 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 1.cdninstagram
yijaesok_photography

また、回廊はあまり広くないうえに、手すりや柵の高さが大人の胸程度までしかありません。そのため、他では味わうことの出来ない鼓動の高鳴りを感じられます。中国国内でも、三清山が世界遺産に選ばれたことも合ってかツアーガイドなどが多数来ており、回廊だけでこれらの人の重みに耐えられるのかというドキドキ感も味わえます。

三清山へのアクセス方法

三清山は、中国から離れた場所に位置しているためアクセス面が悪く、個人で三清山にアクセスするというよりは、ツアーや現地のバスを利用してアクセスすることが一般的です。道中までは入り組んでおり、迷うことも多く、タクシーなどもめったに通らないため、三清山に行くときは、ツアー利用が安心です。

三清山は中国の江西省に位置しているので、日本からアクセスする場合は、上海を経由するのが一般的なアクセス方法になります。三清山は、華南という地域に含まれており、他の名所などと比べると、上海からは比較的アクセスしやすい場所に位置しています。しかしながら3時間程度かかるというのは頭に入れておくと良いでしょう。

三清山へのアクセス方法その1「バス」

三清山の最寄り駅は、玉山と上饒の2種類があります。バスに乗っていく場合は、バス便も多い上饒を経由して行く方法がおすすめです。上饒周辺は駅の規模も大きく、街も広くショッピングなども楽しむことが出来ます。上饒から三清山の麓まではバスが2時間ほどの道のりです。ここからはロープウェーを用いて山頂までアクセスできます。

三清山が世界遺産に登録されてからは、三清山のふもと付近へのアクセスが容易になり、また宿泊施設なども増加しているため、夜遅くに訪れて、翌朝登頂するという方法も撮ることができるようになりました。中国では交通機関の料金が安く、お得に利用できるため、予算を抑えたい人にはおすすめの方法です。

三清山へのアクセス方法その2「ツアー参加」

三清山にアクセスする上で最も一般的な方法は、ツアーに参加することです。最近は世界遺産に登録されたこともあり、個人でもアクセスできるような環境が整備されていますが、英語や日本語などの案内は乏しく、中国語のみでの案内が行われている場合がほとんどです。中国語に不安がある人は、ツアー参加をおすすめします。

ツアーでは、三清山を日本語ガイドの案内付きで回るプランもあるなど、世界遺産に登録された2008年以降から、サービスが充実したツアーも増えています。また同時に三清山から近いところに位置している「景徳鎮」と呼ばれる名所も一緒に回るツアーなどが特に人気が高いため、様々な旅行会社が提案しているツアーから選びましょう。

三清山の登山について

三清山は登頂開始から下山まで7時間はかかる歩きごたえがあるスポットです。また都心部から離れた秘境にあることもあり、すべてを楽しもうとすると、1日じゅうかかることもあります。そこで三清山の登山について、登山コースを紹介しながら、先述した見どころなども踏まえて紹介します。

入場手続きを行う

三清山に到着したら、まずは入場手続きを行う必要があります。後述しますが入場料がかかるため注意が必要です。また入場手続きを行える場所では、ドリンクなどの登山に必要なものが販売されているため、必要な場合は購入することをおすすめします。7:00頃からご利用できます。

ロープウェーに乗る

21909402 134308960537917 6185997897000026112 n
puximonster

続いて、三清山の中腹まではロープウェーに乗ります。この乗車時間はおよそ10分ほどで2000メートル近い場所まで登ります。運行時間は7:30から17:30までとなっていますが、三清山に登るときは、当日の運行時間を確認して、乗り遅れないようにしましょう。三清山内にはホテルもご用意されているので、必要なら使います。

階段を登り道なりに進む

23594808 2046462662239795 776455741232906240 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 1.cdninstagram
zhishifenxiang

ロープウェーから降りたら、後は回廊を道なりに進んでいきます。基本的には一本道ですが、体力などと相談して一部のスポットを省略するお手軽ルートへと渡る分岐点もありますので、ご安心ください。早朝であれば、リスや山鳥などが回廊の近くまで来てくれることもありますので、周囲に気を配るのをおすすめします。

渡仙橋を渡る

25023558 1935999219984820 5823824358858031104 n
tifsees

その後何時間か歩いていくと、渡仙橋と呼ばれる橋に到着します。ここは大きく揺れ、下を眺めることができることから、大人でも恐怖を感じてしまうエリアとなっています。絶景を感じながら歩くことはめったに出来ない体験でおすすめですが、高所恐怖症の人向けには、迂回路も用意されていますのでご安心ください。

透明板を渡り、東方女神を眺めて下山

21436068 1229170377187132 3634798271047663616 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 1.cdninstagram
hata419

その後、見どころの透明板や東方女神などが見えますので、十分に堪能したら下山コースに合流します。5時間以上かかるため大変体力的に疲労するコースですが、道中には売店や休憩施設などもありますので、自分たちのペースに合わせてゆっくりと楽しむことが出来ます。これが世界遺産の三清山の登山コースの1つとなります。

三清山の天候は?

三清山の天候は変わりやすく、上海周辺の天気が晴れていたとしても、三清山に近づくにつれて天候が悪化することもよくあります。特に三清山観光に行った人の感想によると、霧がかって三清山からの絶景が楽しめないという可能性もあるので注意が必要です。しかし霧があるときは幻想的な雰囲気に包まれ魅力的になります。

三清山周辺の地域には四季があり、夏は暑く、冬は寒くなっています。そのため三清山登山におすすめのシーズンは春か秋なのですが、春の天気は変わりやすく、5月末から7月にかけては雨が多くなります。そのため秋の登山が良く、とりわけ10月は三清山周辺の観光地である「景徳鎮」で国際陶器祭が開催されているためおすすめです。

三清山登山するにあたっての予算は?

三清山に登頂する前には、「門票」と呼ばれる登頂証明書が必要になります。この門票は現在の価格で150元ほどで販売しており、日本円にするとおおよそ2000円程度必要になります。また、追加でロープウェーの料金やドリンク代なども追加で必要になりますので、多めに持っていくことをおすすめします。

また、周辺でのレストランや宿泊施設などは、他の都心部や地方に比べると料金が高く設定されています。そのため合計で5000円から10000円を持っていれば安心して三清山登山を楽しむことが出来ます。また三清山周辺では、クレジットカードが使えない場所もございますので、念のために現金を持っていくようにしましょう。

三清山登山に必要な持ち物は?

三清山は標高が大変高いですが、途中ではロープウェーが運行しているため高い位置から三清山を巡ることが出来ます。登山にかかる時間は5時間程度ですが、6000段をも越える階段が続くため、体力的にも精神的にも疲れることもあります。そこで、三清山登山を楽しむための持ち物について紹介します。

飲み物

三清山を登山する上で、舗装されている道を通るとはいえ、標高が高い回廊をあるくことになります。そこでは酸素も薄いですし、何時間も歩くため体力が奪われることもあります。高山病を防ぎ、体力を保ちながら三清山の観光をするためにも、飲み物はしっかりと常備しておきましょう。

三清山の登山口でも、飲み物は販売していますので、買い忘れてしまった場合はこちらで購入することも出来ます。しかしながら、通常購入できる値段よりも、2倍近く高くなっています。荷物が増えて重くなってしまいますが、可能であれば上海や最寄り駅などの市街地で事前に飲み物を購入することをおすすめします。

雨具

31042946 165510704089632 5989425430069772288 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 1.cdninstagram
toshiki6013

山の天気は変わりやすいと言われていますが、その中でも三清山は、標高が高いこともあり特に天候の変化が起こりやすくなっています。霧や雨が突然降り出したり、風が急に強くなる場合もあります。そのような場面で体力を奪われないために、必ず雨具は持っていくようにしましょう。都心部で購入しておくことをおすすめします。

31280273 240975503145408 8118069010752339968 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 1.cdninstagram
ysk.jigging001

また、登山用の雨具などを持っている人は、そちらを持っていくことをおすすめします。雨具は雨に濡れるのを防ぎ、体温が低下するのを防止する効果がありますが、登山用の雨具であれば保温機能を持っています。汗が休息に乾き体温が低下するのを防止したり、急に気温が下がり寒くなった時に利用できますので、雨具はおすすめです。

動きやすい服装

三清山は、登山コースが完全に整備されているため、歩きやすいコースとなっています。そのため通常の登山で必要なウェアやシューズを用意する必要はありません。しかし山の天気は変わりやすく標高が高い場所を何時間も歩き続けるため、足を動かすときに膝が引っかからない通気性のよい服装で行くことをおすすめします。

三清山周辺の観光地は?

三清山は卑怯ということもあり、都心から離れた場所に位置しており、徒歩で利用できるような周辺に観光地などはありません。しかし三清山周辺はツアーやバスを利用していくことから、三清山方面にある魅力ある観光名称についても紹介します。どちらも歴史と大自然を感じ取れる観光スポットとなっています。

景徳鎮

32916689 214652836026858 1952843087424258048 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 1.cdninstagram
archilovers

景徳鎮は、陶磁器の歴史が長く1700年以上陶磁器で発展してきた街と言われています。景徳鎮は、中華人民共和国江西省の東北部に位置しており、国家歴史文化名城に指定されています。景徳鎮には600以上もの陶磁器の生産や販売が行われている場所があり、街中にはいくつもの陶磁器が溢れています。

31920884 1791485004246416 3388127269762367488 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 1.cdninstagram
jin215

景徳鎮では、運搬にリアカーを使っており、景徳鎮の町並みを味わっているときに見かけることもあります。これは、車などを利用するより、陶磁器への負担が少ないためであり、現代とは少し離れた過去へタイムスリップしたかのような独特な雰囲気を味わうことができるのが特徴です。

神農宮

神農宮は、「中国一綺麗な地下河」という異名を持つ地下水がある、鍾乳洞です。神農宮へはタクシーで行くことができるので、アクセス面でも優れています。鍾乳洞の中はしっかりとライトアップされているため、足元がはっきりと見えコケる心配もありません。また写真撮影も容易です。入場料は100元とお手頃な観光地です。

Thumb北京・大運河で観光やクルーズ!中国の有名世界遺産の歴史や見所も調査!
北京から杭州を結ぶ「京杭大運河」は、長さ1800キロにも及びます。運河自体も世界遺産になって...

三清山について学んで観光を楽しもう!

今回は三清山の絶景コースや登山エリア、見どころやアクセス方法について詳しく紹介いたしました。三清山は広大な自然が今なお残っており、水墨画に見られるような幻想的な空間を肌で感じとることができる心あらわれる山脈です。そんな三清山の歴史や偉大さについて学んで、観光をより楽しめるようにしましょう。

関連記事

Noimage
この記事のライター
Sytry