熱田神宮の御朱印・御朱印帳をチェック!受付時間や種類・金額情報まとめ!

名古屋にある熱田神宮は草薙剣を祀る神社として古くから篤い崇敬を受けてきました。熱田神宮では御朱印をいただくことができるのですが、受付時間や金額など、他の御朱印とは少し違う点があります。そこで熱田神宮の御朱印のいただき方について紹介します。

熱田神宮の御朱印・御朱印帳をチェック!受付時間や種類・金額情報まとめ!のイメージ

目次

  1. 1熱田神宮で御朱印をいただく
  2. 2熱田神宮とは
  3. 3熱田神宮へのアクセス
  4. 4熱田神宮は「御朱印」ではない?
  5. 5熱田神宮の御朱印はどこで授与?
  6. 6熱田神宮の御朱印帳は?
  7. 7熱田神宮でいただける御朱印1:熱田神宮
  8. 8熱田神宮でいただける御朱印2:別宮八剣宮
  9. 9熱田神宮でいただける御朱印3:上知我麻神社
  10. 10熱田神宮で御朱印をいただこう

熱田神宮で御朱印をいただく

近年、御朱印集めがブームとなり、寺社詣での際に御朱印をいただいているという方も多いのではないでしょうか。寺社の中にはオリジナルの御朱印帳があったり、複数の種類の御朱印をいただくことができたりするところもあります。名古屋の熱田神宮の御朱印帳と御朱印に関する情報を紹介します。

熱田神宮とは

熱田神宮は愛知県名古屋市熱田区にある神社です。熱田神宮は天皇が皇位を継承する際に代々受け継がれる「三種の神器」の一つである草薙剣を祀る神社として知られ、毎年元日の早朝に天皇が行う四方拝の際に拝礼を行う神社の一つでもあるという、由緒を持つ神社です。

15877258 1634982143470775 5129340452176134144 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 2.cdninstagram
horitsubaki

12代天皇景行天皇の時代に、日本武尊が尾張に来た際に、神剣を妻の宮簀媛命に渡し、現在の名古屋市緑区にある火上山に置いていきました。日本武尊はその後伊勢国能褒野(現在の三重県亀山市)で亡くなりました。そこで宮簀媛命は神剣を熱田に祀りました。これが熱田神宮の始まりです。

この神剣が草薙剣であり、熱田神宮はこの草薙剣が置かれていることから、伊勢神宮に次ぐ権威がある神社として崇敬を集め、国家鎮護の宮として多くの人々の信仰を集めてきました。織田信長は桶狭間の戦いの時にこの熱田神宮で戦勝を祈願し、勝利をおさめたと言われています。

熱田神宮へのアクセス

それでは、熱田神功へのアクセスを紹介します。熱田神宮のある場所は、周辺に複数の公共交通機関の駅があり、さらにどの駅からも徒歩で数分の場所にあります。遠方からアクセスする場合はまず、新幹線なら「名古屋」駅へ、飛行機なら「中部国際空港」(セントレア)へ移動します。

名古屋駅に着いたら名鉄名古屋駅に移動し、名鉄名古屋本線で「神宮前」駅まで移動します。ここが熱田神宮の最寄駅となります。神宮前駅からは徒歩で3分ほどです。名古屋駅からの時間は電車の時間を含めて10分前後見れば大丈夫でしょう。また、JRの「熱田」駅、名古屋市営地下鉄名城線「神宮西」駅も近い場所にあります。

飛行機で中部国際空港に来た場合は、空港から名鉄常滑線に乗り、同じく「神宮前」駅で下車します。駅からのアクセスは前述の通りです。名鉄常滑線の所要時間は約20分ほどなので、こちらも空港から30分程度で熱田神宮まで行くことができます。他にバスなど複数のアクセスルートがありますので、所要時間や金額などを考えて選んでください。

なお、車でアクセスする場合は、「名古屋南IC」「名古屋西JC」「小牧IC」などから名古屋高速に入ります。「呼続出口」「堀田出口」「白川出口」などが最寄りの出口となりますので、それらを出たら熱田神宮を目指します。熱田神宮には複数の駐車場があるので、それらを利用するとよいでしょう。

ただし、熱田神宮の駐車場は基本的には17時に閉門となります。また初詣の時期、および例祭が行われる6月5日は駐車場の利用はできません。これらの時期に熱田神宮に参拝する場合は、公共交通機関を利用してください。また御朱印をいただくのに時間がかかると閉門に重なる可能性があるので、時間には余裕を持たせましょう。

Thumb熱田神宮のアクセスを徹底調査!電車やバス・車などおすすめの行き方は?
名古屋の熱田神宮と言えば、初詣でたくさんの参拝客が訪れる、日本屈指の初詣スポットです。熱田神...

熱田神宮は「御朱印」ではない?

さて、これから熱田神宮の御朱印帳や御朱印の情報について紹介していきますが、実は熱田神宮では「御朱印」と呼びません。熱田神宮では「御神印」と呼んでいます。ですから御朱印帳も「御神印帳」と呼ぶことになります。御朱印がいただけないとか、別のものであるわけではないので安心してください。(以下、御朱印帳、御朱印と書きます)

熱田神宮の御朱印はどこで授与?

それでは、熱田神宮の御朱印帳や御朱印はどこでいただくことができるのでしょうか。次に述べますが、熱田神宮にはオリジナルの御朱印帳があり、授与する場所は本宮の右手側にある授与所となります。お守りなどもここで授与しているので、迷うことはないでしょう。

26403241 881231625391409 332123245404749824 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 1.cdninstagram
susanoyamato103

御朱印の方ですが、こちらは2か所でいただくことができます。後で詳しく述べますが、熱田神宮では3種類の御朱印をいただくことができるようになっています。御朱印をいただく場所は前述した本宮の右手側の授与所と、正門を入ってすぐ左手にある別宮八剣宮の所です。

ちなみに一般的な寺社では、御朱印の受付時間が決まっているのですが、熱田神宮は毎日7時ごろから「日没」まで受付をしています。「日没」ですから、夏は受付時間が長く、冬は短くなるということになります。とはいえ、明らかに暗くなってからというのはやはりマナー違反でしょう。

先ほど、アクセスのところで駐車場の閉門時間が「基本的に」17時だと述べました。ですから、これが一つの目安時間と考えてよいでしょう。熱田神宮は複数の種類の御朱印をいただくことができますし、そのためには参拝が必要なので、そのあたりの時間も考えて予定を立てることをおすすめします。

熱田神宮の御朱印帳は?

31150089 593335711032777 7943189994137452544 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 2.cdninstagram
naopiiiii1

それでは、熱田神宮の御朱印帳から紹介します。熱田神宮にはオリジナルの御朱印帳があるのですが、種類は1種類しかありません。ですが、きちんと熱田神宮の神紋が入った、高級感のある御朱印帳(熱田神宮では御神印帳と呼びます)です。男性でも女性でも抵抗なく持つことができるタイプと言えるでしょう。

31365112 2122872287942294 7848760800217923584 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 1.cdninstagram
gosyuin_aznable

この御朱印帳は大きさは縦16センチ、横11センチのもので、一般的によく使われる定番サイズの御朱印帳です。深緑色の表紙に、表には神紋の「五七桐竹紋」が、裏に「熱田神宮」の名前が金で入っています。御朱印帳の金額は「一応」1000円以上となっているようです。

なお、金額のところに「一応」とつけたのには理由があります。最近の一般的な寺社などでは、御朱印帳も御朱印も、決められた金額を納めるところがほとんどです。ところが、熱田神宮では御朱印帳、御朱印ともに、金額が「志納」ということになっているのです。つまり「お気持ちだけ」という意味なのです。

御朱印をいただくのに慣れている方だとあまり感じないでしょうが、初めてだとちょっと戸惑うかもしれません。極端な言い方をすれば「志納」なら1円でもいいということになるわけです。かと言って本当に1円入れたら、ご利益が少なくなってしまうのではと不安になってしまうかもしれません。

925799 986312488121084 1701487009 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
mariglam1215

一般的な寺社の場合、御朱印帳は1000円前後から、御朱印は1種類300円という金額が多いです。ですから「志納」と言われて心配だったら、この金額を目安にして「志納」すればよいでしょう。もちろんそこは「気持ち」なので、この目安と「気持ち」を比べて、金額を決めるとよいのではないでしょうか。

熱田神宮でいただける御朱印1:熱田神宮

それではまず、熱田神宮の本宮に参拝をしましょう。参拝が終わったらまずは熱田神宮の御朱印をいただきます。御朱印をいただく場所は前述した授与所です。御朱印帳をここで購入し、一緒に御朱印をいただくとスムーズに行くかもしれません。金額は「志納」です。

32620922 154596858730115 7480411459881533440 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 2.cdninstagram
10takao

授与所でいただくことができるのは「熱田神宮」のものです。中央に「熱田神宮」の御朱印が捺され、「奉拝」という言葉と日付が入ったものです。御朱印としてはごくシンプルなタイプのものと言えるでしょう。受付は日没までですし、ふだんであればそれほど混雑しないでしょうから、問題なくいただくことができると推測されます。

熱田神宮でいただける御朱印2:別宮八剣宮

熱田神宮には1別宮、12摂社、31末社が祀られているのですが、このうちの2つの神社でも御朱印をいただくことができます。これを合わせて熱田神宮では3種類の御朱印がいただけるということになるわけです。そのうち、1別宮に当たるのが別宮八剣宮です。

29737458 972614166228695 968089296420470784 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 2.cdninstagram
yuudachiyukiko

別宮八剣宮がある場所は、前述したように正門を入ったすぐ左手側となります。別宮八剣宮は708年に当時の天皇である元明天皇が勅命によって神剣をつくり、祀ったことがその始まりと言われます。名前の通り、剣を祀るため、織田信長や徳川家康など、武将の篤い信仰を集めました。

28427566 151921692164406 4414592142467399680 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 1.cdninstagram
yasuhiro.matsuda1

この別宮八剣宮のところでは別宮八剣宮と、次に述べる上知我麻神社の2種類の御朱印をいただくことができます。熱田神宮のものと同様に「別宮八剣宮」「上知我麻神社」の御朱印と「奉拝」、日付が入ったシンプルなタイプのものとなります。授与時間や金額などはすべて熱田神宮と同じです。

熱田神宮でいただける御朱印3:上知我麻神社

30085336 162247484467134 4343647164002467840 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 1.cdninstagram
the_world_of_maya

上知我麻神社は熱田神宮の摂社になり、八剣宮の南西に位置しています。こちらは熱田の地主神とされており、尾張国造を祀ります。「知恵の文殊様」と呼ばれており、特に学業に関するご利益があるとされており、受験シーズンなどには合格祈願などの人が多く訪れます。

30602065 880219272165823 5692539303247216640 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 2.cdninstagram
the_world_of_maya

また、境内には大国主社、事代主社を祀っており、1月5日は初えびすが行われる神社でもあります。御朱印は前述の通り別宮八剣宮のところで一緒にいただくことができるので、まずは別宮八剣宮と上知我麻神社の両方を参拝してから一緒に御朱印をいただきましょう。

熱田神宮で御朱印をいただこう

熱田神宮は場所もアクセスしやすいうえ、由緒もある神社として、多くの参拝客が訪れます。御朱印をいただいている方にはぜひ訪れていただきたい神社の一つと言えるでしょう。3種類の御朱印をいただくことができるので、忘れずに3社を参拝し、御朱印をいただいてください。

関連記事

関連するキーワード

Noimage
この記事のライター
茉莉花

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ