新横浜公園の駐車場&アクセスまとめ!スポーツやドックランで1日楽しめる!

新横浜公園は、日産スタジアムのある運動公園です。園内では、様々なスポーツやドッグランなどがある他、四季折々の花や昆虫などを観察したりと、大人だけではなく子供も楽しめる公園です。今回は新横浜公園のアクセス方法や駐車場などをまとめて紹介していきます。

新横浜公園の駐車場&アクセスまとめ!スポーツやドックランで1日楽しめる!のイメージ

目次

  1. 1新横浜公園に遊びに行こう!
  2. 2新横浜公園はどんな公園?
  3. 3新横浜公園のアクセス1:電車の行き方
  4. 4新横浜公園のアクセス2:バスでの行き方
  5. 5新横浜公園のアクセス3:車で駐車場までの行き方
  6. 6新横浜公園その1:ドッグランで遊ぼう!
  7. 7新横浜公園その2:満開の桜を楽しもう!
  8. 8新横浜公園のスポーツ施設1:日産スタジアム
  9. 9新横浜公園のスポーツ施設2:日産ウォーターパーク
  10. 10新横浜公園を満喫!

新横浜公園に遊びに行こう!

新横浜公園は、横浜市港北区にある運動公園です。横浜市内で最も大きい運動公園で、園内には日産スタジアムのほか、プールや野球場、テニスコートなどの様々なスポーツ施設やドッグランなどがあり、春には桜が咲くなど、大人や子供まで誰でも気軽に遊べる公園です。今回は新横浜公園のアクセスや駐車場などをまとめて紹介します。

新横浜公園はどんな公園?

新横浜公園は、横浜市にある運動公園です。横浜市内で最も大きい運動公園で、園内には約72000人を収容できる日産スタジアムや、プール・野球場・テニスコートなどの様々なスポーツ施設の他に、ドッグランやレストランなどもあり、園内では春には桜・夏にはアサガオなどの四季折々の花や昆虫などの生き物も数多く生息している公園です。

新横浜公園のアクセス1:電車の行き方

新幹線

新横浜スタジアムへのアクセスとして、新幹線を利用したアクセス方法があります。最寄り駅は「新横浜駅」になります。主な駅からの所要時間は、東京駅からは約20分、名古屋駅からは約1時間30分、新大阪駅からは約2時間15分、博多駅からは約5時間になります。「新横浜駅」から新横浜公園までは歩いて約14分です。

JR東海道線

東京方面から新横浜公園にアクセスする場合、JR東海道線を利用した行き方があります。東京駅〜横浜駅へはJR東海道線(上野東京ライン)を利用します。所要時間は約25分です。横浜駅からは横浜市営地下鉄を利用する行き方と、JR京浜東北・横浜線で東神奈川駅で乗り換えて新横浜駅に行くことが出来ます。所要時間は地下鉄が約11分・JR線は約12分です。

京浜東北線

東京方面から新横浜公園のアクセスとして、JR京浜東北線を利用した行き方があります。東京駅〜東神奈川駅までは京浜東北線を利用します。所要時間は約35分です。東神奈川駅〜新横浜駅まではJR横浜線を利用します。所要時間は約10分です。所要時間は目安の時間になります。電車により所要時間が異なる場合があります。

JR横浜線

八王子方面から新横浜公園へのアクセスとして、JR横浜線を利用したアクセス方法があります。八王子駅から「桜木町駅」行きに乗ると、新横浜駅まで乗り換えすることなく行くことが出来て便利です。所要時間は約40分です。JR横浜線を利用する場合「小机駅」から新横浜公園に行くことが出来ます。八王子〜小机までの所要時間は約50分です。

成田エクスプレス

成田空港から新横浜公園へアクセスする場合、JR成田エクスプレスを利用した行き方があります。成田空港〜横浜駅までは成田エクスプレスを利用します。所要時間は約1時間30分です。横浜駅からは横浜市営地下鉄またはJR京浜東北・横浜線を利用して新横浜駅に行くことが出来ます。所要時間は地下鉄の場合は約11分・JR線の場合は約12分です。

京浜急行線

羽田空港から新横浜公園にアクセスする場合、京浜急行を利用した行き方があります。羽田空港〜京急蒲田駅まで京浜急行空港線を利用します。所要時間は約15分です。京急蒲田駅〜横浜駅までは京浜急行線を利用します。所要時間は約10分です。横浜駅からは、横浜市営地下鉄またはJR京浜東北・横浜線を利用して新横浜駅に行くことが出来ます。

新横浜公園のアクセス2:バスでの行き方

横浜市営バス

新横浜公園へのアクセスとして、横浜市営バスを利用する行き方があります。横浜市営バスを利用する場合、新横浜駅(JR・横浜市営地下鉄)または仲町台駅(横浜市営地下鉄)よりバスが運行しています。「300系統」のバスに乗り「日産スタジアム」バス停で下車をすると、新横浜公園に行くことが出来ます。所要時間は道路状況などにより変わります。

東急バスの場合

新横浜公園へのアクセスとして、東急バスを利用したアクセス方法があります。東急バスは新横浜駅(JR・横浜市営地下鉄)新羽駅(横浜市営地下鉄)綱島駅(東急東横線)に乗り場があります。東急バス「綱72系統」に乗り「日産スタジアム前」バス停で下車します。また溝の口駅(東急田園都市線)から日産スタジアムまでの直行バスも運行しています。

新横浜公園のアクセス3:車で駐車場までの行き方

駐車場について

新横浜公園には、駐車場が3ヶ所あります。駐車場の営業時間は、第1・第2駐車場は7時〜22時、第3駐車場が7時30分〜22時までとなります。駐車場の料金は乗用車が2時間400円(超過30分まで毎に100円)バスの駐車場料金は2時間1200円(超過30分まで毎に300円)です。駐車場は遊水池にあるため夜間の留め置きは出来ません。

第1駐車場までの行き方

新横浜公園の第1駐車場は、日産スタジアムの西ゲート橋下にあります。第3京浜を利用する場合「港北インター」出口から新横浜元石川線を新横浜方面に進み「リハビリセンター入り口」信号を右折し道なりに進みます。「新横浜駅方面」からは新横浜元石川線を第3京浜方向に進み「リハビリセンター入り口」を左折して道なりに進むと到着します。

第2駐車場までの行き方

新横浜公園の第2駐車場は、日産スタジアムのレストラン下にあります。第3京浜「港北インター」出口からの場合、新横浜元石川線を新横浜方面に進み「リハビリセンター入り口」を左折し、東ループ橋を渡り道なりに進みます。新横浜方面からの場合は、新横浜元石川線を第3京浜方向に進みリハビリセンター入り口を右折、東ループ橋を下り道なりに進みます。

第3駐車場までの行き方

新横浜公園の第3駐車場は、日産フィールド・運動広場・野球場横にあります。第3京浜「港北インター」出口からは、新横浜元石川線を新横浜方面に進みます。右手に日産スタジアムを見ながら「多目的遊水池」の信号を左折します。ループ橋を下り道なりに進むと到着します。新横浜駅方面から右折の侵入は出来ないので注意が必要です。

新横浜公園その1:ドッグランで遊ぼう!

新横浜公園には、横浜で最も大きい天然芝を使ったドッグランがあります。ドッグランでは、犬たちが思いきり走ったり遊んだりするだけではなく、飼い主も安心して利用することが出来ます。他にも、飼い主同士で楽しく交流を深めることも出来るので、横浜で愛犬と暮らす知恵やマナーなども知ることが出来る人気のドッグランです。

新横浜公園ドッグランの開場日時は水・木・土・日です。開場時間は時期により異なります。10月1日〜6月30日は9時30分〜17時30分(平日12時〜13時を除く)4月29日〜5月5日は8時〜17時30分、5月6日〜6月30日(土日祝)は9時30分〜18時30分、7月1日〜9月30日は15時〜21時、年末年始(12月29日〜1月3日)は休場予定です。

新横浜公園ドッグランの料金は、1名+1頭で1000円です。追加料金は1名・1頭に付き500円になります。利用料金は、1名+1頭に付き500円です。追加料金は1頭に付き500円です。同伴利用量は1名に付き300円になります。年間登録料には利用カード・マナーブック・事務手数料が含まれます。利用は1名に付き2頭まで、15歳未満の子供は無料です。

新横浜公園その2:満開の桜を楽しもう!

新横浜公園には、大きな桜の木があり、お花見を楽しむことが出来ます。新横浜公園はフラットな芝生が特徴となり、座って桜を鑑賞するのにおすすめの場所です。広い園内にはベンチやトイレも充実しているので、小さい子供が一緒でも安心して桜を鑑賞することが出来ます。サッカー開催時には、サッカー観戦と桜を一緒に楽しむことも出来ます。

新横浜公園では、2018年の場合、3月23日に桜が開花をして、約1週間ほどで満開になりました。新横浜公園には、ソメイヨシノの他にヨコハマヒザクラなどの桜の木があり、満開になると多くの人が訪れる人気の場所になります。2019年の桜の開花に関しては、新横浜公園のHPにて随時更新されて行くので確認をお願いします。

新横浜公園のスポーツ施設1:日産スタジアム

新横浜公園にあるスポーツ施設に「日産スタジアム」があります。日本最大規模の観客収容力を誇る屋外の球技場です。日産スタジアムでは、サッカーや陸上などのスポーツ競技の他に、スタジアムウェディングなどのイベントも開催しています。日産スタジアムでは2019年にラグビーワールドカップ決勝が開催されることでも知られています。

新横浜公園のスポーツ施設2:日産ウォーターパーク

20759897 112123296120847 1501511615969755136 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 1.cdninstagram
kaicappo

新横浜公園のスポーツ施設に「日産ウォーターパーク」があります。温水を利用したプール施設で22種類のプールで大人から子供だけではなく年配の方も楽しむことが出来ます。館内にはアクアゾーン(流水プール・ウォータースライダーなど)やバーデゾーン(ジャグジーなど)に分かれています。プールを利用する際は水泳帽を必ず着用するようにしましょう。

18812272 239254083225143 8511100965498126336 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 1.cdninstagram
masatoshi_so

「日産ウォーターパーク」の入場料は、13歳以上の大人500円(1時間まで)13歳未満の子供(1時間まで)250円です。延長30分まで毎に大人200円・子供100円の追加料金が掛かります。営業時間は平日・土曜日が9時〜21時、日曜日・祝日が9時〜17時です。7・8月の日曜日・祝日は9時〜19時30分です。定休日は毎月第3火曜日と年末年始です。

Thumb新横浜のプールなら『日産ウォーターパーク』!料金や混雑状況を紹介!
新横浜のアクティビティスポット「日産ウォーターパーク」は、大人も子どもも楽しめるプールになっ...

新横浜公園を満喫!

新横浜公園へのアクセス方法や駐車場について紹介しました。新横浜公園はドッグランや紹介したスポーツ施設の他にも、様々なスポーツ施設、子供たちが安心して遊べる遊具広場や草地広場、レストハウスなどもあるので1日楽しむことが出来ます。新横浜公園でスポーツやドッグランを楽しむだけではなく、広場でのんびりと過ごすのもおすすめです。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
櫻井まりも

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ