宮古島移住の費用や仕事の探し方は?体験モニターツアーもおすすめ!

宮古島に移住することができることを知っているでしょうか?仕事をリタイアした人や、仕事をリタイアしていない若者でも宮古島に移住することができるのです。今回は体験モニターや現地の仕事、移住にかかる費用などを詳しくご紹介していきます。

宮古島移住の費用や仕事の探し方は?体験モニターツアーもおすすめ!のイメージ

目次

  1. 1宮古島に移住するには?
  2. 2宮古島の移住がとっても人気!
  3. 3宮古島はリタイヤした人に人気!
  4. 4宮古島移住費用1:賃貸
  5. 5宮古島移住費用2:生活費
  6. 6宮古島移住費用3:食事
  7. 7宮古島移住費用4:遊び
  8. 8宮古島移住費用5:渡航費
  9. 9宮古島移住後の支援も!
  10. 10宮古島でできる仕事は何?
  11. 11宮古島でできる仕事1:ホテル
  12. 12宮古島でできる仕事2:農作業
  13. 13宮古島でできる仕事3:カメラマン
  14. 14宮古島でできる仕事4:カフェ
  15. 15宮古島の移住体験も!
  16. 16宮古島に移住しよう!

宮古島に移住するには?

最近は宮古島に移住する人がたくさんいらっしゃいます。都会で仕事をリタイアした人などが宮古島に移住してのんびりと暮らしている人が多いのです。仕事をリタイアした人じゃなくても若者でも移住をしている人が多いので、若者の間でも移住はとても人気があるのです。

宮古島の移住がとっても人気!

宮古島では移住する人がとても増えてきているので人気になっています。宮古島は土地が狭いので、なかなか移住するのが大変そうで、移住にかかる費用などもありそうで大変ですが、意外と都心部に住むのと変わらない賃貸で移住する事ができるのです。今回はそんなところも見ていきたいと思います。若者でも意外と簡単に宮古島に移住することができるのです。

移住は特定の職業の人に人気があるようです。手に職などを持っている人に優遇して支援金などを受けることができるようになっているので、移住した先で、すぐに仕事を見つけることができたり、支援金も一緒に受けることが出来たりします。手に職を持っている人にとっては移住するのはとてもおすすめで、人気があるのです。リタイヤしたら持っている職を生かして就職するのもおすすめです。

宮古島にはスーパーがたくさんあるので、沖縄の食材を安い値段で購入することができたりするのも人気の一つです。安い値段で食材を購入することができれば、気軽に自分で自炊を楽しむ事ができます。とっても気軽に若者でも宮古島に移住する事ができるのです。沖縄の新鮮な海産物なども購入することができるので、自宅でバーベキューも出来ちゃいます。

宮古島はリタイヤした人に人気!

宮古島では仕事をリタイヤして移住している人もたくさんいらっしゃいます。完全に仕事を終えてからリタイヤした人や、セミリタイヤして宮古島に移住している人もたくさんいらっしゃいます。全国ではリゾート施設などで団塊世代向けにリタイヤした人が移住できる設備を整えたりしているところが多いので、仕事をリタイヤした後に移住しやすくなっているのです。

沖縄は特に団塊世代向けに仕事をリタイヤ人が移住しやすいように環境を整えている県でもあります。例えば宮古島のシギラリゾートと言うリゾートスポットでは100万坪のシラギという敷地の中で高級分譲マンションなどを販売していたりします。リタイヤした人向けに賃貸住宅なども建設したりしているので、リタイヤした人の向けの住居がたくさんあるのです。

宮古島移住費用1:賃貸

宮古島に住むとなると賃貸が必要になります。実は意外と宮古島には空き物件などがたくさんあるのです。空き物件などを利用して安く物件を借りたり買ったりすることができるのです。宮古島は先ほどもご紹介したように、若い人が少なくなっているので、宮古島の賃貸物件や売買物件などがとても増えてきているのです。宮古島で家を探すのはおすすめです。

しかし仕事をリタイヤなどをして宮古島で家を借りるとなるとどれくらい費用はかかるのでしょうか。場所にもよりますが、賃貸は10万円くらいあればかなり広々とした大きなお家を借りる事ができます。しかし賃貸が都内のように沢山あるわけではないので、賃貸そのものを探すのがとても大変です。賃貸よりも宮古島に家を買ってしまう人の方が多いようです。家を買うのもおすすめです。

宮古島では空き家などもたくさんあるので、中古の物件なども購入することができます。しかし、最近は宮古島に移り住む人が多いので、いい物件などはなくなってしまっている可能性があります。宮古島にはマンションやビラのようなお家など、賃貸もいくつかあるので、そうしたものを探してみるのがいいでしょう。賃貸の費用は10万くらいは欲しいところです。

宮古島移住費用2:生活費

宮古島では食材などが手に入るのであまり生活費がかからないのではないでしょうか。生活費はかかるとしたらインターネットの接続料金と賃貸の料金ぐらいなのではないでしょうか。宮古島には大きな安いスーパーがたくさんあるので、そちらのスーパーを使って自分で自炊をすればお金はほとんどかからなそうです。食材も美味しいので自炊はとってもおすすめです。

スーパーでは沖縄限定のお土産なども購入できるとして、地元の人からとても人気があります。スーパーまでは距離があるので、自動車などがないときついですが、近くに住んだり自転車などを使ったりしてもいいでしょう。マンゴー糖やジーマミーなど、地元の人気の食材をスーパーで購入することができるのでおすすめです。宮古島はスーパーが人気なのです。

宮古島移住費用3:食事

宮古島で最もお金がかかりそうなのが賃貸で、その次に食事になります。食事はやはりサンエーやマックスバリューなどの大きな宮古島のスーパーを利用すると、安い費用で食事を賄うことができそうです。宮古島に住んでいると農家で働いている人などがいるので、そうした人達と仲良くなると野菜を分けてくれたりすることもあります。

ご近所の人と仲良くなれば食費もあまりかからないのではないでしょうか。土地を買った場合などは自分で農産物を作ったりしてもいいので、宮古島という環境を生かして食費ををかからなくする方法はいくらでもありそうです。カフェやレストランもあるので、カフェやレストランでたまにお食事をしたりすることもおそらくあるでしょう。

宮古島には素敵なランチを食べることができるお店がたくさんあります。そうしたところも利用していけば毎日お食事を作らなくてもいいし、カフェの店員やレストランの人などと仲良くなることができるので、知らない土地に来ても安心です。食事は外食をするとなかなかお金がかかりそうですが、自炊すればかなり安く抑えられるのではないでしょうか。

Thumb宮古島のランチ人気ランキング!おすすめのカフェやバイキングなども!
沖縄県の宮古島でおすすめのランチスポットをランキン形式で紹介します。宮古島には、地元の方から...

宮古島移住費用4:遊び

宮古島には遊ぶためのスポットがたくさんあります。カフェやレストランなどもたくさんありますが、宮古島ではレジャーを楽しむイベントや体験学習などがたくさんあるのです。仕事をリタイアした後は宮古島に移住して、毎日レジャーを楽しむのがいいでしょう。スキューバダイビングやサーフィンなど、宮古島にはいろんなレジャーを楽しむことができます。

宮古島ではナイトダイビングなどの体験をすることができるスポットがあり、夜でもレジャーを楽しむことができる施設があります。近くには青の洞窟という有名な観光スポットなどもあり、宮古島は観光スポットだらけなのでとても楽しい毎日を過ごすことができるでしょう。こうした遊びの料金も費用としてかかりそうなので、費用に計上しておくといいでしょう。

宮古島移住費用5:渡航費

宮古島に行くための渡航費がまず最初にかかるでしょう。宮古島に行くための渡航費も費用に入れておく必要があります。宮古島にはどういう風にして行けばいいのか知らない人も多いのではないでしょうか。宮古島へのアクセスは羽田空港から関西空港の二つだけになっています。こちらの二つだけは直行便があるので、こちらから宮古島にアクセスするようになります。

宮古島の直行便は時期によります。一番安い時だと15000円程度になります。宮古島の一番高い時は5万から6万ほどするので注意が必要です。しかし、このを費用は片道だけになるので、普通の旅行で行くよりも費用が安くするのが嬉しいところです。移住するなら安い時期に行くのがいいでしょう。関西空港から行く場合の費用はそれほど変わりません。

宮古島移住後の支援も!

宮古島に移住する場合は支援などを行っているので、条件を満たすと支援を受けることができるようになっています。支援が受けられるのは、例えば農業に従事する人です。仕事をリタイアして宮古島に移住し、仕事として農業に従事する人に年間250万円の給付金を受けることができるようになっています。農業始めてから最長で5年間150万の費用を受けることはできるのでおすすめです。

子育ての支援なども行われており、子供がいた場合でも支援を受けることができるようになっています。子供がいた場合の支援は一人につき5万円の給付金です。出産祝い制度など沖縄らしい制度があるので、子供がいても移住することはできるのではないでしょうか。仕事をリタイアしても子供がいても宮古島に移住することができる支援があるのです。

宮古島でできる仕事は何?

宮古島でできる仕事を探していきたいと思います。仕事をリタイアした後に新しく仕事を探すのは難しいですが、都会で行っていたような仕事はもう宮古島でする必要はなくなります。宮古島では観光事業や農業などの仕事が多いので、必然的にそうした仕事をすることになるでしょう。宮古島では宮古島の仕事があるのです。

宮古島でできる仕事1:ホテル

宮古島で安定して仕事を見つけたいならホテルに就職するのもおすすめです。宮古島には観光客向けの宿泊施設がたくさんあるので、ホテルなどの仕事もたくさんあります。このように基本的には観光客を相手にした仕事が多いと考えた方がいいでしょう。アルバイトなどでもホテルのフロントスタッフや清掃員などの仕事があるでしょう。リタイヤしても仕事を見つけられそうです。

ホテルだけでなくゲストハウスなどもあるので、そうしたところで仕事を探すのもいいかもしれません。宮古島で仕事を探したいならホテル宿泊施設などの仕事を探してみるのもいいでしょう。人とを常に接触する機会が増えるので、仕事をリタイアして宮古島に移住してきても寂しくなる心配もありません。新しい友達もできそうな仕事です。

宮古島でできる仕事2:農作業

宮古島では先ほどもご紹介しましたが、農業に従事する人は支援金が受けられるようになっています。自分で農家をやらなくても、農業の仕事などはあるので働き手の少なくなっている宮古島の農家で簡単な仕事から始めることができそうです。体力がない人には暑い日差しの中で農業するのはとても大変ですが、徐々に宮古島の農業にも慣れていくでしょう。

自分で育てた作物などを自分で食べたりすることができるのでおすすめです。宮古島では作られた農産物や道の駅などでも販売されたり、お土産に使われたりするので、観光客に向けた仕事でもあります。世界的に影響力の高い宮古島の農産物を作ることができるので、仕事として素晴らしい仕事をすることができるのではないでしょうか。おすすめです。

宮古島でできる仕事3:カメラマン

宮古島は観光客向けのカメラマンなどもたくさんいらっしゃいます。手に職を持っていれば宮古島に行っても仕事をすることができるので、都会でカメラマンやデザイナーみたいな仕事をしていた人は、宮古島に行ってカメラマンなどで働くことができそうです。観光客が多いし、レジャービジネスが盛んなので、宮古島に行ったらカメラマンの仕事も人気です。

宮古島では結婚式を挙げる人がたくさんいらっしゃるので、ウェディングの出張カメラマンなどが人気があります。浜辺でウェディングの写真を撮ったり、結婚式に同行して写真を撮影するカメラマンが必要なのです。スタジオカメラマンというよりも出張カメラマンのようなカメラマンが求められているのではないでしょうか。仕事を取るまでは大変そうですが、おすすめで人気の仕事です。

宮古島でできる仕事4:カフェ

宮古島におしゃれな食堂やレストランやカフェなどがたくさんあるので、宮古島に来たらカフェの仕事をしてみるのもいいかもしれません。宮古島では素敵な人気カフェなどがあるので、そちらでアルバイトをしたり、社員として一緒に働かせてもらったりするのも良いのではないでしょうか。あるいは宮古島で自分でカフェを開いてしまうのもいいかもしれません。

しかし、宮古島は土地を買うのが大変そうなので、自分でカフェを開くのは少し大変そうですが、テナントが見つかれば宮古島でカフェをしたりするのもいいのではないでしょうか。宮古島には民宿などもあるので、そうしたところで料理人として働いても良さそうです。料理ができるなら料理人として働くことができるお店なども見つかることができそうです。

宮古島の移住体験も!

宮古島では仕事をリタイアした人が移住を体験することができるモニターツアーなども開催されています。宮古島に移住したかったら、まずはモニターの移住体験を利用してみるのもいいかもしれません。宮古島の移住体験はとても人気があるので、おすすめです。移住体験はとっても人気です。移住体験を特定の仕事を持った人に向けて行われていることが多いようです。

例えば、移住体験ができるのは、宮古島で少なくなっている保育士の資格を持っている人です。宮古島では若者が少なくなってきているので、仕事の人手が足りない仕事などは、移住体験でモニターツアーとして参加できるようになっているのです。将来保育職につく予定のある人でも移住体験をすることができるので、移住体験にまずは参加してみるのがおすすめです。

宮古島に移住しよう!

いかがでしたか?宮古島には移住体験をすることができたり、仕事をリタイアした人だけでなく、若者でも維持をすることができる環境が整っていました。最初は初期費用がかかりますが、仕事が見つかれば誰でも十分宮古島に移住することができるのではないでしょうか。支援金なども行われているのでぜひそうしたものを詳しくチェックしておくと良いでしょう。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
tabito

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ