札幌観光の服装を季節ごとに調査!夏場や冬場の靴はどうすればいい?

札幌に観光に行く時に、心配になることの一つが服装です。特に冬は、たくさんの雪やマイナスになる気温などがクローズアップされがちではないでしょうか。そこで、札幌に出かける際の服装や靴について、四季ごとに調査してみました。旅行の時の服装のヒントになれば幸いです。

札幌観光の服装を季節ごとに調査!夏場や冬場の靴はどうすればいい?のイメージ

目次

  1. 1札幌観光の服装は?
  2. 2札幌での服装は本州と違う?
  3. 3札幌の服装の基本
  4. 4札幌の服装1:春
  5. 5札幌の服装2:夏
  6. 6札幌の服装3:秋
  7. 7札幌の服装4:冬
  8. 8札幌の服装の注意点1:服編
  9. 9札幌の服装の注意点2:靴編
  10. 10札幌観光は服装に気をつけて

札幌観光の服装は?

25011100 134093200601909 911203283513638912 n
co_____c

四季を通じて観光を楽しむことができる札幌ですが、特に冬や夏に観光に行く場合、服装をどうするか悩んだ経験がある方も多いのではないでしょうか。そこで、札幌に観光に来る場合に、どのような服装がいいのか、また靴に関しても情報を紹介します。観光の参考にしてください。

札幌での服装は本州と違う?

札幌は、日本の中でも四季のうつろいがはっきりわかる都市の一つです。本州と比較した場合、当然のことながら夏は涼しくさわやか、冬は雪が降り寒冷というのが基本となります。また本州と比較すると、春の訪れは遅く、秋の紅葉は早いです。冬が長く、春夏秋がぎゅっと詰まる感じだと思うといいかもしれません。

ただ、最初に述べておきますか、札幌を含む北海道は、快適に過ごすことができるように、さまざまな工夫がされています。特に冬は除雪が行き届き、暖房がしっかりしていることで、本州の冬よりも過ごしやすい面もあります。服装などをちょっと工夫することで、何ら心配なく旅行が楽しめるようになっているので安心してください。

札幌の服装の基本

18298989 1446838692289561 4077340177830248448 n
masaki.lions

ということを踏まえて札幌に観光などで訪れる場合の服装を考えると、本州の季節を基準にして1か月程度気温が低い状態の時の服装を基本として考えるというのがいいかと思います。具体的に言うとGWあたりが4月初めとなります。ちょうど桜が咲く時期の気候という感じになるかと思います。

そして、一番問題になるのはやはり冬ということになります。11月ごろから雪が降る確率が上がってくるため、この時期以降に観光に行くのであれば、それなりに暖かい服装を用意することが必要です。また12月には根雪になる可能性が高く、その場合、本州で普通の季節に履く靴では厳しい可能性があります。

札幌の服装1:春

18252338 1674918399480297 3960771157644279808 n
eko6651

では具体的に、四季折々の服装について説明します。まず春ですが、前述したとおり、札幌で桜が咲く時期はだいたいGWの前後となります。本州あたりから見て春らしいというのは、このあたりからの時期と言えるでしょう。ちなみに札幌あたりでは、桜と梅がほぼ同時に咲きます。

この時期の服装はダウンジャケットからコートなどの上着、長袖にセーターなどが基本となります。3月ごろなどではまだまだ厚手のセーターやダウンジャケット、靴も雪があってもいいタイプが必要ですが、5月頃になれば薄手のセーターにコートを羽織る程度でも十分に観光を楽しむことができるかと思います。

11176153 435565469946543 408788894 n
_k____o__h_____a_n__a

ただし、桜の時期はまだまだ気候が不安定な時期です。ぽかぽかした陽光うららかな時期でもある反面、突然雪が降ることもあります。天気予報のチェックをまめにして、服装を決めるといいでしょう。また、北海道には梅雨がありません。ですから4月から6月くらいまでの時期は心地よい気分で観光をゆっくり楽しむことができるかと思います。

札幌の服装2:夏

20214713 117995008835377 2838111820806356992 n
energiquebykkon

夏もまた、札幌を観光するのにはいい時期です。特に日本の夏は高温多湿なこともあり、湿気も比較的少なく、さわやかなイメージがあるのではないでしょうか。札幌の場合、平均気温で見ると最高気温は30度を少し超える程度ですが、最低気温は15度前後となります。つまり、一日の気温差が本州に比べて大きくなりがちです。

13707357 1642447619405065 225176592 n
mag0728

ということは、昼間は本州などとあまり変わらない、半袖一枚の薄着でふつうに観光などを楽しむことができます。もちろん靴もサンダルなどでも問題ありません。むしろ昼間ならば、湿気は少なくても太陽がカンカン照りになることもあるので、帽子などもあったほうがいいくらいです。

19761785 1114397708661094 1098242971746172928 n
03shiho16

ところが夕方、日没前後あたりになると急に気温が下がってくることがあります。ですから薄手のカーディガンやコットンの長袖シャツなどがあったほうが無難です。この状況はお盆を過ぎるとさらに顕著になります。お盆過ぎに札幌を観光で訪れる場合は、夏の服装に羽織るものを一枚持たないと、朝晩はひんやりと感じる可能性もあります。

札幌の服装3:秋

23101460 161192331143810 7363351250055725056 n
sagekanada

ということで、札幌の場合はお盆を過ぎたあたり以降に観光に行く場合は、秋の旅行の気分で服装を考えたほうがよさそうです。具体的に言うと、シャツやブラウスを長袖にする、羽織るものを持つなどがあげられます。こちらも春の場合と同じで、気温がどんどん下がっていくので、天気予報などで気温チェックを忘れないようにしましょう。

秋の観光というと、紅葉を見に行くという方も多いと思います。札幌付近の紅葉の時期は10月初旬ごろから始まります。当然紅葉は山のほうから始まるので、紅葉を見に行く場合は山に行く場合も考えられます。そうすると、平地よりもさらに風が強かったり、気温が低かったりすることが考えられます。

ですから、紅葉を見に行く予定がある場合には、さらに一枚上に羽織るためのコートなどを持って行くのがおすすめです。重ね着をすることで、気温の上下幅が大きい場合でも快適な状態に保つことができるわけです。秋の札幌は昼と夜の気温差が大きくなりがちなので、重ね着をうまく利用してください。

札幌の服装4:冬

おそらくこの記事を読む方にとって、一番心配なのは冬ではないかと思います。ニュースなどで取り上げられる北海道の冬は、一面雪に覆われ、吹雪で前が見えない、という様子が多く、いったいどうしたらいいのか、と途方に暮れる方も多いかもしれません。しかし、札幌を含む北海道はそんな気候になれているので、それなりに対策も取っています。

24274838 159243911354147 4047771578560151552 n
emiko616

まず、本州から来た方が驚くのは、室内の暖かさだと言います。札幌に限らず北海道では、暖房がしっかりしている上に建物の気密性も高いので、室内にいると厚手のセーターではちょっと暑く感じることもあります。ですから、冬もまた、重ね着をして、気温に合せて脱ぎ着するのがおすすめです。

17077317 139194296602706 8431640248001232896 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
akanet1022

一方、外に関しては、きっちりと厚着をすることが大切です。もちろんダウンジャケットなどを着ることが必要ではあるのですが、より大切なのは防寒用小物の着用です。袖口や襟元などの開口部から風が入ると寒く感じるので、この部分をしっかり「埋める」ことが大切です。帽子やマフラー、手袋などをきちんと着用しましょう。

23596283 368252420290934 8923942310140444672 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
iyuha112

また、靴に関しては後述しますが、本州の暖かい地域で販売されている靴はあまり役に立たないと思った方がいいでしょう。雪道を歩くのに適した靴が北海道などでは販売されているので、それを現地で購入するか、もしくは靴につける滑り止めを購入することをおすすめします。また雪道の歩き方はネットなどに載っているのでそれを確認してください。

北海道の冬の観光は、美しい雪や氷の芸術を楽しむことができます。札幌の雪まつりなどを見に行くという方も多いでしょう。手袋を着用し、両手をなるべく開けておくこと、あわてず時間に余裕を持たせてゆっくり歩くことを心がけると、比較的安全に雪道を歩くことができます。

Thumb冬の札幌観光におすすめのスポットを厳選!子連れでも楽しめる!
冬には雪をまとった美しい街並みを楽しめる人気の観光スポット「札幌市」。子供から大人まで楽しめ...

札幌の服装の注意点1:服編

15625116 1824373044504510 9207582023382728704 n
aririnco

ということで、札幌を観光する場合の服装についてまとめます。札幌観光のキーワードは「重ね着」ということになるでしょうか。札幌を含めた北海道は特に、一日の間でも気温差が大きいことがあるので、羽織りものなどを上手に利用することで、快適に過ごすことができるようになります。

20347333 1782542471775829 2570690131707035648 n
appyco

春や秋はもちろん、夏の昼と夜の気温差、冬の室内と外の気温差などは、重ね着や羽織りものを上手に利用することで快適さが増します。夏の旅行の時にも、薄手の羽織りもの一枚を忘れないようにしましょう。そうすれば、夜に食事などに出る時でも気持ちよく出かけることができます。

16110162 1235070743255994 1555232242274402304 n
a3i_5o

冬の重ね着は、ヒートテックなどの保温下着、ブラウスやシャツ、厚手のセーターにダウンジャケットといった形になります。そうすると、外を歩く時はすべてを着用することで暖かく移動できますし、ホテルやレストランなどの建物の中では脱ぐこともできるので、気持ちよく過ごすことができるでしょう。

札幌の服装の注意点2:靴編

23967437 145524839426164 4262291876301766656 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
i.ka.yu.ko

最後に靴について少し詳しく説明します。北海道などで冬に販売されている靴は、外見は本州などで売っているブーツとあまり変わらないのですが、靴底が違います。商品によって違うのですが、スパイクなどの金具がついていたり、靴底の中に植物の繊維や特殊なゴムなどが混ぜ込まれています。

25021582 168573270452752 1610564748330401792 n
yuzukitty42

実は遠方から来る場合に、新千歳空港まで飛行機で来て、そこからJRを利用して札幌に入る場合、その行程で雪道を歩くことはほとんどありません。しかし、札幌に入るとどうしても外を歩く、イコール雪道を歩くことになります。新千歳空港の中で靴を購入できるので、ここで購入するのも一つの手段です。

17819404 983669081764710 5084038404153278464 n
viking_travel_inc

前述したように、靴そのものを買っても使い道が、という方には、滑り止めだけを購入するという方法もあります。こちらは靴底にあたる部分に金具がついていて、それを靴にはめ込むことで滑らないようにするというもので、建物の中などでは外すこともできますし、帰ったらしまっておけば、次の冬の旅行にも使えます。

札幌観光は服装に気をつけて

25022883 140610336646041 5853190703823192064 n
0mauuu0

夏の清々しさ、春秋の植物の美しさ、そして冬の寒さと、日本の四季の美しさ、魅力をたっぷり堪能できるのが北海道の観光の魅力の一つと言えるでしょう。服装や靴をちょっと工夫することで、快適な旅は約束されたも同然です。ぜひうまく気港に対応する服装と靴で、札幌の魅力を存分に堪能してください。

関連記事

関連するキーワード

Noimage
この記事のライター
茉莉花

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ