石垣島からの離島めぐりがおすすめ!フェリーで日帰り観光もできる!

石垣島からの離島めぐりは沖縄観光を満喫したい方におすすめします。石垣島からの離島めぐりでは、琉球らしい町並みや、美しい海、星空、自然を楽しむことができます。日帰りで行くこともできますので足を運んでみましょう!石垣島の離島めぐりをご紹介しましょう。

石垣島からの離島めぐりがおすすめ!フェリーで日帰り観光もできる!のイメージ

目次

  1. 1石垣島から離島めぐりに出かけよう!
  2. 2石垣島の離島めぐりとは?
  3. 3石垣島の離島めぐりはどこから行くの?
  4. 4石垣島の離島までのアクセス1
  5. 5石垣島の離島までのアクセス2
  6. 6石垣島のおすすめの離島1:西表島
  7. 7石垣島のおすすめの離島2:由布島
  8. 8石垣島のおすすめの離島3:竹富島
  9. 9石垣島のおすすめの離島4:小浜島
  10. 10石垣島のおすすめの離島5:黒島
  11. 11石垣島のおすすめの離島6:波照間島
  12. 12石垣島のおすすめの離島7:鳩間島
  13. 13石垣島のおすすめの離島8:新城島
  14. 14石垣島のおすすめの離島9:与那国島
  15. 15ベストシーズンに石垣島の離島めぐりに出発しよう!

石垣島から離島めぐりに出かけよう!

石垣島からの離島というのはどうやって行ったらいいのか、どんなところなのか、どのくらいの時間がかかり、日帰りでも行けるのかなど不安なことも多いでしょう。石垣島の離島ターミナルからは毎日フェリーが何便も出ていて、手軽に離島めぐりを楽しむことができます。石垣島からのおすすめの離島めぐりをご案内しましょう。

石垣島の離島めぐりとは?

石垣島は、八重山諸島の中心的な島であり、石垣島から9つの島に行くことができます。西表島、由布島、竹富島、小浜島、黒島、波照間島、鳩間島、与那国島、新城島の9つの島です。新城島は上地島、下地島の総称で、干潮時になると歩いて渡ることができるので、厳密に言うと、10島のことを指します。石垣島から離島めぐりに行ってみましょう!

石垣島の離島めぐりはどこから行くの?

石垣島の離島めぐりというのはどこから出発するのでしょうか?石垣島の離島めぐりの発着は、石垣島離島ターミナルからになります。ただし、与那国島は例外になり、違う港からになります。石垣島離島ターミナルというのは、新石垣島空港からバスで約40分かかり、空港からは少々離れています。

Thumb石垣島離島ターミナルガイド!各島への行き方や駐車場情報もお届け!
石垣島離島ターミナルには一体何があるのでしょうか?フェリー乗り場として知られているのでフェリ...

石垣島の離島までのアクセス1

石垣島の離島に行かれるためのアクセスをご紹介しましょう。石垣島の離島までは、どれも日帰りで行くことができますが、なるべく一泊されることをおすすめする離島もあります。まず、西表島、小浜島、竹富島、鳩真島、黒島、波照間島まで行くには毎日定期でフェリーがでていますので、とても便利で日帰りで行くことができます。

竹富島は石垣島からとても近いところにあるので、1日に21往復もしていて、30分間隔でフェリーが出ています。石垣島から各島だけのフェリーはもちろん、各島間を移動するフェリーもでていますので離島めぐりをされるにはとても便利です。波照間島へ行く便は、フェリーが欠航することもありますのでご注意ください。

波照間島というのは、日本の人が住んでいる島の中では最南端にある島です。ここは外海に出るために、海が荒れやすく、欠航することが多いのです。波照間島を最終日に組み込んだ観光だと帰られなくなってしまったということもありますので、なるべく波照間島は最終日にされないことをおすすめします。

Thumb石垣島離島ターミナルガイド!各島への行き方や駐車場情報もお届け!
石垣島離島ターミナルには一体何があるのでしょうか?フェリー乗り場として知られているのでフェリ...

石垣島の離島までのアクセス2

由布島というのは、西表島からフェリーではなく水牛車で渡ります。干潮時になると、歩いて渡ることもできるくらい近い距離です。新城島というのは、日帰りツアーに参加するか、または、島内唯一の民宿に泊まり、宿でフェリーの手配をしてもらいましょう。観光客向けのフェリーの定期就航便はありませんので、日帰りで観光することはできません。

与那国島は、飛行機またはフェリーで行くことができますが、飛行機がおすすめです。飛行機は1日に3往復していて、JTAが運航しています。フライト時間は30分くらいで、欠航することはほぼありません。飛行機だと往復で大体1万4千円前後からなので高いです。フェリーは往復6750円と安いのですが、日帰りすることはできません。

フェリーの場合には、石垣島を火曜日と金曜日の10時に出発して、与那国島発は水曜日と土曜日の10時です。フェリーの場合には、片道4時間もかかります。外海を渡りますので、船が苦手な方は酔いやすいのでおすすめできません。欠航も多いです。事前予約はできませんので、当日の朝に購入しましょう。クレジットカードは使えませんのでご注意ください。

石垣島のおすすめの離島1:西表島

石垣島のおすすめの離島は西表島です。西表島は、まさに日本のジャングルで、亜熱帯植物やマングローブが生い茂っています。国内で12番目の広い面積であり、探検気分を味わいたい方におすすめの島です。石垣島から西表島までは直行便なら約40分で、竹富島経由だと約50分かかります。料金は片道1570円、往復で2980円と安いです。

石垣島の離島である西表島では、マングローブクルーズをされることがおすすめです。また、密林探検をしたり、カヤックで川下りをするのもおすすめです。川を泳いだり、滝つぼに飛び込んだりするキャニオニングやバラス島というサンゴだけでできた無人島に行くツアーもおすすめです。

西表島は、島全体が山になっていて、平地はほとんどなく、マングローブが有名な離島です。マングローブはたくさん生息していて、川の中で根を張って、真っ直ぐに育っています。マングローブは海水と淡水がまじりあう川でしか育たないのですが、西表島では数多く生息しているのです。ここでしか味わうことができない大自然を楽しみましょう。

石垣島のおすすめの離島2:由布島

石垣島のおすすめの離島は、由布島です。由布島は、西表島と浅瀬をはさんだ隣の島で、西表島からは水牛車で行きます。この水牛車というのが観光のポイントになっていて、とても人気があります。西表島には植物園があり、チョウチョが飛び交っていてとても美しいところです。由布島を訪れた際には是非足を運んでみましょう。

石垣島から離島の由布島までは、西表島、大原港から由布島水牛車乗り場まで路線バスで移動し、水牛車に乗って移動します。移動時間は大体15分から25分くらいです。移動時間は、潮位と牛の状況によって変わります。牛はたまに立ち止まって休憩したりしますのでのんびりとした雰囲気を楽しみながら移動していきます。

水牛車に乗りながら、ガイドさんが話をしてくれたり、三線をひいて沖縄民謡を聞かせてくれます。料金は石垣島から西表島、大原港までは片道1570円、往復2980円で片道40分かかります。大原港からは由布島水牛車乗り場まで路線バスで220円、由布島水牛車乗り場から由布島までは往復で1400円で入園料金も含まれています。

干潮時には浅瀬を歩いて渡ることもできて、それなら入園料金の600円だけで観光することができますが、水牛車に乗ることが観光のポイントになっているので、是非、水牛車で往復されることをおすすめします。由布島の観光イコール植物園の見学ということで、水牛車の往復代金と入園料がセットになっています。

石垣島の離島由布島の魅力

由布島は、周囲が2キロメートルというとても小さい島で、西表島の川から流れてきた砂でできています。西表島と由布島というのは、目と鼻の先にあり、観光客を乗せた水牛車が行き来しています。由布島は、島全体が亜熱帯植物園で、珍しい植物があったり、チョウチョが飛び交っていて、水牛の親子がのんびり休んでいたりと時間を忘れさせてくれます。

由布島は、かつては100名くらい住んでいたのですが、台風で島が水没してからはほとんどの人がいなくなりました。わずかに残った住人である西表正治おじいは、いつか帰ってきてほしいためにヤシの木をコツコツうえた結果、数多くのヤシが育っています。昭和56年に亜熱帯植物園が開園して、水牛車が定番の観光地となりました。

石垣島のおすすめの離島3:竹富島

石垣島の離島でおすすめなのは竹富島です。竹富島は石垣島の離島の中で一番人気がある離島で、年間50万人の観光客が訪れる島です。石垣島からは定期船で10分から15分で到着します。料金は片道600円、往復1150円です。石垣島からの船便は30分間隔で運行していますので、とても便利です。日帰りで離島めぐりをする際には最後に予定されると調整しやすいです。

竹富島が人気があるのは、景色の素晴らしさです。島内は水牛車が走っていて、竹富島の定番になっています。昔ながらの琉球らしい景色を楽しむことができて、コンドイビーチはとても美しく海水浴にも最適です。浜辺では星の砂がみつかり、竹富島を訪れた際には、是非、星の砂探しを楽しみましょう。

水牛車とレンタサイクルがセットになっているものが観光客に人気です。島内で配られているマップを見ながら竹富島の名所をレンタサイクルで観光しましょう。水牛車は島内をめぐっていて、丸一日ゆっくりと遊ぶことができますので、集落を観光してみましょう。のんびりとした時間を過ごすことができる離島です。

石垣島のおすすめの離島4:小浜島

石垣島のおすすめの離島は小浜島です。小浜島は、ドラマ「ちゅらさん」の舞台としても有名な離島で、のどかな景観で人気があります。サトウキビ畑、牛の放牧地などがどこまでも続き、ここに来るときっと癒されることでしょう。八重山諸島の真ん中に位置していて、観光以外にも農業や漁業、酪農などが産業の中心となっている離島です。

石垣島からのアクセスは、定期船の直行便で25分から30分、竹富島の経由便だと40分かかります。料金は大人片道1060円、往復2020円です。小浜島ではちゅらさんのロケ地巡りやレンタルバイクや観光バスでの島内観光を楽しむことができます。また、海水浴やシュノーケリング、大型リゾート施設でのゴルフやスパなども人気です。

小浜島は、リゾート地として発展していて、はいむるぶし、南西楽園小浜島リゾート&スパニラカナイでステイすることができます。リゾートライフを楽しみたい方にはおすすめの離島です。海はもちろん、サトウキビ畑、牧草地がどこまでも続く景色は圧巻です。のどかな小浜島でのんびりとリゾート気分を満喫しましょう。

NHKの朝の連ドラだったちゅらさんのロケ地としても有名です。ドラマを見たことがなくても、小浜島を訪れると、ドラマの舞台に選ばれたことが納得できるはずです。ドラマファンの方には、ロケ地めぐりの観光が人気です。バスツアーに参加されるのが便利なのでおすすめです。港でレンタルバイクやレンタカーがあるので個人の方は利用しましょう。

石垣島のおすすめの離島5:黒島

石垣島の離島でおすすめなのは黒島です。黒島は、サンゴ礁からできた平坦な島であり、酪農が中心の島です。島民の10倍以上の数の牛が住んでいます。黒島周辺は、日本国内で最大のサンゴ礁の海域になっていて、まさに熱帯魚の楽園的な離島です。自然のビーチはとても美しく、シュノーケリングは是非おすすめです。

石垣島から黒島までのアクセスは、定期船で25分から30分で、料金は大人片道1150円、往復2190円です。レンタカー、タクシーやバスといった交通手段はありませんので、レンタサイクルまたはバイクを黒島港からすぐのお店で借りて、観光を楽しみましょう。なだらかなので、自転車で島内1周すると1時間くらいです。

黒島は、サンゴ礁が隆起してできた島であり、とても小さい酪農の島です。将来の黒毛和牛がたくさん飼育されています。黒島を上空から見ると、ハートの形をしていますので、ハートアイランドと呼ばれています。実際は、アクセス手段は船しかありませんので、なかなか見ることは出来ないです。

石垣島のおすすめの離島6:波照間島

石垣島のおすすめの離島は、波照間島です。波照間島は、日本最南端の島であり、ここを訪れた人は皆さん一生忘れられない島と感動されています。海は大変美しく、ハテルマブルーとして有名なので、波照間島を訪れた際にはシュノーケリングを楽しみましょう。天体観測もおすすめで、88の星座のうちの84の観測ができます。

石垣島から波照間島までは定期船で60分から70分かかります。西表島、大原港経由の場合は約80分かかります。料金は片道3090円、往復5870円です。波照間島は、外海に出るので、船がすごく揺れますので、船酔いをする人が多いです。欠航便も多いので、特に冬になると、欠航率は30%になってしまうほどです。

石垣島のおすすめの離島7:鳩間島

石垣島のおすすめの離島は鳩間島です。鳩間島は、観光地化されていないので、素朴さが魅力の離島です。ドラマ「瑠璃の島」のロケ地にもなりました。周辺のサンゴ礁はとても素晴らしく、ダイビングやシュノーケリングがおすすめです。西表島と鳩間島の間にあるバラス島は、サンゴだけでできた無人島でツアーで行くコースが人気です。

石垣島から鳩間島までは定期船で40分から45分、西表島、上原港経由の場合は70分かかります。料金は片道2060円、往復3910円です。鳩間島は徒歩で1時間くらいで周ることができるくらいの小さい島です。サンゴが隆起してできた島なので、一番高いところは標高33メートルあります。欠航率が高いので、日帰りで行く予定の方は注意しましょう。

石垣島のおすすめの離島8:新城島

石垣島のおすすめの離島は新城島です。定期便はありませんので、日帰りのツアーで行かれるのがおすすめです。島全体が西表石垣国立公園に指定されていて、周囲は豊かな海に囲まれています。御嶽がたくさん存在する島であり、神聖で立ち入り禁止の場所も多いです。神秘のベールに包まれた存在の島を楽しみましょう。

石垣島のおすすめの離島9:与那国島

石垣島のおすすめの離島は与那国島です。海底遺跡が有名な島で島内は馬がたくさんいて、独特の雰囲気の島です。石垣島からのアクセスは、飛行機が1日に4本前後運行していて、日帰りもできます。船でも行くことが出来て、フェリーターミナルからの出発になるのでご注意ください。フェリーの場合は片道4時間かかるので日帰りは出来ません。

ベストシーズンに石垣島の離島めぐりに出発しよう!

いかがでしたでしょうか?石垣島の離島めぐりは季節選びも重要になってきます。大雨の時や強風の時は波が高くて運休になる場合もありますので、離島に確実に行きたい場合は、海が荒れにくい温暖な時期がおすすめです。また、台風が少ない季節を選びましょう。ベストシーズンに是非離島めぐりに出発してください!

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
maki

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ