「はての浜」は絶景のシュノーケルスポット!行き方も要チェック!

久米島から少し離れた場所に浮かぶ砂浜だけでできた島「はての浜」でシュノーケルを楽しみませんか?小さな砂浜だけの島は海に囲まれたおすすめの観光スポットです。今回は、はての浜までの行き方や各マリン会社のシュノーケルツアーについて詳細を紹介します。

「はての浜」は絶景のシュノーケルスポット!行き方も要チェック!のイメージ

目次

  1. 1沖縄・久米島の人気のスポットはての浜
  2. 2久米島はての浜ってどんなところ?
  3. 3はての浜への行き方
  4. 4はての浜に行く前に確認しておこう
  5. 5はての浜での過ごし方
  6. 6久米島はての浜ツアーに参加しよう
  7. 7久米島はての浜ツアー1:アイランドエキスパート久米島
  8. 8久米島はての浜ツアー2:イーフスポーツクラブ
  9. 9久米島はての浜ツアー3:久米島海洋レジャー
  10. 10久米島はての浜ツアー4:久米島エスコートツアーズ
  11. 11久米島のシュノーケルスポット
  12. 12沖縄・久米島のはての浜に行こう

沖縄・久米島の人気のスポットはての浜

久米島の観光スポットとして有名なはての浜をご存知ですか?久米島からほど近いところに真っ白な砂浜だけでできたはての浜という美しい島が浮かんでいます。シュノーケルスポットとしても人気の高い場所は、久米島旅行では絶対に立ち寄りたいおすすめのスポットです。今回は、はての浜の詳細やショノーケルツアー、行き方などを紹介します。

Thumb久米島の観光を大特集!人気スポットやお土産からアクティビティ・グルメまで!
沖縄本島から日帰りでもアクセスが可能な久米島で観光を満喫しよう!久米島観光では美しい砂浜でで...

久米島はての浜ってどんなところ?

久米島のはての浜は、久米島から5キロの場所に位置する砂浜だけでできた島です。はての浜には砂浜だけでできた3つの島があります。それぞれ名前がついており、久米島から1番近い砂浜の島はメーヌ浜、1番奥にある島をはての浜、真ん中の島はナハノ浜と呼びます。久米島の美しい海に360度囲まれたビーチだけの島で絶景を楽しみましょう。

はての浜ツアーでは、1番遠くにあるはての浜ではナカノ浜へ行くツアーがメインとなってます。実際にはての浜に行くツアーもあるので、ツアーに参加する前に確認してみましょう。美しいロケーションのはての浜は、テレビ・CM撮影でもロケ地として使用されています。1度は訪れて、美しいロケーションをバッグに写真撮影をしましょう。

Thumbパナリ島(新城島)観光まとめ!沖縄の秘境への行き方は?秘祭はみれる?
新城島、通称パナリ島は沖縄の八重山諸島に属する上地島と下地島という2つの島の総称です。沖縄の...

はての浜への行き方

はての浜までの行き方は、久米島から船で上陸する必要があります。各マリン会社がはての浜上陸ツアーを開催しているので、ツアーに申し込んで上陸するのが一般的な方法です。ツアー会社によっては、ショノーケルセットやランチが付いているプランもあるので、初めて上陸するという方にはそちらのプランがおすすめです。

はての浜に行く前に確認しておこう

はての浜への上陸ツアーに参加する場合には、各ツアー会社の注意事項を確認しましょう。半日ツアーの場合は、水着着用での参加となります。はての浜には、簡易トイレはあるものの更衣室がありません。乗船前に水着に着替え、飲み物やおやつ、お弁当などは事前に購入して準備しておくようにしましょう。

はての浜に上陸すると、日影もないので日傘や帽子、日焼け止めも忘れずに持参しましょう。沖縄の夏の炎天下に日影のないビーチで過ごすと熱射病になる恐れもあります。ハテの浜に行く前には、下準備を忘れずにしておきましょう。久米島では、凍った飲み物も販売されています。暑さ対策に数本購入しておくようにしましょう。

Thumb渡具知ビーチは沖縄の穴場!シュノーケルやバーベキューも楽しめる!
沖縄県の読谷村(よみたんそん)にある穴場スポット・渡具知ビーチ(とぐちビーチ)をご紹介します...

はての浜での過ごし方

久米島では、はての浜への半日ツアーが開催されています。ツアーに参加してはての浜に上陸したら、まずは波打ち際に行き写真撮影を楽しみましょう。その後、シュノーケルをしたり、おやつやお弁当を食べたりしながらのんびりと好きな時間を過ごしましょう。ただ、砂浜にのんびりと寝転がるのもおすすめです。

はての浜では、パラソルやシュノーケルセットを各マリン会社でレンタルしています。持参した日傘をさして砂浜を散歩したり、きれいな貝殻を拾ったり、シューノーケルで熱帯魚を追いかけているだけであっという間に半日は過ぎてしまします。安全のために、浮き輪やライフジャケットも活用しながらシュノーケルを楽しみましょう。

久米島はての浜ツアーに参加しよう

はての浜までの行き方としておすすめなのが、ツアーへの参加です。久米島では、ホテル内にあるマリンショップでもはての浜ツアーを取り扱っているので、気軽に予約することができます。事前に安いツアーや特典付きのツアーなどを比較しておくと便利です。ここからは、はての浜ツアーを開催しているマリンショップを紹介します。

久米島はての浜ツアー1:アイランドエキスパート久米島

11850262 1505971043050380 126588997 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 1.cdninstagram
kenutyo

リゾートホテル久米アイランドのホテル内にあるアイランドエキスパート久米島では、はての浜ツアー、ダイビングプラン、ボートシュノーケルなどのアクティビティを取り扱っています。リゾートホテル久米アイランドに宿泊予定の方は、こちらのマリンショップを利用しましょう。

アイランドエキスパート久米島では、はての浜に5時間半滞在できるランチ付きの1日コースプランが大人6,000円、4歳から11歳までは5,000円、3歳以下は無料で予約できます。はての浜に3時間滞在する半日コースでは、大人3,500円、4歳から11歳までは2,500円となります。半日コースは、冬季は滞在時間が2時間となります。

住所:沖縄県島尻郡久米島町字真我里411
電話番号:098-985-7746

久米島はての浜ツアー2:イーフスポーツクラブ

32026313 405040633308858 1450438162693226496 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 1.cdninstagram
miya_cmr

イーフスポーツクラブは、イーフビーチホテル内にあるマリンショップです。はての浜ツアー以外にもダイビングやフィッシングなどのプランも取り扱っています。イーフビーチでマリンレジャーを楽しむ際にはイーフスポーツクラブを利用しましょう。中には、1時間程度の手作り教室のプランもあります。

イーフスポーツクラブでは、夏限定で久米島から1番遠いはての浜に上陸するプランを取り扱っています。はての浜上陸プランは、ランチとライフジャケット料金込みで大人料金が6,000円、4歳から11歳までの料金は5,000円、3歳以下は無料となりますが、3歳以下の場合はライフジャケットは有料となります。冬場はナカの浜への上陸となります。

住所:沖縄県島尻郡久米島町字謝名堂548
電話番号:098-985-8733

Thumb沖縄南部の観光スポットまとめ!カフェやビーチなどおすすめの場所ばかり!
何処までも続く白い砂浜に真っ青な海、沖縄南部には美しい天然ビーチ、トイレやシャワー等の設備が...

久米島はての浜ツアー3:久米島海洋レジャー

23966890 698184503725588 3495756092183412736 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 1.cdninstagram
xx078n

久米島の泊フィッシャーマリーナ内にある久米島海洋レジャーには、はての浜への半日ツアー、1日ツアー、ショノーケルツアー、サンセットツアーなどのプランがあります。2から3時間滞在する半日コースでは、大人料金が3,500円、6歳以上の小人料金が2,500円、幼児は無料で乗船できます。

シュノーケルの3点セット付きのショノーケルツアーでは、大人が6,500円、小人が5,500円となります。フィンやマスク、ウェットスーツなどは別でレンタルも可能です。サンセットツアーは、18時半から20時半の時間帯で開催されており、大人4,000円、小人3,000円となります。ホテルへの送迎も可能なので予約時に相談してみましょう。

住所:沖縄県島尻郡久米島町字宇根1724-13
電話番号:098-985-8779

Thumb沖縄北部の観光スポットまとめ!定番からおすすめの穴場まで一挙紹介!
沖縄観光において見逃すことのできないスポットが満載といわれている沖縄北部なのですが、実際にど...

久米島はての浜ツアー4:久米島エスコートツアーズ

久米島エスコートツアーズでは、はての浜の半日コース、1日コース、シュノーケルコースの3つのツアープランを取り扱っています。グラスボートで上陸する半日コースは、大人料金が3,000円、11歳以下の小人料金が2,000円、4歳以下は無料となります。ショノーケルセットは1,500円でレンタルとなります。

はての浜沖でのショノーケルツアーが含まれるツアーでは、大人料金が6,000円となりすが、12歳以下はツアーに参加することができないので、子連れで参加する際には気をつけましょう。このプランでは、1時間程度はての浜沖でショノーケルを楽しみます。浅瀬でのシュノーケルでは満足できない方にはおすすめのプランです。

住所:沖縄県島尻郡久米島町兼城コーテ214-1
電話番号:098-985-3311

Thumb沖縄「青の洞窟」でダイビングやシュノーケリングを楽しむ!場所や行き方は?
沖縄本島にある青の洞窟はダイビングやシュノーケリングのスポットとして沖縄では有名で最も人気が...

久米島のシュノーケルスポット

久米島に来たものの、滞在時間が少なくはての浜へ上陸できないという人は、久米島島内のビーチでシュノーケルを楽しみましょう。360度海が楽しめる絶景スポットのはての浜とはロケーションが異なりますが、久米島には他の場所では味わえないおすすめのシュノーケルスポットがあります。ここからは久米島のショノーケルスポットを紹介します。

久米島のシュノーケルスポット1:イーフビーチ

日本の渚百選にも選ばれているイーフビーチは、イーフビーチホテル前に広がる全長2キロの美しいビーチです。ホテルの宿泊客以外でもビーチを利用できるので、久米島に訪れたらまず最初にイーフビーチに訪れてみましょう。シュノーケルを楽しんだ後は、ホテル内のレストランでバーベキューもおすすめです。

久米島のシュノーケルスポット2:奥武島海岸

16585004 308530586228503 6108908576976142336 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 2.cdninstagram
mymiumaimai

久米島の観光スポットとしても有名な畳石がある奥武島海岸は、熱帯魚がたくさんいるシュノーケルスポットです。シュノーケルを楽しんだ後は、すぐ近くにあるバーデハウスで海洋信用水のプールに入るのもおすすめです。バーデハウス内のレストハウス畳石では、久米島そばやフーチャンプルーなどの食事もいただけます。

沖縄・久米島のはての浜に行こう

今回は、はての浜の詳細やシュノーケルツアーについて紹介しましたが、いかがでしたか?久米島の観光スポットとしもおすすめのスポットなので、ぜひ訪れてみましょう。はての浜に行く際には、飲み物やおやつ、お弁当、日傘や日焼け止めクリームなどを忘れずに準備しておくことも大切です。絶景のはての浜で楽しい時間をお過ごし下さい。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
Naoco

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ