四万十川沿いの観光&宿泊情報まとめ!ご当地グルメや人気ホテルは?

四国南部の高知県には、四国で最も長い「四万十川」(しまんとがわ)が流れています。長良川、柿田川と並んで日本三大清流の一つと言われる四万十川には、古きよき日本の原風景が広がっています。今回は、四万十川へのアクセス方法の他、おすすめの宿泊施設などもお伝えします。

四万十川沿いの観光&宿泊情報まとめ!ご当地グルメや人気ホテルは?のイメージ

目次

  1. 1日本最後の清流「四万十川」への誘い
  2. 2四万十川とは?
  3. 3四万十川観光におすすめのシーズン
  4. 4四万十川へのアクセス方法
  5. 5四万十川おすすめの楽しみ方1:遊覧船
  6. 6四万十川おすすめの楽しみ方2:カヌー
  7. 7四万十川の観光スポット1:沈下橋
  8. 8四万十川の観光スポット2:安並水車
  9. 9四万十川の観光スポット3:仁淀川
  10. 10四万十川の観光スポット4:中津渓谷
  11. 11四万十川の観光スポット5:トンボ王国
  12. 12四万十川で食べたいご当地グルメ1:川魚料理
  13. 13四万十川で食べたいご当地グルメ2:土佐料理
  14. 14四万十川のおすすめ宿泊施設1:松葉川温泉
  15. 15四万十川のおすすめ宿泊施設2:千年の美湯 そうだ山温泉
  16. 16四万十川のおすすめ宿泊施設3:川遊び公園
  17. 17清流「四万十川」で日本の原風景を楽しもう!

日本最後の清流「四万十川」への誘い

高知県を流れる一級河川「四万十川」は、日本最後の清流と呼ばれている川で、一年を通して多くの観光客が訪れる高知県の人気観光スポットです。

今回は、四万十川観光のおすすめの楽しみ方や、人気の宿泊先の他、現地で食べたいご当地グルメも合わせて、情報満載でご紹介いたします!

四万十川とは?

「四万十川」は、高知県高岡郡津野町の不入山(いらずやま)を源流とする一級河川で、高知県の中西部を逆S字を描くように流れています。

河口付近の四万十市から太平洋に注ぎ込む大河は、古くは「渡川」という名称でしたが、平成6年に「四万十川」と改名されました。現在でも河口流域では「渡川」と呼ばれています。

全長196kmの四万十川中流域には、四万十町昭和と呼ばれる地域があり、ここには四万十川最大の中洲と言われる「三島」があります。

三島では、宿泊施設として人気のキャンプ場も整備されており、夏から秋には、四万十川の清流で鮎釣りを楽しむ人の姿も多く見られます。

数は激減していますが、四万十川のご当地グルメとして知られるテナガエビ漁も行われており、現在でも川漁をする人々がこの流域に暮らしています。

清流四万十川の観光の見どころと言えば、川にかかっている47本の「沈下橋」。川が増水すると水の底に沈むように作られた「沈下橋」は、欄干のない橋で、車一台がやっと通れるほど道幅が狭くなっています。

観光客の中には、この沈下橋を自転車で渡ったり、歩いて渡ったりする方も多く、「沈下橋」は、四万十川を象徴する人気の撮影スポットになっています。

Thumb道後温泉本館は日本最古の湯!坊ちゃんにまつわる個室も!料金もチェック!
夏目漱石の小説「坊ちゃん」にも描かれた「道後温泉本館」は、愛媛の主要な観光スポットとなってい...

四万十川観光におすすめのシーズン

続いては、日本の秘境100選にも選ばれた四万十川観光におすすめのシーズンをご紹介します。

一年中美しい川のせせらぎを楽しめる四万十川は、季節によって楽しめるアクティビティが異なり、目的によっておすすめのシーズンが異なります。

四万十川観光で人気の遊覧船での川下りや、カヌーを楽しむなら、秋の紅葉シーズンがおすすめです。

夏の四万十川では、かにやエビを獲ったり、水遊びを楽しむのがおすすめです。中津渓谷や仁淀川など、避暑地に宿泊して、のんびりと夏休みを過ごす方も多いようです。

冬の四万十川なら、松葉川温泉やそうだ温泉などに宿泊して、おいしいご当地グルメと高知のおいしい日本酒で一杯というのもおすすめです。

四季折々の自然が楽しめる四万十川、続いては、アクセス方法をご紹介します。

Thumb面河渓で自然の美を楽しむ!秋には紅葉の名所!おすすめの散策コースも紹介!
日本を代表する景観地の「面河渓」について今回はご紹介します。四季折々の魅力がありますが、色と...

四万十川へのアクセス方法

全長196kmを誇る四万十川へのアクセスは、いくつかのルートがありますが、観光スポットを中心におすすめのアクセス方法をご紹介してみます。

1つ目のアクセス方法は、列車で移動する方法です。高知駅からは電車で四万十市(旧中村市)中村駅までアクセスし、そこからバスまたはタクシーなどで、四万十川までアクセスします。

高知駅から中村駅までルートは、特急で乗り換えなしにすれば、所要時間が約1時間30分となっており、最短で四万十川までアクセスできます。

続いて、電車とレンタカーを合わせたアクセス方法をご紹介します。

レンタカーを利用する場合は、電車で「須崎駅」(すさき)まで移動し、そこからレンタカーで四万十川へアクセスします。

須崎駅は、四万十川の源流にも近い駅となっており、ここから、上流へ遡ることも可能です。高知駅から須崎駅までは、特急なら約40分、各駅停車なら1時間ほどでアクセスできます。

30933775 1980749298907082 5693340757029552128 n
fujita2005

山沿いの地域をレンタカーで周りながら、観光で人気の江川崎まで下っていくルートとなります。

最後にご紹介するアクセス方法は、電車と自転車を使ったルートです。このアクセス方法では、高知駅から窪川駅まで電車で移動し、窪川駅周辺でレンタサイクルを借りて、自転車で四万十川の上流と中流域を巡ります。

高知駅から窪川駅までの所要時間は、特急電車を利用すると約1時間ほどでアクセス可能です。

四万十川おすすめの楽しみ方1:遊覧船

32149553 610799389279366 5318375642343931904 n
krokma_kchi

四万十川へのアクセス方法やおすすめのシーズンも押さえたところで、続いては四万十川の楽しみ方をご紹介致します。

様々なアクティビティのある四万十川ですが、初めて訪れる観光客に人気のアクティビティと言えば、観光遊覧船で行う川下り。

四万十川流域の様々な地点から遊覧船が出ており、付近の沈下橋を巡ったり、船上でご当地グルメを味わったり、四万十川の自然を満喫できるおすすめのアクティビティです。

31977780 345293135995592 6581170489215942656 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
seis2005

屋形船のようなノスタルジックなデザインが素敵な遊覧船の中で、人気があるのが「四万十の碧」。

2本の沈下橋を巡ることができるこちらのツアーは、朝9:00から夕方16:00まで1時間おきに定期船が運行されていますので、思い立ったらすぐ川下りを楽しめる人気の遊覧船です。

事前に予約すれば、四万十川を下りながら、美味しいご当地グルメを船上で食べることもできるようです。

四万十川おすすめの楽しみ方2:カヌー

31738608 441151979679544 1521412961116094464 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
mayuleah

緩やかな流れが特徴の四万十川で、一年を通して人気のアクティビティと言えばカヌー。

小さなお子さんやペットなど、ご家族連れでおでかけの方には、レンタルカヌーで四万十川を下ってみるのもおすすめです。

カヌーのレンタルは、江川崎周辺で行われており、紅葉のシーズンは川面に映る美しい紅葉を眺めながら、四万十川を下って行くことができます。

また、5月下旬から6月上旬にかけての初夏のシーズンには、四万十川流域でホタルを観察することもできます。

夜にホタルを観察する舟も出ていますが、付近には、カヌー客向けのキャンプ場もありますので、キャンプ場に宿泊してホタルを見るのもおすすめです。

ホタル屋形船は、先ほどご紹介した「四万十の碧」のホームページから予約できますので、アクセスしてみてください。

四万十川の観光スポット1:沈下橋

続いては、四万十川の観光の見どころをご紹介していきます。

四万十川を代表する観光スポットと言えば、川のあちこちにかかっている「沈下橋」。地元の人々の生活道として今も使われている沈下橋は、日本の原風景を思わせるノスタルジックな観光スポットです。

観光客に有名な沈下橋は「今成橋」、「高瀬沈下橋」と「勝間沈下橋」の3つで、「高瀬沈下橋」はホタルの名所となっています。

四万十川の「勝間沈下橋」は、映画のロケ地にも選ばれた景勝地で、ツーリングなどで訪れる観光客も多いようです。

四万十川の観光スポット2:安並水車

31163050 120560065478126 5397176468180566016 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
peroperotan

続いてご紹介する四万十川流域の観光スポットは「安並水車」。四万十川から引いた水で作られた水路に、大小様々な大きさの水車が設置されています。

四万十川の美しい水を田んぼに引く「安並水車」は、まるで、昔にタイムスリップしたような気分を味わえる美しい田園風景が人気です。

「安並水車」一帯には、約450本の紫陽花が植えられており、梅雨のシーズンには、水車の周りに雨に濡れた鮮やかな紫陽花が咲き誇ります。

四万十川の観光スポット3:仁淀川

31128504 225997928152948 1779045234336858112 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
shota.hori

続いてご紹介する四万十川流域の人気観光スポットは「仁淀川」。吉野川、四万十川と並んで高知県を代表する三大河川の一つです。

「仁淀川」は、国の水質検査で全国1位をとったこともあるほど、透明感が高く、独特の青色をした清流は「仁淀ブルー」と呼ばれています。

仁淀川が、このように美しく透き通った青になるのは8月中旬頃から1月までの期間です。

31687037 172638946777979 2434666760801091584 n
key_3142

仁淀川は、高知市街から車で1、2時間ほどの距離にあり、アクセスは少し不便ですが、四万十川を越える透明度の高い清流は、一見の価値ありです。

また、仁淀川には「にこ淵」と呼ばれる景勝地があります。「にこ淵」は、水神さまが祀られている小さな滝壺で、秘境感満載の人気観光スポットです。

四万十川の観光スポット4:中津渓谷

31171093 252667805281403 7784717937276878848 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
lilychiennnn

続いてご紹介する四万十川流域の人気観光スポットは「中津渓谷」。先にご紹介した「仁淀川」の上流に位置しています。

中津渓谷には、整備された遊歩道があり、観光客は、清流のせせらぎを聞きながら、この散策路を回っていくことができます。

特に景勝地として観光客に人気があるのが「雨龍の滝と石柱」です。開けた渓谷から橋を渡って薄暗い谷間を抜けると、落差20メートルの滝が現れます。

21433757 115663475767319 426523194891960320 n
kenichiro_nishioka

岩と岩の間を抜けるように小路を歩いていくと、断崖絶壁の間を抜けるように激流が走っていたり、石柱が立ち並ぶエリアがあります。

真っ青な水面には、魚が泳ぐ姿も見られ、川底まで透き通っている様子がよく分かります。

四万十川を越える数々の絶景が見られる「中津渓谷」は、ぜひ、おすすめしたい観光スポットの一つです。

四万十川の観光スポット5:トンボ王国

最後にご紹介する四万十川流域のおすすめ観光スポットは「トンボ王国」。高知県四万十市具同(旧中村市)に位置するトンボ王国は、正式名称を「トンボ自然公園」と言います。

「トンボ自然公園」の園内には、四万十川流域に生息する魚たちや、トンボについて学習できる博物館「あきついお」(四万十川学遊館)があります。お子さんの自由研究にもおすすめの観光スポットです。

四万十川で食べたいご当地グルメ1:川魚料理

32307824 563580784041820 907683759678029824 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
seis2005

四万十川の観光スポットも一通り回ったところで、ここからは、現地で食べたいご当地グルメをいくつかご紹介致します。

清流四万十川のご当地グルメといえば、真っ先に挙げられるのが川魚料理。中でも人気があるのは、四万十川で獲れた天然うなぎを使った「うな重」です。

窪川駅から程近い「うなきち」は、四万十川で獲れた美味しいうなぎがいただける人気のお店です。

もう一つの清流グルメと言えば「天然鮎」。四万十川では、今でも伝統的な火ぶり漁が行われており、天然の鮎を捕獲しています。

「四万十屋」や「西土佐鮎市場」など、四万十川流域には、いくつかの鮎梁があり、美味しい鮎の塩焼きなどご当地グルメが味わえます。

四万十川の大自然が育んだ、美味しいうなぎや鮎をご堪能下さい。

四万十川で食べたいご当地グルメ2:土佐料理

21041163 1422703947779432 6311806345322430464 n
masakazu0609

続いてご紹介する四万十川で食べたいご当地グルメは「土佐料理」。

高知県のご当地グルメと言えば、有名なカツオ料理が挙げられますが、土佐料理では「カツオの藁焼き」が人気です。

太平洋で獲れた新鮮なカツオは、人気観光スポットの足摺岬をはじめ、高知県の様々なスポットで食べることができます。

32344809 376347702864721 4298791092498726912 n
saketomeshi

また、四万十川グルメとして人気の土佐料理と言えば「アオサのりの天ぷら」です。

四万十川で、手作業にて収穫される「アオサのり」は四万十グルメの代表的な食材の一つで、サクサクもちもちの天ぷらは、アオサのりの良い香りと風味が食欲をそそる一品です。

ご当地グルメ「アオサのり」の天ぷらは、高知県の居酒屋でも人気メニューの一つとなっています。

32100082 1719711928098212 4254710936901779456 n
oden_akimasa

美味しいお料理と一緒に飲みたいおすすめの飲み物と言えば、日本酒です!

高知県では、知る人ぞ知る日本酒の酒どころで、人気の銘柄の中には「四万十川」と名づけられた日本酒もあります!

坂本龍馬も愛した地酒「亀泉」は、全国的にも人気のある銘柄ですので、ぜひ、高知県へ行ったらご当地グルメと一緒に味わってみて下さい。

四万十川のおすすめ宿泊施設1:松葉川温泉

23498480 1513034032077332 6360740307885096960 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
kenthth

続いては、四万十川流域でおすすめの宿泊施設をご紹介していきます。

夏目漱石の小説「坊ちゃん」でも有名な道後温泉のある高知県。四万十川流域にも、いくつかの温泉宿があります。

「松葉川温泉」もその一つで、四万十川上流にひっそりと佇む一軒屋風の宿泊施設です。

19436247 1337419352980654 7490654875278114816 n
hana.nito

「松葉川温泉」は、ぬるぬるとしたアルカリ硫黄泉の湧き出る温泉で、四万十川を望む露天風呂が人気の宿泊施設です。

また、四万十川で獲れた美味しい川魚や、高知県の海でとれた新鮮なお刺身など、美味しいご当地グルメも味わえるおすすめの宿です。

宿泊プランの他、四万十川の川下りなどのサービスも行っていますので、観光客におすすめの宿です。

四万十川のおすすめ宿泊施設2:千年の美湯 そうだ山温泉

17881328 1634730109878183 2333621998690762752 n
petitpeyang

続いてご紹介する四万十川流域のおすすめ宿泊施設は「千年の美湯 そうだ山温泉」です。

露天風呂もついたこちらの宿泊施設は、春は桜、秋は紅葉と四万十川の四季を愛でながら温泉を楽しめるおすすめの宿です。

囲炉裏もあるどこか懐かしい空間は、カップルやご年配のご夫婦など、のんびりと過ごしたい方に人気の宿泊施設です。

28435579 1823936864283272 6758521663236603904 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
shichi.66

和室と和洋室を合わせて、6室しかない隠れ家的宿は、それぞれ四万十川の美しい風景を楽しめる離れになっており、プライバシーもしっかりしたおすすめの宿泊施設です。

四万十川で獲れた川魚料理に、黒毛和牛などもついた贅沢なお料理も人気です。

他にも、四万十川で獲れる天然うなぎを使ったお料理や地元食材を使った鍋料理が楽しめる宿泊プランがありますので、ぜひ、ホームページにアクセスしてチェックしてみて下さい。

四万十川のおすすめ宿泊施設3:川遊び公園

32225411 403405040069184 6058282010751795200 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
ruskmon

最後にご紹介する四万十川流域のおすすめ宿泊施設は「川遊び公園」。

こちらは、フリーサイト形式になっているキャンプ場で、四万十川で川遊びをしたいご家族連れにおすすめの宿泊施設です。

川沿いまで車を入れることもできるので、キャンプに使う機材も搬入が楽です。宿泊費用は1人510円となっています。

清流「四万十川」で日本の原風景を楽しもう!

高知県が誇る日本最後の清流「四万十川」をご紹介致しました。

春は桜、夏はホタル、そして秋には紅葉が舞い散る四万十川は、失われつつある日本の原風景を伝える大自然が魅力的な観光スポット。

温泉や美味しいご当地グルメもありますので、ぜひ、四万十川へ行って素敵な休日をお過ごし下さい。

関連するキーワード

Original
この記事のライター
Yukilifegoeson

人気の記事

人気のあるまとめランキング