白河小峰城の歴史や料金・アクセスは?美しい石垣と三重櫓が魅力!

白河小峰城は、中心的存在である三重櫓がどっしり構えており、周辺の石垣が美しく、白河を代表する歴史スポットです。南北朝時代に築城し、江戸時代に改修が行われ、戊辰戦争の時に焼失しました。現在の白河小峰城は1991年に復元されたものです。

白河小峰城の歴史や料金・アクセスは?美しい石垣と三重櫓が魅力!のイメージ

目次

  1. 1白河小峰城は魅力ある白河のシンボル
  2. 2白河小峰城の歴史1:南北朝から江戸末期まで
  3. 3白河小峰城の歴史2:明治以降
  4. 4東日本大震災による被害と復興
  5. 5白河小峰城の魅力1:三重櫓
  6. 6白河小峰城の魅力2:石垣
  7. 7白河小峰城周辺の歴史スポット1:丹羽長重廟
  8. 8白河小峰城周辺の歴史スポット2:旧小峰城太鼓櫓
  9. 9白河小峰城周辺の歴史スポット3:南湖公園
  10. 10白河小峰城周辺の歴史スポット4:南湖神社
  11. 11桜の名所と変身する春の白河小峰城
  12. 12秋の紅葉が美しい白河小峰城
  13. 13白河小峰城周辺の観光スポット1:白河関所
  14. 14白河小峰城周辺の観光スポット2:白河神社
  15. 15白河小峰城周辺の観光スポット3:白河ハリストス正教会
  16. 16白河小峰城周辺の観光スポット4:白河関の森公園
  17. 17白河小峰城のご案内
  18. 18白河小峰城へのアクセス
  19. 19白河で食べておきたいグルメ1:白河ラーメン
  20. 20白河で食べておきたいグルメ2:白河そば
  21. 21歴史ある白河小峰城へ出かけよう

白河小峰城は魅力ある白河のシンボル

白河にある白河小峰城は、本丸・天守である三重櫓・水堀・石垣などで構成され、戊辰戦争の激しさを表す三重櫓と、鷹の目をした石垣は大変魅力があります。周囲には、白河藩主・丹羽長重のお墓や、松平定信が造った庭園も存在します。今回は、白河小峰城の魅力と歴史、さらには料金・アクセス方法についても紹介します。

Thumb白河市の観光スポットランキング!おすすめの名所にご当地グルメも網羅!
白河市で観光におすすめの名所スポットなどをランキング形式でご紹介します。白河市には、定番と呼...

白河小峰城の歴史1:南北朝から江戸末期まで

白河小峰城の歴史は、南北朝時代から始まります。1340年、鎌倉幕府の討幕運動で活躍した結城親朝によって、白河の地に築城されました。江戸時代の1629年には、初代白河藩主・丹羽長重による白河小峰城の大改修が、3年に渡って行われました。その後は、松平定信をはじめ、計7家21代の大名が白河小峰城の城主を務めました。

13392741 1635684670086067 1250881543 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
mutsumi.3939

白河小峰城にとって、大きな歴史的転換点が訪れたのは、江戸時代末期の戊辰戦争です。最初、新政府軍が城を制圧したものの、列藩同盟軍に一旦城を奪われました。その後、少ない兵力ながらも白河小峰城を奪還する事に制圧しました。白河での戦いは約100日にも及び、約1,000人もの死者が出ました。これにより、白河小峰城の大半が焼失しました。

白河小峰城の歴史2:明治以降

26865518 2054674248106911 3965795543531126784 n
shinsukemando

明治に入ると、政府から廃城令が出されました。これにより、福島県内は棚倉城などが廃城になりました。その際、白河小峰城は廃城の対象から外されました。ただ、戊辰戦争により三重櫓などの重要な部分が焼失したので、廃城の対象になってもおかしくない状況でした。仮に廃城になった場合、白河小峰城の歴史が大きく変わっていたでしょう。

16585497 1240167696068717 342566999550853120 n
oshirosuki

明治以降、白河小峰城は魅力ある美しい石垣と土塁のみ残っており、第二次世界大戦でも被害を受けることなく、何も変わらず推移してきました。平成に入ると、大規模な復元が行われました。1991年には三重櫓が、1994年には前御門が復元されました。なお、この復元は、木造の城郭復元建造物の先駆けにもなる、重要な復元となりました。

東日本大震災による被害と復興

28152115 798138173726547 3802974200923160576 n
gjo.hareruya.8201

平成の復元以降、白河小峰城は白河を代表する観光スポットとなりました。ところが、2011年3月に東日本大震災が発生し、東日本各地は大きな揺れに見舞われ、沿岸部は津波で大きな被害を受け、原発事故まで発生しました。白河小峰城は、三重櫓の倒壊はありませんでしたが、石垣が崩れるなど、様々な被害がでました。

18645679 450599025307666 5395976583167082496 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
yukkuri33

震災以降、白河小峰城は本丸の立ち入りが禁止となりましたが、復旧が進み、2015年4月に一部が立ち入り可能となりました。ただし、2018年5月現在、石垣は復旧工事中です。震災前、石垣は鷹の目のように並んでおり、通常の石垣よりも並べるのにかなりの労力を必要とするため、時間がかかります。復旧工事は2019年3月まで続く見通しです。

白河小峰城の魅力1:三重櫓

18879119 743163259199605 4124818928163618816 n
mik0125

三重櫓は、天守閣のような構造で、白河小峰城のシンボルとなっています。1991年に復元された建物でありますが、中に入ると銃弾の跡が多く残っています。これは、戊辰戦争における白河の戦いがいかに激戦だったかを物語っています。現存の三重櫓ならかなり価値が高いですが、それでも、復元の際の再現力は見事なものです。

15275568 741872639295022 7573725182074814464 n
veritarco

三重櫓の1階と2階には城内の石落としが存在します。下を覗いてみると、曲輪が見えます。石垣をよじ登って攻めてくる敵に対し、石を落として返り討ちにしたとよく言われています。ただし、最近では、鉄砲などの武器で攻撃して、敵を石垣から落としたとまで言われています。どちらが本当かは分かりませんが、とても興味深くて魅力があります。

17587362 1455607911136995 257755302558957568 n
k.yzoc84256

三重櫓を順路通りに見学すれば、やがて最上階に到達します。最上階からは、白河の街並みや阿武隈川・三本槍岳などの山も望めます。ただ、最上階はかなり狭いです。部屋で言うとおよそ6畳くらいしかありません。階段も急で注意が必要です。入れたとしても、せいぜい5人くらいです。最上階からの景色を楽しむなら、交代で見学しましょう。

白河小峰城の魅力2:石垣

29716648 364793080688868 739130744558845952 n
shizumama55

白河小峰城は、美しい石垣にも魅力あります。石垣の並びをじっくり見ると、鷹の目の形をしているのが伺えます。これは、城に攻めてくる敵を、鷹の目で睨みつけることで敵に恐怖心を与える効果がありそうです。そのため、この石垣は特殊な並び方となっており、通常の石垣よりも並べるのにかなりの労力と時間を要します。

11205705 1442199372746092 990893406 n
yura5631

石垣は、石落としの舞台でもありました。石垣から石を落として、敵を撤退させるのが石落としであると、TVで紹介されたことがありますが、最近では、石垣から銃を撃って敵を退けるという説もあります。ただし、東日本大震災により、石垣が損傷を受けたので、魅力ある美しい石垣に戻すために、2018年5月現在復旧工事が行われています。

白河小峰城周辺の歴史スポット1:丹羽長重廟

29090328 2040913016182625 2945555555906748416 n
tsukakei0920

白河小峰城の南に位置する丹羽長重廟は、初代白河藩主・丹羽長重のお墓と霊廟が置かれています。江戸時代、白河小峰城の改築と町割りの改良整備に携わった彼は、白河の歴史を大きく動かしたとも言われています。1630年代に、江戸で生涯を閉じて、ご遺体が白河まで運ばれましたが、当時は交通が発達しておらず、運ぶのに苦労したでしょう。

22071297 118838468807556 8117377155945463808 n
takako.kamehameha

丹羽長重の霊廟は、三方が石垣で囲まれており、中央に墓が置かれています。なお、拝殿は1836年に再建されました。周囲は森林に囲まれており、かなり静かなため、落ち着いた雰囲気です。丹羽長重廟は、白河を代表する著名人の墓であるため、白河藩大名家墓所の一つとして、市の文化財となりました。料金は無料で、気軽に訪問できます。

白河小峰城周辺の歴史スポット2:旧小峰城太鼓櫓

18947915 829902633826695 6828939876847583232 n
sunset41insta

小峰城の太鼓櫓は、元々二の丸入り口付近の太鼓門に存在していました。二度の改築により、太鼓櫓は大きく変わりました。一度目の改築では三の丸の紅葉土手に、二度目の改築では現在地に建てられました。太鼓櫓は、改造によって原形が大きく損なわれ、当初よりは別の建物というような感じです。改築にもかなり費用がかかったでしょう。

10004297 982496775124177 1942806919 n
euricaaaa

太鼓櫓は、2間4面の瓦葺で、居間は茶室となっています。京都の銀閣寺のような感じです。旧小峰城太鼓櫓は現在、私有地となっており、立ち入りが出来ない為、外から眺める形となります。よく見ると、小峰城のかつての面影を残すような感じです。そのため、市の重要文化財にもなっています。料金は無料で、明るいうちならいつでも見学できます。

白河小峰城周辺の歴史スポット3:南湖公園

31897697 757151397823795 6091203360277397504 n
shoheimoue

丹羽長重廟よりさらに南に、南湖公園があります。白河小峰城より南にあるため、南湖という名前が付けられました。この公園は、松平定信が湿地帯に堤を造って水を貯めという製法を用いて整備しました。日本最古の公園で、歴史ある公園にもなっています。春の桜・夏の新緑・秋の紅葉など、美しい風景が魅力で、散策にピッタリです。

松平定信は、士民共楽という理念の下、南湖の北側中央に共楽亭を建てました。外観上は物置小屋のように見えますが、中は茶室になっており、ゆっくりくつろげます。敷居を廃してでも、庶民に快楽を味わいさせたいという松平定信のおかげで、庶民の笑顔も増えたでしょう。1962年に市の文化財に指定されましたが、中は立ち入りができません。

20180775 136904410230599 8990065736844050432 n
sa_ya_ka1211

翠楽苑は、松平定信の庭園理念を受け継ぎ、日本文化をそのまま表現した庭園となっています。庭園内は、池と四季折々の花々が彩りを成しており、物静かで落ち着いた雰囲気の中で過ごせます。料金は320円です。なお、南湖ではボートも楽しめます。1時間で1,000円の料金が必要ですが、湖でのボートは貴重な経験になります。

白河小峰城周辺の歴史スポット4:南湖神社

23160871 129330034454161 1000976745769205760 n
ysm_umi

南湖公園の東側に位置する南湖神社は、御祭神として松平定信を祀っています。松平定信は、寛政医学の禁や倹約令など、完成の改革を行ったことで有名です。中学の歴史の教科書にも載っています。境内には、松風亭蘿月庵という茶室が存在し、定信が度々来遊していました。現在も茶会に使われており、4月から10月の第二日曜に茶会が開かれます。

31338679 1880668121985162 8318513858851373056 n
rika_716l

近年は、御朱印ブームということで、御朱印を片手に南湖神社を参拝する方が増えています。そのため、正月や期間限定の御朱印があるときは、長く待つ場合があります。南湖神社の御朱印は、通常300円ですが、栞付きの場合は500円となります。栞は、お守りみたいなものです。オリジナルの御朱印帳も売っており、こちらは2,000円です。

桜の名所と変身する春の白河小峰城

18094779 404516256579485 4007704717713997824 n
komatsu.r21

春の季節になると、白河小峰城は桜の名所となります。見頃は4月中旬で、城内には約100本のソメイヨシノが咲き誇ります。白河の歴史を感じさせる三重櫓と、綺麗なソメイヨシノの花は、上手く溶け合って、魅力溢れる写真になりそうです。夜には、三重櫓と桜の両方がライトアップされます。ただし、夜は寒いので上着が必要です。

12960201 586796898152232 1956713970 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
62kske_yht17

桜の見頃に合わせて、白河桜まつりも開催されます。桜まつりの時期には、川越火縄銃鉄砲隊による武器の演技が毎年披露されます。これは、松平家と縁がある、川越藩の伝統を現代に伝えるために行われます。テレビで見る発砲と現地で見る発砲は、音や衝撃が違うので、魅力が全然違います。この迫力は、現地に行かないと体験できません。

秋の紅葉が美しい白河小峰城

23347938 128765947833921 8880334270233575424 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
kazzy1977

白河小峰城は、10月下旬になると色づき始め、11月初めには紅葉が見頃を迎えます。真っ赤な紅葉と、歴史ある三重櫓がセットになった姿は、大変魅力ある写真になります。紅葉とお城を一緒に見るとこで、日本の美を改めて感じさせられるでしょう。秋に白河へ訪れるなら、白河小峰城の紅葉は絶対に外せないスポットです。

30911980 820793971455389 5916814884762288128 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
yuno9010

白河小峰城の南に位置する南湖公園も、紅葉が美しいです。湖を取り囲むように彩る紅葉は、とても落ち着いた雰囲気で、紅葉の美しさを感じさせます。周囲を回っていると、所々に和歌の碑が立っていますが、これは、松平定信が周囲の美しさを南湖17景と定めたことを意味しています。紅葉の南湖は、1周すると新しい発見があるかもしれません。

白河小峰城周辺の観光スポット1:白河関所

16122902 1889883351235006 1495673587183386624 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
nmtomo

白河の関所は、奥州三関の一つであり、京都から陸奥国に通じる東山道の要衝として設けられました。古くは、蝦夷(今の北海道)の南下や、人・物資の往来を取り締まる場所として機能しました。また、奥の細道関係で、松尾芭蕉も通ったので、関所跡の近くには、芭蕉像も置かれています。現在は、白河神社所有となっています。料金は無料です。

白河の関所越えと言えば、高校野球で有名です。2018年5月現在、選抜高校野球・全国高校野球共に、東北勢で優勝校が現れず、優勝旗の白河越えを達成できないと言われています。かつては、北海道の高校が優勝を果たしましたが、空路のため津軽海峡を一気に越えてしまったので、陸路での白河越えは一度も果たしていません。

白河小峰城周辺の観光スポット2:白河神社

13743190 1641577036160314 167781916 n
japanese_northern_country

白河神社は、栃木との県境付近にあり、白河関跡が境内にあります。この神社は別名、関の明神・二所関明神とも呼ばれています。古墳時代に鹽伊乃自直命を祀ったのが始まりであり、奈良時代には住吉明神などを祀りました。江戸時代には、伊達政宗が社殿を改築し、白河藩主の松平定信が白河関の碑を立て、翌年には奉納まで行いました。

13686883 689799404505034 230418379 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
japanese_northern_country

社殿前には和歌碑が建てられており、白河関に関する和歌が詠まれているのがわかります。これは、能因法師らが詠んだものです。参道をくぐると社殿がありますが、途中左側には枯れた木の根元がありますが、これは義経公の松の痕跡だそうです。見落としやすいので、注視しながら歩くと、思いがけない発見がありそうです。

白河小峰城周辺の観光スポット3:白河ハリストス正教会

18013691 429060820783449 2489270969252708352 n
kurt_row

白河駅の南側にある白河ハリストス正教会は、1915年に建立された、国内でも珍しいビザンチン様式の教会です。教会内部には、イコンが48点展示されており、その中には、日本最初のイコン画家・山下りんの作品もあります。ちなみに、イコンとは、ギリシャ正教会で使われている聖像画の事であり、一部の作品が県指定文化財となっています。

11918051 945193595552356 1737281473 n
suzuroneco

白河ハリストス正教会は、白河駅南口から歩いて4分の所にあります。外観はいつでも自由に見学出来て、料金は必要ありません。ただし、内部を見学したい場合は、中が狭く、多くの人が出入り出来ない為予約制となっています。料金も別に必要ですが、山下りんのイコンは魅力があり、文化財に指定されているため見る価値はあります。

白河小峰城周辺の観光スポット4:白河関の森公園

21690460 117592225606189 871660095144984576 n
kurichan_31

白河関跡に隣接した森公園で、園内には、打ちたてのそばを味わえるレストランや、茅葺きの民家をそのまま移動させた「ふるさとの家」、北側には奥の細道遊歩道があります。特に、奥の細道遊歩道は、名前らしく道幅が狭いですが、周りが森林に囲まれており、静かで落ち着いた雰囲気です。物産コーナーもあるので、帰りに立ち寄りましょう。

14624255 349511488735816 5877487531385159680 n
kamio_p

白河関の森公園では、様々な事を体験できます。例えば、水車小屋ではそば打ちの体験ができます。手打ちそばを食べたことがあっても、どのように作っているのかという疑問を解消したいのなら、このコーナーは欠かせません。特に、お子様にとってはとても楽しい体験であり、一生思い出に残るでしょう。子供だけでなく、大人も楽しめます。

21879711 903521956471685 2790086711978229760 n
aileen212326

白河関の森公園の営業時間は、9時から17時までです。なお、11月から3月は、16時まで短縮します。食堂は11時から15時までと、お昼のみ営業します。1月から3月はお休みです。駐車場は無料で、基本料金も無料ですが、一部有料の所があります。栃木の県境にあるため、市内から時間がかかります。白河駅からは車でおよそ25分かかります。

白河小峰城のご案内

11849794 393472077508435 122470676 n
hiromatsu1112

白河の歴史と共に歩んできた、魅力ある白河小峰城は、三重櫓の開城時間が4月~10月は9時半から17時、11月~3月は9時半から16時です。毎年12月29日から1月3日までは休みです。三重櫓の入場料金は必要ありません。殆どの城では、入場料金が必要になりますが、城跡ということで、三重櫓は無料で見学できる、数少ない天守であります。

17596490 1276524949069694 3399490404607852544 n
tko_krk

城内は、三の丸・二の丸・竹の丸・前御門・三重櫓などで構成されています。中心的存在の三重櫓は、本丸の奥にあります。周りが石垣と水路で囲まれており、この城の防備は強かったことが伺えます。現在の白河城跡は公園としても整備されており、本丸と二の丸の城郭が生かされた公園となっています。二の丸から入るとスムーズに三重櫓に到達です。

白河小峰城へのアクセス

18809030 431576653877477 7205524838448889856 n
momiji_320

白河小峰城は、白河駅から道路1本を挟んですぐ北側にあります。白河駅から歩いて5分くらいです。白河駅のすぐ北側にありますが、出入り口が南側にしか存在せず、歩道橋もないため、遠回りしなければなりません。せっかく北側に隣接しているのに、大回りしなければならないのは、観光客にとって不便です。北口があれば、かなり便利になります。

30593181 391164208066480 7958341165583958016 n
mujinashintsu

東京からアクセスするなら、東北新幹線で新白河まで行き、そこで東北本線に乗り換えて1駅進むと白河駅に到着します。ただ、新白河に停車する新幹線は1時間に1本しかありません。幸いにも、東北本線との接続は良いものの、通過列車が多く、乗り間違えると郡山や仙台まで行ってしまう危険性が高いので、事前に時刻表をよく確認しましょう。

22427072 143687886367146 4209253673055813632 n
khk608

新白河から白河までの料金は、距離が3km以内の為140円です。東京からアクセスする場合、運賃は3,350円で、新幹線料金は3,320円です。なお、自由席ご利用の場合、特急料金が2,800円になります。また、東京から新白河までの区間は、モバイルSuica特急券が使えて、料金は5,970円です。140円を追加しても、通常のきっぷより安く行けます。

高速道路を使う場合、白河インターで降りて、国道4号と県道37号を経由します。白河インターから白河小峰城まではおよそ15分です。参考までに、川口から白河までの料金は、通常4,370円ですが、ETC搭載車に限り、土日と深夜時間帯は3,340円と、料金が安くなります。所要時間は、約1時間40分ですが、休憩できる所が沢山あります。

白河で食べておきたいグルメ1:白河ラーメン

22637278 360115977771893 6322100389793497088 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
k.yzoc84256

福島のラーメンと言えば、喜多方ラーメンが有名ですが、白河ラーメンも人気が高いです。特徴は、何と言っても太い縮れ麺です。スープとよく絡ませるために、水を多めに加えた手打ちの麺であるため、コシの強い麺になっています。スープは、豚骨と鶏ガラを出汁にしており、醤油ベースで昔懐かしい味のスープです。

33476455 1253409118161294 5243952109736427520 n
masamikimijima

白河ラーメンの発祥は、白河駅から東へ5km離れた「とら食堂」にあります。そこの初代店主だった竹井寅次が作ったラーメンが好評だったため、彼に弟子入りする方が現れました。竹井寅次の下で修業した彼らは独立して店を開き、さらに彼らの弟子たちへ味が受け継がれたことで、いつの間にか、白河ラーメンとして発展しました。

白河で食べておきたいグルメ2:白河そば

白河ラーメン同様、白河そばも白河で食べておきたいグルメです。信州・出雲・盛岡と共に、日本四大そば処の一つに数えられ、麺つゆ・製法も店独自となっています。白河はやませ(冷たい北東からの風)の影響を受けやすく、6月は低温になりやすいです。そのため、松平定信が冷害に強いそばの栽培を奨励した事が、白河そばの始まりです。

14360075 1437986066217092 1907056003 n
taicho2030

白河そばの中で人気が高いのが、白河駅のすぐ近くにある「大福」です。外観は古民家の佇まいで、中も古く、歴史ある老舗の店内という感じです。人気のメニューは割子そばで、山菜・とろろなど、5種類の味を一度に楽しめます。きめ細かい手打ちの麺なので、そばの味が染み込んでいきます。小峰城の近くにあるので、観光にも便利です。

歴史ある白河小峰城へ出かけよう

白河小峰城は、白河の歴史と歩んできただけでなく、戊辰戦争の舞台にもなり、白河を代表する観光スポットです。白河駅にかなり近いので、アクセスも抜群です。周辺には、南湖公園など、歴史ある観光名所もあります。腹ごしらえには、白河ラーメンがおすすめです。この記事を参考に、是非白河まで足を運んでみてはいかがでしょうか。

Noimage
この記事のライター
firebom.sns

人気の記事

人気のあるまとめランキング