沖縄中部の観光スポット9選!定番の名所やドライブにおすすめの穴場も!

沖縄中部の観光スポットには、人気の絶景スポットやドライブで行きたい穴場まで、おすすめの観光スポットが目白押し!今回は、沖縄中部の観光スポット9つに加えて、時間があったら、ぜひ回っていただきたい番外編スポットまで一挙にご紹介いたします!

沖縄中部の観光スポット9選!定番の名所やドライブにおすすめの穴場も!のイメージ

目次

  1. 1沖縄中部のおすすめ観光スポットをご紹介!
  2. 2沖縄中部の観光スポットにはどんなところがある?
  3. 3沖縄中部の観光スポットを回るならレンタカーがおすすめ!
  4. 4沖縄中部を観光するなら宿泊もおすすめ
  5. 5沖縄中部の観光スポット1:万座毛
  6. 6沖縄中部の観光スポット2:真栄田岬
  7. 7沖縄中部の観光スポット3:残波岬
  8. 8沖縄中部の観光スポット4:海中道路
  9. 9沖縄中部の観光スポット5:テーマパーク
  10. 10沖縄中部の観光スポット6:読谷やむちんの里
  11. 11沖縄中部の観光スポット7:植物園
  12. 12沖縄中部の観光スポット8:御菓子御殿
  13. 13沖縄中部の観光スポット9:美浜アメリカンビレッジ
  14. 14沖縄中部の観光スポット<番外編>
  15. 15沖縄中部の観光スポットを回ろう!

沖縄中部のおすすめ観光スポットをご紹介!

沖縄観光の空の玄関口と言えば那覇空港ですが、沖縄中部は、那覇空港から車で約1時間ほどでアクセスでき、ドライブにもおすすめです。

沖縄中部には、自然体験をできるスポットや、人気の絶景スポットの他、ちょっと穴場のショッピングエリアまで様々な観光地があります。

今回は、沖縄中部で回りたいおすすめの観光スポットを9つ、厳選してご紹介します。

沖縄中部の観光スポットにはどんなところがある?

沖縄中部とは、沖縄の県庁所在地である那覇から、北へ車で30分から1時間ほど進んだエリアで、宜野湾市(ぎのわんし)、うるま市、読谷村(よみたんそん)、北谷町(ちゃたんちょう)などを含めた10の市町村が含まれています。

沖縄北部と分類されることが多い恩納村(おんな)へは、沖縄中部から車で1時間以下でアクセスできることから、沖縄中部を拠点に南北両方のエリアを観光するのもおすすめです。

沖縄中部には、夕日が美しい穴場のビーチや、沖縄県に駐留するアメリカ軍の居住地跡を利用したカフェなど、一風変わった観光スポットもあります。

那覇で観光するのもいいけれど、2泊以上沖縄に泊まるなら、ぜひ、沖縄中部まで足を伸ばしていただきたいと思います。

Thumb沖縄北部の観光スポットまとめ!定番からおすすめの穴場まで一挙紹介!
沖縄観光において見逃すことのできないスポットが満載といわれている沖縄北部なのですが、実際にど...

沖縄中部の観光スポットを回るならレンタカーがおすすめ!

沖縄中部を観光するなら、レンタカーを利用してドライブするのがおすすめです。

沖縄県は、那覇市のゆいレール以外に、鉄道が走っていないため、地方を観光するなら、レンタカーで移動するのが一番簡単で便利な交通手段となります。

那覇市内をドライブするときは、中央線がピーク時と日中で変わったりしますので、運転には特に注意が必要です。

那覇市内をドライブする場合は、バス専用レーンがあり、時間帯によってはレンタカーも含めた一般車両の通行が禁止になりますので、この点にもご注意下さい。

沖縄中部を観光するのは、日帰りでも可能ですが、レンタカーのプランは安い会社だと一日2000円からという驚きの安い値段で借りることができますので、沖縄中部に一泊してのんびりドライブするのもおすすめです。

沖縄中部のドライブルートは、大きく分けて西側と東側があります。西側ルートは、有名な景勝地や人気スポットが、東側は、うるま市など、少し穴場の観光スポットがあります。

沖縄中部を観光するなら宿泊もおすすめ

沖縄中部には、北谷町の「ヒルトン沖縄北谷リゾート」や読谷村の「ホテル日航アリビラ」など、沖縄県のリゾートホテルランキングで常に上位に入る素晴らしいリゾートホテルがいくつもあります。

穴場スポットや沖縄北部もまとめて回るなら、沖縄中部のリゾートホテルに1泊するのがおすすめです。

「ヒルトン沖縄北谷リゾート」は、沖縄中部観光で人気の「美浜アメリカンビレッジ」からのアクセスも良く、付近では夕日が美しい穴場のビーチ「サンセットビーチ」などの観光スポットもあります。

読谷村の「ホテル日航アリビラ」からは、沖縄の伝統的な焼き物「やむちん」を販売している「読谷やむちんの里」などへのアクセスも便利なので、琉球文化を楽しみたい方には、こういったホテルに宿泊するのがおすすめです。

沖縄中部の観光スポット1:万座毛

それでは、沖縄中部の基本情報も押さえたところで、ここからは、沖縄中部の観光スポットをご紹介していきます。

まずは、沖縄中部の定番観光スポットである「万座毛」。沖縄きってのリゾートエリア恩納村にある絶景の観光スポットです。

象の横顔のような奇岩が人気のの「万座毛」は、駐車場も完備されていますので、ドライブで観光するのに最適です。

恩納村には、この景勝地「万座毛」を、海の上からシーカヤックで観光するツアーもあり、観光客に人気を集めています。

通常は崖の上からしか「万座毛」を見ることができませんが、シーカヤックなら、下から見上げるように「万座毛」を見ることができます!

沖縄中部の自然を満喫できるおすすめのアクティビティです。

沖縄中部の観光スポット2:真栄田岬

続いてご紹介する沖縄中部の観光スポットは、先ほどご紹介した人気の観光スポット「万座毛」と同じく恩納村にある「真栄田岬」。

「真栄田岬」には、ダイバーやシュノーケリングをする方おすすめの穴場スポット「青の洞窟」があります。

近年では、泳げない方でも楽しめるシーカヤックツアーもあり、観光客に人気を集めています。

沖縄中部から恩納村までは、約50分ほどのドライブでアクセスできますので、シーカヤックに参加するのもおすすめです。

「青の洞窟」を探検する人気のシーカヤックツアーは、料金が3500円前後で、所要時間は約2時間ほどとなっています。

4歳の小さなお子さんでも参加することができますので、夏休みに親子で思い出を作りたい方に、ぜひ行っていただきたい観光スポットです。

沖縄中部の観光スポット3:残波岬

続いてご紹介する沖縄中部の人気観光スポットは読谷村にある「残波岬」。

沖縄本島の最西端に位置する約2kmの断崖絶壁は、素晴らしい夕日が見られる穴場の観光スポットとなっています。

「残波岬」の突端には、シンボルマークの灯台が立っており、旅行シーズンには、写真撮影をする観光客で賑わいます。

「残波岬」は、穴場の釣りスポットにもなっており、観光客だけでなく、釣りファンにも人気があります。

また「残波岬」から程近い「残波岬いこいの広場」には、1000人の人が参加して作ったと言われる巨大なシーサーのモニュメントもあります。

残波岬の守り神「シーサー」の大きさは、高さ8.75m、長さ7.8mもあり、日本一の大きさです。

沖縄中部の観光スポット4:海中道路

沖縄中部の観光スポット、続いては、東側のうるま市にある「海中道路」です。

先にご紹介した「万座毛」や「残波岬」は、すべて西側のドライブルートにある観光スポットで、沖縄中部観光のハイライトとなっています。

一方、「海中道路」のある東側ルートは、どちらかというと穴場のドライブルートです。

沖縄本島から浜比嘉島、平安座島、宮城島、伊計島をそれぞれ結ぶ「海中道路」は全長約4.75kmで、まるで海の上をドライブしているような爽快感を味わえる穴場の観光スポットです。

「海中道路」の途中には「海の駅 あやはし館」があり、もずくやロールタコスなど、沖縄のご当地グルメが味わえます。

沖縄の定番お土産の他、うるま市出身の人気バンド「HY」のオフィシャルグッズなども販売されていますので、ドライブの休憩に、ぜひ立ち寄ってみて下さい。

「海中道路」からアクセスできる宮城島には無添加の塩を作っている「ぬちまーす観光製塩ファクトリー」があります。

海水をそのまま結晶にして作られる独特の製法で製塩している工場は、中を見学することもできます。

この塩を使ったソフトクリームが、ご当地グルメとして観光客に人気を集めています。

「海中道路」をドライブする際、ぜひ、立ち寄っていただきたいのが、ドライブルートの一番奥にある「伊計島」です。

「伊計ビーチ」は、沖縄中部でも人気のビーチで、マリンスポーツやグラスボートなど、様々なアクティビティを楽しめます。

また、伊計島の穴場と言えば「大泊ビーチ」。透明度の高い静かなビーチは、シュノーケルにもおすすめのスポットです。

Thumb沖縄「サンセットビーチ」はバーベキューや海水浴が人気!観光にもおすすめ!
沖縄県の北谷にある「サンセットビーチ」は、夕日の絶景スポットとして有名なビーチです。ショッピ...

沖縄中部の観光スポット5:テーマパーク

続いてご紹介する沖縄中部の観光スポットは「テーマパーク」。沖縄中部には、琉球文化を体験できるテーマパークがいくつかあります。

観光客に特に人気があるのが、恩納村にあるテーマパーク「琉球村」で、沖縄の伝統的な民家や伝統芸能などのショーを楽しむことがでいます。

体験プログラムも充実しており、三線を弾いたり、シーサーの色付けをしたりと、ご家族で楽しむことができるおすすめのスポットです。

もう一つ沖縄中部でおすすめのテーマパークは、「体験王国 むら咲むら」です。

100種類を越える様々体験メニューの中には、沖縄の伝統工芸品を制作する体験コースや、琉球舞踊といった文化を体験するコースの他、ジンベイザメと泳ぐ体験ダイビングなど珍しいものもあります。

子供から大人まで、様々なアクティビティが選べる穴場スポットですので、ぜひ、ドライブをかねて立ち寄ってみてください。

沖縄中部の観光スポット6:読谷やむちんの里

続いてご紹介する沖縄中部の人気観光スポットは「読谷やむちんの里」です。

「やちむん」とは、沖縄県の読谷村で古くから作られている伝統的な焼き物で、読谷村には64ものやむちん工房があると言われています。

「読谷やむちんの里」では、各工房の作品を展示販売するコーナーやギャラリーもあり、ここでしか買えない沖縄土産を探すのにおすすめのスポットです。

沖縄中部の観光スポット7:植物園

海も美しい沖縄県ですが、沖縄中部には、沖縄に自生する亜熱帯の植物を見られる植物園もいくつかあります。

一つ目は、うるま市にある「ビオスの丘」。亜熱帯植物が植えられた「ビオスの丘」には、カヌーやアスレチックなどもあり、ご家族で楽しめるおすすめの観光スポットです。

「ビオスの丘」には、沖縄名物「水牛車」を体験できるコーナーもありますので、ぜひ、水牛車にも乗ってみて下さい。

沖縄中部のもう一つの植物園は、沖縄市にある「東南植物楽園」。40年以上の歴史を誇るこちらの植物園では、亜熱帯性の水性植物の他、バオバブの木など、熱帯の植物も数多く展示しています。

沖縄市自体が、あまりメジャーな観光地というイメージがありませんので、こちらは、かなり穴場スポットです。

沖縄中部の観光スポット8:御菓子御殿

続いてご紹介する沖縄中部のおすすめ観光スポットは、元祖 紅いもタルトが有名な「御菓子御殿」。

琉球舞踊の花笠をモチーフにした大きなオブジェが目印の「御菓子御殿」は、読谷村に本店があります。

読谷本店のほか、恩納店でも、併設されている紅いもタルトの生産ラインを見学することができ、また、読谷本店のカフェでは紅いもを使った御菓子御殿のスイーツも楽しめます!

深い赤紫の色合いと、粘り気のあるもっちりとした食感が特徴の紅芋を使ったスイーツは、沖縄の定番お土産として人気を集めています。

「御菓子御殿」の恩納店では、カフェの目の前にビーチが広がっており、ドライブの休憩がてら、お茶をするのにもおすすめのスポットです。

30856089 267128100495832 428922213299650560 n
umi.0708

恩納店では、自分だけのオリジナル「紅芋タルト」を作る体験コーナーも設けられており、一人8個分1540円から紅芋タルトを手作りすることができます。

手作り紅芋タルト作りは、所要時間が約2時間ほどで、開始時刻は、10:00、13:00、16:00の1日3回となっています。

完全予約制となっていますので、必ず前日17:00までに、「御菓子御殿」恩納店に予約する必要があります。詳しくは、公式ホームページからアクセスしてみて下さい。

沖縄中部の観光スポット9:美浜アメリカンビレッジ

沖縄中部の観光スポット9選。最後にご紹介するおすすめスポットは「美浜アメリカンビレッジ」です。

北谷町にある「美浜アメリカンビレッジ」は、大きな観覧車がトレードマークの商業施設で、お買い物やご当地グルメも楽しめるおすすめの観光スポットです。

映画館やライブハウスも併設されており、子供も大人も一日中楽しむことができます。

米軍関係者も数多く訪れる「美浜アメリカンビレッジ」では、リトルアメリカというのにふさわしい異国情緒あふれるストリートが広がっています。

おしゃれな雑貨屋さんやカフェなどもたくさん入っていますので、女子旅にもおすすめの観光スポットです。

「美浜アメリカンビレッジ」には、夕日が美しい「サンセットビーチ」も併設されています。一日お買い物を楽しんだ後は、ビーチで夕日を眺めるのもおすすめです。

沖縄中部の観光スポット<番外編>

沖縄中部の観光スポットを9つご紹介しましたが、ここからは、番外編をお送りします。

沖縄中部には「琉球グスク」と呼ばれる城跡が数多く残されており、那覇の首里城と並んで、歴史ある城址を巡るドライブも人気を集めています。

観光名所の一つでもある「座喜味城跡」は、読谷村にあるグスク跡で、築城の名手「護佐丸」が作った城として有名です。入場無料で、どなたでも観光できます。

沖縄中部にあるもう一つの「琉球グスク」は、中城村にある「中城城跡」です。こちらは、太平洋と東シナ海を見渡せる絶景の観光スポットです。

中城城址は、伝統的なグスクの建築様式がそのまま残されており、保存状態も良いことから、人気の観光スポットになっています。

この他、沖縄中部で有名なグスク跡にはうるま市の「勝連城跡」があります。

沖縄中部の観光スポットを回ろう!

沖縄中部の観光スポットを9つご紹介いたしました!

定番の観光名所から穴場まで、沖縄中部には、様々な体験ができる素晴らしい観光スポットがたくさんあります。

ドライブをしながら、古きよき沖縄を感じられる素敵な風景や美味しいご当地グルメをお楽しみ下さい!

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
Yukilifegoeson

新着一覧

最近公開されたまとめ