島原『かんざらし』の由来は?名物グルメの地元人気の名店を紹介!

島原の乱で有名な長崎県島原市の伝統的スイーツ「かんざらし」をご存知でしょうか。白玉団子を「島原の湧水」で冷やし、糖蜜に浮かべた、見た目にも涼し気な郷土料理です。今回は、この「かんざらし」について由来や地元人気の名店を詳しくご紹介していきます。

島原『かんざらし』の由来は?名物グルメの地元人気の名店を紹介!のイメージ

目次

  1. 1島原名物「かんざらし」についてご紹介!
  2. 2島原名物「かんざらし」の由来は?
  3. 3島原名物「かんざらし」おすすめの名店1:銀水
  4. 4島原名物「かんざらし」おすすめの名店2:しまばら水屋敷
  5. 5島原名物「かんざらし」おすすめの名店3:茶房 速魚川
  6. 6島原名物「かんざらし」おすすめの名店4:姫松屋 本店
  7. 7島原名物「かんざらし」おすすめの名店5:青い理髪館工房モモ
  8. 8島原名物「かんざらし」おすすめの名店6:銀座食堂
  9. 9島原名物「かんざらし」おすすめの名店7:島原城 売店
  10. 10島原名物「かんざらし」おすすめの名店8:ケルンコーヒー店
  11. 11島原名物「かんざらし」おすすめの名店9:島原市役所武家屋敷売店
  12. 12島原名物「かんざらし」を食べに行こう!

島原名物「かんざらし」についてご紹介!

長崎県島原市の伝統的スイーツ「かんざらし」とは、白玉粉で作った小さな団子を特製の糖蜜に浮かべた甘味です。白玉団子の食感と甘い蜜のハーモニーは絶妙で、のど越しもよく広く人気を集めています。今回は「かんざらし」について、由来やおすすめの名店、人気メニューなどを詳しくご紹介していきます。

Thumb島原城は入場料や駐車場は?観光の見どころや周辺人気ランチも調査!
長崎県の南東部に位置する島原半島は、歴史と自然の街として人気観光エリアとなっています。その島...

島原名物「かんざらし」の由来は?

32178462 196778800958821 5587073284622516224 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 1.cdninstagram
misauem

食品を水に浸したのち、寒中にて陰干しすることを「寒ざらし」と言います。長崎県島原市に伝わっている伝統的スイーツ「かんざらし」は、白玉粉を使った団子を使用しています。この白玉粉の別名が「寒ざらし粉」と言われており、米粉を寒ざらしすることで作られています。この白玉粉を使うことが「かんざらし」の由来と言われています。

31176358 160963004600312 2268330661771214848 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 2.cdninstagram
hibiki423

この白玉粉を使っていることで「かんざらし」と呼ばれるようになりました。また、中国にもモデルとなったであろう「元子」(ユアンツ)というかんざらしに似たスイーツがあります。かつては、蜜に使われている糖やハチミツは贅沢品であり、客人をもてなすための料理でした。

島原名物「かんざらし」おすすめの名店1:銀水

20066879 1875709099358995 868454653677797376 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 2.cdninstagram
yui_maaaaaaaaal

島原名物「かんざらし」おすすめの名店1は「銀水」です。大正時代創業の老舗です。白玉団子と蜜瓶がずっと湧水にさらされていて、適度に冷えています。歴史を感じるタイルの流しが印象的です。ずっとお店を切り盛りしていたおばあちゃんが亡くなり一時は閉店していましたが、20年を経て復活した人気店です。

30830586 211863616085549 7097575169085931520 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 1.cdninstagram
bosatsumama

小さめの白玉は食べやすく、蜜も甘すぎず最後まで飽きずに食べられます。素朴な味とノスタルジックな店内がゆったりとした時間を与えてくれ、島原散策に疲れた体を癒してくれます。細い路地にあるので、車で来店する際は、少し離れた専用駐車場に停めて歩いて来店してください。かんざらしは350円です。

住所:長崎県島原市白土桃山2
電話番号:0957-63-4610

島原名物「かんざらし」おすすめの名店2:しまばら水屋敷

32052747 2069588719920713 5289992793349947392 n
zhimei_py

島原名物「かんざらし」おすすめの名店2は「しまばら水屋敷」です。一見民家の様に見える外観ですが、門をくぐると池があり、解放感のある店内です。池には鯉が泳いでおり、落ち着く雰囲気を醸し出しています。かんざらしは、通常タイプとあんこ付きがあり、それぞれ違った味わいが楽しめます。

28159097 491443104583246 5584410636827230208 n
kobaaa59

抹茶セットやコーヒーセットなどもあり、ゆっくりと甘味を楽しむことが出来ます。白玉団子は小さめでモチモチとした食感と甘さ控えめの蜜がよく絡みます。甘いものが苦手な男性などにもおすすめです。2階には招き猫がたくさん飾られています。かんざらしは324円、かんざらしあずきは378円です。

住所:長崎県島原市万町513
電話番号:0957-62-8555

島原名物「かんざらし」おすすめの名店3:茶房 速魚川

30591269 593819434320787 9173147793101946880 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 2.cdninstagram
kirenjyaku

島原名物「かんざらし」おすすめの名店3は「茶房 速魚川」です。猪原金物店が運営しているカフェ・ギャラリーです。江戸時代の町屋をそのまま店舗にしているので、風情ある外観が魅力です。店内にディスプレイしてある雑貨類は販売もされており、見て回るだけでも楽しめるお店です。

15403301 244173732677965 6300073641426026496 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 1.cdninstagram
___0505

店先の湧水を使用したこのお店のかんざらしは、綺麗な琥珀色の蜜に白玉と氷が浮かび涼し気です。中庭を望みながらかんざらしを食べるひと時は至福の一言です。カフェというだけあり、軽食やランチなどもいただけます。さらにかき氷も有名なお店なので、リピートして来店することをおすすめします。かんざらしは450円です。

住所:長崎県島原市上の町912
電話番号:0957-62-3117

島原名物「かんざらし」おすすめの名店4:姫松屋 本店

15802373 110706416102187 4774831734145417216 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 1.cdninstagram
kotetsu.bomb

島原名物「かんざらし」おすすめの名店4は「姫松屋 本店」です。こちらのお店は、同じく島原名物の「具雑煮」が有名なお店です。もちろん、「かんざらし」も絶品。具雑煮を食べに来た人がデザートとしてオーダーすることが多いようです。ひんやりと甘いかんざらしは、食後のデザートとしてもおすすめです。

20905631 492827674413145 2808502573965770752 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 1.cdninstagram
s.tsuyoshi67

店内には売店もあり、お土産や軽食が購入出来ます。お店の外観は風格があり、一見敷居が高そうに見えますが中は観光客にも嬉しいお土産コーナーなどもあり、島原観光する際にはぜひ立ち寄りたいお店です。かんざらしも甘みの中にコクがあり、小さめの白玉がするりと喉を通ると観光疲れが癒されます。かんざらしは300円です。

住所:長崎県島原市城内1-1208
電話番号:0957-63-7272

島原名物「かんざらし」おすすめの名店5:青い理髪館工房モモ

15802064 1617474008560337 5443322494456954880 n
stevechen168

島原名物「かんざらし」おすすめの名店5は「青い理髪館工房モモ」です。かんざらしは、小さめの器で提供されるのでかんざらしのみを頂くと少し物足りないかもしれません。しかし、このお店は軽食が充実しており、一緒にピザやコーヒーなども頂くことが出来ます。白玉の中に、ひとつだけハート型の白玉があるのも可愛くて女性に人気です。

15534965 206141143178329 7869304509262987264 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 1.cdninstagram
shirata.cashmere

店名だけを聞くと床屋のような印象を受ける一風変わったお店です。その店の外観は本当に青く、これもまた印象的です。大正時代の理髪店をリノベーションしたお店なので、レトロな雰囲気が味わいながら軽食やスイーツを楽しむことが出来ます。最近では島原の観光名所にもなっている人気のお店です。かんざらしは380円です。

住所:長崎県島原市上の町888-2
電話番号:0957-64-6057

島原名物「かんざらし」おすすめの名店6:銀座食堂

14360184 1636697366621770 1561432744 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 2.cdninstagram
ge90

島原名物「かんざらし」おすすめの名店6は「銀座食堂」です。島原中心部のアーケード街の中にあります。かんざらしの中には氷が浮かび、キッチリと冷えています。しかし、その冷たさの中でも白玉は固くならずにもちもちとした食感で、品質の良さを感じさせます。

14369220 173193563120354 7496726644774666240 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 1.cdninstagram
ge90

映画のロケ地にもなったこのお店は、外観も店内もまるで昭和時代から時が止まったかのような雰囲気です。テーブルではなく座敷席が多いので、島原観光で歩き疲れた体を休憩させるのにおすすめです。昭和レトロな雰囲気が心地よく、つい長居してしまいそうなお店。ちゃんぽんや皿うどん、具雑煮も美味しいと評判です。かんざらしは390円です。

住所:長崎県島原市中堀町39-1
電話番号:0957-62-4070

島原名物「かんざらし」おすすめの名店7:島原城 売店

22580554 150260925586223 1131253300109246464 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 2.cdninstagram
mukujun.k

島原名物「かんざらし」おすすめの名店7は「島原城 売店」です。島原城内にある売店では、お土産を購入したり休憩することが出来ます。お土産コーナーのレジにて食券を購入し、お店の人に渡すとかんざらしを持ってきてくれます。白玉は小粒ながらもたっぷり入っているので、見た目以上にボリューミィです。

13534054 267736816933018 2107766813 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 2.cdninstagram
mika49is

島原城内を観光した後、休憩するのに丁度良い場所です。島原城に来た際には立ち寄ってみてください。かんざらしの他にも島原名物がいただけます。島原は歴史背景から様々な特徴ある名産物があります。島原城でその由来を知ることも、島原観光での楽しみのひとつになるでしょう。かんざらしは300円です。

住所:長崎県島原市城内1丁目1183-1
電話番号:0957-63-4874

島原名物「かんざらし」おすすめの名店8:ケルンコーヒー店

13687132 1752647925005241 1021917841 n
marue2626

島原名物「かんざらし」おすすめの名店8は「ケルンコーヒー店」です。このお店は古民家風老舗喫茶店で、重厚な佇まいが魅力です。かんざらしはスッキリとした甘さが特徴です。ガラスではなく、陶器の器で提供されるので、冷たいながらも温かみを感じる味わいを楽しめます。

14280359 183303558763059 1022982535 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 1.cdninstagram
kiyohide_watanabe

ケルンコーヒー店は喫茶店ですので、コーヒーとのセットも注文出来ます。懐かしい味わいとコク深いコーヒーが意外とマッチします。店内は広く雰囲気も良し。夜は23時まで営業しているというのも嬉しいポイントです。ゆったりとした時間を過ごすのにおすすめなお店です。かんざらしはミニ抹茶が付いて550円です。

島原名物「かんざらし」おすすめの名店9:島原市役所武家屋敷売店

21690635 684266208435483 463907182941831168 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 1.cdninstagram
rottenmeier730175ys

島原名物「かんざらし」おすすめの名店9は「島原市役所武家屋敷売店」です。武家屋敷通りにある無料休憩所にあります。ここではかんざらしの他にもところてんなども頂けます。小さめの器に小さめの白玉がかわいく、手軽に名物かんざらしを味わえるおすすめスポットです。

23507905 1512439568845075 6729663339888115712 n
jpggifpng3

無料休憩所なので、もちろん何も注文せずとも休憩することは出来ますが、ここに立ち寄ったら島原名物かんざらしを味わってみるのも良いでしょう。武家屋敷通りには歴史を感じる街並みを楽しめます。武家屋敷を散策しつつ、手軽に入れる休憩所は観光客にはありがたいポイントです。かんざらしは300円です。

住所:長崎県島原市下の丁1994-1
電話番号:0957-63-1087

島原名物「かんざらし」を食べに行こう!

島原名物「かんざらし」について、その由来や人気店などをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。島原に古くから伝わる伝統甘味だからこそ味わえる懐かしさは、その由来を知ることによって更に感慨深いものとなります。島原観光に来た際には、ぜひ名物「かんざらし」を食べてみてください。その優しい味にきっと癒されることでしょう。

関連記事

関連するキーワード

Noimage
この記事のライター
垂水絹愛

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ